アーモンドミルクの効果的な飲み方から効能まで紹介

ダイエットをしたいと思っているけど、キツイ筋トレやプチ断食は嫌です。そんな人にはアーモンドミルクがお勧めです。

飲みやすい飲料で栄養素も高くて、摂取を続けやすいです。アーモンドミルクはダイエット食品や美容食品として、人気が出てきています。

アーモンドミルクのダイエット効果や美容効果は科学的にも検証されています。具体的に紹介していきましょう。

アーモンドミルクを使った、料理の一部も紹介していきます。この記事を読んだ後にはアーモンドミルクの人気の理由に納得できるでしょう。

スポンサーリンク

アーモンドミルクとは

アーモンドミルク

アーモンドミルクの原材料であるアーモンドは、昔から食されてきた食物でした。ギリシャ神話や聖書によく登場するのは有名ですが、日本でも江戸時代に書物で紹介されています。

整腸作用があるとされているアーモンドですが、世界中の書物には薬効の記述もあります。日本で紹介されたときも、痰に効果がある食物と言われていました。

古代では薬効を求めてアーモンドを摂取していた人が多かったですが、やがてアーモンドミルクが登場してきました。アーモンドミルクは欧米では、牛乳に代わる飲み物として愛飲されています。

また糖質や脂質の含有量が少ないので、女性の健康維持や美容維持のためにも飲まれています。

そんな優れたアーモンドミルクの効果に目を付けた食品会社が、アーモンドミルク関連の商品を市販しているのは、時代の要求と言えるでしょう。

ネット上でもアーモンドミルクの、口コミが増えてきました。脂肪は生活習慣病と言われていますが、アーモンドミルクで予防も可能です。

スポンサーリンク

アーモンドミルクはなぜ体に効果的なの?

オーガニック

科学的な分析方法が進んできた現代では、アーモンドミルクの効果は明らかになってきました。

飲む健康食品として有名なのは、豆乳があります。

豆乳ダイエットと言う言葉も、有名になってきました。アーモンドミルクによる効果はダイエットだけではなくて、美容効果もあります。

豆乳ダイエットと同じように、口コミによる効果例の報告は多いです。

以下の内容ではアーモンドミルクの成分の紹介、そして必要な摂取量や注意点を中心に説明していきましょう。

アーモンドミルクの成分

文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)を参照して、アーモンドの成分を紹介します。

  • カロリー
  • カリウム
  • 食物繊維
  • ビタミンE
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • 脂肪酸
  • ビタミンB2
  • マグネシウム
  • オレイン酸
  • ナイアシン
  • リン
  • マンガン
  • リノール酸

アーモンドミルクに含まれる成分の具体的な効用

アーモンドミルクのアーモンドには、さまざまな成分があることが分かりましたね。

アーモンドはダイエット効果・美肌効果だけではなくて、栄養価が高いことも分かると思います。ここでは具体的に成分の効用を紹介していきます。

ビタミンEは健康な血管を維持する作用があり、美肌効果にも繋がると言われています。

他には女性のホルモンを、正常に保つ作用もあると言われています。

ビタミンEは、脂質の代謝にも効果的との研究結果があります。

脂質の代謝を促すビタミンEを含むアーモンドは、ダイエット食品にも分類されるでしょう。

ビタミンB2は、糖質・タンパク質・脂質の代謝に活躍する補助的な役割の酵素です。

皮膚や爪・髪の細胞を再生する効果もあると言われています。

食物繊維は便秘解消に有効だと、昔から言い伝えられてきました。

便秘は美肌の敵だと言う人はいますが、腸の働きを正常化して快便状態になれば気も休まるでしょう。

他にもアーモンドには体に有益な成分が、いろいろとあります。

その中には栄養成分が高かったり、糖質制限にも効果がある成分もあります。

アーモンドミルクは、スーパーフードに属しているでしょう。

スーパーフードの定義は大まかには、植物由来の食品のことと言えるでしょう。

生活習慣病を予防するには、まずは食生活の改善が大切でしょう。

植物性のアーモンドは栄養もありますが、危険性がないことも人気の秘密です。

アーモンドミルクの必要な摂取量

アーモンドミルクが体に、有益なのは分かりました。

それではどれぐらいアーモンドミルクを摂取すれば、より効果的なのでしょうか?

アーモンドミルクはコーヒーや牛乳のような飲み物の一種です。

決して主食にするものではありません。

しかし副食にはお勧めできます。

栄養価が高いために、副食で食べても体に良い影響を与えます。

アーモンドミルクの摂取を長続きさせようと思ったら、おやつ代わりに摂取するのが一番効果的ではないでしょうか?

好みは分かれるかもしれませんが、カラーライスやスープの中にアーモンドミルクを入れて、摂取してもいいでしょう。

スポンサーリンク

アーモンドミルクを使った料理

料理

アーモンドミルクは主食ではなくて、副食にした方が摂取が長続きしやすいと紹介しました。

しかしアーモンドミルクが広まった現代では、アーモンドまたはアーモンドミルクを使った食事の作り方も、紹介されるようになってきました。

以下の内容では、アーモンドミルクを使った食事のレシピーを、紹介していきたいと思います。

簡単なレシピーもあるので、興味がある方は一度挑戦してみたらいいでしょう。

レシピーの紹介

アーモンドと言えば、カレーを想像する方は多いでしょう。

昔はアーモンドカレーのコマーシャルもありましたね。アーモンドミルクとカレーは相性がいいみたいです。

カレーもビタミンが含まれていますが、アーモンドミルクも成分的には栄養価が高いです。

二つ合わせたら立派な栄養機能食品になります。

何よりも味がいいので、食べやすいのが大きな利点です。

アーモンドを使った料理の初心者には、おすすめの調理方法です。

カレーのルーとアーモンドが体内に流れたら、健康を促進する作用があるでしょう。

コレストロールを気にしている方も、これだったら安心して食べることができます。

カレーは量の割に満腹感を得やすいので、食事によるダイエット方法の選択肢の一つになるでしょう。

アーモンドを使った料理のポイントの一つは、抵抗なく食べることができることです。

カレー以外ではシチューとアーモンドも合うでしょう。

アーモンドの糖質量は少ないので、糖質制限ダイエットをしている方にもいいでしょう。

次のレシピーの紹介ですが、アーモンドミルクそのものを作る方法です。

動画の中でも語っていますが、アーモンドミルクはアレルギーがある人にもいいとのことです。

いろいろ工夫して作っているみたいですが、好みに合わせて砂糖や水を入れてもいいかもしれません。

純粋なミネラルであれば、よりアーモンドミルクの美味しさが際立つでしょう。

糖質が少ないアーモンドは牛乳ダイエットよりも、効果が高い可能性があります。

研究心が旺盛な人は、ネット上の情報や料理本を参考にして、オリジナルなアーモンドミルクを作りましょう。

スポンサーリンク

アーモンドミルクで病気を予防しましょう。

予防

アーモンドミルクは主食よりも副食と言えますが、工夫次第では主食にすることはできます。

大切なことは摂取を続けることですが、それによって病気の予防ができるのであれば、言うことはありません。

それでは具体的にアーモンドやアーモンドミルクで、どのような病気が予防できるのかを紹介していきたいと思います。

胃潰瘍の予防

胃潰瘍は胃の粘膜が傷つく病気ですが、アーモンドに含まれるオレイン酸が、改善や予防をする効果があると言われています。

若いときは丈夫だった胃も年を重ねるごとに、弱くなってくるのは自然な流れかもしれません。

それでも胃が弱くなる流れに、歯止めをかけることは必要でしょう。

便秘の解消

便秘は特に女性に多い症状だと言われています。

便秘は不規則な生活や、精神的なことが原因となることもあります。

しかし放置しておけば他の病気を併発する可能性もあるので、積極的な対策方法を考えるべきでしょう。

オレイン酸は便秘の解消にも役に立つのです。

長い間便秘に悩んでいる人は、継続的に摂取するようにすればいいでしょう。

便秘は食事の量や水分が少ないときにもなりやすいですが、アーモンドをおやつにしたり、アーモンドミルクをコーヒーの代わりに摂ってもいいでしょう。

心筋梗塞の予防

心筋梗塞は命に関わる恐ろしい病気です。

心筋が虚血状態になるのが症状ですが、心筋梗塞が原因で亡くなる方は少なくはありません。

こんな恐ろしい病気である心筋梗塞にも、オレイン酸は効果的であると言われています。

オリーブ油にもオレイン酸は含まれていますが、継続的に摂取しやすいという点ではアーモンドミルクに分があります。

アンチエイジング効果

老化を防ぐことをアンチエイジングと言いますが、アーモンドミルクにはアンチエイジング効果もあります。

老化の一つの原因に酸化があります。

酸は次第に活性酸素に転化していきます。

そうなれば老化はますます加速化していきます。

人は必ず寿命を迎えますが、できる限り健康な状態で生きていきたいものです。

そのためには適切な食事と、適切な運動を欠かすことは出来ません。

アーモンドミルクは適切な食事の一つでしょう。

適切な運動のやり方は、参考資料も多いので参考にしてください。

乳糖不耐症

あまり知られていない症状ですが、乳糖不耐症というのがあります。

この病気は乳糖の消化酵素であるラクターゼが、少なくなることで発生します。

この症状が発生すると、牛乳のような乳糖を飲んだら腹が痛くなるなどの症状が表れます。

そんな人はアーモンドミルクを代わりに、飲めばいいと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

アーモンド

アーモンドミルクは、体にいいことは分かりました。

しかしどんなアーモンドミルクを選んだらいいのかは、分からない人がいるでしょう。

ここではアーモンドミルクを選ぶ際に、注意することを挙げます。

アーモンドミルクを選ぶときは、保存料を含む添加されていないものを選びましょう。

添加物のあるアーモンドミルクは、安全性の点で問題があります。

では具体的にはどんなアーモンドミルクを選べばいいのでしょうか?

下記のサイトの管理人が推薦するような無添加なオーガニックの、アーモンドミルクを選べばいいでしょう。

おすすめポイントは安全性です。その点、オーガニックであれば心配はないでしょう。