甘酒は効果なし?効能や飲むタイミングとは

皆さんは寒い季節に甘酒が無性に飲みたくなる事、ありませんか?

甘酒と言うと寒い時期に飲むイメージですが、実はダイエット効果・健康効果・美容効果など嬉しい効果がたくさんあり、季節関係なく飲む事をおすすめしたい飲み物なのです。

甘酒の様々な効果を知ってしまったら、きっと今日から毎日飲みたくなるでしょう。

今回は甘酒の効果やダイエット方法等についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

甘酒とは

korean-food-2489206_960_720

甘酒と聞くとお正月に神社や自宅で飲むイメージがある飲み物ですが、甘酒の歴史は古墳時代に遡るほど古く、日本書紀に天甜酒(あまのたむざけ)が起源とされています。

また甘酒そのものには江戸時代に夏の風物詩として人気があり、夏に飲むことで夏バテ予防の目的もあったとか。

現代のように栄養豊富な食べ物が江戸時代には少なかったので、夏バテ予防として甘酒を飲んでいたように、甘酒にはたくさんの栄養が含まれています。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・食物繊維・オリゴ糖・葉酸・アルギニン・システイン・ブドウ糖・アミノ酸といった多くの栄養成分が入っており、飲む点滴とも言われています。

近年では甘酒を使用した商品が増えてきており、コンビニエンスストアやスーパー等で手軽に購入することができるようになっていて注目されている事が分かります。

スポンサーリンク

甘酒の種類とは

meiji-jingu-shrine-1665217_960_720

甘酒には大きく分けて2種類あります。

酒粕が原料である甘酒

酒粕は日本酒を作る際に出る搾りかすなので、アルコール成分を含んでいます。

つまりこの酒粕が原料である甘酒にも、アルコールが含まれている可能性があるのです。

酒かすを使用し甘酒を作る方法としては、基本的には酒粕をお湯に溶かしていき砂糖を加えるというだけの簡単な方法です。

甘酒を作る工程で加熱はしますので多少アルコールを飛ばす事ができますが、それであっても完全にアルコールが抜けるという保証がないのが酒粕から作られた甘酒です。

米麹が原料である甘酒

米麹から作られているので一切アルコールが含まれておらず、子供から妊娠中の女性まで安心して飲むことができます。

米麹を使用し甘酒を作る方法としては、基本的にはお粥の状態にしたお米に米麹を入れて作ります。

酒粕で作る甘酒はお砂糖を加え甘味を出していることが多いのですが、米麹には元々自然な甘味があるのでお砂糖を使用しない物が多いのが特徴。

健康や美容を気にする人やダイエットをしたい人にとってみるとお砂糖が不使用というのはポイントが高く、こちらの甘酒の方がおすすめです。

スポンサーリンク

甘酒が持つ効果とは

rice-wine-481965_960_720

それでは甘酒にはどのような効果があるのか、ご紹介します。

代謝促進効果

甘酒に含まれているブドウ糖には血糖値を上げる働きがある為、満腹感を感じやすくする効果があります。

またブドウ糖は、身体や脳を動かすために必要不可欠なエネルギー源でもあります。

日常生活を過ごしている中で体調が優れない時や食欲がない時、また栄養バランスが摂れていない、栄養不足なんてこともよくあるでしょう。

このような時に甘酒を飲めば、不足している栄養を補うことができます。

そしてなにより甘酒に含まれているビタミンB群には、脂質の代謝を促進する働きがあるので脂肪を燃焼する効果もあります。

脂肪を消化しエネルギーに変化させるリパーゼという酵素や、代謝に働きかける酵素が100種類以上も含まれているのです。

代謝にかかせない酵素は非常に大切な栄養素であり、体の中の酵素が減少してしまうと代謝が悪くなり太りやすい体質に。

甘酒を飲み十分に酵素が体の中に補給され代謝が良くなれば、溜まっていた毒素や老廃物が排出され腸内環境も整いダイエット効果も期待できます。

ダイエットや美容にとって、脂質の代謝を促す甘酒は非常に嬉しい飲み物と言えるでしょう。

便秘改善効果

甘酒には、お腹の調子を整えてくれるオリゴ糖・生きたまま腸に届く植物性乳酸菌・食物繊維が含まれているので腸内環境の改善をする効果があります。

大腸に届いたオリゴ糖は善玉菌の餌となり善玉菌をどんどんと増やしていってくれる為、整腸作用もばっちり。

腸内環境が改善されれば便秘解消の効果が期待でき、それに伴い便秘の影響で起きた肌荒れ等も改善されていくでしょう。

便秘解消はダイエットに繋がるだけではなく、美容効果としても役立ってくれるので女性には嬉しい効果ですよね。

免疫力アップ

上記で甘酒には整腸作用があることから便秘解消に効果的であるとご紹介しましたが、この働きにより腸内環境が良好になると免疫力がアップします。

人間の身体の免疫細胞の約60%は腸内にあり、この腸内の免疫細胞を活性化させているのが善玉菌なのです。

つまり腸内の善玉菌が増やす事ができれば、おのずと免疫力アップに繋がります。

美肌効果

甘酒にはビタミンB2 が多く含まれており、このビタミンB2が肌機能を活性化する効果があることから、肌の保湿効果・ハリや弾力を取り戻してくれる効果が期待できます。

ビタミンB2だけではなく、ビタミンB1・ビタミンB6・ナイアシン等ビタミンB群も含まれているので内側から肌を綺麗にしてくれますよ。

また甘酒の原料となる麹に含まれるコウジ酸は、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる効果もあります。

甘酒を飲むだけで美肌が手に入れられるのなら、女性は特に飲みたくなるのではないでしょうか。

美髪効果

甘酒に含まれているビオチンという成分には、コラーゲン等のたんぱく質を作る働きがあります。

この働きにより美髪効果が期待できる訳ですが、甘酒に含まれているコウジ酸にも美しい髪を作る効果がある事から女性から非常に重宝されています。

頭皮をアンチエイジングでき、ビオチンに関して言えば身体のエネルギーの代謝にも関わる栄養の為、頭皮の新陳代謝も活性化し頭皮の皮下組織の血流も良くなり、美しい髪を作ることができるのです。

疲労回復効果

甘酒にはたんぱく質を生成するアミノ酸の含有量が高く、点滴に匹敵するとも言われています。

毎日少量ずつでも飲むことで、体の疲れが残りにくく疲労回復の効果が期待できます。

甘酒には酒粕から作られる物と米麹から作られる物がありますが、疲労回復においてはどちらの甘酒にも効果はあります。

しかしながら酒粕から作る甘酒は1%未満のアルコールが含まれているので、お酒が苦手な人は飲みにくい可能性も。

飲みやすい方を選んで飲むようにしましょう。

体力が落ちてしまいがちな産後の授乳期の栄養補給としてもおすすめですが、授乳期の場合はアルコール成分の入っていない米麹の甘酒にしてくださいね。

リラックス効果

甘酒にはストレスを軽減させてくれるパントテン酸やGABAといったアミノ酸 の一種が含まれていて、ストレスや疲れを癒すリラックス効果が期待できます。

リラックスさせる栄養が含まれているので飲むことで興奮を抑えてくれ、副交感神経が働くよう優位にしてくれます。

またそれと同時にストレスに対して鎮める効果もあるので、リラックスすることができるのです。

ホルモンバランスが乱れている生理中の人にもおすすめです。

病気予防効果

甘酒には糖分の吸収を抑える成分が含まれており、更にはタンパク質の分解・吸収を促す物成分も含まれています。

そしてビタミンB群の働きにより余分な糖分を排泄してくれる為、糖尿病予防の期待ができます。

また甘酒に含まれているペプチドという成分により血圧が上がるのを防いでくれる為、様々な生活習慣病の予防効果も期待できます。

スポンサーリンク

甘酒のダイエット方法とは

sake-2336230_960_720

甘酒をいつどのタイミングで飲めばダイエットに効果的であるのか、気になる人も多いでしょう。

まずダイエットをするのであれば、朝に飲む事が最も効果的でおすすめです。

これは甘酒を飲む事でエネルギーになることから、朝に甘酒を飲むことで基礎代謝アップする事ができます。

甘酒はお米よりカロリーが低いですが、飲む量の目安は1日コップ1杯ぐらいがベストです。

甘酒ダイエットはテレビ番組の企画でも取り上げられていますが、勘違いしてはいけないのはあくまで甘酒は補助的役割であるということです。

甘酒を飲み続ければ体重が落ちるということではないので、そこは理解しておきましょう。

スポンサーリンク

甘酒を飲むうえでの注意点とは

shop-2590650_960_720

どんなダイエットや健康情報でも、注意点やデメリットは気になりますよね。

注意するポイントをまとめましたので、しっかりと確認してから飲むようにしましょう。

温めすぎないようにしましょう

ダイエットに必要不可欠である酵素やビタミン等の成分には、熱に弱いという弱点があります。

特に加熱しすぎたり温めすぎたりしてしまうと、酵素やビタミン類が失われる可能性が高くなります。

そのため温める際の温度は60℃までとしてください。

アルコール記載に注意しましょう

市販で売られている甘酒に「ノンアルコール」と記載があっても安心してはいけません。

アルコール濃度1%未満の商品はノンアルコールと表示できることになっている為、この表示があっても完全にアルコールが入っていないという訳ではないのです。

絶対にアルコールを摂取したくなければアルコール成分0%の表示がされている甘酒を購入するようにしてください。

生の甘酒を選びましょう

甘酒の効果を最大限に発揮させるポイントは、「生」であるかどうかが重要です。

本来、生の甘酒には酵素・ビタミン・微生物が甘酒の中で活動しています。

しかしながら熱が加わることで酵素の働きが減り、ビタミンや微生物の働きも弱くなってしまうのです。

ここで重要なことは加熱処理がされていない事、また甘味料を使用していない生の甘酒を選ぶ事です。

そして生の甘酒を選ぶ時には、米麹から作られた甘酒がおすすめ。

砂糖などの甘味は使用されていない事が多く、ノンアルコールで安心。

また麹菌がしっかりと生きた状態にあることで、美容効果やダイエット効果も高くなります。

スポンサーリンク

まとめ

there-3049662_960_720

甘酒の効果には、ダイエット効果だけでなく健康効果や美容効果など嬉しい効果が多くあります。

低カロリーでコストパフォーマンスも高いので、手軽に始めることができますよ。

しかしながら試してみたいが甘酒がどうしても苦手だという人は、アレンジしてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトや豆乳で割って飲むなど、甘酒が注目を集めている事からネットでは様々なアレンジレシピがあるのでチェックしてみるのをおすすめします。

またレシピと言えば、甘酒を自分で作る人も増えてきています。

炊飯器を使用し、もち米・もち麦・玄米などを原料として作る人もいるのだとか。

甘酒の商品や手作りであれば原料ごとに味が全く違うので、是非自分の好きな甘酒を見つけて身体の内側からキレイになりましょう。