甘酒ダイエットで瘦せた?!その効果と方法は?

現在ではいろんな食材を利用したダイエット法がありますが、そんなダイエットののなかには、こんな食材でホントにダイエット効果があるの?と疑ってしまうような食材もあります。甘酒ダイエットもそんななかのひとつではないでしょうか。今回は甘酒を利用して瘦せる甘酒ダイエットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

甘酒ってなに?

amazake

出典:https://www.google.co.jp/

甘酒にはどんな印象がありますか?甘酒なんてお正月にお年寄りが飲む飲み物ぐらいの印象しかなく、実際にあまり飲んだ経験もないという方は実は多いのではないでしょうか。
しかし、近年この甘酒がダイエット効果があると注目されているのです。

甘酒は大きく分けると2種類あり、酒粕をベースとした酒粕甘酒とこうじベースのこうじ甘酒です。こうじとは米や大豆、麦などの穀類や豆類を食品発酵させるためのコウジカビを繁殖させたものです。

酒粕甘酒とは、日本酒等を精製した過程でできる酒粕に、砂糖類で甘味をつけてできる飲み物で、お米を精製しているのでミネラル分は少なくなっていますが、食物繊維が豊富で、甘みの主成分がショ糖で甘味付けするためカロリーが高く、アルコールが残っているというのが特徴です。

こうじ甘酒とは、こうじを、デンプン質を消化酵素によってブドウ糖に変化する糖化をさせて作った飲み物で、精製していないためお米のミネラル分が豊富に残っており、甘みの主成分がブドウ糖で甘味付けもしないのでカロリーも低くアルコールも残っていません。ただ、食物繊維は酒粕甘酒に比べ少なくなってしまいます。

スポンサーリンク

甘酒ダイエットの方法は

girl-990585__180

甘酒ダイエットの基本は置き換えダイエットになります。置き換えダイエットとは一回分の食事をある食品に置き換えるというもので、甘酒ダイエットでは朝食を、コップ一杯分の甘酒に置き換えることが、美容的にも栄養面の健康的にもいいといえます。また、食前と食後におちょこ一杯分飲むことと、間食の代わりとして甘酒を飲むことを組み合わせるとダイエットに効果的です。

甘酒ダイエットで飲む甘酒は、こうじベースのこうじ甘酒です。酒粕甘酒だと加糖している分カロリーが高いですし、何よりアルコールが入っているので出勤前の朝などには飲むことができません。こうじ甘酒だとカロリーやアルコールを気にすることなく飲めますし、ダイエットに有効なミネラル類も入っていますので心配なく飲むことができます。

スポンサーリンク

甘酒でホントに瘦せられるの?

person-858592__180

こうじ甘酒の2割はブドウ糖でできています。ブドウ糖は体内に取り込まれると素早くエネルギーとして消費されるため、余分な糖質や脂質が脂肪として蓄えられるのを防いでくれます。また、ブドウ糖は血糖値を上昇させて満腹中枢を刺激してくれるので、いつもより早く満腹感を得られます

甘酒には糖質や脂質、たんぱく質の代謝に必要であるビタミンB郡が非常に豊富で、こうじには、このビタミンB郡のうちビタミンB1、B2、B6、B12、イノシトール、パントテン酸、ビオチンが含まれていてます
炭水化物をエネルギーに変えるには、これらのビタミンB郡が必須であり、糖質を代謝しエネルギーに変えて、余分な脂肪として体内に蓄積されるのを防いでくれます。
また、抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるイノシトールが、肝臓のなかの脂肪の流れをよくして余分な脂肪が、肝臓脂肪として蓄積するのを防いでくれます。
これらのビタミンB郡の働きによって、糖質や脂質が余分な脂肪としてたまらないよう新陳代謝の効率を高めてくれています

甘酒には新陳代謝を高めてくれる酵素がたくさん入っており、その中でもリパーゼという酵素は、体内の脂肪分をエネルギーに変換し、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼して脂肪の蓄積を防止する働きがありますし、甘酒に含まれる酵素が作りだすα−エチルグルコシドという成分には血液内の中性脂肪を低く抑えて、体重の増加を抑える働きがあるといわれています。

甘酒はこれらブドウ糖、ビタミンB郡、酵素によって非常にダイエットに優れた飲み物と言えるのです。

スポンサーリンク

甘酒に含まれる酵素のチカラ!

ヒトのカラダは約20種類のアミノ酸で構成されており、そのうちの9種類は体内で作りだすことができず、食事から摂る必須アミノ酸です。必須アミノ酸とはメチオニン、トリプトファン、トレオニン、リジン、フェニルアラニン、イソロイシン、バリン、ヒスチジン、ロイシンであり甘酒はこの必須アミノ酸9種類をすべて含んでいるのです。
甘酒は別名「飲む点滴」とも呼ばれ、健康や美容にいい影響を及ぼす酵素がたくさん入っています。これらの必須アミノ酸はヒトの体を構成する細胞、つまり骨や筋肉、臓器類の主原料となるだけでなく、身体機能を高めてくれる効果があり、甘酒にはさまざま効果があります。

身体機能の維持

脳や臓器、神経などの素となる酵素などを充填し、体調管理や体力不足、肉体的疲労の回復・改善

運動機能のアップ

骨格や筋肉を作る材料となり、瞬発力や筋力の向上
肝機能の改善
臓器類に必要な栄養や酵素を送り届けて、肝臓内の毒素を代謝しやすくしてやる

免疫力の向上

免疫システムの性能を上げ、免疫細胞の体内循環を良くしてやることによる感染症予防

美容効果

コラーゲンを作りだしてくれると同時に、肌の新陳代謝を活性化して、肌荒れやシミ・しわを予防するエイジング効果

ダイエット効果

アミノ酸の脂肪燃焼作用によって余分な脂肪の蓄積の防止

リラックス効果

集中力をアップさせ、脳への情報をスムーズに伝達し、記憶力の長期化を促し、効率を高める

子孫の繁栄

遺伝子の源である精子や卵子をつくりだす

スポンサーリンク

甘酒ダイエットの注意点

甘酒ダイエットはポイントをしっかり押さえて実践すれば十分効果が得られるダイエットです。注意点としては、甘酒を摂取する量とタイミング、甘酒の種類といったところです。
甘酒を間食として1日に何本も飲んでいては痩せるはずもないですし、寝る前に飲んでも太る原因にしかならないです。また、置き換える朝食以外の食事の栄養バランスを考えるということも大切です。
置き換えダイエットで勘違いされやすいのが、ダイエット効果があるといわれる食品を摂取するだけで痩せると思われているところです。あくまでダイエットというのは、適度な食事制限と適度な運動によって効果がでます。口コミでも失敗したと言っている人のほとんどが食事制限や運動を全くしていないというのが理由です。
甘酒ダイエットのような置き換えダイエットは、適度な食事制限+適度な運動+αの、αの部分が非常に大切であり、あくまでダイエット効果を高めるものとして捉えてください。

スポンサーリンク

まとめ

甘酒ダイエットで痩せた芸能人として、女優の永作博美さんやモデルの道端アンジェリカさんなどが成功したと言っています。
方法やポイントをしっかりおさえてやれば効果はでるので明日からでもぜひチャレンジしてみてください。