ダイエット時は朝昼晩の食事メニューで決まる!

本格的にダイエットを志すのであれば、朝・昼・晩の食事に気を配ることが大切です。

できればカロリーの計算をして、必要な摂取カロリーの計算をしていた方がよいでしょう。

人は何もしなくてもエネルギーを消費する基礎代謝の仕組みがあるので、栄養がある食物を摂ることは大切です。

しかし必要以上に摂取カロリーを摂ることはよくありません。

この記事では、朝食・昼食・夕食にテーマを充てて解説していきます。

この記事を読むことで食習慣の大切さと、食事メニューの大切さに気付くでしょう。

スポンサーリンク

食事内容はなぜ大切か

scale-3311708_1280

なぜダイエットには、食事内容が大切なのでしょうか?

その理由は人が食べたものは、脂肪やエネルギーに転化されるからです。

エネルギーに転化すればよいのですが、脂肪に転化すれば体脂肪が増えてしまいます。

増えた体脂肪を落とすためには運動をしたら良いのですが、一朝一夕の運動では体脂肪は落ちません。

消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、脂肪は増えませんが、なかなか実行に移すのは難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

朝・昼・晩の食事について

japanese-food-1604865_1920

必要以上に脂肪を増やさないためには、バランス良く食事を摂ることが大切です。

できれば朝食はしっかり摂り、夕食は少なめにした方が良いでしょう。

朝食をしっかり摂るのは、活動に備えてエネルギー源を補給するためです。

夕食を少なめにするのは、夜は脂肪が溜まりやすいので、少なくした方がいいからです。

このように朝・昼・晩の食事バランスは大切なのです。

それでは具体的に、どのような食事メニューがいいのでしょうか?

以下の内容では、食事のメニューについて説明していきます。

食事内容は、インターネットのレシピを参考にしています。

理想的な朝食

朝はこれからの活動に備えて、しっかりエネルギー補給しなければいけません。

食事量は少し多めぐらいの量でいいでしょう。

朝食はご飯と味噌汁と、野菜を中心とした食事内容で良いでしょう。

ご飯には糖質も含まれていますが、体にはタンパク質も必要なので、ご飯もしっかり食べましょう。

野菜を食べるのは、野菜には食物繊維が含まれているからです。

食物繊維の多い野菜を摂ることによって、便秘の予防になります。

理想的な昼食

家で昼食を食べる人は、栄養バランスを考えた食事にすればいいですが、大多数の人は働いているので難しいでしょう。

おまけに昼食を、ゆっくり食べる時間のない人が大半でしょう。

そのような人たちは、直ぐに食べることができる定食や、丼が多いのではないでしょうか?

でもできる限り野菜が、含まれたものにしましょう。

肉・魚・卵ばっかりの食事内容だったら、栄養のバランスが悪いです。

よほど忙しいときは別ですが、昼食をインストタンとラーメンで、済ますことはやめましょう。そのような食事ばっかりしていたら、肥満の原因にもなるし、病気にもなりやすくなります。

理想的な夕食

夕食後は活動することが少ないので、カロリーの摂取量は少なめの方が良いでしょう。

ごはんのお代わりもなるべく控えた方が良いでしょう。

しかし極度な食事制限は必要ありません。

食事バランスを考えた料理にしましょう。

夕食の量は少なくてもいいですが、しっかりと栄養素のある食べ物を食べることが大切。

できれば消化の良い食物が理想です。

肉を食べてもいいですが、少なめにして、野菜を多めに摂りましょう。

野菜を多く摂ることによって、消化が良くなり便秘の予防にもなります。

ご飯も摂ってもいいですが、ご飯には糖質が含まれていて、血糖値に影響を与えるので注意が必要です。

夕食を少なめにすることは最初は大変ですが、習慣にすれば次第に慣れてくるでしょう。

スポンサーリンク

太りにくい体質を作るコツ

dessert-1850216_1920

無節操な食べ方がもっともダイエットには悪影響がありますが、具体的にはどのような食事の習慣がいいのか、以下では説明していきます。

朝食・昼食・夕食のメニューに問題がなくても、悪い食事の習慣をしていれば、脂肪が溜まりやすくなります。

悪い食事の習慣以外でも太る原因はあるので、説明していきます。

間食は控える

間食はダイエットに問題はないとする説もありますが、やはり間食は体重が増える原因になるのは間違えないようです。

仕事をしている職場で間食を出されたら食べてもいいですが、大食いしないように気をつけましょう。

間食をなるべく止める方法としては、昼食をしっかり食べることを、お勧めします。

昼食をしっかり食べたら晩まで、空腹感はあまり感じないでしょう。

間食が生活の習慣になっている人は、急に止めるのは辛いですが、間食はデメリットの方が多いです。

しっかり噛むこと

しっかり噛むことによって、満腹感を得ることができます。

そうなれば脳の中枢神経は、空腹のサインを送らないようになります。

食物・食品をよく噛むことによって、そのような状態に持って行くことができるのです。

いくら体を動かして活動量を増やしても、摂取エネルギーが消費エネルギー(エネルギー消費 )を上回れば意味がありません。

人には基礎代謝量があるので、ある程度の食物を摂る必要はありますが、成長期の人や運動選手以外は、自分で食事の量を制限していくことが大切です。

栄養のあるものを中心に摂る

人の体内は代謝が活動するので、まったく何も摂らないわけにはいきません。

必要な栄養は絶対に摂らなければいけないのです。

でもできたら効率的に体や、ダイエットに良いものを摂りたいものです。

できれば酵素を、形成してくれるものを摂れば良いです。

ビタミンB群やビタミンBは、酵素を形成してくれるので、おすすめです。

筋肉の形成にはビタミンがある食べ物が必要で、脂質の高いものを適度に食べるのは構いませんが、常に目安を超えないようにしましょう。

質の良い食べ物を摂るようにすると、小食であっても、栄養不足になることはないでしょう。

食べたものがスムーズに消化するように、食べるタイミングにも気を配りましょう。

スポンサーリンク

ダイエットには運動も必要

skipping-rope-1634745_1920

ダイエットには朝・昼・晩の食事内容も大切ですが、やはり運動も欠かすことはできません。

運動はストレスを解消する効果もあるので、定期的に行うことが大切です。

それでは気軽にできる運動を紹介していきます。

運動は長続きさせなければ意味がありませんが、長続きさせるポイントは、長時間の集中力を必要としない運動を選ぶことです。

それではお勧めの運動を紹介していきます。

縄跳び

縄跳びはリズムに乗って行えば、時間を忘れるぐらい夢中になります。

きっと遊び感覚で、できるからでしょう。

上手に縄跳びをするコツは、必要以上に高く飛ばないことですが、そのためには力を抜くことを覚えた方が良いです。

縄跳びする時間は最初は3分ぐらいから、始めましょう。

縄跳びであれば、広いスペースは必要なく、階段の踊り場でもできます。

ジョッギングやウォーキングが苦手な方は、縄跳びを続けて太りにくい体質にするのが、良いでしょう。

しかし汗をかいた後で、炭水化物を摂るのはNGです。

ミネラルウォーターや、ポカリスエットにしましょう。

スクワット

スクワットも太りにくい体質にするには、効果的な運動です。

スクワットは少ない回数でも効果があります。

理由はスクワットの、消費エネルギーが高いからです。

スクワットを行うベストなタイミングは、ずばり隙間時間です。

風呂が沸く間に、スクワットをするのもいいし、お湯が沸く間にスクワットをするのもいいです。

スクワットは効果的に筋肉帯を刺激するので、筋肉質の体を作りやすくするでしょう。

人間の体は筋肉が増えたら、脂肪が減るようになっています。

ムキムキマンのような筋肉は必要ありませんが、適度な筋肉はつけるようにしましょう。

ヨガ

苦しいヨガをする必要はありませんが、ヨガも太りにくい体質を作るには効果的です。

できたらヨガの教室に通うのがいいですが、無理であれば動画を観たり解説本を読みましょう。

インターネットのサイトには、ヨガの関連記事が多いので、参考にしましょう。

ヨガを行う際に大切なことは、勢いで体を動かすのではなく、呼吸を意識しながら、ゆっくりと体を動かすことです。

呼吸の調節が、ヨガの効果に関係していると思われます。

ヨガを行い筋肉をほぐすことで、体内時計も正常になる可能性があります。

体内時計が正常になれば、疲れやすい体質も改善される可能性があります。

ピラティス

ピラティスも、太りにくい体質にするには効果的だと思われます。

ピラティスもヨガと同じように呼吸が大切ですが、負荷がかかっている筋肉や体の部位を意識するのも大切なポイントです。

ピラティスはヨガと比較すれば、教室は少ないですが、幸いYouTubeを始めとする動画サイトでは、ピラティスの解説をしています。

動画サイトのいいところは、実際の動きを目で確かめることができることです。

何回も観る動画は、ブラウザーのお気に入りに入れておくと良いです。

お気に入りに入れておくことによって、直ぐに動画を観ることができます。

スポンサーリンク

まとめ

woman-1979272_1920

ダイエットをするには、朝・昼・晩の食事内容に気をつけることも大切ですが、規則正しい生活をすることも大切です。

規則正しい生活をすることによって、体内時計が正常になるし、基礎代謝も活性化してきます。

基礎代謝が活性化すれば、脂肪が付きにくくなります。

規則正しい生活をするには、大まかな時間割を作ることを、お勧めします。

大まかな時間割を作ることで、生活の無駄もなくなり、時間を有効活用することができるようになります。

規則正しい生活の最大のメリットは、何よりも食事を摂る時間が安定することです。

マチマチの食事時間であれば、体の消化作用に悪い影響を与えます。

人の体は、なるべく規則正しい生活をした方が、劣化してこないです。

最初は早起きが辛いかもしれませんが、早起きも意識の持ち方によって、慣れてきます。

朝起きたら、すぐに布団から飛び出すのもいいです。

ぐずぐず布団に潜ったままだったら、二度寝してしまい、早起きの意味がなくなってしまいます。

早起きは三文の得といいますが、早起きすることで、間接的にダイエットにも役立つことを考えたら、早起きは四文の徳かもしれません。

明日からでも健康のため、ダイエットのために、規則正しい生活を始めましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加