バランスボールはダイエット効果なし?!口コミの評価は?

バランスボールは元々はリハビリ用に作られたものですが、スポーツ選手の体幹トレーニングに使用されたり、日本の一般家庭でも持っている方も多いと思います。

今は使っておらず、部屋の片隅でインテリアとして置いてしまっている、なんて方も多いのではないですか?

今回はそんなバランスボールがどのようなダイエット効果をもたらすか紹介します。

スポンサーリンク

バランスボールは効果なし?

exercise-ball-374949__180

バランスボールのダイエット効果について口コミサイトや個人のダイエットブログを見ていると、「全然痩せない」「効果がない」と言った意見がみられます。

冒頭でも書きましたが、バランスボールは元々リハビリテーションの医療器具として開発されたものですので、「体重を落とす」という意味でのダイエット効果はあまり期待できません

しかし、バランスボールは別名「エクササイズボール」「フィットネスボール」とも呼ばれ、プロスポーツ選手やフィットネスクラブでも使用されていることから、体重は落とせなくても、ある特定の部分に限定したダイエット効果はあるといえるのです

バランスボールを使うとどのような効果があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

バランスボールの効果

swiss-ball-crunches

出典:http://www.leanitup.com/

身体の引き締め効果

バランスボールは決して激しい運動ではないため、消費カロリーも少ないですから、体重を減らすダイエットとしては、あまり効果的ではありません。

しかし、バランスボールはインナーマッスルを鍛えられるため、筋肉量を増やすことができ、基礎代謝を上げて痩せやすく、太りづらいカラダ作りをしてくれます

また、お腹周りのシェイプアップ効果もあり、見た目がキレイな、くびれのある美しいボディラインを作ってくれます。

インナーマッスルが鍛えられ、姿勢が良くなる

バランスボールはその名の通り、バランス感覚が非常に重要であり、不安定なボールの上で姿勢を保持するには、普段使わない筋肉であるインナーマッスルを使うため、なかなか意識して使うことのできないインナーマッスルが鍛えられます。

姿勢を正さないとバランスを崩して落ちてしまうボールの上では、インナーマッスルが鍛えられて、結果的に姿勢が良くなります

身体の歪みの矯正

一見左右対称に見える人の身体は、実は左右対称ではありません。これは人には利き腕、利き足がありますし、その人のクセや職業柄よく使う身体の部位が違うためです。

ほとんどの人はごく僅かではありますが、両足の長さが違ったり、左右の肩で高さが違っていたり、骨盤がズレていたりするものです。

これらの身体の歪みがあると、無意識のうちに疲れやストレスが蓄積されて、ある日異変として身体を襲います

バランスボールに乗ることで、前後左右の平衡感覚を養ってくれ、自然と歪みを解消してくれます。

血行を良くしてくれ、肩こり・腰痛・むくみの解消に

バランスボールの上で姿勢を保とうとすると、全身の筋肉を使うため、普段あまり使わないような筋肉も鍛えられます。

バランスボールの上では、常に姿勢を正そうと全身の筋肉を使い続けるため、血行を促進する効果があります。

体が凝り固まるのを防いでくれるので、肩こりの解消にもなりますし、腹筋や背筋が弱いことが原因で起こる腰痛の緩和も期待できます。

また、全身への血の巡りが良くなることで、むくみの解消にも繋がります。

スポンサーリンク

バランスボールダイエットの注意点

portrait-1097920__180

バランスボールダイエットにはいくつかの注意点があります。

これらの注意点をしっかり守ってダイエットを実践してください。

バランスボール選び

バランスボールは自分の体格に合ったものを選ぶようにしてください。

バランスボールを選ぶ際は身長を基準として選ぶようにし、身長155cm未満の人は直径55cm、身長175cm未満の人は直径65cm、身長175cm以上の人は直径75cmを選んでください。

自分の身長に対してボールが大きいと、足がつかないため不安定になりケガの原因となりますし、身長に対してボールが小さいと、股関節周りに過度の負担がかかり、股関節痛の原因となってしまいます。

ボールの直径サイズがわからない時は、空気の入っているバランスボールに実際に座ってみて、膝が90°に曲がって床と太ももが水平になるボールを選ぶようにしてください。

ケガには充分注意する

バランスボールは室内で行うものであり、使ったことのある方はわかると思いますが、ボールの上に座るだけでもとても難しいです。

人の身体は左右対称ではなく歪みがあると言いましたが、歪みのある状態でバランスボールに座ると、ボールに対する荷重のかかり方が均一ではないため、すぐにバランスを崩してしまいます

慣れてきだすと上手くバランスが取れるようになりますが、はじめのうちは転倒することもよくあるため、必ず広いスペースを確保し、周囲に硬いものや突起物がないことを予め確認して、バランスボールを使用してください。

減量を目的としない

バランスボールダイエットは決して消費カロリーの高いエクササイズではありません

身体の引き締め効果や体調を改善する効果はあっても体重自体を減らすことはかなり難しいです。

バランスボールダイエットで減量することは難しいですが、バランスボールを使うことによって基礎代謝を上げることはできるので、バランスボールを日常的に使って痩せやすいカラダをつくり、有酸素運動を取り入れることによって体重を効果的に落とすことができるので、ウォーキングやジョギングを積極的に取り入れてください。

体重を効果的に落としたい方は、必見!絶対に痩せるダイエットに必要な基礎知識22選筋トレや有酸素運動は順番・時間が大切!毎日のダイエットを効率的に行うために。を参考にしてください。

バランスボールを使ったエクササイズ

まずは座ることから

バランスボールの上にただ座るだけです。初めて行う方はこれだけでも苦戦してしまいます。

ただ座っているだけでも、全身の筋肉を使うため代謝アップや歪みの矯正、血行促進に効果があります。

座っている際に意識することは、両肩と骨盤のラインが床と平行であるか、頭は傾いていないか、できるだけ腰を曲げずに背筋を伸ばしてつま先は正面に向けるようにしてください。

テレビを見ながら行えるため時間を効率的に使えるエクササイズです。

腹直筋

  • やり方
  1. 両足を肩幅よりも少し大きめに開いて、バランスボールの上に仰向けになる。
  2. 膝を90°に曲げ、両手を上げて姿勢を正す。
  3. 息を吸い込みながら、両手を床の方に伸ばす。
  4. 息を吐きながら、腹筋に力が入るように上体を丸める。
  5. 15回を目安に行う

バランスボールを使った腹直筋を鍛える最もオーソドックスなやり方です。

腹横筋

  • やり方
  1. 仰向けになり、膝の裏でバランスボールを挟む
  2. 骨盤を安定させるよう意識し、背筋を伸ばす
  3. 息を吐きながら両膝を右側に倒す
  4. この時肩甲骨が床から離れないように意識する
  5. 息を吐きながら反動をつけずに身体を正面に戻す
  6. 反対側も同じ要領で行い、左右15回を目安に行う。

普段なかなか鍛えることのできない腹横筋を鍛えることができ、ウエストのシェイプアップ効果があり、くびれをつくるのにも有効です。

まとめ

バランスボールダイエットは下半身痩せやお腹痩せに効果のあるダイエット法です。ぽっこりしたお腹の解消やクビレを作りたい人などは試してみてください。

バランスボールはテレビを観ながらできますし、室内で行うため雨などの天候に左右されることもないのでおすすめのダイエット器具です。

関連記事として「バランスディスクの使い方や効果は?体幹を鍛えられるおすすめのトレーニングメニューを紹介!」「ぶら下がり健康器の効果とは?ダイエットや身長を伸ばすのにいい?」も併せてお読みください。