岩盤浴ダイエットの効果的な入り方や頻度は?!

汗をいっぱいかく岩盤浴にダイエット効果があるのは知っていますか?岩盤浴は寝ていて気持ちがいいし、汗をいっぱいかくから心も身体もリフレッシュできていいですよね。そんな岩盤浴で効果的にダイエットをするには、いくつかポイントがあります。今回は岩盤浴ダイエットについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

岩盤浴って何?

P1210847

出典:http://2.bp.blogspot.com/

岩盤浴とは、床に敷き詰められた天然石やが人工石の上で横たわって、電熱や温水により加熱し、カラダを温めて発汗を促すサウナ形式のお風呂の一種です。日本では、2001年に宮城県気仙沼市に登場して各地方、大都市へと広がりを見せ、岩盤浴が大ブームとなりましたが、現在ではそのブームも落ち着きつつありますが、今なお女性を中心に根強い人気があります。

岩盤浴は遠赤外線やマイナスイオンが発生し、大量に汗をかくため、ダイエット効果やデトックス効果があり、芸能人やモデルの方もブログでよく利用している様子がみられます。友達や恋人と来るだけでなく、一人で行く女性も多いようです。

スポンサーリンク

サウナとはどう違う?

child-628969__180

カラダを温めて汗をかく、と聞くとサウナと同じと思うかもしれませんが、その温め方が違うため、岩盤浴とサウナでは汗のかき方に違いがあります。サウナはスチームなどによっておよそ80〜100°の室内で、カラダの表面の汗腺から汗をかきますが、岩盤浴はおよそ40〜60°の室内でゆっくり時間をかけて、カラダの内側から汗をかきます。サウナが汗腺から汗をかくのに対して、岩盤浴は皮脂腺から汗をかきます。サウナも岩盤浴も同じ汗をかき新陳代謝を上げてくれるのは間違いないですが、汗のかき方が根本的に違うため岩盤浴には、サウナにはない効果があります。

汗腺からの汗

汗腺からの汗は私たちが主に日常生活でかいている汗です。サウナでかく汗もこの汗であり、不快感がありベトベトしているのが特徴です。カラダの表面が温められることによって、汗腺からかく大量の汗も新陳代謝のアップや、汗腺が開いた状態で入る水風呂は肌の引き締め効果がありますが、サウナなどの室温が高い部屋に長時間入るのは、健康上あまり良くないですし、疲労感があるときや食後は体への負担が大きいため注意が必要です。

皮脂腺からの汗

日常生活ではなかなかかくことのできない汗で、サラサラとした汗。カラダを内側から温めることによって皮脂腺から分泌される汗であり、岩盤浴でかくことのできる汗がこの汗です。同じ皮脂腺からかく汗をマラソンで分泌させようとすると、30分以上走らないと皮脂腺は開かないため、日常生活でこの汗をかくことは非常に困難です。皮脂腺からでる汗は、酸化した古い油や溜まった老廃物、化学物質などを含んでいるため、カラダの疲労回復効果やデトックス効果があるとされています。

スポンサーリンク

岩盤浴ダイエットの方法は?

sleeping-340277__180

岩盤浴でダイエット効果を出すために大事なのは、岩盤浴をする頻度と入浴時間です。岩盤浴を行う頻度は、一週間に2,3回行えばいいでしょう。毎日入るほうがいいと思う方もいるかもしれませんが、それではカラダが岩盤浴に慣れてしまって代謝効果が低くなってしまう可能性がありますし、なにより体への負担が大きくなってしまうためおすすめできません。一週間のうち間隔を開けて行うことも大切です。

入浴時間は20〜30分を目安に休憩を挟んで1セットとし、合計で60〜90分行えばいいです。岩盤浴中に体勢を変えたり、こまめな水分補給を忘れないでください。

岩盤浴の効果

ダイエット効果

岩盤浴では、体の表面からではなく内蔵や筋肉など身体の内側から温められるため、汗と一緒にカラダに蓄積された古い老廃物が体外へ排出されるため、基礎代謝が高まって、脂肪を燃焼しやすい、痩せやすいカラダにしてくれます。
岩盤浴を行うことによって基礎代謝が高まると、日常生活のちょっとした動きでも脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすくなります。また、代謝機能が高まっている状態での有酸素運動は非常にダイエット効果が高いため、是非とも組み合わせて行ってください。

美肌効果

サウナと違い岩盤浴では皮脂腺から汗をかくため、カラダのなかの有害物を排出してくれるデトックス効果があります。カラダの老廃物がなくなると同時に新鮮な皮脂も出てくるのですが、この新たにでた皮脂は「天然のクリーム」と呼ばれるほどお肌によく、免疫力を高めてくれるため健康維持にもいいですし、天然の保湿剤となってお肌に充分な保湿を与えてくれるのです。

冷え性や不眠症、神経痛の改善

岩盤浴に定期的に入ることによって、カラダの内側の芯から温められることにより、自律神経の調子が整えられるので、冷え性や不眠症に困っている人や、神経痛に悩まされている人はそれらの改善が期待できます。

むくみや肩こりの解消

岩盤浴に入るとカラダが温められて血流が良くなるため、血液循環が改善されるため全身にスムーズに血液が行き渡るようになります。血液の巡りが良くなることで、むくみや肩こりが解消されます。

岩盤浴の効果的な入り方

岩盤浴の効能をより一層引き出すための、効果的な入り方を紹介します。

水分補給をこまめに行う

岩盤浴では大量に汗をかくのが大事であるため、水分はこまめに補給しましょう。こまめに水分を摂ることで、効率的に汗をかき、ダイエット効果やデトックス効果が高まります。一気に飲むのは避け、1リットルの水をこまめに飲むようにしてください。

体勢を変える

岩盤浴中は1セットあたりの入浴時間の半分ぐらいで体勢を変えてやりましょう。ずっと同じ体勢よりも、途中で体勢を変えてやるほうが全身が均一に温められるため効果が高いです。前半15分を仰向けで行い、後半15分をうつ伏せで行いましょう。うつ伏せで行うことで内臓が温められるので内臓機能が高まり、代謝も良くなります。その部位が温まり切らないうちに体勢を変えてしまうと、効果が薄くなってしまうので、短時間で体勢を変えるのは避けましょう

呼吸を意識する

岩盤浴の効果を飛躍的に高めたいのであれば、呼吸の仕方に意識してください。鼻で長くゆっくりと息を吸い込み、ゆっくり口から息を吐くようにしてください。この長い呼吸をすることで、自律神経を活性化し、温熱効果が高まり血液やリンパの流れが良くなります

また、腹筋を使う呼吸法である「ドローイン」や「ロングブレス」を行うのも非常に効果的といえます。ただ寝ているのはもったいないので、こういった呼吸法を実践して岩盤浴ダイエットをより効果的に行ってください。

お腹が痩せる「ドローイン」や「ロングブレス」の正しいやり方は、お腹が瘦せる効果的なダイエット方法5選!を参考にしてください。

リンパマッサージをする

岩盤浴にリンパマッサージをするのもダイエットに非常に効果的です。岩盤浴でカラダが温められ、すでに血流が良くなっている状態でのリンパマッサージは、通常時の10倍デトックス効果があるとも言われています。リンパマッサージで血流を良くしてやることによって、代謝機能を飛躍的に上げ、むくみや肩こりも解消できます。

まとめ

岩盤浴は心身ともにリフレッシュでき、ダイエット効果もあるので女性に人気が高いです。岩盤浴ダイエットの効果を高めるためにも、今回紹介した岩盤浴の効果的な入り方を必ず守ってください。また、長時間の入浴や水分不足は脱水症状の危険性があるため、くれぐれもこまめな水分補給を行ってください。