出産後は骨盤矯正ダイエットで健康的にスリムに痩せるに限る!

妊婦生活は個人差もありますが、腰の痛みやつわり等を経て出産をする為一つのゴールですが、本当は子育てのスタートであり妊婦生活の方が楽だったという人もいるでしょう。

妊娠から出産の間でママが一番悩むと言ってもいいのが、骨盤の開きです。

産後骨盤矯正をした方がいいと聞いているママは多いですが、意外となぜ矯正した方がいいのか詳しい理由を知らない人がほとんどではないでしょうか。

体重は戻ったが体型は戻らなかった人や腰痛や肩こりがどんどんひどくなった人、等の悩みを解決するべく骨盤矯正は大切なのです。

そこで今回は産後の体型を戻すためにも重要である、骨盤矯正の方法や効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

産後の骨盤の状態とは

womens-3271122__340

女性にとって、人生の中で痛みを伴う大きな出来事と言えば出産ですよね。

妊娠中はお腹にいる赤ちゃんがとにかく無事健康に生まれてくれる事を願い、食べる物や飲み物などを気にし、なるべく栄養のあるものを摂取していたと思います。

出産後、赤ちゃんや羊水が全て出きったはずのお腹、元通りにはならずぽっこりとしていて驚いた人も多いでしょう。

妊娠中というのはお腹の赤ちゃんが成長する過程と共に脂肪もつき、ママの皮も伸びるので、出産後すぐに元の体型に戻れる事はほぼありません。

そしてお腹の脂肪と同時に戻らないもの、それが骨盤です。

妊娠中に赤ちゃん(子宮)を支えていたことで骨盤に負荷がかかり、分娩時は赤ちゃんの通り道として、恥骨や仙骨といった骨盤の一部を広げることで、出産後は骨盤が大きく開いた状態です。

さらに、骨盤の底から内臓を支えている骨盤底筋もゆるんでいます。

妊娠中は赤ちゃんがいる子宮を支えていた事で骨盤に負荷がかかっており、出産時は赤ちゃんの通り道として恥骨・仙骨という骨盤の一部を広げ大きく開きます。

そして産後、歪んだ骨盤はゆっくり元の状態に戻ろうとします。

しかしながら妊娠・出産を経て左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなっており、骨盤は偏った閉じ方をして歪みが生じ元通りに戻らない人が大半。

またイスでの足組みや猫背、そしてあぐら等は身体を歪めてしまう姿勢な為、産後3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとってしまっていると、骨盤は更に歪みます。

そしてこの骨盤の歪みにより、また脂肪がつきやすくなったり、筋力が落ちて代謝が下がってしまうという事が起こり、太りやすくなると言われています。

身体のラインは崩れ、筋肉の動きが妊娠前と変わってしまう事も。

他にも腰痛・肩こり・むくみ・冷え性や不妊など、婦人科系トラブルにもつながってしまうのです。

ですので産後に骨盤矯正をするという事は、産前の体型に戻す為というのはもちろんのこと、体調管理や健康体に、という意味においても実行するのがいいのです。

スポンサーリンク

骨盤の歪みをチェックする方法とは

massage-2441817__340

骨盤が歪んでいるのかを調べる為に整体院などに行く人もいますが、産後は赤ちゃんがいて時間がとれない人も多いでしょう。

そんな人は自分自身で簡単にチェックする事も可能。

体型が思うように戻らない人は是非どちらかの方法で調べてみてください。

足踏み

  1. 自分自身が立っている位置に目安となる印をつけ、その上に立ちます
  2. 目を閉じて、腕を振りながら太ももを床と並行になるよう足踏みをします
  3. その印からずれないように意識しながら、50回してみてください
  4. 目をあけ印を確かめ、印から1m以上離れてしまっている人は骨盤が歪んでいる可能性があります

骨盤の高さを測る

  1. 床に仰向けになります
  2. 足を腰幅ほど開き、左右の骨盤の最も高い場所に手の親指、床に中指をつけ、その高さを測ります
  3. 左右の高さが違う場合は骨盤が歪んでいる可能性があります

またこの方法以外にも以下あてはまるものが多い人ほど、骨盤が歪んでいる可能性がありますのでこちらも参考にしてください。

  • 左右の足の長さが違う
  • 左右の肩の位置が違う
  • 片方の靴底ばかり擦り減る
  • 仰向けに寝た時、左右の足の開き方に差がある
  • 足を組む癖がある
  • 立っている時、片足に重心をのせる癖がある
  • 何もないところでつまづく
スポンサーリンク

骨盤矯正の効果とは

massage-599532__340

出産をした事により緩んだ骨盤を正しい位置に矯正することを骨盤矯正と言いますが、出産を機にダイエットや体型の改善を目指す事を、産後リフォームと呼ぶこともあります。

矯正方法としては、整体・体操・リフォームインナーやガードル・ベルトなどの利用など、様々あります。

それでは具体的に、骨盤矯正を行うとどのような効果が期待できるのでしょうか。

骨盤が正しい位置に戻る事ができれば、骨盤内に落ちた内臓が元の位置に戻り、身体の筋肉をきちんと使えて歩きやすくなります。

そして身体全体の血流が促され筋肉もついてくる事で、基礎代謝がアップし消費カロリーが増えやすくなるのです。

消費カロリーがアップするというのはイコール痩せやすい体質になっているという事。

また血行が良くなる事で胃腸も改善され便秘解消効果、リンパの流れが良くなる事で冷えやむくみの改善効果も期待できます。

産後体重がうまく減らずに停滞していた人が、骨盤矯正を1週間したことにより2kgの減量に成功したという事例もあります。

体重増加を解消するためには、産後6ヶ月間のうちに骨盤矯正や産後ダイエットに踏み切るのがポイントですよ。

時間が経過していくごとに体重や体型が変化しにくくなる為、この時期に骨盤を整え産後のボディケアを行っていく事をおすすめします。

スポンサーリンク

産後の骨盤矯正方法とは

maternity-3349744__340

それでは産後に行うと効果的な、骨盤矯正・産後リフォームの方法についていくつかご紹介します。

産後1ヶ月ですと悪露が出ている場合もあり体の回復期ですので、早めに始める場合は軽めの骨盤矯正から始めるのがおすすめです。

産後すぐに無理をしてしまうと体調を悪化させる可能性もある為、産後1ヶ月ほどは焦らず体調と相談しながら骨盤矯正を始めてください。

あまりに腰痛や恥骨痛がひどい人は、産後すぐからでも骨盤矯正を施術してもらえる場合もあるので整体や専門家に相談するのも1つの方法です。

骨盤ベルト・産後ガードルをつける

骨盤ベルトは整体や助産師さんなどにおすすめされる事も多いかもしれません。

産後のみならず産前でも使えるベルトは、腰痛や坐骨神経痛などの痛みを和らげ圧倒的なサポート感があるとの声も。

骨盤ベルトや産後ガードルというのは、理想的なボディラインを作る為のサポートをしてくれます。

育児をしながら運動をするのが難しい人であってもつける(履く)だけですので、続けやすく人気です。

ただし注意していただきたいのが、あまりに早い段階できつくしめすぎてしまうと、骨盤に悪影響を及ぼす可能性があるので産後の時期を見て選ぶようにしましょう。

ちなみに妊婦さんの間でも有名で、助産師さんからもよくおすすめされている人気商品の骨盤ベルトは、トコちゃんベルトです。

骨盤ベルトといっても産後すぐ使えるものや伸縮性に優れるもの、バンドタイプ、ダブルベルトタイプ、ショーツ一体型など種類は多種多様なので口コミなども参考にし選ぶといいでしょう。

骨盤体操・骨盤スクワットを行う

骨盤を元の位置に戻す体操やスクワットがあります。

産後の週数に合わせ内容を確認しながら、体に負担のないように進めるようにしましょう。

【骨盤体操】

  1. 床に座った状態になります
  2. 右足を90度内側にたおします
  3. 左足を右膝の上において右膝・右足内側を床に押し付けるように、床へと押します
  4. これをゆっくり10秒行います
  5. 反対側の左足も同様に行います
  6. 左右4セットずつ、呼吸を止めずにリラックスした状態で行ってください

【骨盤スクワット】

  1. 足を肩幅程度に開き立ちます
  2. 足の爪先を出来る限り外側に向けます
  3. 上半身を床と垂直にし前後にぶれないように注意しながら、45秒かけて腰を落としていきます(体重を膝にかけずお尻に集中するように意識する)
  4. そして15秒かけ元の位置に戻ります
  5. 次は逆に爪先を出来る限り内側に向けます
  6. 上半身を床と垂直にし前後にぶれないように注意しながら、45秒かけて腰を落としていきます(体重を膝にかけずお尻に集中するように意識する)
  7. そして15秒かけ元の状態に戻ります
  8. 爪先をそのままにした状態で上体をできるだけ前にたおし、そのまま15秒キープします。
  9. ゆっくり最初の状態に戻り終了です(骨盤スクワットは1週間行なったら3日休む、というペースで続けるのが良いと言われています)

整体院・マッサージの施術をうける

自分自身で行うのではなくプロの手を借り産後の骨盤ケアをしたい、という人におすすめです。

定期的に通い、骨盤を元の位置に戻すメンテナンスを行ってくれます。

産後すぐから施術可能な場合もあるのですが、産後1ヶ月検診を受けて母体になんの問題もない事が分かった上で始めるのが安心でしょう。

近年では託児所がついている整体院や、パパも同伴で施術を受けられるところもあるので、予約の際相談してみてください。

ヨガ・ピラティス

ヨガやピラティスというのは身体の歪みを改善できるのはもちろんの事、カロリー消費することもできる産前産後に人気のエクササイズ。

産後は子育てに家事にとなかなか時間を取れないママ達のリフレッシュの時間・ストレス解消の時間にもなるので、数時間パパにお世話をお願いして教室に通ってみるのもいいでしょう。

ヨガやピラティスは基本が分かればお家でもできるので、少し時間があいたら自宅でできるというのもポイントですね。

骨盤周りの筋肉のバランスを整えて、身体に負担がかかりにくくすっきりとなりますよ。

スポンサーリンク

産後骨盤矯正の注意点とは

lynx-3240198__340

産後というのは赤ちゃんのお世話と自分自身の身体の回復を一番に考えることが大切。

過度な食事制限をするようなダイエットは母乳にも影響しますし、栄養をとらないとママの回復にも時間がかかってしまいます。

様子を見て軽めのストレッチや骨盤矯正運動、そして健康的な食生活を心がけるようにしましょう。

特に産後はダイエットを目的とすることよりも、落ちてしまった筋力を通常の状態に戻すつもりで取り組んでください。

激しい運動は体調不良にもつながってしまうので、少しずつ身体を動かすようにし、本格的に運動をしたい場合は、産後の1ヶ月検診で医師に回復状況を診てもらい相談することをおすすめします。

また軽い運動とはいえ骨盤矯正の為とし行ったストレッチやヨガ等で痛みや違和感を感じたときは、すぐに中断し身体を休めて、不調が続いた場合は婦人科や病院に相談しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

産後の骨盤矯正、いかがでしたでしょうか。

骨盤矯正は産前の状態に戻すそして健康のためには大切ですが、出産後のママの身体はエネルギーを使い体力がない状態です。

昔産後1ヶ月は横になり安静に過ごして、身体を回復させる期間とされていました。

家事・授乳や育児などがある為、安静にしてはいられないとは思いますが無理はよくありません。

産後2ヶ月以降でも特に整体やヨガなどで外出する際は、めまいや動悸に気をつけ自分の身体の調子を見ながら取り組んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加