黒酢ダイエットの効果的な飲み方は?!サプリメントはおすすめ?

ダイエットをするなら健康的に美しく瘦せたいですよね。ただ体重を落とすだけでなく、病気を予防しつつ、美容効果も得ながら、美しいボディラインをつくれたら最高!と思っている方も多いのではないですか?黒酢ダイエットはそんな女性のわがままな願いを聞いてくれるダイエット法です。芸能人の綾瀬はるかさんや前田敦子さんも黒酢を取り入れたぐらいです。今回はそんな黒酢ダイエットについて紹介します。

スポンサーリンク

黒酢ダイエットとは?

黒酢

出典:https://www.google.co.jp/

黒酢ダイエットとは、黒酢を毎日飲むことによって、黒酢に含まれるアミノ酸の効果によって脂肪を燃焼させて瘦せるというダイエット法です。黒酢が健康にいいというのは広く知られていますが、最近ではダイエット効果があるということも知られ始め、女性の間で話題となっているダイエット法です。黒酢ダイエットは毎日黒酢を飲むだけ、という非常に簡単な方法で長続きしやすく、健康や美容にもいいため女性にオススメの人気のダイエットです。

スポンサーリンク

黒酢ダイエットの方法は?

おんな2

黒酢ダイエットの方法はとても簡単で、毎日黒酢を適量・適時飲むだけです。

摂取量・飲むタイミング

黒酢の1日あたりの摂取量は15ml〜30ml(大さじ1〜2杯)程度が理想であり、黒酢を飲む時は空腹時を避けてください。黒酢は酸性が強いため特に胃腸が弱い人が空腹時に飲んでしまうと、胃に負担をかけてしまって胃の機能低下や腹痛を引き起こす可能性があるため、必ず食後に摂るようにしてください。黒酢を飲むタイミングは朝・昼・晩に10mlずつ飲んでも構いませんし、晩ご飯を食べた後に20ml一気に飲んでも構いません。毎日理想量である15〜30ml摂取することが大事です。また、黒酢は体が温まっているお風呂上がりや運動後などの新陳代謝が上がっている状態で飲むと、より効果的です。

黒酢の摂取の仕方

黒酢を摂取する方法ですが、直接飲んでもいいですし、料理に加えてもいいでが、理想摂取量全てを料理に加えるとなると相当な料理の品数になるため、飲めない分を料理に使うといいでしょう。直接飲む場合は10倍くらいを目安に薄めて飲みましょう。黒酢を薄めると効果も薄まると思うかもしれませんが、効果には影響はありません。黒酢を薄めて飲まないと、かえって胃に負担がかかって体調を崩す恐れがあります。料理に加える場合は生のまま使っても、加熱しても構いません。黒酢の成分は非常に優秀で、熱が加わっても失われることはありません。

摂取する黒酢の種類

お酢は製造過程で分けると醸造酢と合成酢があります。合成酢とは人工的に作ったお酢のことで、合成酢よりも醸造酢のほうがダイエット効果のあるアミノ酸や有機酸が圧倒的に含まれているため、市販の黒酢を購入する際は、成分表示ラベルを確認して醸造酢を選ぶようにしてください。また、黒酢を毎日飲むのがツラいと感じる方はサプリメントを飲んでみるのもひとつの手です。サプリメントであれば、黒酢特有の酸味がないため気軽に飲めておすすめです。

スポンサーリンク

黒酢のダイエット効果

女3

黒酢がダイエットに効果的と言われるのは、黒酢に含まれるアミノ酸によるものです。黒酢は他のお酢よりもアミノ酸が豊富に含まれています。アミノ酸には、体内にある脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを活性化させる作用があります。このリパーゼは、脂肪を分解して血液内に送り込み、溜まった内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きを持ち、黒酢が豊富に含むアミノ酸のなかにはこのリパーゼの働きを促進する効果があります。また、このアミノ酸は有酸素運動をする前に摂取すると、脂肪燃焼効果を高めてくれるという嬉しい働きもあります。

スポンサーリンク

黒酢のメリット

デトックス効果

黒酢には大腸の働きを活発にする働きがあり、黒酢に含まれるアミノ酸との相乗効果で、体内の老廃物を排泄を促進するデトックス効果があり、むくみの予防や便秘の解消にいいとされています。

生活習慣病の予防

アミノ酸はたんぱく質のもとであり、筋肉や血液、内蔵、皮膚、髪の毛までたんぱく質によって作られています。言い換えると、ヒトのカラダを構成しているのはアミノ酸といえるのです。そのアミノ酸の中でも、体内で合成することができず、食物によって摂取するしかない9つのアミノ酸を必須アミノ酸といい、黒酢にはこの9種類の必須アミノ酸全てが含まれています。また、黒酢にはアンジオテンシン交換酵素(ACE)と呼ばれる血圧の上昇を抑える物質が入っており、この物質やこれらの必須アミノ酸の効果により、血液はサラサラとなり、高血圧、動脈効果、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの病気を予防することができます。

疲労回復効果

黒酢にはアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれています。疲れの要因の1つに、体内のグリコーゲンの減少というものがあり、グリコーゲンは、ヒトが活動する際のエネルギーとなるもので、グリコーゲンが減少すると疲れたと感じるのです。黒酢に含まれる酢酸はグリコーゲンの生成を促進し、黒酢のBCAA(分岐鎖アミノ酸)はグリコーゲンと同じ働きをしてくれるため体の疲労回復効果が期待できます。また、クエン酸はクエン酸サイクルの過程でエネルギーを生み出すことによってグリコーゲンの減少を防止します。スポーツ選手などが運動前後にアミノ酸飲料を飲んだりするのは、アミノ酸やクエン酸に肉体疲労を回復させる効果があるからです。

美容効果

黒酢に含まれる必須アミノ酸には美容効果もあり、コラーゲンの生成を促進するスレオニンや皮膚に潤いを持たせるセリン、抗酸化作用や保湿作用のあるグリシリンなどが含まれているため、肌のしみやシワ、そばかすなどを防ぎ、ハリツヤのある美肌を作ってくれます。

スポンサーリンク

黒酢ダイエットの注意点

サプリを活用

最近のダイエットの傾向としてサプリメントを活用したダイエット法が主流になりつつあります。黒酢のサプリメントも販売しており、酸味があって飲みづらいのは確かなのでこちらを試してみるのもいいです。

就寝前の摂取による歯の酸蝕

お酢の酸が歯に長時間付着しているとさん、歯のエナメル質が酸によって溶け、歯が薄くなっていく酸蝕歯を引き起こしてしまう可能性があります。黒酢を飲む際は、希釈濃度を守り、なるべく素早く飲み込むようにして、過剰摂取や黒酢を飲んだまま寝てしまうことは避けましょう。なるべく黒酢が歯に摂取する時間を短くすることを心がけ、就寝前に飲んだ場合は歯磨きを忘れないようにしてください。

黒酢を正しく飲む

黒酢は酸が強いので、過剰摂取や胃腸の弱い人が飲むと、その強い酸性によって体調を崩す恐れがあります。黒酢を大量に飲んだからといってダイエット効果やその他の健康効果などが高まるわけではないので、必ず規定量を守り、飲んでも1日30mlまでとしましょう。また、黒酢は商品によって希釈濃度が違います。3倍に薄めて飲むものもあれば、10倍に薄めて飲むものもあります。濃すぎると口や食道、胃の粘膜が損傷してしまうので、必ず商品説明ラベルを読んで、正確な希釈をしてください。

空腹時は飲まない

起床してすぐや食前の空腹時は黒酢を飲むのは避けてください。黒酢の酸によって胃に負担がかかり、損傷してしまう可能性があります。食事の中で取り入れたり、食後の満腹時に摂取するようにしてください。

有酸素運動を取り入れる

黒酢ダイエットの1番のポイントとなる注意事項ですが、黒酢は飲むだけでは痩せませんむしろクエン酸によって太る恐れがあります。クエン酸はダイエットに効果的という方もいますが、それは間違いの可能性が高く、クエン酸回路を形成し、痩せやすくなる、というような話を聞いたことがあるかもしれませんが、実はそのような事実はなく、むしろクエン酸の過剰摂取は太る原因になるというのが有力な説です。ですから、クエン酸ダイエットを行う際は、有酸素運動を取り入れてしっかりと脂肪を燃焼させましょう

有酸素運動の効果的なやり方は、筋トレや有酸素運動は順番・時間が大切!毎日のダイエットを効率的に行うために。を参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

黒酢ダイエットは、毎日黒酢を飲むだけととても簡単ではありますが、適度な運動をしないと瘦せないばかりか逆に太ってしまう可能性もあります。口コミサイトでも失敗したという人の大半は、黒酢を飲むだけで全く運動をしなかったというもので、飲むだけで瘦せるわけではありません。有酸素運動を取り入れて黒酢ダイエットを効果的に行うようにしてください。