脂肪燃やすお茶でダイエット!お茶を効果的に取り入れて脂肪燃焼させよう!

みなさんは脂肪の燃焼をサポートしてくれる効果のあるお茶がある事を、知っていますでしょうか?

テレビのCMやコンビニエンスストアの飲料棚でもよく見かけるであろう、「中性脂肪を下げる」「コレステロールを下げる」などの文言。

ダイエットしている人、そしてダイエットしたい人は、この文言で手に取った事があるもいるかもしれませんね。

お茶は毎日飲める物であり、中性脂肪・コレステロールが下がるならば飲みたいと思う人も多いはず。

脂肪燃焼効果の高いお茶を飲み運動を併用する事ができれば、ダイエット効果をより高めることが可能となります。

今回はそんな脂肪燃焼効果の高いお茶やその成分などについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

脂肪燃焼をサポートする成分とは

ice-cubes-1914351_960_720

近年ではペットボトルのお茶でも、トクホマークをとり脂肪燃焼!なんて宣伝していますが、実はお茶そのものに中性脂肪が下げる作用がある訳ではありません。

注目すべきなのは、その中に含まれる成分です。

脂肪燃焼してくれる飲料には、どのような成分が入っているのでしょうか。

脂肪燃焼のサポート効果のある成分を知っていきましょう。

ポリフェノール

ポリフェノールとは、多くのお茶飲料に含まれる渋み成分です。

緑茶の場合はカテキン、烏龍茶の場合は烏龍茶ポリフェノール等といったように様々な種類があります。

例えばサントリーが出している黒烏龍茶は、ウーロン茶重合ポリフェノールが小腸におけるリパーゼの働きを邪魔し、それにより脂肪吸収が抑えられ余分な脂肪が体外に排出されるようです。

このようにそれぞれの飲料には、それぞれ入っているポリフェノールが違うのでしょう。

ポリフェノールには抗酸化作用の他にも、脂肪の分解を促進する効果もあるそうですよ。

中でも効果が高いものとしてあげられるお茶は以下です。

  • ルイボスティー:高い抗酸化作用、脂肪分解効果、若返り効果等
  • ごぼう茶:サポニンを豊富に含んでいる為、抗酸化作用、脂肪分解効果等

ヒドロキシクエン酸

ガルシニアなどに含まれる成分であり、脂肪燃焼を効果的にする働きがあります。

また内臓脂肪の蓄積を防止してくれる効果もありますよ。

カフェイン

コーヒーや紅茶等でも知られている成分であり、働きとしては覚醒作用がよく知られていますが、その他にも脂肪燃焼の効率を高める効果が期待できます。

しかしながらカフェインを過剰摂取してしまうと、効果が低減するとも言われているので注意が必要。

カフェインの1日摂取量は300mg程度を上限としてください。

また上記でもお伝えした通り覚醒作用がある為、眠る前などは避けるようにしましょう。そしてよく知られている事ですが、妊娠中の人や授乳中の人も過剰な摂取は控えるようにしましょう。

妊婦の場合、1日100mg以上のカフェイン摂取してしまうと流産のリスクが上昇する等赤ちゃんに影響すると言われているのです。

以下カップ1杯(150ml)に含まれているおおよそのカフェイン量を記載しておきます。

  • コーラ:15mg
  • 緑茶 紅茶 烏龍茶 ほうじ茶:30mg
  • コーヒー:100mg
  • 玉露:180mg
スポンサーリンク

脂肪燃焼効果を期待できるお茶の種類

tee-1252420__340

それでは脂肪燃焼効果が期待できるお茶をいくつかご紹介します。

黒豆茶

黒豆茶に含まれているアントシアニンと呼ばれるポリフェノールは、脂質代謝を促す為脂肪燃焼効果を期待できます。

また利尿作用がありむくみの解消、大豆サポニンが脂肪吸収を抑制する効果もあります。食物繊維も豊富ですので便秘解消効果もありますよ。

杜仲茶(トチュウ茶)

杜仲茶は脂肪を分解し燃焼してくれる効果があります。

更に脂肪吸収の抑制や血液を綺麗にする働き、便秘改善効果が期待できます。

また肝臓の働きをよくする効果もありますので、デトックス効果をアップし体内から綺麗にしてくれますが、デトックス効果が強いのでお腹がゆるくなってしまう事も。

飲みすぎや胃腸の弱い人は注意してください。

味はクセがあり苦手だなと感じる人が多いので、そのままで飲めない人は他のお茶とブレンドして飲む事をおすすめします。

マテ茶

マテ茶は飲むサラダと呼ばれるほどに、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

脂質の代謝を促してくれるビタミン類が豊富な為、脂肪燃焼効果が期待できるのです。

プーアル茶

中国4000年の歴史の中で最もデトックス効果が強いと言われているのが、このプーアル茶。

プーアル茶は脂肪燃焼飲料の元祖ともされており、内臓脂肪を効果的に落としてくれます。

体内の脂肪分・糖分を吸収し分解する能力があり、それに加え血糖値を抑制し消化や血行を促進してくれるのです。

緑茶

日本人には最も馴染み深く、古くから飲まれている緑茶。

緑茶に含まれているカテキンには内臓脂肪を減らす効果があると言われています。

テレビのCMでおなじみであるヘルシア緑茶、少し値段は高いですが高濃度茶カテキンのお茶であり味も濃いと思います。

カテキンが最も多く含まれている緑茶の茶葉と言うのは、一番太陽の光を浴びて育った最後の最後に詰まれている茶葉。

よって高級茶葉にはカテキンは沢山含まれておらず、より安い値段で売られている緑茶こそカテキンが多く含まれていると言われています。

そしてその茶葉をたっぷり使用した急須の中に沸騰した湯を注げば、高濃度のカテキン茶はお家で簡単に作る事ができますよ。

買うのが高いなと感じる人は、自宅で濃い緑茶をいれて飲んでみましょう。

黒ウーロン茶

「油っぽい食事とウーロン茶」と言うフレーズを良く聞きますよね。

その中でも黒ウーロン茶は内臓脂肪に効果的と言われており、食事と一緒に黒ウーロン茶を飲むことで食事に含まれている脂肪分の20%を抑えてくれると言う研究結果も出ているのです。

これは黒烏龍茶の中に入っているポリフェノール成分が脂肪分の吸収を抑えてくれる働きによるものであり、体内に吸収された脂肪分も排出しやすくしてくれる働きも持っています。

びわ茶

あまり馴染みはありませんが、日本では古くから薬膳としてあらゆる病気につかわれてきたのが、このびわの葉。

このびわの葉の新芽を取り作られるびわ茶には、内臓脂肪を減らす効果だけでなく、血糖値を正常、血圧を抑える効果があるとされています。

またコレステロールを分解する作用もあるので、内臓脂肪を減らすと同時に血液の流れもスムーズにしてくれ、利尿効果も優れ体の不純物を体外に排出し健康な体へ導いてくれる健康効果も期待できます。

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果のあるお茶の飲み方のポイントとは

asia-3013765__340

せっかく中性脂肪を下げる為にお茶を飲むのであれば、なるべく効果が得られるタイミングでお茶を摂取したいですよね。

ただしポリフェノールとカテキンでは、中性脂肪を下げる効果は同じですが飲むのに最適なタイミングは微妙に違います。

まずポリフェノールの最適な飲むタイミングは食中〜食後30分以内に摂取がおすすめ。

胃に入った食品は食後30分ほど胃の中に滞留し、その間に活動するリパーゼの働きを抑える為この時間に飲んだほうが良いという事だそうです。

カテキンの最適な飲むタイミングは、飲み続ける事でリパーゼに対し継続的に作用し、活動を活性化させることが可能になるので飲むタイミングは関係ないそうです。

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果のあるお茶の注意点とは

teapot-1395127__340

それでは脂肪燃焼効果のあるお茶を飲むうえで、注意点やデメリットはあるのか気になる人もいると思いますので注意点を挙げておきます。

効果を期待しすぎないようにしましょう

効果はあるものの、あくまでも脂肪燃焼・脂肪分解をサポートしてくれるものとして扱いましょう。

紹介した成分による脂肪燃焼や脂肪分解は、飲み続けることで効果が発揮されるというものではありません。

あくまでも体内の酵素に働きかける事で脂肪燃焼や脂肪分解を促進する効果があると言う事です。

ひたすらあびるように飲んで痩せられるというものではないので勘違いしないようにご注意ください。

効果が期待できるお茶を飲みながら運動、特に有酸素運動であるウォーキングや水泳などと組み合わせたり、違う他のダイエット方法と組み合わせたりする事が大切です。

しかしながらカフェインについては、利尿作用や運動時のエネルギーという観点からはあまりおすすめできない点もあるので注意してくださいね。

特保マーク

特保マークについて、しっかり意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

トクホって普通のお茶より体にいいもの、なんとなく効果がありそうなもの、として特保のお茶を選んでいる人も多いでしょう。

そもそもトクホ=特定保健用食品というのは、消費者庁が体をよくする効果効能を具体的に伝えてもいいですよ、と認めた食品のことです。

このマークをつけるにあたり、実際に人に対しての実験が必要、また有効性・安全性について厚生労働省から食品安全委員会まで7つの厳しい審査を受ける必要があります。

ですのでトクホは国がその商品の効果効能のみを認めているだけであり、ポリフェノール量等に関して言えば審査の基準には入っていないということです。

トクホ飲料であるからといって、安易に他の商品よりも痩せるという訳ではないという事は知っておくといいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

脂肪燃焼効果のあるお茶=ダイエットサポート茶、いかがでしたでしょうか?

知らないだけで、意外と痩せる効果のある成分って飲料に入っているんだなと驚いた人もいるでしょう。

黒烏龍茶ダイエットや緑茶ダイエットを、すでに知っていたり行っていたりしている人も改めて知れる機会になっていれば嬉しいです。

内臓脂肪やメタボリックシンドロームで悩んでいる人、ダイエットがうまくいかなくていき詰っている人、普段から燃焼効果のあるお茶を飲む習慣をつけてはいかがでしょうか。

ご紹介した通り、脂肪燃焼効果、デトックス効果のあるお茶は様々な種類があります。

サントリーの伊右衛門特茶や黒烏龍茶、伊藤園のカテキン烏龍茶やカテキンジャスミン茶、

等知っているメーカーの商品もあれば、ティーライフ(株)が出したメタボメ茶という商品もあります。

様々なお茶の効能を知ったうえで、食事や好みに合わせて毎日の生活の中にお茶を取り入れてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加