栄養満点ブッラータでダイエット!その作り方とは

「ブッラータっていう聞きなれないチーズが気になる」

「いろんなチーズのことを知りたい」

日常の食事で欠かすことの出来ないチーズという存在。

チーズにはいろんな栄養が含まれているので、一口食べるだけでもおすすめなんです。

そんなチーズの種類の中で、少しマイナーな存在を紹介してみようと思います。

そのチーズの種類が「ブッラータ」というチーズなんです。

このチーズの名前をみなさんは聞いたことがありますか?

ブッラータというチーズの作られ方や、その栄養などについて紹介します。

また、どのようなレシピで食べるのがブッラータを美味しく食べれるのでしょうか。

スポンサーリンク

ブッラータってどんなチーズ

swiss-cheese-575540_960_720

ではまず、ブッラータというチーズがどのようなチーズの種類なのか紹介します。

馴染みのないチーズの名前ではありますが、非常に栄養も高くチーズファンの中でも人気が高いんですよ。

ブッラータとは「バターを入れた」という意味

ブッラータはイタリア原産のチーズであり、フレッシュチーズの仲間です。

このブッラータとは、イタリア語で「バターを入れた」という言葉の意味になっています。

このチーズの原料は、水牛や牛の乳を原料としています。

ブッラータの作るための製法はモッツアレラチーズと同じく、パスタフィラータとう製法で作られるそうです。

イタリア南部のムルジアという地方で名産となっており、ムルジア地方のプッリャ州ではいまでも手作りで作る伝統的な食品となっています。

ブッラータの形などの特徴

ブッラータの形の特徴は、直径が7センチから10センチほどのものが多いです。

そして、ブッラータは堅い円形のチーズとは違って、15センチから20センチぐらいの球状の形のものが多いんです。

そして、ブッラータの表面の色はクリーム色に近い色で、明るい白色になっているのが特徴ですね。

味は、チーズの中では少し甘みがある部類で、バターの香りがとても食欲を引き立てるものになっています。

そして、ブッラータは袋状のカードと言われるものの中に、生クリームと柔らかいフレッシュチーズを閉じ込めて作られています。

このカードと言われるものは、牛乳やヤギ、水牛などの乳に、酸やキモオシンといわれる酵素を作用させてできる凝固物のことなんです。

チーズの原料にされることも多いのですが、そのまま食べることもできます。

カードにはタンパク質や乳脂肪分が豊富

このカードには、乳のタンパク質がとても多く含まれており、乳脂肪分も豊富なんです。

実は、このカードというものを熟成させたものがナチュラルチーズと呼ばれるものになります。

そして、このカードから除いた液のことを、ホエーと呼ばれる乳清になるんです。

このホエーにはタンパク質やビタミン、ミネラルが含まれてとても栄養価が高いんです。

ヨーグルトを作るときにも使われることが多いため、インドなどの外国ではヨーグルトを意味する場合もあるのだとか。

スポンサーリンク

ブッラータの作り方

cream-cheese-181528_960_720

では、ブッラータはどのおような方法で作られるチーズなのでしょうか。

いろんなおすすめフレッシュチーズがあるなかで、なぜこのとろける風チーズが注目されているのでしょう。

ブッラータの製法

ブッラータは、作り方としてモッツアレラチーズに近い作り方です。

レンネットと言われる、母乳の消化のために数種類の哺乳動物の胃で作られる混合物を利用します。

このレンネットは、凝乳酵素という呼ばれ方もされます。

ブッラータはこのレンネットで暖かいミルクをカードにして作ります。

他のチーズとの違いとして、ブッラータは熱したホエーか、少し塩の入った湯に入れた後、こねて形を整える方法が使われます。

ブッラータは、温かいチーズが袋状になって、残りのモッツアレラを袋に入れて、さらに生クリームを入れて閉じるんです。

そして、頭の部分をくくりホエーで湿らせると完成です。

非常にクリーミーなチーズ

南イタリア原産のブッラータは、その作り方からとてもクリーミーな味わいと食感が特徴です。

イタリア国内などのチーズイタリア職人には、そのとろりとしたクリーミーな中身のことを「ストラッチャテッラ」と呼ばれます。

非常にきれいな見た目で、ブッラータにナイフで切れ目を入れると、とろ~りとした中身が溢れ出てくるんです。

味わいはさっぱりとしていながら、非常に立地でクリーミーな味わいがくせになります。

ブッラータの注意点

他のフレッシュタイプのチーズと同じく、ブッラータは賞味期限や消費期限が短いことに気をつけましょう。

なかなか日本のお店でも、そういった点からブッラータを取り扱っていないところも多いようです。

しかし、チーズファンからの人気も多く、本場イタリアから取り寄せたものをチーズ専門店で購入する人も多いのだとか。

イタリア南部などのイタリア生まれの、本場イタリアで作られたチーズだけに、ぜひチーズ好きにはこの絶品チーズを味わっていただきたいところです。

スポンサーリンク

ブッラータチーズの歴史と貴重さ

cheese-fondue-2803840_960_720

ブッラータチーズはどのように生まれたのでしょうか。

また、なぜブッラータは貴重品と言われているのでしょうか。

そのブッラータの歴史と入手困難な点を紹介します。

ブッラータは1920年ごろに生まれた

このおすすめなチーズは、その生地の形や巾着状の袋、そして中身から流れ出るとろりとしたチーズは絶品フレッシュチーズといえます。

実は、このチーズ誕生は他のチーズに比べて比較的新しいチーズなんです。

ブッラータは1920年ごろに生まれたと言われており、プーリア州アンドリアのビアンキーニ家が地元消費用に作ったのが始まりだと言われています。

そのため、ブッラータが生まれてから30年ほどの間は世界的に有名になることもなく、地元の名産品として有名になるのには時間がかかったようです。

ブッラータとモッツアレラの関係

1950年代に入ると、モッツアレラづくりで余った切れ端などを有効活用する方法として、ブッラータが注目されるようになったんです。

その製法が新聞記事や口コミから広がって、他の生産者もブッラータを作り始めたようです。

生産量が増えたことにより、限定販売品のようにブッラータが広がっていきます。

いわゆる、プレミア感のあるブッラータチーズは、チーズ工房のチーズ職人の高い技術が必要だったんです。

このブッラータは、現在のように冷凍技術や輸送技術が発達した中でも、絶品チーズおすすめとして限られたところでしか手に入れることが出来ないんです。

もともとが、イタリアなどのローカルフードだった存在だけに、プーリアから離れた地方では、なかなか目にすることが出来ないとも言われています。

ブッラータは、製造後、48時間以内に食べるのがもっとも美味しいと言われているため、チーズ輸入業者の頭を悩ませる人気食品なんです。

東京などでも少しずつ見られる機会が増えており、フレッシュクリームの手作りチーズとして、非常に料理の中で貴重な存在になっています。

ブッラータは非常に貴重なチーズ

チーズ別の中でブッラータというのは、非常に手に入れるのが難しいチーズに分類されます。

数年前にアメリカでブッラータチーズがブームになったようで、そういった影響からも日本の東京などで、ブッラータを目にする機会が増えました。

とはいえ、イタリアンチーズの中でも作り方故に、まだまだ手に入れるのは困難といえます。

スポンサーリンク

ブッラータを美味しく食べる方法

bread-and-butter-1331447_960_720

では、そんな入手困難なブッラータを手に入れたら、どのようなレシピで食べるのがもっとも美味しく食べることが出来るのでしょうか。

ブッラータはとにかくすぐに食べること

まず、ブッラータのアレンジレシピなどの前に、その製造方法からもっとも味わいを堪能できるのは、より鮮度がいい状態で食べることです。

また、ブッラータを食べるときは、常温に戻してから食べるのが美味しい食べ方です。

電子レンジなどで熱することなく、とろりとしたチーズが溢れてくるのが特徴です。

豊富なブッラータの食べ方

ブッラータはそのまま食べるのがもっともおすすめですが、ちょっとした簡単レシピを参考にしてみるのもおすすめです。

他のモッツアレラチーズ系と同じく、オリーブオイルやトマトにハム、またワインに合わせるのがおすすめです。

野菜やワインなどの材料やお酒との相性が良いですね。

季節の野菜から材料を選んで、アイデアを膨らませたチーズ料理を考えるのもおすすめですね。

その特徴的な風味も合わさって、いろんな通りフレッシュチーズレシピがあるといえます。

オリーブオイルやトマトなどと合わせよう

イタリアでは、牡蠣と合わせてブッラータを食べる方法が好まれるようです。

ブッラータの伝統的な方法では、アスフォデルという葉でチーズを包むという方法もあります。

オリーブオイルを使用するときは、塩や挽きたての胡椒と合わせるのがおすすめです。

また、そこにトマトやミニトマト、バジルを添えるのもおすすめです。

温かい料理のレシピおすすめとしては、カリっとしっかり焼いたパンの上に乗せる方法もおすすめですね。

パンのカリッとした感じとブッラータのクリーム状の優しい口当たりが非常に相性がいんです。

他にも、桃やいちじくなどのフルーツ系と合わせる食べ方もおすすめです。

また、チーズなのでパスタやピザと合わせるのは鉄板の方法だといえますね。

チーズははちみつとの相性もいいので、この食べ方も試してみて欲しいですね。

スポンサーリンク

ブッラータが買える場所

appetizer-2802_960_720

実際にブッラータに興味が出た人は、どのような方法でブッラータを購入すれば良いのでしょうか。

なかなか日本でブッラータを手に入れるのは難しいのですが、東京では比較的入手がしやすいようです。

東京の渋谷ではブッラータを製造している

東京では、非常に珍しいブッラータチーズなどのフレッシュチーズを作っているお店があるんです。

それが、東京の渋谷にある「渋谷チーズスタンド」というお店なんです。

このお店は、日本で初めてブッラータの製造に成功したと言われています。

そのため、ここのお店ではブッラータを「東京ブッラータ」という名前で販売しているそうです。

そのため、本場イタリアのブッラータではなく、渋谷さんのブッラータになります。

とはいえ、ブッラータがもっとも美味しく食べられると言われる48時間以内にブッラータを食べることができる、唯一のお店といえるかもしれません。

ただし、このお店でブッラータを購入したい場合は、事前で予約する必要があります。

知る人ぞ知るブッラータを手に入れることが出来る限られたお店なので、もし東京にお住まいの方は、ぜひ調べてみても良いと思います。

ネットショップもあるので、おすすめブルーチーズやおすすめハードチーズなども参考にしてみてもいいと思います。

期間限定ながらブッラータを手に入れられる

もう一つ、東京でブッラータを手に入れることが出来るお店があります。

それが、ナチュラルチーズ専門店として有名な「Fermier」というお店です。

非常にチーズファンから人気で、チーズそのものの味を知りたいという人におすすめなお店です。

ここでは、普通のブッラータより少し小さめのブッラータを販売しています。

そのため、小さなブッラータという意味で「ブラッティーナ」という名前でブッラータを販売しているんです。

しかし、こちらでも期間限定な上に受注販売なので、やはりブッラータは敷居の高いチーズといえます。

一応、店舗は東京以外に、札幌にもお店があるようです。

ブッラータを買えなくても、他にもレアなナチュラルチーズがたくさん購入できるお店なのでぜひ、訪問してみて欲しいお店といえますね。

スポンサーリンク

家庭でブッラータ風チーズを作ってみよう

goat-1818552_960_720

本場のブッラータはなかなか手に入れることが出来ません。

チーズ輸入技術や冷蔵庫が発達していまでも、非常にレアなチーズなことがわかったと思います。

せめて、ブッラータチーズに近い味わいを楽しみたい。

そんな人のために、家庭でブッラータに近いチーズを作る方法を紹介します。

家庭でブッラータ風を作る方法

まずは、この動画を参考にしてみてください。

用意するものは、モッツアレラチーズ100g、生クリーム大さじ2、生ハム2枚、ミニトマトを赤色や黄色を各3個用意しましょう。

また、いちごを3個、オリーブオイルと塩と水を適量用意しましょう。

まずは、モッツアレラチーズを1/5に切り分けましょう。量としては20g程度ですね。

切り分けたモッツアレラチーズをみじん切りにして、生クリームと混ぜ合わせましょう。

そして、4/5の量をボウルに入れて、水を注ぎ電子レンジで600Wで1分加熱します。

加熱したmのを、まな板の上にのせて、ラップをかけましょう。

均等になるように手で優しく押さえながらのばします。

均等に伸ばすことが出来たらラップを取って、最初鬼生クリームと混ぜたモッツァレラを真ん中に乗せませしょう。

そして、端から折りたたんでいって、ボール状にします。

ボール状になったら、器にもりつけて、半分に切ったトマトやいちご、生ハムをキレイにもりつけて、オリーブオイルと塩をかけましょう。

これで、手作りブッラータ風ナチュラルチーズの出来上がりです。

とても簡単で作れることから人気のレシピです。

この手作りブッラータのポイントは、本家と同じく鮮度が大事なので用意するモッツアレラチーズも新しく鮮度が良いものにするのがポイントです。

自宅でもブッラータを楽しめる

本場の味と比べれる機会がなかなか無いので残念ですが、このブッラータを食べてピンっときたら、ぜひ本物のブッラータを食べてみて欲しいですね。

ときどき、ネット通販でもブッラータを購入できるチャンスもあるようなので、チェックするのをおすすめします。

125gで1000円ほどで、そこに送料などがついてくるので決して安いものではないですが、オンラインなら比較的購入出来るチャンスが多いようです。

フレッシュトマトや、ツナサンドにしても美味しいですし、バター醤油パスタと合わせても良いですね。

とろけるミルクのような色合いの生クリームがクセになりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

bread-2805618_960_720

小さな町で生まれたチーズが、人気コーヒーチェーン店と一緒のように、どんどん広がっていったのがブッラータというナチュラルチーズです。

限らてた職人の手によって生み出されていたチーズが、30年近い間の年月をかけてじわじわと有名になっていったのはすごいですよね。

チーズファンの中でもブッラータを食べたことがある人はなかなか少ないかもしれません。

モッツアレラチーズ系のチーズが好きな人にはとてもおすすめできるチーズなので、家庭で手作りでブッラータを作ってみるのが一番おすすめですね。

また、東京近郊にお住まいの方はぜひ、本物のブッラータを入手してみてほしいです。

なぜここまで、ブッラータというチーズが人気なのか一度食べてみると実感できると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加