家庭用キャビテーションで自宅でもダイエット効果

「キャビテーションってなに?」

「自宅でもエステのような効果をほんとに得ることが出来るのか」

キャビテーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

エステに通ったことがある人なら経験したことがあるかもしれません。

そんな、キャビテーションの家庭用が存在しており、自宅でもキャビテーションをしたいと考える人が多くなっています。

しかし、実際にエステで受けているような効果が自宅でも得ることが出来るのでしょうか。

余分な脂肪を除去する効果があるといわれるキャビテーションの効果と、自宅用のキャビテーションの効果について紹介します。

スポンサーリンク

キャビテーションってなに?

wellness-285587_960_720

そもそも、キャビテーションとはどういうものなのでしょう。

簡単に説明すると、超音波を使って、身体の余分な脂肪を刺激してくれる機械のことです。

テレビなどでも、棒のようなものを身体に当ててうぃーんっとマッサージのようなものをしていますよね。

あれがキャビテーションの代表格であり、エステでもとても人気のある道具なんです。

キャビテーションの効果とは

では、もう少しキャビテーションについて詳しく解説していきましょう。

キャビテーションは、特殊なラジオ波といわれる超音波を出すことにより、余分な脂肪を刺激して部分的に脂肪を減らす効果があると言われています。

エステサロンで部分やせを希望すると、マッサージとともにキャビテーションを使用されることが多いです。

そもそも、キャビテーションは、超音波を発生させて、脂肪細胞を溶かすことが目的なんです。

破壊されたときにでる気泡のはじける力を利用して、脂肪細胞が破壊されるという機械なわけです。

これは液体の圧力差を利用して、泡の発生と消滅が起こる物理現象なんです。

キャビテーションの機械は、目に見えない1秒間に数万回という振動を起こして、キャビテーションを起こすわけです。

気泡が発生し、消滅するのが高速で繰り返されると、泡の間に圧力差が生まれて、圧力に耐えられない破裂の衝撃波が脂肪細胞を破壊してくれるんです。

目には見えない世界ですが、体の中ではどんどん脂肪細胞が破壊されて、脂肪が減っていくなんてすごいですよね。

スポンサーリンク

キャビテーションのメリットとは

calm-2768518_960_720

まず、キャビテーションのメリットとして、脂肪を破壊するという響きのわりに、実は痛みを伴わない点です。

脂肪吸引の機械では吸われる痛さがあります。

また、メスを使うことで脂肪を吸引する方法もありますが、自宅でもできるキャビテーションの場合は、そういったメスなども必要としません。

脂肪細胞が破壊されるわけですから、リバウンドもしにくく、機械は取り回しが効くので部分痩せにも使えるんです。

エステサロンに比べて自宅は安く行える

キャビテーションをエステサロンで行うよりも、家庭用で行う大きなメリットは価格です

キャビテーションのは1回で施術の時間の違いもありますが、安くても1万円ぐらいの価格は必ずかかります。

それに比べて、家庭用のキャビテーションは安いもので1万円代後半で、高いものでも2万円代後半までです。

エステサロンでキャビテーションを1、2回受ける価格と同じわけなんです。

高いところではキャビテーションを60分受けると、3万円近く取れることを考えれば、とてもコスパがいいですよね。

しかも、キャビテーションは半年ぐらい続けないと効果が出にくい人も多いため、エステサロンに継続して通うのが費用的につらい人も多いです。

半年となると価格は50万円ちかい価格になってしまうわけです。

家庭用とエステサロンのキャビテーションの機械の違い

家庭用で使われるキャビテーションの機械とエステサロンで使われるキャビテーションの機械の周波数が違うと言われています。

家庭用のものは周波数が330から360kHzのものだと言われています。

かたやエステサロンで使われているキャビテーションは周波数が18から40kHzだと言われています。

このあたりは非常に難しいのですが、キャビテーションの効果としては、低周波のほうが、深いところにある脂肪まで届くと言われています。

そのため、数値の低いエステサロンで使われているキャビテーションの機械の方が、効果が高いと言われています。

これは、顔のお肌に使われるスキンケア用の超音波が1000kHzから3000kHzというものを知っていると理解しやすいです。

顔の肌の場合は、皮膚が薄く層が浅いため、高音波のほうが効果があるというわけです。

どの部分に対して使用するかによって、周波数というのは違うほうが良いというのも、一つの知識といえますね。

このあたりは家庭用のお手頃な価格なキャビテーションと、エステサロンで使われている高価なものとは、価格差の違いははっきり出ているといえます。

壊れた脂肪細胞はどうなるのか

ちなみに、気になるのが脂肪細胞が壊されると言われますが、壊れた脂肪細胞はどこにいくのでしょうか。

これは安心して大丈夫です。

壊された脂肪細胞は肝臓で分解されて、身体から排出されるんです。

そのため、エステサロンでキャビテーションを受ける場合は連続して行うことはできません。

少なくとも1週間程度の期間をあけることをすすめられると思います。

家庭用のキャビテーションの場合は、破壊される脂肪細胞の量が少なくなるため、毎日少しずつ利用するのがおすすめですね。

スポンサーリンク

家庭用キャビテーション

massage-1929064_960_720

そういった効果を家庭でも得ることが出来るものが販売されているんです。

例えば「キャビスパ(キャビスパRFコアEX)」と呼ばれるものです。

キャビスパは、美容効果のある「キャビテーション」や「EMSの筋トレ効果」「ラジオ波の温め機能」の3つの機能が一台で体感できるんです。

これがすごいのは、本来エステサロンでこれらの効果を受けようとすると3つのコースを受ける必要があるんです。

それがキャビスパなら自宅で一台でその効果を得ることが出来るんです。

また、面倒なコードはなく、充電式のためコードレスになっているんです。

防水加工もされているので、一応入浴中でも使用することが出来ますよ。

家庭でキャビテーションの効果を得れるものはいろいろある

他にもこういった効果を家庭で得れる機械はあります。

名前は似ていますが「キャビプラス」という機械ですね。

こちらも、キャビスパと同じく、キャビテーション効果だけでなく、ラジオ波やEMSによって脂肪を刺激する効果があります。

お腹やお尻、また太ももや気になる二の腕の脂肪や無駄な贅肉を刺激してくれるんです。

1回10分程度の時間で充分なので、わざわざエステサロンに行くことなく、短時間で利用できるのが良いですね

キャビプラスの場合は、顔に使用することもできます。

どうも顔のほほの肉が気になっていたり、小顔にしたい場合におすすめなんです。

長時間の使用が怖いという人にも安心で、10分経つと電源がオフになるタイマー機能がついてるんです。

そのため、使いすぎる心配もなく安心なんです。

皮膚の表面に現れる凹凸である「セルライト」ですが、そういったセルライトの除去とケア効果も期待できますね。

いろんな機能がついているものがおすすめ

家庭用マシンのキャビテーションの機械は、エステ用で使用されるものに比べて、使いやすいようにいろんなモードがついている場合があります。

家庭用キャビテーションでは、例えば「バストモード」とか「フェイスモード」というモードがついているものがあります。

それぞれの部分に合わせて、マッサージを行えるので人気なんです。

体験エステで経験できる業務用マシンに比べると、機器の効果は薄めですが、その分安全に利用できるのでおすすめです。

キャビテーションを使用するときに、肌への影響を減らすための専用のジェルも販売されているので、そういったものを説明書チェックしながら使用するのがいいですね。

高周波ラジオ波ややEMS機能によって、身体を温めて電気信号により筋肉をしっかりと動かしてくれるんです。

コードレスがおすすめ

キャビテーションの美容マシンは、充電式のコードレスタイプがおすすめです。

キャビプラスは充電式ではなく、コードタイプのものなので、使用していると使いづらいというデメリットがありますね。

さきほども少し説明したように10分で切れるオート電源オフを使いづらいと感じる人も多いようです。

これは、使い過ぎによる危険性を防ぐとともに、スキンケア用のマシンが熱によって故障しないために冷却するためなんです。

そのため、キャビテーションマシンを使うときは、特定の箇所に使用して一度オフにして、使用した場所をマッサージしてあげるのがおすすめです。

そして、次の部位に使用してまたマッサージという風に部位ごとに刺激して、機械を休めて使うほうが安全です。

スポンサーリンク

キャビテーションの効果を高める方法

massage-1237913_960_720

Amazonプライムなどでキャビテーション機器を購入したら、よりその効果を高める方法を試してみましょう。

家庭用VSエステサロン用の効果を試して比べる人がいるほど、キャビテーション機器というものは、注目されている機械です。

体温を上げてからキャビテーションを使用する

おすすめのエステサロンなどで、美顔セルライトマッサージラジオ波EMSなどを受ける前に、しっかりと行程を置いながら施術されると思います。

家庭でキャビテーション機器を使う場合は、しっかりと身体を温めておくのがおすすめです。

公式サイトやエステ店用のものも、マッサージを行って身体の体温を温めてからキャビテーション機器を使用することがあります。

自宅ではお風呂に入ってから、身体が温まった状態でキャビテーション機器を使用する方法がおおすすめです。

これは他のボディケア美容器などでも同じことなんです。

キャビテーション機器のモードで身体を温める

実はそういった身体を温めるための機能が、キャビテーション機器にはついています。

RFラジオ波は、高周波の1種で、この光を当てることで身体が温まる効果があるんです。

これを使用するのと、使用しないのとでは体温が3度ほど違うと言われています。

脂肪や筋肉を柔らかくほぐしてくれるので、その状態でキャビテーションを使用すれば、脂肪が分解しやすくなり、痩身効果があるんです。

他にもサーモシェイプという機能がついているものがあり、これはより体温を高めてくれる効果があるものですね。

家庭用痩身エステ機器では、体温を部分的に40度以上にする機能をもっているものがありますね。

キャビテーション使用後にすること

キャビテーションを使用したあとは、脂肪が分解されて排出されやすい状態になっています。

そのまま終えるよりも、リンパマッサージなどによって、より排出されやすいようにサポートしてあげるのがおすすめですね。

ローラーなどで刺激を与えてあげるのも口コミではおすすめのようです。

しっかりと関節の裏にリンパ腺があるので、足先から膝の裏に向けてマッサージをしたり、首周りから鎖骨のあたりに老廃物を押し流してあげましょう。

このキャビテーション使用後の、脂肪の排出をしているかしていないかで大きく効果が変わります。

キャビテーションの記事で、効果があまり実感できなかったというものは、こういった施術後のマッサージ不足の可能性があります。

スポンサーリンク

キャビテーションのデメリット

massage-therapy-1612308_960_720

メリットの多いキャビテーションですが、デメリットは無いのでしょうか。

美顔器RFボーテキャビスパのような商品は、手頃な価格でいつでも使用できるわけですが、やはり美容機器には、ある程度のデメリットが存在します。

人によっては体調不良の副作用も

キャビテーションは高周波を使用して、振動により身体を温めます。

超音波や赤色LED、RF高周波などのが人によっては体質に合わず、耳鳴りを感じる場合があります。

これらは、骨に振動が伝わることで、耳に届いた振動が耳鳴りのような形で現れるためです。

機器自体は身体に悪影響があるわけではなく、体質的にこういった振動が身体に合わない人がいるんです。

ある程度慣れも必要で、これは家庭用ラジオ波でもサロン用でも感じる現象なので、自分にキャビテーションが合うかは一度試してみるのがおすすめです。

頻度を誤ると肝臓の負担に

キャビテーションをせっかく購入したからと、頻繁な頻度でライトを使用する人がいます。

すこしでも肌を改善したい、痩身エステの効果やダイエット効果が得たいと使いすぎる人です。

しかし、先程説明したように、脂肪の分解には肝臓の力を使います。

多くの投稿者やエステ体験する人たちは、その頻度について気をつけるように説明しています。

家庭で気軽に使える分、キャビテーションを頻繁に使うと、肝臓はたくさんの脂肪を分解するために負荷がかかります。

基本的に毎日使っても問題ない機器ですが、肝臓に持病を抱えている人や、医師から肝臓が弱いことを注意されている人は気をつけましょう。

そういった人の場合は、週に1回ぐらいのペースのおほうがいいかもしれません。

また、体調不良の状態でキャビテーションを使用するのも避けましょう。

風邪だったり、たくさんのアルコールを飲んだあとに使用するのは、キャビテーションの作用もあり、身体に負荷がかかりすぎます。

できれば食後1時間後から使用する

二の腕や顔、バストケアに胸筋のあたりなど、いろんな場所に使用できるキャビテーション。

しかし、キャビテーションの振動の伝導率の関係か、使用するとお腹の調子が悪くなる場合があるようです。

傾向として、食後すぐに使うと調子が悪い人が多いようなので、食後1時間は使用しないほうがおすすめですね。

もし、食後すぐにキャビテーションを使用して、下痢の症状などが現れる場合は、食後に使っていることが原因の可能性が高いです。

食前後の1時間はキャビテーションの使用をしないようにしましょう。

こういった美容専用の機器は体調が万全な状態で使用して、効果を比較するのがおすすめですね。

スポンサーリンク

まとめ

bare-1985858_960_720

キャビテーション機器について紹介しました。

ネットではヤーマンのキャビテーションなどいろんな種類のキャビテーションが簡単に購入することが出来ます。

本体の電源はコードレスタイプがおすすめなのを忘れずに。

色もホワイトやピンク、水色にゴージャスなゴールドカラーなど色も様々ですよ。

キャビテーションは脂肪を分解して、体外に排出してくれる働きがあります。

何度もエステサロンに通う必要もなく、家庭でコスパの良いエステを行えるわけです。

顔に使えるものから、お腹周りのダイエットなど、自分が気になる箇所に使用出来るのがおすすめな点ですね。

価格も高すぎずに、場所も取らない機械なので、1つあるだけで便利なものだと思います。

他の運動としながら使うのがベストですし、ちょっと外に出て運動するのが面倒なときのカバーにもおすすめです。

雨の日でも夜中でも使えるので、室内で使用して、その後はリンパマッサージを行えば運動を休んだ日でもしっかりと身体を引き締めることができますよ!