チートデイは食事のカロリーがポイント!糖質制限ダイエット中にうまく活用する方法!

「どうもダイエットが長続きしない」

「自分の食べたいものを食べながらダイエットした」

誰しも、ダイエットを経験したことがある人は一度は考えたことです。ダイエットは食事制限が基本です。

好きなものが食べれずにストレスになることも多いと思います。

好きなものを食べてダイエットをしたい!という方のために、本日は『チートデイ』というダイエット方法を紹介します!

チートデイの「チート」とは「だます」ことを意味します。このダイエットは脳と体をだまして行うダイエット法なのです。

この方法では、ダイエットの停滞期に入ってもカロリーをうまくコントロールすることで、停滞期を打開することができるダイエットなのです!

このチートデイのやり方を記事の中で徹底解説します!!

スポンサーリンク

チートデイとはどんなダイエット?

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

日々新しいダイエット法が開発されています。

例えば、食事の際に、食べ物の食べる順番を決めて行う『食べ順ダイエット』糖質の制限を行う『糖質制限ダイエット』など様々なダイエット法が存在します。

そして、チートデイはそういった中で、最近注目されているダイエット効果のあるダイエット法なのです。

人間の体はダイエットを行うと、エネルギー消費を抑えるために省エネモードに入ってしまいます。

そんな省エネモードを打開させるのがチートデイの目的なのです。

体に入ってくるエネルギーが少なくなれば、エネルギー消費を抑えようとするというのは理解できると思います、では体に入ってくるエネルギーが急に増えたらどうなるのか、その点に注目したダイエットなのです。

スポンサーリンク

体をだますとはどういこと?

%e8%84%82%e8%82%aa

人間の体は案外だまされやすい仕組みになっています。ダイエットをするときには、それを逆手にとった方法が有効です。

体は急にたくさんの栄養を摂ると、これからもずっと栄養がたくさんくると勘違いして、エネルギーを一気に消費しようとします。

このように消費エネルギーを上げることがダイエット方法として有効になってきます。

逆に栄養が減ってしまうと、体はエネルギーを蓄えてしまって、体重の減少が停滞してしまします。

このような体の仕組みを理解して、ダイエットテクニックに生かすことが大事です。やり方さえわかれば、脂肪を燃焼させることも難しくないですよ。

停滞期に行いたい

ダイエットをしていて一番うれしいときは、もちろん体重が落ちたときですよね。

逆に一番つらいのは体重や体脂肪が落ちないときです。

このように体重や体脂肪が落ちなくなる停滞期には、きっちりとした理由があります。

ダイエットをするために、食事制限や筋トレなどをちゃんとしているのに、体重が落ちないときは停滞期と言われます。

この停滞期状態は、ダイエットを行ってカロリー制限をしていることで、体の栄養が不足し、一種の飢餓状態に陥っているわけです。

この状態になると基礎代謝を抑えて、自分が餓死しないように体は防衛状態になるわけです。

これをホメオスタシス効果と呼び、これがダイエットの停滞期を引き起こす原因になっているわけです。

これがカロリー制限を行うダイエットの難しいところです。

スポンサーリンク

栄養をたくさん摂って飢餓状態を抜け出そう

%e9%80%83%e3%81%92%e3%82%8b

では、ホメオスタシス機能による停滞期を抜け出すにはどうすればいいのか。

簡単です!たくさん栄養を摂ればいいのです。これがいわゆる「ドカ食い」というやつです。

ドカ食いをすることによって、ダイエットなのに一時的に体重を増やすような行為を「チーティング」と呼ぶ場合があります。

このチーティングを行うこと日のことをチートデイと呼ぶわけです。

それじゃダイエットの意味が無くなっちゃう!と思うでしょう。

もちろん、たくさん食事を摂り続ければ、もちろんダイエットの意味はなくなります。

しかし、タイミングをはかって一度にたくさん摂るだけにすれば、ホメオスタシス効果を止め、停滞期を抜け出すことができます。

飢餓状態を抜け出した先は、代謝活発モード

たくさんの栄養を受け取った体は、そのエネルギーを消費しようと体を活発化させます。

活性化された体はまた体重の減量期に入ってくるわけです。

体が飢餓状態を抜け出すことが出来れば、体の代謝は活発化し、脂肪燃焼に繋がっていくわけです。

自分の体の状態を意図的に切り替えることができれば、ダイエットの効果が一気にアップすることになります。

いまこの記事を読んでいる方も、痩せるために無理な食事制限を行っていませんか?そのことで、体の栄養が不足して飢餓状態になっているかもしれません。

チートデイの肝はカロリー

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc

チートデイでのダイエットの肝はカロリーです。

このカロリー計算を間違えるとリバウンドに繋がってしまいます。

とはいっても、仕組みは簡単です。まずは、自分の基礎代謝量をしっかりと知りましょう。

ネットで自分の身長と体重、そして年齢を入力することで、基礎代謝量を計算してくれるサイトがあります。

これらのサイトを利用することで、自分の基礎代謝量を知りましょう。

そして、基礎代謝量に合わせて、ダイエットをしている期間の毎日の抑えているカロリーがありますよね。

それと比べて、一日の総カロリーの摂取量が+2500カロリーぐらいを目安にして食べる感じでOKです。

これは一日の総カロリーなので、朝と昼と夜で満遍なく摂る必要があります。摂取カロリーを調整することで、チートデイを作り出すことができるのです。

例えば、ダイエットのために毎日を2000カロリーに制限していた場合、チートデイを行う日は4500カロリー摂取すればよいわけです。

つまり、甘いものやお肉を好きなだけ食べても問題ないわけです。できれば、体の栄養になるようなものをたくさん食べるのがベストですよ!

そもそもダイエット期間のカロリー量とは

そもそも、ダイエット中のカロリーはどの程度にするべきなのでしょうか。

ダイエット中は、自分の年齢や体重に合わせた基礎代謝に比べて、400カロリーほど抑えるのが良いとされています。

自分の基礎代謝を調べてどの程度食べて良いかを調べるといいでしょう。

ダイエットのためと言って急にカロリー摂取を減らしたりすることは、体自体にとって、とても悪影響です。

体のホルモンのバランスが崩れると、ダイエットどころではなくなってしまいます。

自分の体に無理のないように、カロリー量を計算して食事を摂ることが、ダイエットをするうえで大前提になります。

チートデイは痩せるためのホルモン・レプチンを活性化させることが目的

%e9%87%8e%e8%8f%9c

ダイエット停滞期の問題は、体が痩せるためのホルモンが減少していることにあります。

脂肪分解に重要な役割を持っているホルモンは、レプチンというホルモンです。

このレプチンというホルモンは、脂肪が増えるのを抑制したり、脂肪燃焼をさせたりすることを制御する役割があります。

つまり、ダイエットがうまくいくのも、いかないのもこのホルモンにかかっているわけです。

ダイエットや悪い生活習慣を行っていると、このレプチンの分泌量が減少してしまいます。

レプチンが減少する状況を改善し、レプチンが活性化するために、チートデイを行うと考えても良いです。

レプチンが活性化すると、脂肪が燃えやすくなったり、基礎代謝が上がることに繋がるわけです。

そうすれば、停滞期を抜けて体重が落ちてくるというわけです。

ダイエット以外にもレプチンが減少する場合がある

レプチンが減少するのは、ダイエット以外にも、アルコールや睡眠不足などが原因とされており、流行りの糖質制限ダイエットでもレプチンが減少するとされています。

糖質制限を行うダイエットでは注意が必要になるわけです。

自分がダイエットを行っているときに、アルコールをたくさん摂ったり、生活バランスが崩れて睡眠不足になっていると、ダイエットはうまくいかないわけです。

栄養をしっかりと摂って、運動を行い、睡眠もしっかり摂ることが大事なのは、こういった理由があるわけです。

チートデイをおすすめする理由

%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

チートデイの何よりもおすすめな点は、好きなものをたくさん食べれるという点です。

ダイエットというと、どうしても食を制限されてしまいます。

しかし、食事というのは楽しく行いたいものです。

ダイエットのせいでストレスが溜まってしまっては、悪循環に繋がります。

チートデイをうまく取り入れることで、いままでとは違って、好きなものを食べてダイエットすることができるのです。

「ダイエット中にお肉を食べることなんて厳禁だと思っていた」という方には、待ってました!というダイエット法かもしれませんね。

糖質制限をするダイエットでも、チートデイを用いる方がよいという意見もあります。

ダイエットの大事な点は、前向きに明るく行うことです。

そうすることでダイエット自体が長続きしますし、体重も体脂肪率も自然と落ちてくると思います。

途中で辞めたくなるようなダイエットはしたくないですもんね。

チートデイを行う上での注意点

%e7%97%a9%e3%81%9b%e3%82%8b

しかし、このダイエット法を行う場合注意しなければならない点があります。

チートデイは先ほど説明した、カロリーの計算を間違えると逆効果です。

なによりも、ダイエット停滞期の原因が、カロリーから起きているものなのかを調べる必要があります。

つまり、実際の摂取しているカロリーが消費カロリーより少ないはずなのに、体重が落ちなくなったときに、行うべきダイエット法なのです。

ダイエットを始めて体重が落ち始めて、しばらくすると体重の減少が止まった。

自分は「ちゃんと運動もカロリー制限もしてるのに」という状態のになったときに行うのです。

つまり、しっかりと食事制限をしていないのに、体重が落ちないからと言ってチートデイをしても効果はありません。

むしろ、逆効果になってしまいます。

チートデイを行うための準備

では、チートデイを行うときにするべきことは何なのでしょう。

それは、一日のカロリー量を確認すること、そして、自分の体重の変化を確認できる記録があることです。

最近の体重計では、毎回体重を測るたびにデータを残してくれて、それをパソコンでチェックできる機能がついているものもあります。

それがあれば、手軽に体重を確認できますし、グラフで表示してくれる場合もありますよ。

もっと簡単に、自分で毎日測った体重をメモするだけもかまいません。

日々の体重の変化を自分がしっかりと把握しているということができる状態にするのが、チートデイの必須なのです。

これをせずにチートデイを勝手に、自分の気分で行っても、それはいわゆる「リバウンド」に繋がるだけです。

自分がダイエット停滞期であることを確認すること!!

なぜ、このような記録が必要なのかというと、「ダイエット停滞期であること」が確認できるからです。

例えば、自分の体重が80キロからダイエットを始めたとします。半月経ったころに75キロまで落ちたとしましょう。

そこから一週間ほど経っても体重が減らない場合「ダイエット停滞期」である可能性が出てきます。

この場合、半月経って75キロになったあたりからチートデイを行うとベストであったことがわかります。

もちろん、チートデイを行うとカロリーを多めに摂るため、その日や翌日は体重が増加します。

しかし、これはすぐに消化されて体重がまた落ち始めるので心配しなくても大丈夫です。

チートデイを行うのはダイエットを始めてからすぐでは意味がないので、最低限半月はしっかりと食事制限と運動などを行ったうえで、導入を検討すると良いでしょう。

チートデイは思いっきりが大事

ダイエット中にカロリーを摂取するとなると、遠慮してしまう、という気持ちは理解できますが、チートデイにはカロリーを大量に摂るという思いっきりが大事です。

脳をだますというぐらいに、どんっと行ってあげないと、効果がでません。脳は自分の体が飢餓状態にあると思っているわけですから、それを目覚めさせるショックが必要なのです。

チートデイの効果を上げるには、先ほどのレプチンを意識した食事となるため、たんぱく質や糖質を多く含んだ食事が良いとされています。

たんぱく質は筋トレにも重要な栄養分ですね。

たんぱく質を多く含む食べ物は、お肉や魚が動物性たんぱく質。野菜や豆が植物性たんぱく質です。

どちらもバランス良く摂るのが大事です。

糖質なども含めて考えると、ダイエット食に卵かけご飯が手軽でいいですね。

豪勢にすき焼きなんかも、卵とお肉とご飯のセットでチートデイの求める要素にはぴったりですよ。

一度、自分の食事内容を見直してみるといいかもしれません。

チートデイはこんな方におすすめ

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

チートデイというダイエットがおすすめな方は、美味しいものは食べながらダイエットしたい方に効果をおすすめできます。

どうしても、ダイエットは体に負担がかかってストレスが溜まってしまう印象です。

しかし、チートデイは、自分のダイエット期間にご褒美を与えれる日があると思ってできる利点があります。

毎日のダイエットを行っていく上で、体重が減るという喜びが大きな原動力になります。しかし、ダイエット停滞期ではその喜びが無くなってしまいます。

そこに、たくさん食べてもいいという喜びが与えられるわけですから、ダイエットが長続きしそう!という気持ちになりますよね。

いままでいろんなダイエットをしてきたけど、どうしても中盤でくじけてしまった、という人におすすめできるダイエット法です。

また他のダイエット法と合わせて行うというのもいいでしょう。

自分の体に合わせたダイエットを行いましょう

%e8%ba%ab%e4%bd%93

ダイエットに正解はありません。なぜなら、みんなそれぞれ持っている体質というものがあります。

ちょっと一日のカロリーを減らしただけで痩せる人もいれば、じっくりと体を絞り込んでいかないと痩せない人もいます。

元々の体重が軽い場合もダイエットの効果は表れにくいです。逆に体重が重い人や、中性脂肪が多い人は落としやすい傾向にあります。

体に筋肉が少ないと、脂肪の燃焼も少ないのでなかなかカロリーを消費してくれません。栄養の吸収率も体格などで変わってきます。

大事なのは自分の体と向き合ったうえで、無理なく長続きできる方法を選ぶことなのです。

まとめ

%e7%ac%91%e9%a1%94

チートデイという、ダイエット方法を紹介しました。

このダイエットは、しっかりと体重の経過を観察しながら、適切なタイミングを行うことが大事です。

そのポイントを守れないまま行ってしまうと逆効果になることは、しっかりと覚えておいてください。

でも、そのことを覚えてこのダイエットを行えば、無理な減量や食事制限でストレスばかりが溜まるというつらいイメージのダイエットから解放されるかもしれません。

ダイエット停滞期のつらかったイメージから解消されて、一番つらいときに好きなものを食べれる。

そして、そこからまた体重に変化が出て、ダイエットを前向きに行える。そんな点がこのチートデイのとても良い点です。

ダイエット成功の大事なポイントは、ポジティブに明るく前向きに行うことです。チートデイでダイエットの辛い印象を吹き飛ばして、痩せることにチャレンジしましょう。

チートデイで楽しく明るくダイエットを行いましょう