ココナッツオイルダイエットの方法や効果は?口コミやブログの評価は?

ココナッツオイルにダイエット効果があるって知っていましたか?料理をしている人でもココナッツオイルを調理する機会はそう多くないですし、実際使用したことがある人は少ないんじゃないですか?ココナッツオイルは美容や健康にいいと聞きますが、ダイエット効果は果たしてどうなんでしょう。今回はココナッツオイルダイエットについて紹介します。

スポンサーリンク

ココナッツオイルとは?

natural coconut walnut oil and soap

出典:http://sheabutter.com/

ココナッツオイルとは、ココヤシの果実であるココナッツから作られる油脂であり、ココナッツの胚乳から抽出して精製されたものです。ココナッツオイルには、美容・健康にとても良く、ダイエット効果があると言われています。TBS系の情報旅番組である、「世界ふしぎ発見」でもココナッツオイルの効能が紹介され、その凄すぎる効能が反響を呼びました。また、オーストラリア出身で、日本でもCMなどで見かけるミランダカーさんが、ココナッツオイルを愛用していることで有名で、そのことがきっかけで日本でも知られるようになりました。

スポンサーリンク

ココナッツオイルダイエットとは?

images (1)

出典:http://www.thegardenbasket.ca/

ココナッツオイルダイエットとは、ココナッツオイルを普段使用している油の代わりに使うことによって、日常的にココナッツオイルを取り入れることにより、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の働きによって瘦せるというダイエット法です。芸能人にもココナッツオイルを取り入れている方は多く、モデルの道端ジェシカさんやタレントのローラさんココナッツオイルを愛用しています。

スポンサーリンク

ココナッツオイルダイエットのやり方は?

vintage-635244__180

ココナッツオイルダイエットは普段使用しているサラダ油などをココナッツオイルに変えたり、ココナッツオイルを使った料理を日常的に取り入れるというものです。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はダイエットに非常に効果的な脂肪酸で、中性脂肪をつきにくくし、さらには既についてしまっている中性脂肪を減らしてくれます。中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に変換され、このケトン体が体脂肪の燃焼効果を促進してくれるのですが、摂取して2〜3時間後に燃焼効果が出始めるので、朝食でココナッツオイルを摂取するといいです。また使用するココナッツオイルは、良質なオイルであるエキストラバージンココナッツオイルオイルを使用すると、なお効果的です。

ココナッツオイルと似たダイエットにオリーブオイルダイエットがありますが、オリーブオイルダイエットを効率的に行うためには、オリーブオイルダイエットの効果と方法は?!口コミでは瘦せたとも?!を参考にしてください。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸

ココナッツオイルは他の油とは違い、中鎖脂肪酸が含まれています。ココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれており、ダイエットに非常に効果的と言われているオレイン酸やリノール酸と同じ脂肪酸です。中鎖脂肪酸がダイエットに良いとされる理由を見ていきましょう。

効率的にエネルギーになる

中鎖脂肪酸は一般的な油と比べて水に溶けやすい性質を持っています。ラードや牛脂などの長鎖脂肪酸は、摂取して胃や腸で消化・吸収されると、静脈やリンパ管、脂肪組織、筋肉などを経由して肝臓に入ります。一方、中鎖脂肪酸は摂取すると胃で消化された後、小腸で素早く吸収され、直接肝臓に入るので一般的な油(長鎖脂肪酸)よりも5倍早くエネルギーとして分解されます消化・吸収が早く、効率的にエネルギーとなるため、脂肪の蓄積が一般的な油よりも少なくなるので、太りにくくなります。このエネルギー吸収率の良さは、ダイエットだけでなく、生活習慣病の予防や栄養補給として、医療現場やスポーツ分野でも利用されています。

代謝が上がる

料理で一般的に使われるサラダ油などの長鎖脂肪酸を摂取すると、代謝機能と密接な関係がある甲状腺の機能を下げてしまいます。しかし、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は甲状腺機能を下げることなく、むしろ長鎖脂肪酸を積極的に燃焼してくれるため、ダイエットに非常に効果的です。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸を摂ることで、他の脂肪の代謝を促してくれるため痩せやすいカラダにしてくれます。

コレステロール値を下げる

オリーブオイルがコレステロール値を下げることで有名ですが、ココナッツオイルも同様にコレステロール値を下げてくれます。通常脂肪は、中性脂肪となるコレステロール値を上げてしまいますが、中鎖脂肪酸は悪玉コレステロールを抑制し、善玉コレステロールを増やす作用があるため、コレステロール値が上がりにくく、中性脂肪がつきにくいため、太りにくいのです

ココナッツオイルのメリット

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸はダイエット効果だけでなく、健康にも良いとされ、安全性も高いので医療現場でも長年使用されているという実績があります。また、美容にも良いとされていて、海外セレブや国内外問わず、モデルの方なども多く愛用しています。ココナッツオイルには様々な効果があるのです。

糖尿病の予防

糖尿病の原因は血糖値が上昇しすぎることですが、その血糖値の上昇を抑える働きをするのがインスリンです。中性脂肪が多い肥満体型だと、インスリンの分泌がうまく行われず、糖尿病のリスクを高めてしまいます。一般的なサラダ油などは糖尿病リスクを高めてしまいますが、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、脂肪の蓄積を防ぎ、インスリンの分泌を正常化させる働きがあるため、糖尿病予防にいいとされています。

免疫力の向上

ココナッツオイルには、抗菌作用のあるラウリン酸が含まれているため、アクネ菌や黄色ブドウ糖菌などの菌類、インフルエンザやヘルペスなどのウイルスの感染を予防してくれます。

美肌効果

ココナッツオイルには、強い抗酸化作用を持つトコトリエノールという栄養素が含まれています。トコトリエノールはビタミンEの一種ですが、強い抗酸化作用や中性脂肪やコレステロールを抑制する働きを持つため、「スーパービタミンE」とも呼ばれます。太りにくいカラダにしてくれるうえ、抗酸化作用によって肌の酸化(錆つき)を防止し、紫外線によるメラニン色素の生成・沈着を防いで、しみ・シワ・黒ずみのない綺麗なお肌を保ち、肌の美白効果もあります。また、ココナッツオイルを直接肌に塗り込むことで、アトピー性皮膚炎にも効果的といわれています。

認知症・アルツハイマーの予防・改善

まだ研究途中ではありますが、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体に変えられますが、このケトン体が認知症の予防や改善にいいとされています。認知症は脳の病気であり、脳のエネルギー源であるブドウ糖をうまく使えなくなると発症するのですが、ケトン体がブドウ糖の代わりとなることで、認知症を予防したり改善してくれると言われています。

即効性のあるやり方は?

普段使用している油をココナッツオイルに変えるだけでも効果はありますが、それだけでは長い期間継続して摂取しなければなりませんし、ダイエット効果もそれほど望めません。ココナッツオイルダイエットにはダイエット効果に即効性のある方法があります。それがケトン体ダイエットです。

ケトン体ダイエット

別名「アトキンス式ダイエット」ともいわれ、糖質を制限して血糖値やインスリンをコントロールし、ケトン体によって脂肪を効果的に燃焼させるというものです。糖質である炭水化物を摂取しなくなると血糖値が下がり、インスリンも作られなくなります。そこでココナッツオイルなどに含まれるケトン体(中鎖脂肪酸が肝臓で変換されたもの)を摂取すると、本来ヒトのエネルギー源であるブドウ糖が、糖質制限によって激減しているため、脂肪の分解によってできたケトン体がブドウ糖の代わりとしてエネルギー源となります脂肪が分解されてできたケトン体がエネルギーとして消費されるため脂肪燃焼効果が飛躍的に上がるのです。

ケトン体ダイエットの方法

  • 最初は徐々にでいいので、炭水化物の量を減らして糖質制限を始めます
  • 中鎖脂肪酸が豊富なエキストラバージンココナッツオイルを毎日スプーン大さじ2杯程度摂取します
  • 一週間後に炭水化物を朝・昼・夕の食事では摂らないようにします。たんぱく質を積極的に摂るようにしてください。
  • 上記のことを守って行うと、体がケトン体がエネルギー源となる「ケトーシス状態」になります
  • 2週間たったらまた徐々に炭水化物を摂取していってください。(どか食いは避けるように)
  • これを一ヶ月間行います

まとめ

ココナッツオイルダイエットは脂肪の燃焼にいいだけでなく、病気の予防や美容効果もあるので非常におすすめのダイエットです。ココナッツオイルはスーパーなどで気軽に手に入るのでみなさんも是非試してみてください。