食後のコーヒーのダイエット効果とは!血糖値を下げて太りにくい体にしよう!

あなたは、コーヒーをいつ飲みますか?朝ですか?夜ですか?仕事中ですか?それともリラックスしたい時ですか?人によってコーヒーを飲む時は、それぞれだと思います。

しかし、普段飲んでいるコーヒーが体に良い効果をもたらすのです。ご存知でしたか?つまり、コーヒーの飲み方を工夫するだけでダイエット効果がある飲み物に変わるのです。

今回は、コーヒーのダイエット効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーに含まれる効果

coffee-386878_1280

コーヒーには、クロロゲン酸という脂肪の分解を促進する効果があります。

この効果は、カフェインにも含まれています。

また、カフェインには、リパーゼという消化酵素の働きを活性化する効果があります。

つまり、クロロゲン酸とカフェインの両方に脂肪燃焼し、体重を減らす効果があるのです。

二つの要素の相乗効果でダイエット効果がみられるのです。

スポンサーリンク

コーヒーでダイエットをする方法

drinking-1814091_1280

コーヒーに含まれる効果が分かったところで、早速コーヒーダイエットの方法について詳しく見ていきましょう。

食後にコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインには、食事による栄養を脂肪として蓄積しにくくし、体に溜めこんでしまった脂肪を燃焼する効果があります。

体重を減らす目的でコーヒーを飲むなら食後にコーヒーを飲みましょう。

また、クロロゲン酸とカフェインによる脂肪分解した後に、運動をすることで脂肪燃焼の手助けをしてくれるという意味では、運動前にコーヒーを飲むことは効果的です。

さらに、美容の面で、食後にコーヒーを飲むことで胃の働きが促進されて、食べた物の消化がスムーズになるので新陳代謝がグッと上がり、肌が綺麗になります。

ドリップコーヒーを飲む

ドリップコーヒーを飲むと見て、「インスタントコーヒーではダメなの?」と思った人は少なくないはずです。もちろん、インスタントコーヒーの方が家でも手軽に飲めます。

しかし、インスタントコーヒーには、クロロゲン酸とカフェインの含んでいる量が少ないと言われています。なので、できればドリップコーヒーを選んで飲みましょう。もちろん、忙しい時はインスタントコーヒーでも問題ありません。

ホットコーヒーを飲む

コーヒーには、アイスとホットの二種類がありますが、ダイエットを目的としてコーヒーを飲むのであれば、断然ホットコーヒーを飲むことをおススメします。

ホットコーヒーにした方が良い理由は、クロロゲン酸とカフェインなどの成分を効率的に摂取できるからである。また、内臓を温めることで体を中から温めることができます。

つまり、内臓が活発に働くことで代謝が上がり、痩せやすい体を作ることができます。

ここで注意してほしいことがあります。それは、ホットコーヒーだからといって、温かければ温かいほど効果があるものかというと、そうではありません。

クロロゲン酸は、熱湯を使うことによって失ってしまいます。できれば、熱湯を使わずに80度程度のお湯でコーヒーを作ると、クロロゲン酸は失われずにダイエット効果を得ることができます。

何も入れずにブラックコーヒーを飲む

甘党の方には、コーヒーを飲む時に、ミルクや砂糖は必須アイテムだと思います。しかし、コーヒーのカロリーをご存知でしょうか?コーヒーは、なんと何も入れなければ0kcalなのです。

つまり、コーヒーを飲んでもさほど太らないということになります。ところが、コーヒーにティースプーン1杯のミルクと砂糖を入れたとすると

砂糖(5g):19kcal ミルク(5ml):16kcal

となります。つまり、砂糖とミルクをティースプーン1杯分入れるとすると約35kcalになるのです。

できればブラックコーヒーを飲む習慣をつけ、摂取するカロリーに気をつけましょう。でも、どうしてもブラックコーヒーが苦手な方もいると思います。苦手な方は、砂糖やミルクなどの入れる量を抑えて摂取するカロリーを調整しましょう。

注意なんですが、缶コーヒーやペットボトルなどで店頭で販売されているコーヒーについては、無糖と表示されているものを選びましょう。

ブラックコーヒーが苦手な方は、微糖などを選ぶようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

コーヒーを飲むときに注意してほしいこと

kermit-2091951_1920

現代の日本では、いつでも手軽にコーヒーを飲める環境が整っているため、間違った飲み方をしてしまうある落とし穴があります。そこでいくつかの注意事項を紹介します。

もちろんコーヒーには体にいい成分がたくさん含まれています。続いて、コーヒーを飲むときに気を付けるべきことを紹介します。

口臭に気を付けよう

コーヒーには多くのカフェインが含まれていることは有名ですよね。そのカフェインが舌に張り付くことで口臭になるのです。

コーヒーにはコーヒー豆の微粒子が多量に含まれており、それはとても舌に付着しやすい性質があるため口臭の原因となるのです。

その対処方法として、水を飲むことやガムを噛んだりすることといわれています。意外と自分は口臭が気にならないかもしれませんが、周りに気になっている方がいる場合もありますので、エチケットとして覚えておきましょう。

 コーヒーを飲み過ぎない

今まで紹介してきた通り、コーヒーには脂肪燃焼を手助ける効果があります。だからといって、コーヒーを飲み過ぎては体に悪影響を及ぼします。

カフェイン摂取量の上限は、1日に300ml~350mlと言われています。ちなみに、コーヒーによりますが1杯に約150mlのカフェインが含まれています。

つまり、1日に2,3杯で上限に達してしまうのです。カフェインを摂取しすぎてしまうと、イライラ、不安、頭痛などの症状がでるといわれています。

空腹時に飲むコーヒーは避けましょう

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、脂肪の分解を促進するほかに、実は胃酸の分泌を促進する効果があります。

空腹時にコーヒーを飲むと、クロロゲン酸が働くことで胃酸が分泌され、胃が荒れてしまうのです。それに対して、食後のコーヒーは、お腹の中に食べ物があるので胃酸が分泌されても胃が荒れる可能性は少ないのです。

なるべく空腹時のコーヒーは避けるようにしましょう。特に、胃が弱い方は、お腹が痛くなる症状がみられます。

寝る前に飲むコーヒーは避けましょう

よく「寝る前にコーヒーを飲むと眠くなくなる」って話を耳にしませんか?実は、その話本当なのです。

実は、コーヒーには、覚醒作用が含まれています。なので、寝る前にコーヒーを飲むとその作用が働き、眠れなくなってしまいます。

例えば、食べたものを一番消化する時間は、睡眠中だと言われています。もし万が一、就寝前にコーヒーを飲んだことでなかなか眠りにつけなかったとします。そしたら、食べたものがあまり消化されないので、代謝が落ちてしまいます。さらに、栄養の吸収も活性化しない原因にもなります。

ないことにつながります。

ダイエットをする上で、睡眠は大事です。例を挙げると食べ物を一番消化するタイミングは、睡眠中といわれています。なので、寝る前にコーヒーを飲むとなかなか寝付けなくなってしまうので気を付けましょう。

貧血気味な人は気を付けましょう

コーヒーが鉄の吸収を妨げることによって貧血が起きてしまうといわれています。

先に述べたように、コーヒーには、カフェインが含まれています。また、カフェインの他にタンニンという成分が含まれています。

タンニンとは、鉄イオンと結び付くことで難溶性の物質を変化させる働きがあり、鉄の吸収を妨げてしまうといわれています。

ダイエットを目的としてコーヒーを飲むのであれば、食後に飲むことが効果的です。

しかし、せっかく食事から摂取した鉄分とタンニンが結び付くことで、体に鉄分が吸収されないのです。どうにかこれを妨げたいですよね。

その対処方として、食後から30分以上経ってからコーヒーを飲むように心がけるましょう。

ちなみに、紅茶やジャスミン茶にもタンニンが含まれています。

コーヒーのダイエット以外の効果

black-coffee-1867753_1920

先に述べたように、コーヒーには、脂肪燃焼を促進させる効果があります。しかし、コーヒーには、ダイエット以外にも体に良い影響をもたらすので紹介します。

リラックス効果

コーヒー独特の芳ばしい香りには、ストレス解消やリラックス気分にする効果があります。コーヒーの香りは、人間の五感の1つである嗅覚を刺激し、脳へ直接作用します。したがって、心を落ち着かせることができます。

つまり、コーヒーの芳ばしくて良い香りを嗅ぐと、副交感神経が優位となることで、体をリラックスモードにすることができるのです。

ポリフェノールによるアンチエイジング効果

コーヒーには、抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。したがって、コーヒーを飲むことで体の酸化を防ぐ効果があります。

例えば、

  • 肌のしみやしわを減らす
  • 血管を強くする
  • 活発な内蔵を維持する
  • 体の柔軟性が失わないようにする
  • 細胞の老化を予防する

などの効果がみられます。

健康を維持したい人は、コーヒーを飲むようにしましょう。

注意ですが、飲む分量には気を付けましょう。

アルツハイマー病の予防

アルツハイマーとは、脳の神経が徐々に壊れていく病気のことです。

先に述べたように、コーヒーには、抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。それに加えて、炎症を抑える作用があるためアルツハイマー病予防として効果的であると言われています。

ちなみに、脳の老化の予防として、適度に運動することも効果的であると言われています。

脳に適度な刺激があると脳が活発になるので、アルツハイマー病や認知症などの脳の病気を予防してくれると言われています。

血行を促進させる効果

コーヒーには、カフェインが含まれていることは有名な話ですよね。そのカフェインが血行を促進させる役割があるのです。

カフェインには、交感神経を刺激し、心身を覚醒させる作用があります。つまり、血圧が上がり、血流を促して体を温めてくれるのです。

筋力維持、強化する効果

コーヒーには、カフェインが多く含まれていることは有名な話ですよね。実は、カフェインは筋肉の働きに良い影響を及ぼしてくれます。

カフェインが筋肉に入り込むことで、筋トレなどを行うときに必要となるカルシウムイオンという栄養素を出す手助けの役割をしてくれます。

カフェインの手助けを受けたカルシウムイオンはいつもより多く分泌され、筋力アップの効果が期待できるのです。

食前食後でコーヒーを飲むメリットとデメリット

coffee-break-1291381_1920

コーヒーでダイエット効果を得るために飲むなら、食後にした方が良いと紹介しました。

しかし、食前と食後でそれぞれメリットとデメリットがあります。それを紹介していきます。

コーヒーを食前に飲むことのメリット

まず、コーヒーを食前に飲むことのメリットについて紹介します。

空腹感が抑えられる

まず、コーヒーを食前に飲むことのメリットは、飲まないときに比べて空腹感が抑えられることです。

アンチエイジングにとても効果的なのは、腹八分目といわれていますが、自力で続けるのは大変だと思います。

だから、食前にコーヒーを飲むことで空腹感が抑えられるのは、とても手軽ですよね。
糖分を吸収することを抑えられる
最初の方でも述べたように、コーヒーには、クロロゲン酸という成分がたくさん含まれています。これが、コーヒーを飲んだ後の食事の脂質を分解してくれるのです。

さらに、既に体の中に溜まった脂質まで分解してくれます。つまり、これまで溜まっている脂質から、これから体内に入ってくる脂質までの両方を分解してくれるのです。

しかし、その効果が得られるのは、食前にコーヒーを飲まないといけないと言われています。

コーヒーを食前に飲むことのデメリット

食前にコーヒーを飲むメリットとして、空腹感が抑えられることと糖分の吸収を抑えられることについて紹介しました。

続いては、コーヒーを食前に飲むことのデメリットについて紹介します。

胃が荒れてしまう

コーヒーに含まれるカフェインには、胃液の分泌を活発にする役割があります。なので、食前の空腹時に飲むことで、粘膜がやられてしまう可能性があります。

粘膜がやられてしまうと、胃が荒れてしまったり、胃を悪くしてお腹が痛くなってしまったりすることがあります。

特に、胃が弱い人や体調が良くない人は、コーヒーを食前に飲むことは避けましょう。

コーヒーを食後に飲むことのメリット

続いて、食前に飲むコーヒーのメリットについて紹介します。

消化を促進される効果

コーヒーには、カフェインが多く含まれています。カフェインには、胃液を多く分泌させる効果があるため、消化の促進を助ける役割があります。

ちなみに、1杯のドリップコーヒー(150ml)に含まれているカフェインは、135mgほどです。これは、同じ量の烏龍茶や緑茶の4.5倍のカフェインが含まれています。
脂肪を分解させる効果
カフェインには、リパーゼという脂肪分解酵素を活性化させる作用があります。また、クロロゲン酸も脂肪分解を促進させる効果があります。

つまり、カフェインとの相乗効果で痩せやすい体質になるのです。ダイエットをしている方には、食後のコーヒーは最適な飲み物ということです。

コーヒーを食後に飲むことのデメリット

食後にコーヒーを飲むメリットとして、消化を促進される効果と脂肪を分解させる効果について紹介しました。

続いては、コーヒーを食後に飲むことのデメリットについて紹介します。

貧血になってしまう

コーヒーが鉄の吸収を妨げることによって貧血が起きてしまうといわれています。さらに、コーヒーには、カフェインとタンニンという成分が含まれています。

タンニンとは、鉄イオンと結び付くことで難溶性の物質を変化させる働きがあり、鉄の吸収を妨げてしまうといわれています。

ダイエットを目的としてコーヒーを飲むのであれば、食後に飲むことが効果的ですが、せっかく食事から摂取した鉄分とタンニンが結び付くことで、体に鉄分が吸収されないのです。

どうにか身体に鉄分を吸収されないことを妨げたいですよね。その対処方として、食後から30分以上経ってからコーヒーを飲むように心がけましょう。

まとめ

kermit-1692825_1920

コーヒーを飲むことで得られる効果は、意外と多いです。

食前にコーヒーを飲むのと食後にコーヒーを飲むのとでは、体に及ぼす影響が違うので、目的に応じて飲むタイミングに注意しましょう。

今回は、ダイエット目的でコーヒーを飲むのであれば、食後が効果的であると紹介しました。しかし、食後にただコーヒーを飲むということではなく、気を付けるポイントについてまとめました。

コーヒーには、他にもたくさんの効果があります。より確実な効果を知りたい方は、他のまとめサイトをチェックしてみてください!