コーヒーダイエットを成功させるための方法とは?効果的に痩せるためのやり方を紹介!

「毎朝、必ずコーヒーを飲んでいる」

「食後の一服にコーヒーがかかせない」

毎日の朝食のお供に、食後の一服に、甘いおやつの口直しにコーヒーが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

実は、そんなコーヒーがダイエットに効果があるのです。

こんなお手軽なものがダイエットに効果があるのか!?と思うかたも多いでしょう。

毎日飲んでいるコーヒーがダイエットに効果があれば、嬉しいことですよね!

カフェインという言葉を耳にしたことはありませんか?

このカフェインが脂肪に与える効果をぜひ、知っていただきたいと思います。

この記事では、そのコーヒーを使ったコーヒーダイエットのやり方を詳しく説明してみようと思います。

スポンサーリンク

ダイエットとコーヒーの関係とは

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

ダイエットは食事制限と運動というイメージがありますよね。そんな中にコーヒーがどういった意味があるのだろうと、思う方も多いと思います。

ダイエットというと、運動や筋トレ、食事制限というものがイメージされると思います。

そんな、コーヒーがダイエットに与える働きを知ることで、ダイエットに相乗効果をもたらすことができます。

ポイントは「カフェイン」と「クロロゲン酸」です。この2つが持つ働きについて詳しく解説していきます。

コーヒーに含まれるカフェイン

コーヒーに含まれるカフェインがダイエットに効果があるとされています。

カフェインという言葉を、耳にしたことある方も多いと思います。

でも、このカフェインが持つ働きというの、そしてこのカフェインがダイエットに与える効果を知っている方は少ないかもしれません。

カフェインにはリパーゼという成分が含まれており、このリパーゼが体内に含まれる消化酵素の働きを活発にさせるわけです。

カフェインに含まれるリパーゼという酵素

では、このリパーゼという酵素はどのような働きをしてくれるのでしょうか?

この、リパーゼは、ダイエットに一番大事な脂肪分解をしてくれる酵素なのです。リパーゼが脂肪を分解してくれることで、ダイエットをするうえで効果があるわけです。

カフェインには血液の循環を活発にさせる効果もあり、血液の循環が上がると新陳代謝が上がります。

この代謝が上がった体の状態が、ダイエットを行うのに適した状態になります。

代謝が上がるということは、体のエネルギーが多く消費されることになり、カロリーが多く消費されるわけです。

他にもカフェインは利尿作用もあるので、体内環境を改善するには効果的なものです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸

コーヒーにはカフェイン以外にクロロゲン酸というものが含まれています。これはポリフェノールの一種で、カフェインと同じ脂肪分解効果がある成分です。

カフェインとこのクロロゲン酸がダイエットに効果的な働きをもたらしてくれます。しかし、クロロゲン酸の場合、熱に弱いという特徴を持っています。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸を効果的に取り入れる場合は、焙煎にしてしまうと効果が薄れてしまうので、浅煎り豆で摂取する方がおすすめです。

ホットで飲む際は、100度のお湯よりも、少し温度の落ちた80度ぐらいで飲むことも重要になります。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットの種類

%e7%a0%82%e7%b3%96

コーヒーダイエットには複数の種類があります。

そのコーヒーダイエットの種類をいくつか紹介してみましょう。

できるだけ、ダイエットに効果的なコーヒーダイエットを行うほうがいいでしょう。また、コーヒーが好きな人とも、苦手な人も、自分にあったコーヒーダイエットを見つけることができると思います。

ブラックコーヒーでのコーヒーダイエット

コーヒーでダイエットを行う場合は砂糖やミルクを入れずに行うべきです。

砂糖やミルクは、カロリーが上がることと、カフェインの働きを妨げてしまうからです。

ブラックが苦手な方は、必ずしも砂糖を入れてはいけないというわけではないので、できるだけ入れる量を少なくして砂糖を入れましょう。

砂糖を入れる量は、小さじ1杯程度に留める方法が良いと思われます。

ドリップコーヒーでのコーヒーダイエット

コーヒーは、コンビニで売っている缶コーヒーやインスタントのコーヒーが手軽に飲めますが、脂肪燃焼を考えて、ドリップコーヒーで行うのが良いでしょう。

ドリップしたコーヒーでコーヒーを飲む方が、カフェインやクロロゲン酸がより多く摂れるためです。

ホットコーヒーでのコーヒーダイエット

コーヒーダイエットを行う際はアイスで飲むよりホットで行いましょう。

入浴の際に体が温まり代謝が高まるのと同じで、ホットでコーヒーを飲むことで、体の代謝を高めることができます。

ホットコーヒーの方が香りを楽しめて、リラックス効果もより増します。

バターコーヒーでのコーヒーダイエット

変わり種のコーヒーダイエットも紹介しておきましょう。

それは、バターコーヒーダイエットというものです。

なかなか聞いたことのない方法です。このダイエット方法は海外で注目されているものです。

バターコーヒーダイエットでは、腹持ちがよく、朝から活発に活動できる効果があるとされています。

これは、いわゆる朝食を置き換える「置き換えダイエット」といえるでしょう。

残念なのは、普段みなさんが使っているバターをポンッと入れれば良いというものではないという点です。

コーヒーは普通のものでは構わないのですが、バターはグラスフェッドバターというものを使用します。このバターはネット通販で手に入れるのがおすすめです。

このバターは普通のバターに比べて塩分が3%の低塩分なバターなのです。ダイエットをしている際のエネルギー不足の解消におすすめできますね。

朝のコーヒーにこのバターを10グラム入れるのが分量です。

一度、試してみると面白いかもしれません。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットを効果的に行う方法

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%93

コーヒーダイエットを行うためには、運動や筋トレに伴って行うのがベストです。

その運動や筋トレを行うときの、どのタイミングでコーヒーを飲むべきなのか。ここをしっかりと覚えておきましょう。

せっかく、コーヒーダイエットを行うなら、効果的に行いたいですもんね。その点をもう少し詳しく説明します。

また、コーヒー豆にもちょっとしたポイントがあります。その辺りもメモしておくとよいでしょう。

コーヒー豆は浅煎のものを用意しましょう

クロロゲン酸のところでも説明しましたが、脂肪燃焼に効果のあるクロロゲン酸の熱に弱いという特性に注意して、ドリップするための豆を選ぶ際は、深煎より浅煎のものを用意しましょう。

ドリップコーヒーは、ペーパーフィルターを通してコーヒーを入れるため、ジテルペン酸を除去することができます。

このジテルペン酸は血中コレステロール値や中性脂肪を上げてしまう物質が含まれています。

ドリップコーヒーでは、この点の問題を解決できるのも良い点ですね。

コーヒーは運動前に飲みましょう

コーヒーを飲むことで脂肪を燃焼させる効果が促進されるので、運動前に飲んでウォーキングなどの酸素運動を行うのがいいでしょう。

食後にコーヒーを飲んで、食後の運動としてダイエットを行うのが良いといえます。

だいたい、運動を行う15分から30分まえにはコーヒーを飲んでおくと良いでしょう。

コーヒーはお風呂に入る前に飲みましょう

入浴前にコーヒーを飲むのもおすすめできます。

体が温まる入浴の前に、コーヒーを飲むことで、さらに入浴時の代謝を高めることができます。

代謝が上がった体は脂肪を燃焼させてくれる作用がありますので、コーヒーが持つ効果はとてもポイントになってきますよね。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットのメリットとデメリット

%e8%b1%86

コーヒーダイエットのメリットとデメリットについて解説します。

コーヒーダイエットはメリットも多いですが、ダイエットを行う点でデメリットになってしまう要素があります。

その両方の要素を知っておくことで、できるだけデメリットを防ぐことができます。

コーヒーは低カロリー

コーヒー1杯のカロリーは5カロリーほどです。この低カロリーがコーヒーダイエットの魅力ですね。

苦いブラックコーヒーが苦手な方は、小さじ1杯の砂糖を加えても20カロリーほどにしかなりません。

注意するべき点は、コンビニや自動販売機で飲める、砂糖入りのコーヒーはカロリーが高めになっています。加糖の具合によりますがだいたい50カロリーから100カロリーになっています。

ブラックコーヒーが10杯は飲めてしまうカロリーになってしまいます。そのため、コーヒーダイエットを行う際は、砂糖が入っている缶コーヒーは避けたいところです。

なお、ブラックコーヒーと表示されていたり、砂糖不使用と書かれていても別の甘味料が含まれている場合があります。

また、100ミリリットルあたり5カロリー以下の場合は、カロリーゼロやノンカロリーと表記しても問題がないため、そういった表示の点にも注意したほうがよいでしょう。

コーヒーはアンチエイジング効果がある

コーヒーに含まれるポリフェノールはアンチエイジング効果があります

ポリフェノールは細胞が酸化する、酸化作用を防ぐ抗酸化作用があります。

ダイエットを行う際に、栄養が不足すると肌に悪影響ですが、コーヒーを飲むことで美容効果があることも覚えておくとよいでしょう。

カフェインの摂りすぎには注意が必要

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼効果がありますが、このカフェインを摂りすぎることはよくありません、

カフェインが脂肪燃焼をさせるほかに、脳が興奮してしまう作用があります。

よく、「今日は徹夜だからコーヒーを飲むぞ!」とか「コーヒー飲んだから、今日は眠くならない」ということがありますよね。

これはコーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用という効果です。

ここで、難しいのがカフェインのリパーゼの働きが脂肪の分解に効果があると説明しましたが、ダイエットには睡眠をしっかり取ることも大事です。

睡眠不足では体のホルモンのバランスが乱れますし、睡眠不足状態では、食欲が増してしまうという研究もあるようです。

ダイエットを行う際は睡眠はしっかりと取ることを忘れないようにしましょう。そのため、就寝の前にコーヒーを摂るのは避けたほうが良いでしょう。

1日のコーヒーは何杯まで?

1日に飲むコーヒーの量は3杯ほどが良いそうです。

それは、カフェインの摂取する量が、一日に300ミリリットルほどに抑えるべきであるという意見があるためです。

そのため、1杯のコーヒーには、およそ150ミリリットルのカフェインが含まれるので2杯から3杯程度に留めるのが良いでしょう。朝、昼、晩、と食事のときに飲む程度がいいというわけです。

コーヒーは水分補給には不向き

コーヒーはカフェインの利尿効果から、水分補給という観点からは不向きです。

ダイエットを行うための運動や筋トレをした後に、コーヒーをとっても脂肪燃焼の効果にはあまり意味がありません。

また、コーヒーに含まれるタンニンが貧血などを引き起こす原因になります。

コーヒーを飲むのは運動前に飲んで、ダイエット中の脂肪燃焼に役立てましょう。

ラテやフラペチーノはコーヒーダイエットには不向き

コーヒーには、ラテやフラペチーノというジャンルも存在しますが、こちらはミルクなどを多用するためカロリーが高めになってしまいます。

コーヒー自体の苦さがあまり得意ではないという方には、ラテやフラペチーノという選択肢もないわけではないのですが、できればブラックコーヒーを飲めるようになるといいですね。

自分にあったコーヒー豆を探してみるというのもおもしろいかもしれませんね。

空腹時のコーヒーは口臭の原因

コーヒーの香りはとても良いものです。しかし、それを飲むことによって起きる口臭いには注意しなければなりません。

カフェインは舌に張り付くことで、口臭の原因に繋がります。それが長時間放置されるとさらに強烈な口臭を生み出してしまいます。

できるだけ、コーヒーを飲んだ後は、水で舌を洗う行為をした方がいいでしょう。

特に、喫茶店などでは、コーヒーの前に水が元から出されることも多いと思います。会計に行く前に、その水を少し飲むのが口臭を防ぐことに繋がります。

空腹時は舌の唾液が減少しているため、この唾液の分泌が減少していることで細菌が増殖し、口臭をさらに目立たせてしまいます。

コーヒーダイエットを行う上で、一番気を付けておいたほうがいい点かもしれませんね。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットをおすすめするポイント

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%ef%bc%92

カフェインとクロロゲン酸による脂肪分解効果が期待できるコーヒーダイエット。

その効果や、メリット・デメリットを解説してきました。

それらのことを踏まえて、このコーヒーダイエットをおすすめするポイントを改めて説明します。

脂肪を燃焼しやすい体になり、ダイエット効果が高まる

カフェインによる利尿作用や血管拡張作用で、体のむくみがとれます。

このことで、体内の血液の流れがよくなり、基礎代謝が上がります。このことが、脂肪が燃焼しやすい体にするわけです。

これがダイエットを行うのに最適な体の状態なわけです。

また、カフェインがもたらす効果で、血行の循環が良くなると、基礎代謝が高まります。

血行が良くなった体は、代謝が上がったことでダイエットの効果が高まります。

なかなかダイエットを行っていても、効果が上がらない方に、このコーヒーダイエットを組み込むことは、おすすめするポイントですよ。

リラックス効果と満腹感を得られてダイエットが長続きする

コーヒーを飲むことで、リラックス効果を得ることができるのと、満腹感を得ることができます。

コーヒーの香ばしい香りは、リラックス効果があり、気分転換に最適です。

ダイエットを行っていると、どうしてもストレスが溜まってしまいがちです。そのストレスを解消するのに、コーヒーの香りはとても有効です。

自分に合った好みのコーヒーの香りを探してみるのもおもしろいかもしれませんね。

そして、コーヒーを飲むことで、ダイエットにとって大敵な間食を防ぐことができるわけです。

誰にでも行えるダイエット法

複雑な知識や、準備が必要なダイエット法ではない、コーヒーダイエット。

ここが、一番おすすめできるポイントかもしれませんね。

コーヒーダイエットの効果を高めるために、ポイントをいろいろ上げましたが、決してインスタントコーヒーで行ってはいけないわけではありません。

例えば缶コーヒーでも行うことはできます。缶コーヒーで行う場合は、糖分が高めになっているものが多いため、極力ブラックにすると良いですね。

また、コーヒーの苦さが苦手な人は、砂糖を少量入れることも問題ありません。

このように、自分のスタイルに合わせて、行える手軽さがおすすめなのです。

さきほども説明しましたが、コーヒーダイエットを行う点での注意は、クロロゲン酸が熱に弱い酵素であるということぐらいです。

そのため、コーヒーを入れるときは80度ぐらいの温度のお湯で入れる、ということを気を付けるのがポイントなだけですよ。

スポンサーリンク

ブラックコーヒーにおすすめな豆

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e8%b1%86

このコーヒーダイエットの効果を高めるために、ブラックコーヒーで行うことをおすすめしてきました。

せっかく効果の高いコーヒーダイエットも、砂糖やミルクをたくさん使ってしまっては効果が薄れてしまいます。

この、ブラックコーヒーに合う、おすすめの豆も紹介しておきましょう。

マンデリン

重厚コクと苦みがあるマンデリン。

100グラムでだいたい400ぐらいで販売されていることが多いようです。

収穫される地域によって、微妙に味わいが変わってくるので、それを楽しむのも良いかもしれませんね。

キリマンジャロ

こちらの豆は酸味が強い豆といえます。

好みが分かれる点はありますが、ブラックコーヒーで飲む際に、この酸味がくせになると思いますね。

ブラックコーヒーの苦みが苦手な方におすすめできる豆でょう。

コロンビア

コロンビアの豆をブレンドしたコーヒー豆もおすすめできます。

香りやコク、苦みと酸味の絶妙なバランスが楽しめると思いますよ。こちらはさわやかな酸味が楽しめますね。

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーダイエットの効果を見てきました。

コーヒーダイエットは、ダイエットをする時間がなかなか取れない人にも、手軽に行えるダイエットです。

また、他の有酸素運動を行うダイエットと合わせて行うと、相乗効果があるダイエットであることも分かりました。

普段から飲んでいたコーヒーに、そんな効果があるのを知って驚いた方も多いと思います。

コーヒーダイエットのポイントは摂取する量とタイミングです。

その点を頭において、コーヒーダイエットを行うのが大事です。

いまからでもすぐに始めれるダイエット法として、ぜひ初めて欲しいと思います。

コーヒーダイエットで手軽にダイエットをしましょう。