ダイエット中のポテトチップスはやっぱり太る?

「ダイエットの天敵ともいえるポテトチップスが、どうしても食べたい」

「ポテトチップスが太る理由にはどんな原因があるのだろう」

スナック菓子の中でももっとも人気があるポテトチップス。

しかし、そんなポテトチップスはダイエットの天敵だと言われています。

そんなポテトチップスを食べると太る理由はどんなことが原因になっているのでしょう。

また、ダイエット中にポテトチップスを食べることは許されるのでしょうか。

ポテトチップスを食べると太る理由と、ダイエット中のポテトチップスとの関わり方について紹介します。

スポンサーリンク

ポテトチップスが太る原因を解明

chips-843993_960_720

みんなが大好きポテチことポテトチップス。

そんなポテトチップスを食べると太ることは誰もが理解しています。

しかし、なぜポテトチップスを食べることが太る原因につながるかというのを、詳細に考えたことはないかもしれません。

ポテトチップスを食べることで太る原因を解明していきましょう。

ポテトチップスはカロリーが高い

まずは、はっきり言えることですがポテトチップスはカロリーが高いです。

ポテトチップスのカロリーは味の違いによって多少カロリーの変動があります。

とはいえ、ポテトチップスのカロリーは100gあたり約554カロリーとなっています。

例えば、ポテトチップスの標準サイズである85gの場合は約443カロリーで、60gの場合では約332カロリーとなります。

ご飯が一膳で200カロリーぐらいなのを考えると、やはりポテトチップスのカロリーは高いといえます。

ポテトチップスを一袋食べてしまうと、一日の摂取カロリーをオーバーしてしまう原因になり、それが太る理由だといえます。

ポテトチップスの味の中毒性が太る理由

ポテトチップスは何度改良が加えられ、時代に合わせて微妙にその塩加減などが調整されていると言われています。

そのため、ポテトチップスは一度開けて口に含んでしまうと、その中毒性からなかなか食べるのを止めることが出来ないんです。

よく、ポテトチップスを開けて気がついたら一袋食べきってしまっていたということがあると思います。

途中で残せばいいのに、その絶妙な食感や塩加減が中毒性を生み出して、食べきってしまうことが太る原因になっているんです。

ポテトチップスと飲み物の合わせ方が太る原因に

ポテトチップスを食べるときに、飲み物に何を選びますか。

ポテトチップスにはコーラ!という人も多いと思います。

ポテトチップスの食感と塩加減に、コーラの炭酸と糖分は非常に合います。

しょっぱいものを食べると甘いものを食べたくなるというのは、人の味覚であり、まさにポテトチップスとコーラはそういう関係性といえます。

ポテトチップスはじゃがいもを油で揚げて作ったスナック菓子ですが、コーラは炭酸と多くの糖分を使って作られた飲料です。

脂肪分と糖分と聞いたら、それだけ充分に太る原因になるのは理解できますよね。

この食べ合わせの方法がポテトチップスを食べて太る可能性を高めているといえます。

ポテトチップスのじゃがいもが太る原因に

ポテトチップスの原材料はじゃがいもがメインです。

じゃがいもといえば野菜に分類される食べ物ですが、野菜として良い面と悪い面があります。

じゃがいもの栄養にはビタミンCやビタミンB1、ビタミンB6が含まれ、またカリウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれます。

また、便通の改善や美容に効果のある食物繊維も含まれており、栄養価は高い野菜だといえます。

しかし、ダイエットの効果の面ではじゃがいもに含まれる「糖質」が適していないといえます。

糖質は摂取すると血糖値を上昇させて、脂肪を蓄えてしまう可能性がある栄養なんです。

また、ポテトチップスを使うには多くの油を使ってフライにするので、その油をたくさん吸っているといえます。

糖質と脂質が多くなってしまったポテトチップスはお菓子の中で太りやすいものに仕上がってしまっているんです。

じゃがいも、普段食事で食べるときは栄養は高く満腹感が得やすいものの、糖質には気をつけながら食べる必要があるといます。

スポンサーリンク

ポテトチップスは太るだけじゃない

food-226773_960_720

ポテトチップスが太る原因について紹介しましたが、ポテトチップスには都市伝説のように太る以外にも有害な物質があると言われているんです。

そんなポテトチップスの危険性についてもまとめてみましょう。

ポテトチップスの塩分と油は病気につながる?

ポテトチップスには油以外に多くの塩分が使用されています。

その塩分は一袋あたり0.6g以上となっており、人間が一日に摂取していい塩分量は男性が10g未満、女性で8g未満となっています。

また、高血圧のひとは6g以下のほうが良いと言われています。

もちろん、一日に摂る塩分はポテチ以外にも多くの食品から摂取します。

塩っ辛い食べ物が好きな人はポテトチップスの塩分がプラスされると言えるので、高血圧の原因になったり、脳卒中になるなど命にかかわるといえます。

ポテトチップスを食べていると以上に喉が乾くのも、それだけ塩分を摂取しているという証拠なんです。

ポテトチップスの油は悪玉コレステロールの理由に

ポテトチップスに使われている油は、酸化することで「過酸化物質」とのになります。

この油は酸化してサビている油のため、悪玉コレステロールの原因になるんです。

こういった物質は、肌を劣化させて悪化させる原因になり、シミやそばかすを作ってしまうんです。

また、アルツハイマーやガンの遠因になるとも言われており、動脈硬化など危険な病気につながる可能性があります。

ニキビや脱毛の原因とも言われており、ポテトチップスの食べ過ぎは太る理由になるだけでなく、発がん性の危険などが含まれているともいえます。

ポテトチップスにの主成分であるじゃがいもの糖分とアミノ酸を含む食品を加熱すると発生する「アクリルアミド」という物質が非常に危険と言われています。

アクリルアミドは高い発がん性のある発がん性分類であり、妊婦が摂取してしまうと生まれてきた子供の出生時の体重が低くなる可能性も指摘されています。

ポテトチップスは他の穀類系の食べ物と比べても、このアクリルアミドが多い食品であり、美味しいからと食べすぎることは危険といえます。

スポンサーリンク

ポテトチップスダイエットってなに?

yam-1804451_960_720

ポテトチップスとダイエットの関係を調べていると「ポテトチップスダイエット」という聞きなれない言葉を見かけます。

糖質制限ダイエットなどの言葉は耳にすることは多いですが、ポテトチップスでダイエットするということなのでしょうか。

ポテトチップスの性質を活かしてダイエットに利用する

実はポテトチップスダイエットはその名前の通り、やはりダイエット方法の一つです。

もちろん、他のダイエット法とは違って置き換えダイエットのような利用の方法とは少し違います。

ポテトチップス自体は一枚、一枚が味が濃く、充実感を得やすい食品です。

そのため、一度にすべてを食べないように工夫することで、摂取カロリー量を減らすという方法なんです。

また、普段と同じようなポテトチップスの食べ方をするのではなく、食べ方を変えていくことはとても重要です。

気をつけたいのは、ポテトチップスを食べるときは必ずコーラなどの炭酸飲料や、ミルクティーなど甘いものと合わせるのは止めましょう。

ポテトチップスだけのカロリーは調整すればあるていど抑えることが出来ますが、そのときに合わせる飲料によって糖分がさらに増えてしまうんです。

場合によっては、ポテトチップスを食べるときは水分を摂らないなんて方法もあるようです。

つまり、塩っ辛くなって水分が欲しくなったらポテトチップスは片付けてしまって、それから水分を摂るようにするわけです。

ポテトチップスをもう食べたくない状況にすることで、ポテトチップスを食べ過ぎるのを防ぐというわけなんです。

ポテトチップスは小さい量のものを購入する

ポテトチップスはカルビーや湖池屋を含めいろんなメーカーから販売されています。

また、セブンイレブンやローソンなどのオリジナルブランドからもポテトチップスと似た商品が販売されています。

このときに、できるだけカロリーの少ないものや、量が少ないものを選ぶようにしましょう。

ポテトチップスの危険なところは一度開けてしまうと、とにかく全部食べてしまうことです。

野球カードがついているような、プロ野球チップス系の小さなサイズのポテトチップスなら食べてもそれほどカロリーは高くありません。

スナック菓子は顎をあまり動かさないため、食感自体は良くても脳の満腹中枢があまり刺激されないため、満腹感を得にくいんです。

そのため、いくらでも食べてしまえますし、化学調味料をたくさん摂取してしまうわけです。

ポテトチップスの種類もローカロリーの種類を選んだり、野菜チップスにするなど、いつも同じポテトチップスにしないことも重要です。

ノンフライのポテトチップスもあるので、少しでも油の酸化脂質をさけるために、ノンフライのポテトチップスを選んでもいいとおいます。

自分でポテトチップスを作ろう

市販のポテトチップスは様々な化学調味料が入っており、どうしても身体に悪いものが含まれてしまうのです。

ポテトチップスは家庭でも自分で簡単に作れるお菓子なので、自家製ポテトチップスにして少しでも有害な物質を除外しても良いでしょう。

作り方は簡単で、ジャガイモをスライサーで薄く切り、あとは油やオリーブオイルなどで揚げてしまえば完成です。

そのときにふる塩の量を加減すれば、市販のポテトチップスに比べて油も塩も制限することが出来ます。

ちなみに、油であげないで電子レンジでもポテトチップスは作ることが出来ます。

さきほどと同じように油とあげる直前までの準備して、スライスしたジャガイモを水にさらしましょう。

そして、布巾かキッチンペーパーなどで水分をしっかりと取ったら、ビニール袋などに入れてそこに味付け用のオリーブオイルを数滴と塩を振りまぜましょう。

その後、電子レンジのレンジ皿にキッチンペーパーを敷いて、そこにスライスしたジャガイモを並べましょう。

あとは700Wで7分、オーブンレンジの場合は180度で余熱して15分から20分程度あたためましょう。

どうしても揚げていないのであのポテトチップスの食感は生まれませんが、油を使っていないので健康的には良いですね。

ダイエット向きのポテトチップスではありますが、いずれにしても夜中にポテトチップスを食べるようなのはさけましょう。

このようにいろんなポテトチップスの作り方をすることで、ポテトチップスで太ってしまうのを回避するのがコツといえますね。

スポンサーリンク

ポテトチップスを食べても痩せたい

kermit-123561_960_720

どうしても普通のポテトチップスを食べながら痩せたいという場合は、やはりある程度することは普通のダイエット方法と同じになるといえます。

基本的なダイエット方法と同じになりますが、その点も紹介しましょう。

食べたら運動する

非常に基本的なことですが、美味しい味のポテトチップスを食べたら、そのカロリー量に見合った運動を行いましょう。

じゃがいも自体はグルテンを含まない食材のため、アレルギーを避けるために利用されることもある食材です。

かまぼこダイエットのように、グルテンフリーダイエットといってグルテンが含まれる小麦粉などを避けるダイエットなんかもありますね。

必須カロリー分食事以外のカロリー量は、とにかく運動して消費することです。

ポテトチップスを食べたら運動をするという紐付きを行うことをすることで、少しでも肥満体になるのを防ぎましょう。

食べるなら昼までのうちに

ポテトチップスを夜中のおやつに食べてしまう。

これがもっともよくないポテトチップスの食べ方です。

いろんなダイエット方法まとめにもあるように、ダイエット効果を得るためにはカロリーが高いものは朝から昼のうちに食べるのがおすすめなんです。

管理栄養士なども、お菓子などを食べることを禁止しているのではなく、その食べるタイミングを気をつけることを推奨しています。

朝や昼のうちに食べたものは、一日の活動のうちに消費しやすいのでどうせ食べるなら昼までのうちに食べてしまいましょう。

3時のおやつぐらいの時間になると一日のうちにカロリーを消化できなくなるため、3時のおやつで食べた場合はしっかりと身体を動かしましょう。

女性の場合は夜間にポテトチップスやチョコレートなどのお菓子を食べることは、美容にとってもよくありません。

ポテトチップス自体の有毒性以上に、普段からその習慣化した食生活のほうが危険性が高いわけです。

今日は炭酸飲料を飲みたいからポテトチップスは我慢する。逆にポテトチップスを食べたいから今日は炭酸飲料を我慢する。

このように全部を一度に楽しんで快楽を得るのではなく、毎日の中で分けて食べたり飲んだりすることで満足感を得るようにしましょう。

ストレスはダイエットの天敵

いろんなご飯のレシピのブログを見たりしながら、ダイエットだからと食事を我慢するというのはストレスが溜まります。

ダイエット中には時には、好きな食べ物である肉やラーメンを食べたりしながら、リフレッシュする日を作るのも重要です。

ダイエットにおいてストレスというものは、身体が痩せるためのホルモンの分泌を妨げます。

ダイエット中にずっとカリカリしてストレスがたまっているような状態は、非常に痩せにくい状態であることが研究からわかっているようです。

体重計に何度も乗って体重を気にしていると、どんどんストレスが溜まってしまうわけです。

仕事のストレスも同様であり、生活習慣病などと同時にストレスというものは身体をどんどん悪い方向に持っていきます。

我慢するばかりがダイエット法ではないので、いろんなダイエット方法まとめの記事を参考にしながら、自分にあったダイエットを見つけるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

chips-448746_960_720

ポテトチップスが太る原因について紹介しました。

ポテトチップスは値段も安く、飲み物とも合わせやすいことが太りやすい原因だともいえます。

そのため、食べすぎるのを避けるため、保存方法に気をつけたり購入するサイズを小さいものにして、食べる量の程度を加減することが大事です。

また、自家製のポテトチップスの作り方の情報を参考にして油を減らしたり、調味料をオリーブオイルに改善するなどして、少しでも太りやすい要素を軽減しましょう。

ポテトチップス系の食べ物は栄養が少なく、他の栄養は野菜を食べたりサプリで保管したりと健康に気を使う必要があります。

とはいえ、我慢しすぎるとはストレスにつながります。

ポテトチップスを食べるときは炭酸飲料などの糖分が多いものはさけて、サイズを小さなものにするのがおすすめです。

美味しいものを食べたらしっかりと運動をすることを習慣化し、また食べるなら一日の家でできるだけ早い時間に食べるようにしましょう。

食べないのではなく、どう食べるかが太る原因を軽減することにつながるというわけですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加