ダンスダイエットの効果は?痩せれるオススメの動画を紹介!

どうせ痩せるなら楽しく痩せたいですよね。厳しい食事制限も地味なトレーニングもダイエットには効果的ですが、同じ痩せるのであれば楽しく痩せるほうがいいに決まっています。食事制限やトレーニングは自分には合わなかったという方は、ダンスを始めてみてはどうですか?ダンスダイエットは音楽を聴きながら踊って痩せることができるため、楽しく痩せることができます。今回はそんなダンスダイエットについて紹介していいきます。

スポンサーリンク

ダンスダイエットとは?

tango-108483__180

ダンスダイエットとは、ダンストレーナーの動きに合わせたり音楽に合わせて踊って痩せるダイエット法です。トレーナーに合わせると言っても、今ではわざわざダンス教室に通う必要もなく、自宅でDVDやアーティストのミュージックビデオを観たり、動画投稿サイトなどを参考にして踊れるため、時間やお金はそれほどかかりません。最近ではダイエット向けのダンスエクササイズ用にDVDが販売されたり、ミュージックビデオで踊っているアーティストも多く、少し前であればビリーズブートキャンプがものすごく話題になりましたね。もちろんダンス教室に通えるのであれば、通ったほうがダイエットの士気も上がるのでいいです。

小学生の体育でもダンスが必修科目となり、ダンス番組が増え、ダンスがしやすい環境になってきました。リズム感やステップなど技術的な面も多少必要になることもありますが、踊ることの楽しさからストレス発散や趣味にもしやすく、芸能人の人もダンスをダイエットや美しい身体作りのために取り入れる人は多いようです。

スポンサーリンク

ダンスのダイエット効果

girl-593194__180

ダンスを踊っている人を見ると笑顔で楽しそうに踊っている人が多いですが、実際にやってみるととてもキツいエクササイズだと分かります。キツく感じるエクササイズなだけあって、ダンスには納得できるだけのダイエット効果が期待できます。

脂肪を直接燃やす有酸素運動

ダンスは曲やトレーナーに合わせて一定時間踊り続けるため、ジョギングや水泳などと同じ有酸素運動に含まれます。踊っている時はほとんど動き続けていることが多く、呼吸回数も多いため、より多くの酸素を取り入れて脂肪を燃焼してくれるエクササイズです。ジャンルによっては動きも激しく、絶え間なく動き続けるため、消費カロリーも非常に多いエクササイズです。

引き締め効果のある全身運動

ダンスはステップを踏んだり体をくねらせたりと、足の先端から頭まであらゆる部分を用いて踊るため、有酸素運動の中では数少ない全身を隈なく使う全身運動になります。また、腰をひねったりするような動作は非常に多く、引き締め効果が高いのもダンスダイエットの特徴です。

柔軟性のあるしなやかな筋肉で代謝もアップ

ダンスにはあらゆるジャンルがあり、ダンスによっては膝を曲げた状態やつま先で立った状態で姿勢を維持したりします。普段なかなか使わないような筋肉も使用することがあり、そういった部位の筋肉を使うことで余った贅肉が落ちて、筋肉をつけることができます。ダンスはあくまでも脂肪を燃焼する有酸素運動であり、筋トレなどの無酸素運動ではないため、筋肥大(筋肉が大きくなって身体つきが大きくなる)を起こす心配がなく、引き締まった美しい身体になります。
また、ダンスは伸びやひねりを多用するため、身体に柔軟性が身につきます。身体の柔軟性とは、筋肉や関節が柔らかいということで、柔軟性を身につけることで動作の可動域が広がって血行が促進され、代謝機能が向上します。身体全体の柔軟性がいいということは、全身への血の巡りもいいということであり、肌の代謝も促進されるため、肌のターンオーバーも活発になってキレイなお肌になります。ダンサーやバレリーナにお肌がキレイな人が多いのは、日常的にダンスで柔軟性が身についているためなのです。

ダイエットにも好影響の達成感やストレス発散

ダンスは踊りによっては難易度が高く、ダンスダイエットは他のダイエット方法よりも脳を活発に使います。振り付けを覚えたり、覚えた振り付けを実際にリズムに合わせて踊るということは、思った以上に脳を駆使します。脳と運動器官のリンクも重要なダンスは、ただ走ったり重いものを持ち上げたりするよりも、普段あまり使うことのない運動に関する思考を必要とするため、脳が活性化し認知症予防にも効果があります。初めはうまく踊れなかったダンスが踊れるようになった時の達成感はダイエットのモチベーションを上げてくれますし、身体を動かすことで、ダイエット中に溜まりやすいストレスも発散でき、楽しく続けられるダイエットというのが、ダンスダイエットの最大の特徴です。

スポンサーリンク

楽しく効果的に痩せれるダンス

ダンスダイエットは楽しんでこそ効果を発揮します。踊れるかどうかは二の次にして、楽しそう、踊れるようになりたいと思うものを選ぶことがポイントです。初めから上手く踊れる人はいません。「楽しみながら痩せる」が、ダンスダイエットの醍醐味です。

カーヴィーダンス

kashiki021

出典:girlschannel.net

タレントやモデルなど多くの芸能人の美ボディづくりをサポートをしている、スポーツトレーナーの樫木裕実さんが考案したダンスエクササイズです。カーヴィダンスの特徴は、曲線的な動きを多く取り入れることでボディラインを強調した美しいボディメイク特にくびれを作りだせるところであり、運動が苦手な人でも長続きしやすく、有酸素運動でもあるためしっかりと脂肪を燃焼することができます。カーヴィーダンスを1時間行ったときの消費カロリーはおよそ250kcalと一見少ないように思いますが、カーヴィーダンスでは、インナーマッスルも鍛えることができ、ダイエットで非常に重要な筋力を鍛えることができます。

ベリーダンス

sadie-video-I

出典:www.sadiebellydancer.com

世界で最も古い踊りとされているベリーダンスですが、1980年代にアメリカで開催されたコロンビア世界博覧会によって広く世に知られるようになり、今日の日本でもベリーダンスは女性の間で人気となりました。ナイトクラブや映画のワンシーンでもよく見かける神秘的で妖艶なベリーダンスですが、ベリーとは「お腹」のことを指しており、お腹周りを縦や横に大きく動かすことで、女性らしい魅力的なボディラインを作ることができます。お腹周り以外にも、二の腕の引き締めやバストアップ効果もあり、お腹を激しく動かすことによって内臓下垂の改善による内臓機能の向上もはかれます。内臓機能がよくなると新陳代謝も上がるため、ダイエット効果も高まります。

タヒチアンダンス

b26a18b50f75b2b86f3ff2b42b23ce27

出典:www.pinterest.com

タヒチアンダンスとは、その名の通りポリネシアのタヒチ島の伝統舞踊であり、文字が存在しない時代に、想いを踊りで表現しようとして生まれた踊りであり、フラダンスとよく混同されますが、厳密にはタヒチアンダンスのほうがフラダンスよりももっと古くからあります。タヒチアンダンスは、素早く腰を動かすため腰のシェイプアップ効果はもちろん、膝を曲げた中腰の状態でステップを踏んで踊るため、下半身に筋肉がついて引き締め効果が期待できます。

バレイ

ダウンロード (6)

出典:www.meredithstapleton.com

バレイは子供の頃から始めないないとできないと思っている女性は多いのではないですか?いえいえ、そんなことはありません。最近では20代や30代でバレイを習い始める人が増えているのです。その理由のひとつに上記のカーヴィーダンスやベリーダンス、タヒチアンダンスなどと同様に、大人からでも習えるダンス教室が増えたということがあります。昔ほど敷居が高くなく、誰でも気軽に始められるようになりました。バレイは柔軟性を極限まで高めることができるダンスで、筋肉がつくのはもちろん、一切無駄のない引き締まった柔軟性のある身体をつくることができます。バレリーナの方は女性が憧れてしまうような美しい身体をした人ばかりですよね。

社交ダンス

ダウンロード (7)

出典:www.dancebrevardfl.com

社交ダンスを一躍有名にしたのは間違いなく「ウリナリ芸能人社交ダンス部」ですよね。昔は若者がこぞって会社終わりにダンスホールに通ったそうですが、今ではそういった若者は少なくなってしまいました。社交ダンスもバレイ同様、優雅でエレガントな雰囲気があり、洗練された大人というイメージがあります。社交ダンスではヒールを履いて踊るため足の引き締め効果が高く、スローテンポからアップテンポなものまで様々な踊りがあるため飽きることなく続けることができます。社交ダンスは老若男女踊れるため、ダイエットとしてではなく趣味としても非常におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

ダンスダイエットはこれ以外にも様々なジャンルがあります。自分が少しでも興味を持てたものを始めてみてください。現在では体育で必修化されたことによって、ダンス教室やダンスのテレビ番組、ダンスレッスン用DVDが増え、子供だけでなく大人も気軽に始められるようになりました。体を動かして楽しく痩せたいという人は是非ダンスダイエットを始めてみてください。