コンビニやスーパーで買えるダイエットにいい食べ物・飲み物一覧!

ダイエットしたい!と思っている女性は多いですよね。ダイエットを実践しようと思っても、ジムに行くのはお金がかかるし、キツいエクササイズは苦手だし、そもそも仕事や勉強が忙しくてダイエットに割く時間がない!とお困りの方は多いのではないですか?そんな人は普段の食生活を見直してみましょう。なにも食事制限や激しい運動だけがダイエットではありません。食べるだけで脂肪を燃焼しやすくして、瘦せやすくしてくれる食品はあるのです。今回はそんなダイエットにいい食べ物や飲み物について紹介します。

スポンサーリンク

ダイエット中の食べ物・飲み物

vegetables-573961__180

ダイエット中は食べた方がいいものやいけないものがあり、食べていいものというのは太りにくくて、ダイエット効果のあるものです。食べてはいけないものは当然、脂肪がつきやすく太りやすいものです。どんな食べ物や飲み物がダイエットに良くて、また、太りやすいのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ダイエット効果のある食品

ダイエットに効果があると言われている食品をランキング毎に発表していきます。

1位:豆腐

how-its-made

出典:http://www.todayifoundout.com/

豆腐は1丁あたり(木綿)約200kcalと非常に低カロリーでありながら、腹持ちがよく、様々な料理につかえるため、ダイエット食品として大変人気です。豆腐の原料である大豆には、大豆レシチンという成分が含まれており、肝臓機能を正常化させて中性脂肪やコレステロール値を減らしてくれる作用があります。また、大豆は非常に良質なたんぱく質であり、たんぱく質をしっかり摂ることによって、カラダの代謝機能も上げてくれます。豆腐はこれらのダイエット効果だけでなく、大豆オリゴ糖によって腸内環境が整えられるため、便秘の解消にもつながります。

2位:ヨーグルト

images (7)

出典:https://encrypted-tbn1.gstatic.com/
ヨーグルトのダイエット効果として有名なのは、乳酸菌ですよね。乳酸菌はカラダにいい働きをしてくれるため、善玉菌とも呼ばれ便秘解消にかなりの効果があります。ヨーグルトを用いたダイエットに、腸が活発に活動する22時〜夜中2時の時間帯に合わせて夕食前に200gのヨーグルトを食べる夜ヨーグルトダイエットがあります。ヨーグルトはダイエット効果だけでなく、美肌にもいい女性にオススメの食品です。

3位:きのこ類

mushroom-976592__180 (1)

きのこは100gあたり約20kcalと非常に低カロリーのためダイエット中の食事のカサ増しに利用でき、食物繊維が豊富なため、便秘の解消満腹感を得やすいので食べ過ぎを防止してくれます。また、最近の研究では、きのこに含まれる「キノコキトサン」という成分がダイエットに非常に効果があることがわかっています。キノコキトサンは、脂肪を体外に排泄する脂質代謝が良いだけでなく、カラダの内臓脂肪を燃焼させてくれる効果があることが判明しました。また、病気や肥満の元となる中性脂肪やコレステロール値、血糖値を抑える働きがあるため、病気予防という点でも重宝します。

4位:生姜

root-617409__180

生姜には「ショウガオール」「ジンゲロール」という2つの辛味成分が入っており、ショウガオールは血液をサラサラにしてくれ、血行を良くしてくれるため、体温が温まり、汗をかきやすくなって代謝が高まります。血行が促進され体温が上昇することによって、女性の大きな悩みであるむくみや冷え性も改善してくれる効果があります。また、ジンゲロールは免疫力を上げてくれたり殺菌作用があるため、風邪予防に有効ですし、熱を加えたり乾燥させてやることで、ダイエット効果の高いショウガオールに変化するので、生姜の2つの辛味成分はダイエッターにとってとても強い味方です。

5位:納豆

SONY DSC

出典:http://nda-nda.com/
納豆も豆腐と同じ大豆を原料としているため、非常に良質なたんぱく質であり、「畑の肉」と呼ばれるほど栄養価の高い食品です。大豆に多く含まれるたんぱく質ですが、たんぱく質は筋肉を生成する重要な栄養素であり、筋肉量が多いとその分基礎代謝も上がります。納豆に含まれる大豆サポニンは、余分な脂質や糖質を吸収してくれる働きがあるため肥満予防ともなります。納豆は料理の汎用性が乏しいことから、ダイエットでは敬遠されがちですが、美白作用やアンチエイジング、整腸作用があるため、美肌作りや健康にもいいので、毎日ではなくても積極的に食べるようにしましょう。

6位:こんにゃく

220px-Konnyaku

出典:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/
こんにゃくは低カロリーな上、食物繊維が豊富なため満腹感が持続しやすく、便秘の解消効果もあるため、カラダの中の老廃物がなくなって代謝を高めてくれます。こんにゃくの主成分であるグルコマンナンは、過剰摂取したコレステロールや脂質の吸収を抑制する働きがあるため、肥満予防にかなり効果的です。

スポンサーリンク

ダイエット中に食べてはいけないものは?

脂肪がつきやすい食品や料理は、ダイエット中に食べると肥満の元となってしまいます。どのようなものが太りやすいのか見ていきましょう。

白米・パン・麺類

noodles-516635__180

日本人の主食でもある白米ですが、糖質が多く、非常に太りやすい食品でもあります。白米同様太りやすいとされているのが、パスタやうどんなどの麺類やパンなどです。これらは全て炭水化物であり、糖質やグルテンを多く含んでいます。糖質制限ダイエットやグルテンフリーダイエットというものがあるぐらいなので、いかにご飯やパン、麺類に含まれる糖分・グルテンがダイエットに大敵かわかりますね。これらの炭水化物を抜くのは厳しいですので、ダイエット期間中は玄米に変えたり、麺類を春雨などに代用するなどの工夫をして下さい。

イモ類・根菜類

jicama-875254__180

さつまいもやジャガイモ、里芋、長芋、蓮根、ごぼう、にんじんなどは糖質が多く、ダイエット中はできるだけ避けるよう心掛けましょう。血糖値の上がるスピードを数値化したGI値(グリセミックインデックス)の値を見てみると、これらイモ類はさつまいも以外平均値よりも数値が高く、根菜類も糖質が多いためGI値が高い傾向にあります。このGI値が60を超えるような食品は、血糖値が上がりやすく、脂肪の原因にもなるインスリンを分泌しやすいのです。イモ類や根菜類は、野菜だからといって必ずしもダイエットにいい食品とは限らないのです。

ファーストフード

burger-827309__180

ハンバーガーやチキン、サンドイッチなど、現在ではファーストフード店が溢れかえっていますが、もちろんダイエット中のファーストフードは厳禁です。誰でも美味しく感じるように調味料をふんだんに使っていますし、味が濃い目なので、カロリーオーバーはもちろん、塩分の取り過ぎによって生活習慣病の原因となっています。基本的に外食はファーストフード同様、味付けも濃いためダイエット中は控えるようにしてください。

清涼飲料水

orange-987799__180

コーラやサイダー、フルーツジュースなど清涼飲料水にも様々ありますが、基本的に甘く感じるものはダイエット中は控えるべきです。ご存知の方も多いと思いますが、コーラを筆頭に、清涼飲料水には砂糖がこれでもかというくらい使われています。皆さんの中にも見たことがある方がいるかもしれませんが、各飲料メーカーの人気商品にどれだけの角砂糖が使われているかというのを表した画像が一時期話題になりました。カロリーオフやカロリーゼロといったジュースもありますが、そういったものには「人口調味料」が使われている可能性があります。人口調味料は、味覚を鈍らせたりホルモンに影響を与える危険性があるため、たとえカロリーゼロやオフの飲料水でも、飲むことはオススメしません。

アルコール

beer-588615__180

お酒のアルコール自体のカロリーはエンプティカロリーと言われ、摂取してすぐ代謝するため、飲み過ぎなければ脂肪として蓄積することはありません。しかし、醸造酒であるビールや日本酒、またカクテルなどは糖質が多く含まれているため太る原因になってしまいます。また、お酒を飲むとどうしてもおつまみも一緒に食べてしまうためカロリー摂取量が増えてしまいます。ダイエット中のお酒はなるべく控えるようにし、飲み会などでどうしても避けられないときは、蒸留酒であるウイスキーやウォッカ、焼酎などを選択し、ビールが飲みたいときは糖質フリーの発泡酒を飲むようにしましょう。くれぐれもおつまみの食べ過ぎには注意してください。

まとめ

ダイエットに効果的な食品はどれもコンビニやスーパーで買うことができ、食事制限やエクササイズがなかなかできないという人は積極的に摂るようにしてください。逆にダイエットに悪い食品は、糖質を多く含む炭水化物を中心としたものです。日頃の食生活を見直すことで、太りにくくし、逆に痩せやすいカラダを作ることができるので、食べていいもの、悪いものはしっかり把握しておきましょう。