酵素水ダイエットの効果は本物?メリットやデメリットを紹介

「酵素ダイエットって言葉は聞いたことあるけど、効果があるのか」

「酵素水を使ったダイエットって普通のどう違うの?」

酵素というものが体の中にあるのは、なんとなく知っている人も多いと思います。

しかし、その酵素がどのような働きがあり、酵素がダイエットにどのように関係してくるかわからない人も多いでしょう。

そして、その酵素を使った酵素水をどのようにダイエットに使用するのでしょう。

今回は酵素水ダイエットについて紹介します。

スポンサーリンク

酵素とは

bottle-2032980_960_720

まずは、酵素水ダイエットのまえに酵素について知っておく必要があります。

酵素には2つの種類があるのを覚えておきましょう。

酵素はもともと身体の中にある、たんぱく質のことなんです。

そんな酵素の2つの種類はどのようなものでしょう。

消化酵素

まず、一つ目の酵素には消化酵素というものがあります。

この消化酵素というものの名前を聞いたことがある人は多いと思います。

消化酵素の働きは、そのままでは食物の分子が大きいものを、エネルギーとして吸収しやすいように、小さな分子に分解してくれる働きがあるんです。

消化酵素にはさらに3つの栄養素に分けることができます。

アミラーゼやスクラーゼなどを含む「炭水化物分解酵素」が1つです。

そして、ペプシンやトリプシンなどを含む「タンパク質分解酵素」です。

また、リパーゼなどの「脂肪分解酵素」が3つ目です。

この3つの酵素の働きによって、食べ物は身体に吸収されやすい状態に分解されるんです。

分解された栄養は、小腸の粘膜で栄養として身体に吸収されます。

代謝酵素

代謝酵素は、消化酵素によって作られたエネルギーを身体の中で使用するためのものです。

代謝酵素は、運動をするためや、呼吸をするため、そして新陳代謝をするためや老廃物を派出するためにも重要な働きをします。

代謝酵素が不足してしまうと、身体の新陳代謝の能力が落ちるので、ダイエットの効果が低下してしまうというデメリットがあります。

なんとなく疲れやすいという人は、代謝酵素の機能が低下している可能性があります。

そして、老化するスピードも早くなると言われており、代謝酵素は人間が元気にハツラツと生活していくために必要不可欠といえますね。

酵素の働きのしくみ

これらの2つの酵素を合わせて「体内酵素」と呼びます。

しかし、この酵素は1日に使用できる量に限りがあるため、たくさん取ったからといって、ぐんぐん身体が良くなるというのは少し違います。

そのため、身体の中で処理できる体内酵素のバランスのため、消化酵素と代謝酵素が半分ずつぐらいになるのがベストなんです。

しかし、消化酵素のほうから優先的に消費されていくという特徴もあるんです。

消化酵素は消化しにくい食べ物を食べれば食べるほど、多くの消化酵素が消費されてしまうんです。

よくジャンクフード的なものを食べるのが身体によくないというのは、消化酵素をより多く消費してしまうという意味合いもあるんです。

老化で代謝酵素が不足する

年齢が20歳を越えたころから、体内の酵素の量が減少すると言われています。

よく年齢を重ねると、痩せにくい身体になると言う理由は、こういった酵素の減少が大きな理由なんです。

そのため、身体の外から酵素を摂取する必要が出てくるんです。

スポンサーリンク

酵素水ダイエットとは

bottles-60466_960_720

では、そんな酵素を体外から取る方法について紹介します。

酵素水ダイエットは、水という名前がついていますが、いわゆる酵素ドリンクというものを含めて、酵素水ダイエットと言われます。

酵素水ってどんな飲み物

酵素水は、たんぱく質を水の中に溶かしたものだと考えても大丈夫です。

正確には野菜や果物を発酵させたものから出る、抽出液が入ったものです。

中には発芽玄米を使って作られた「リジュベラック」なんて酵素水も存在します。

リジュベラックの場合は、ビタミン類だけでなく、発酵した酵母菌や乳酸菌が存在しており、便秘解消にもつながるんですよ。

ただし、酵素は熱に弱いという特性があるのため、酵素水を加熱するようなことは避けるほうがおすすめです。

発芽玄米で酵素水を作る

では、例えば発芽玄米を使った酵素水の作り方を紹介しましょう。

発芽玄米といえば、カロリーも少なく、断食からの復職期間や準備期間の食事に利用する人もいる商品です。

選生サプリメントのような口コミで流行ったサプリを試すのも良いですが、発芽玄米を食事だけでなく、酵素水を作るために利用するのもおすすめです。

発芽玄米をスーパーやネットで購入してきたら準備はOKです。

乾燥した発芽玄米を購入したら、20℃から30℃の水に浸してしっかりと発芽させましょう。

しっかりと発芽したら、水を換えて酵素水をつくることになります。

ただし、家庭でのやり方では、雑菌が繁殖しやすいといわれているので、市販されている酵素水を購入してくるほうが安全だといえます。

野菜から酵素ドリンクをつくる

酵素水の仲間である酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵させてつくることができます。

野菜や果物をそれぞれ1キログラム用意します。

大根や人参、りんごやみかんなどで大丈夫です。

3リットルが入るビンを用意して、ビンを熱湯で消毒します。

そして、中の水分がしっかりと乾いてから使用します。

そして、食材もしっかりと乾かして1キログラムの砂糖を用意しましょう。

材料1キロに対して、砂糖は1.1キロぐらい用意するのが良いようです。

スライスした野菜をビンに入れていきます。

人参をスライスしたら砂糖をかけて、そして次の野菜を入れて砂糖をかけるという流れです。

そして、果物は皮を向いたら輪切りにしていれましょう。

最後は残った砂糖で蓋をする感じです。

5時間ほど様子をみて数日寝かす

この状態で蓋をして5時間ほどまっていると、砂糖が全部とけて野菜と果物だけが沈んだ状態になります。

注意したいのは、このビンの中では発酵してガスが発生しているので、ときどき蓋をあけて、ガス抜きをしてあげましょう。

季節や気温にもよりますが、1日から2日ぐらいたつと、ビンの中に液体が発生して液体がにごり、少し泡がでるようになります。

これが発酵が進んだ状態です。

泡がしゅわしゅわした感じになったら完成です。

最後に、水分を濾して液体だけを別の容器に移したら酵素ドリンクの完成なんです。

野菜ベースの植物エキス発酵飲料なので、無農薬野菜を使っているとさらに身体に良いサポートドリンクになっています。

腸内環境を整えるのにもおすすめで、便秘解消や整腸作用、減量したいときにおすすめの、栄養補助食品といえます。

使った果物によって風味や香りが変わるので、いろいろ試行錯誤して作ってみるのがおすすめです。

味としては砂糖と果物が中心になるので、ドロップを溶かしたような味に近いといえます。

スポンサーリンク

酵素ドリンクのダイエットの利用の仕方

teacup-2325722_960_720

では、この酵素ドリンクはどのようなときに飲むのがおすすめなのでしょうか。

酵素水も酵素ドリンクも使用の仕方に大きな違いはありません。

酵素水は寝る前に飲むのがおすすめ

酵素水を取るタイミングとしては、寝る前に摂取するのがおすすめです。

酵素水で酵素を体外から摂取することによって、疲労を寝ている間に改善することが出来るんです。

酵素の仕組みによって、一日の疲労が次の日に持ち越されないのでとてもおすすめですね。

運動後に飲むのもおすすめ

疲労を回復させるという意味では、運動後に利用するのもおすすめです。

添加物もなく、回復期間を早める効果がある準備食ともいえ、運動して代謝酵素が必要になっている中で飲んでおくと代謝の働きを助けてくれます。

代謝アップすることは、基礎代謝量を高めることにもつながり、身体が痩せやすい身体になるといえます。

食事の場合は食前がおすすめ

また、食事の場合に酵素水を利用する場合は食前に飲むのがおすすめです。

酵素の働きによって消化酵素が働きやすくなるからです。

実は、普段から最初に野菜を食べることは酵素をできるだけ早めに取っていることにもつながるんです。

女性の場合は発酵エキスによって美容効果が出来るので、酵素水はしっかりと定期的に摂取するようにしたいですね。

もし、酵素水を用意し忘れても、食事の最初に野菜から食べたり、発酵食品を利用することで、酵素を早めに取り込むことが出来るんです。

芸能人でもたんぽぽの川村エモコと白鳥のうち、たんぽぽ白鳥がこの酵素水や酵素ドリンクを利用してダイエットに挑戦していたんですよ。

このように、酵素ドリンクによる体験レポートはいろいろ存在するので参考にしても良いでしょう。

断食の場合に酵素水を飲もう

最近はプチ断食のようなファスティングというダイエット方法が注目されています。

プチ断食の場合においても、食物の変わりに置き換えダイエットとして、酵素水などを飲むことはおすすめです。

どうしても、摂取カロリーは抑えることが出来ても栄養が不足してしまうからです。

断食期間で体内のエネルギーが不足してしまってはよくないので、酵素ドリンクなどでしっかりとエネルギーを摂取しましょう。

プチ断食で腸内にある老廃物をしっかりと排出して、減量をしっかりと成功させましょう。

様々な栄養に合わせて酵素水をダイエットに利用しましょう

酵素水はダイエットにこのような理由から利用することが方法としておすすめですが、他の食品と同じで即効性があるわけではありません。

サプリメント的感覚で、運動をするのに合わせて利用するのが人気ですね。

また、酵素水は他の発酵食品と同じような効果があるといえるので、必ずしも酵素水ではなくても、発酵食品などで代用することもできます。

とはいえ、ドリンクタイプの栄養補助食品といえるので、ファスティングなどで復食期間として食事制限があるときにおすすめです。

スポンサーリンク

酵素水や酵素ドリンクで置き換えダイエットを行う

teacup-1121646_960_720

酵素水の利用の仕方に、置き換えダイエットというものがあります。

置き換えダイエットと合わせて酵素水のもう一つのダイエットの利用の仕方を消化いします。

置き換えダイエットでカロリーを抑える

酵素水や酵素ドリンクにはしっかりとした酵素が含まれているため、ある程度の他の栄養成分も含めて、置き換えダイエットに利用できます。

置き換えダイエットとは、3食の食事のうちの1食を別の食べ物などに置き換えて、摂取カロリーなどを抑える方法です。

酵素水の場合はどの時間でも良いのですが、寝起きに食事を摂るのが苦手という人に、朝食の置き換えとして酵素水がおすすめです。

注意したいのは、基本的に普段から朝食を摂っていない人の場合は、カロリー的にはあまり変化がないので、体重の変化は起きにくいです。

しかし、酵素を摂取することで、一日の代謝はよくなり、身体の働きはよくなるので、決して無駄にはなりません。

もし、体重を少しでも早く減らしたい場合は、夕食を酵素水や酵素ドリンクに置き換えるのはおすすめですが、かなり物足りない一日の終わりになります。

そのため、夕食のメニューを酵素水とカロリーが少ない豆腐やサラダチキンなどに置き換えるという置き換えダイエットの方法がおすすめです。

初めてのプチ断食におすすめ

先程も少し触れたファスティング。

ファスティングの場合は腸内環境を一度リセットする意味もあり、腸内環境をリセットして老廃物を一度出し切ってしまう役目もあります。

とはいえ、何も摂取せずにいるのは身体への負担が大きいです。

そういった足りない栄養を補うために、半日断食として朝昼を酵素水だけにして夕食を摂るというのもおすすめです。

ファスティングに慣れている人は、一日断食として、丸一日を酵素水や酵素ドリンクだけで過ごすという方法もあります。

ちなみに、断食に関しては、個人でやるなら3日ほどまでは可能と言われていますが、なれていないのにいきなりそのような断食は避けましょう。

スポンサーリンク

酵素水のメリットとデメリット

water-1487304_960_720

改めて酵素水のメリットとデメリットを紹介しましょう。

酵素水はどのようにダイエットに利用すれば良いのでしょう。

酵素水のダイエットのメリット

酵素は酵素水だけでなく、酵素ドリンクやサプリメント系の錠剤から摂取することが出来ます。

運動をする前、寝る前、食事前などに摂取することで、代謝を高めて食事のエネルギーをより効率的に消化して体重を減らす可能性があります。

代謝機能が高まる成分があるので、体調を改善するためにも定期的に摂取して補給しておくことがおすすめです。

ファスティングや短い間断食する場合にも利用している人が多くのサイトの記事でもチェックすることが出来ます。

酵素水のダイエットのデメリット

酵素水でダイエットをするときに注意点がいくつかあります。

一つは体質的に酵素の働きがうまく発揮できるとはかぎりません。

復職期間のリバウンド防止に利用することは出来ますが、自家製の酵素水は菌が繁殖していないとは限らないので気をつけたいポイントです。

酵素水を飲んでいるから減量出来るというよりも、しっかりとバランスのよい栄養成分を取った上で、運動をこなしていると酵素の働きがダイエットをサポートしてくれるといえます。

美肌効果や整腸作用など、酵素が持つ働き自体は凄いですが、それだけで高い効果を発揮出来るとはいえないのを注意しましょう。

市販の酵素水は定期購入がおすすめ

酵素水は普通の水と比べると倍ぐらいの価格の場合があります。

1本で200円ぐらいするものが多いようで、わざわざ何度も買いに行く手間を考えると、定期購入にして、少しでも価格を抑えるもがおすすめです。

カロリーコントロール系の種類のサプリなどの固形物と合わせて、そういったものを購入しておくと良いですね。

ちなみに、酵素水も麹入り沖縄黒糖味や優光泉のサプリなどいろんな方法で、メタボーを解消させることが出来るといえます。

食生活の見直しは大事

酵素水はあくまで酵素の摂取を行って身体の新陳代謝などを救うことが目的です。

基本的な食生活を見直して塩分摂取を控えたり、空腹だからと食べすぎては太る原因になります。

塩分を控え目にしたり、空腹感を抑えやすい食べ物を参考にして食生活を見直すことがおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

drink-1870139_960_720

加齢によって減少する酵素は、体外から摂取する必要があります。

そんな酵素が減少することは太りやすい理由につながります。

減量を考えていて、内蔵脂肪などのお腹のぽっこりを解消したい場合は、酵素を体外から摂取するのは重要です。

酵素水をダイエットに利用したからといって劇的な変化がすぐに表れるわけではないという知識も重要ですね。

他のダイエット方法と一緒に利用する方法が、酵素水の評価を高めるといえます。

ある程度の期間は酵素水を続ける必要があるので、定期購入にして数はしっかりと確保しておきましょう。

自分の加齢で痩せにくくなった人の原因である、酵素の減少は夕食などの前に酵素水を飲むことで解消していきましょう。

酵素水はもちろん、酵素という存在が身体にどのような役割を担っているかを知っておくことが、ダイエット知識としてとても重要ですね!