運動する時間帯でダイエット効果は変わるの?

運動は健康やダイエットに効果があることは、誰でも知っているでしょう。

しかし運動する時間帯によって、効果が違ってくる可能性はあるのです。

運動によるダイエット効果を期待している人は、運動する時間帯にも気を配った方がいいでしす。

ダイエット目的の運動は時間帯に気を配ることもたいせつですが、運動の質にもこだわっていきましょう。

運動の時間帯と質にこだわることによって、脂肪を効率的に落とせる可能性があります。

この記事ではそんな運動に焦点を充てて、紹介していきます。

せっかく運動するのであれば、脂肪燃焼の効果が高くなるようにした方が意義があります。

脂肪燃焼効率が高い運動を継続すれば、効果的なダイエット法になるでしょう。

スポンサーリンク

運動する時間帯と効果

race-2090184_960_720

運動する時間帯によって脂肪燃焼効果が異なってきます。

朝にするのが一番効率的だと言われています。

しかし朝は体がほぐれていない状態なので、運動の前にストレッチで体をほぐしたらいいでしょう。

脂肪には内臓脂肪・中性脂肪・皮下脂肪がありますが、朝に運動することによって脂肪を効率的に燃焼させるのが大切です。

しかし空腹の状態で運動するのはよくありません。

運動する前に朝の食事だけは、しっかり摂りましょう。

朝食をしっかり摂り十分なエネルギーを得てから運動をすれば、運動でバテることはないでしょう。

しかし食後すぐの運動は身体に悪いので、ゆっくり休憩してから運動を始めましょう。

運動中に体温が上がったら、すぐに水分補給をしましょう。

消費カロリーが摂取カロリーを上回れば、体脂肪が溜まることはありません。

朝に運動をすることは慣れないまではつらいかもしれませんが、生活習慣にして継続させましょう。

スポンサーリンク

いろいろな運動の紹介

leg-3229347_1920

運動する時間帯によって、脂肪燃焼効率が異なることは分かりました。

以下の内容では、一人でもできる運動の紹介に進んでいきます。

ほとんど知っている運動でしょう。

しかし適度に強度をかけることにより、良いダイエット方法にすることが大切です。

注意点としては行う前に、しっかりとストレッチを行ってください。

じっくり体をほぐしてからでないと、筋組織を痛める可能性があります。

また運動が終わった後も、しっかりとストレッチをしたらいいでしょう。

終了後のストレッチは使った筋肉を、ほぐしてくれます。

継続的な運動は、基礎代謝力を増すのにも効果的です。

運動によって十分にカロリーを消化させたら、睡眠状態もよくなります。

運動の頻度としては、まずは週に三回程度を目標にしましょう。

ウォーキング

ウォーキングダイエットという言葉あるように、ウォーキングはダイエットをしている人に人気の運動種目です。

ウォーキングの良さは、外の酸素を吸いながら行うことができることです。

ウォーキングをするときは歩数を増やすよりも、少し大きめに足を踏み出すようにしましょう。

足を踏み出すのと連動するように、腕も大きく振るようにしましょう。

歩くときはしっかりと胸を張ることも大切です。

少し強度の高いウォーキングをすることによって、エネルギー代謝はよくなります。

代謝がよくなれば脂肪の燃焼もよくなります。

ウォーキングは老若男女関係なく行える運動ですので、年配の方にもおすすめです。

筋トレ

家にバーベルやダンベルがあれば、それらを利用して筋トレするのもいいでしょう。

筋トレは筋肉のトレーニングですが、行うことによって太りにくい大切になっていきます。

道具を使った筋トレは効率的に筋肉を付けるのには、効果抜群な方法でしょう。

注意点としては反動で行わずに、負荷を意識しながら行うことです。

筋トレに興味がある人は筋トレ関連の本は多いので、参考にしてください。

食事制限と筋トレを併用すれば、ダイエット効率も上がります。

自重筋トレ

自重トレーニングとは道具を使わずに行う筋トレ方法です。

行うときは負荷をかけることを意識しましょう。

自重トレーニングも反動で行っては効果が出ません。

詳しいやり方は動画を参考にしてもらえばいいですが、ネット上にも自重トレーニングの情報はあります。

最初はきつくて実行するのが大変ですが、そのうちにこなせるようになります。

最初は適度な疲労を感じる程度がいいのかもしれません。

ストレッチ

ストレッチは運動の前に行うことが多いですが、ストレッチの内容によってはダイエット効果もあります。

こちらのストレッチは、インナーマッスルを鍛えるのにも効果的みたいです。

ストレッチを行うことで自律神経を整えることは、健康にもダイエットにも大切なことです。

このストレッチを行うポイントは、正しい呼吸を意識しながら、ゆっくりと行うことです。

自律神経は交感神経と副交感神経がバランス良く働くことによって、正常化する仕組みになっています。

ちなみに昼間は交感神経がよく働いて、人を活動しやすい状態にします。

交感神経と副交感神経が働くタイミングは、自然の摂理です。

神経系統を正常化させることは大切なことなので、毎日ストレッチを実行してもいいでしょう。

ジョッギング

ジョッギングはランニングよりも、走る速度が遅いのが特徴です。

ランニングは消費エネルギーが高いので、脂肪燃焼効果は高いでしょう。

ジョッギングは成長ホルモンの分泌を促すので、体を若返らせる効果があります。

ジョッギングを生活の一部にすれば、次第に血液の流れがよくなり血流が活性化してくるでしょう。

ジョッギングは心肺機能の高めるにも、効果があるとされています。

しかし汗をよくかくので、しっかりと水分の補給だけはするようしてください。

水泳

水泳は自宅ではできませんが、昔から体脂肪を減らすのに効果的と言われています。

水泳をしている人は、あまりお腹が出ている人はいませんね。

それだけ水の抵抗の中で泳ぐことは、消費エネルギーが高い証拠なんでしょう。

スポーツクラブの中にはプールを設置しているケースがありますが、スポーツクラブの会費は安いとはいえません。

他の運動もするのであれば会費を払う価値がありますが、そうでない人は公営のプールを利用して泳げばいいでしょう。

日によっては混雑していることがありますが、平日であれば比較的空いています。

スポンサーリンク

ダイエットのためには食事制限も大切

healthy-food-2811274_1920

今まではダイエットに効果的な運動を紹介してきましたが、リバウンドさせない体を作るには食事の内容にも気を配ることが大切です。

ダイエットをするのは健康にもつながりますが、糖質の制限や血糖値を抑えることは、食物を無視しては実現しません。

人の体はエネルギー源がなくてはいけませんが、できれば体によい食物を摂るようにしましょう。

以下の内容ではダイエットや、健康に効果的な食物を紹介します。

納豆

納豆にはセロトニンを増やす、効果があると言われています。

セロトニンは神経伝達物質ですが、不足すると脳や代謝に悪影響を与えるとのことです。

いつまで経っても活動モードにならないのは、セロトニンの不足が関係しているのかもしれません。

セロトニンが不足して代謝が悪くなれば、ダイエット活動にも影響してくる可能性があります。

ハチミツ

ハチミツは便秘の解消や美肌に効果的なのは有名ですが、口腔ケアにも効果があると言われるようになってきました。

口の中が病気になれば食物を、しっかりと噛むことができなくなります。

そうなれば運動どころではなくなります。

ハチミツはそのままでも食べることができますが、パンに付けても美味しいでしょう。

他の食物にハチミツを付ける蜂蜜漬けという言葉もありますが、工夫次第ではハチミツを使っていろいろな料理を作ることができそうです。

果物と野菜

肉を過剰に摂取するとガンのリスクが高まると言われています。

ガンは恐ろしい病気ですが、生活習慣病ではないかと言われています。

食生活の変化によりガン患者が増えてきたのは確かなので、ガンが生活習慣病であるとの説は信憑性があります。

がん治療には多額の治療費が必要になってきます。

自分一人では負担できない治療費かもしれません。

そんなガンを予防するには、果物や野菜を多めに摂るようにしましょう。

昔から果物や野菜は健康に良いとされてきましたが、果物や野菜に含まれる成分には健康に影響を与えるものが多いです。

健康に良い成分があれば、体に良いのは自明です。

逆にいつも酒気を帯びた状態であれば、命を縮めることになります。

肉食を急に止めることは難しいですが、なるべく野菜や果物を多めに摂るようにしたらいいでしょう。

玄米

玄米も昔から健康に良いとされてきました。

玄米にはビタミンB1が豊富に含まれていますが、疲労回復に効果があるとされています。

疲労回復に効果があれば、ダイエットのための運動も継続しやすくなるでしょう。

しっかりと食べてエネルギーを補給しなければ、運動どころではありません。

玄米には抗酸化作用がある成分も多く含まれていて、生活習慣病にも効果があるとの報告があります。

それから血管を広げて、血液の流れをよくする作用もあります。

玄米にはコレステロールを抑える働きもあるとされています。

いきなり白米から玄米に変更する必要はありませんが、徐々に糖質の多い白米から玄米に切り替えるのも健康のことを考えたら、意義のあることでしょう。

医食同源といいますが、食べ物は体を作っていきます。

いくら美味しくても体に悪い食べ物を多く摂れば、体に悪影響を与えるのは自明です。

スポンサーリンク

まとめ

salami-2645403_1920

医学は発達してきたのに、未だに治せない病気はあります。

昔はほとんど発生しなかった病気も、増えてきています。

これは食生活の乱れが、一番の原因ではないかと推測されます。

食生活を改善することが喫緊の課題ですが、運動による健康へのアプローチも忘れてはいけないでしょう。

健康保険料が高くなる傾向ですが、これからは自分の体は自分で守っていく、時代になっていくのではないでしょうか?

病気になれば医者にかかればいいというのは、短絡的な考えと言えます。

病気になる根本的な原因である食生活と運動不足を改めなければ、何度も医者に行かなくてはいけないようになってしまいます。

そうなれば支出が増えて、生活費に困る可能性も出てきます。

正しい食生活と適度な運動は、誰にでも実行できることです。

今日からでも遅くはありません。

できるだけ健康を維持して、人生を楽しみましょう。