まぶたの脂肪を落とす方法は?瞼の脂肪を除去して若々しい印象に!

「鏡をじっくり眺めると、目が脂肪で重たい」

「目の周りの脂肪を落として、若返りたい」

目が与える印象はとても重要です。

大きな目や整ったまつ毛はいい印象を、目のくまや充血は良くない印象を与えます。

また、目元の印象によって若々しいイメージになります。

今回は、そんな目の中で『まぶた』に注目して、記事にしています。

まぶたのはれぼったい状態を取り除くことができれば、若返ったような印象になりますよ。

スポンサーリンク

まぶたがはれぼったい原因は!?

%e7%9b%ae%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%af

まぶたがはれぼったくなる原因は、実はまぶたの皮膚の薄さにあります。

ちょっとした体の成分の滞りで、まぶたは影響を受けてしまいます。

このまぶたの変化が目元の印象を一気に変えてしまいます。

年齢を重ねて、まぶたがやぼったい感じになると、とても老けた印象になりますよね。

このようなまぶたの状態でも、しっかりとした方法で改善に取り組めば、若々しくなった印象を与えることができますよ。

泣いたらなぜ、まぶたがはれぼったくなるのか

つらいことや、悲しいことがあって夜通し泣いてしまった。

そんなことがあって、朝起きると、「目がすごいことに!」なんて経験はありますよね。

これは、泣いたことによる涙の影響によって、目がむくんでしまっているのです。

むくむ原因は、水分にあり、水分が多すぎても不足していてもむくみの原因になります。

水分に影響があるのは、目元の血液とリンパの流れが悪くなることが挙げられます。

逆に言えば、リンパや血液がスムーズに流れていれば、水分が滞ったりすることなく、目元にむくみが起きにくいというわけです。

まぶたに水分がたまる理由は

なぜ、まぶたに水分がたまってしまうのでしょうか?

じつは、塩分が関係しています。

塩分には、体内の水分を管理する働きがあります。

塩分を摂りすぎると、体は体内の塩分濃度を薄めてしまいます。

そのときに、体に水分をため込んでしまうわけです。

このことで、体内の水分が排出されなくなり、これがむくみの原因になっているわけです。

そして、これが皮膚の薄いまぶたで、顕著に変化が起きるというわけです。

まぶたがはれぼったくなることが気になる場合、塩分に気を付けるほうがよいでしょう。

まぶたには筋肉がある

うすく見えるこのまぶたにも筋肉がしっかりとあります。

お腹の筋肉が減少すると、お腹がたるんでしまうように、まぶたの筋肉が減少すると、まぶたもたるんでしまいます。

つまり、まぶたがどよんっとはれぼったくなるのには、まぶたの筋肉が減少している可能性があるのです。

またこの筋肉が減っていることで、目の周りの血流が悪くなり、目元のシワにも繋がります。

血流が悪くなったことで、皮膚が老化しやすくなり、一気に老けた印象になってしまいます。

目元を若い印象にするためには、筋肉をつけて、ハリのあるシワのない目元にする必要があるわけです。

まぶたに筋肉を付けるトレーニングやエクササイズは、おでこまわりの血流もよくさせて、おでこのシワと取る効果もありますよ。

まぶたにも脂肪がある

脂肪と聞くと、お腹まわりを一番に浮かべると思います。

しかし、薄く見えるまぶたにも、脂肪はちゃんと存在します。

太っていると、まぶたにも脂肪がついて、とてもやぼったい印象になります。

それに、決して痩せていてもまぶたに脂肪がつかないわけではありません。お腹回りが痩せていても、まぶたに脂肪がついている場合があるんです。

まぶたの脂肪を取るのに、一番の方法はダイエットを行い、体重を減らすことです。

ダイエットを行うと、体全体の脂肪が落ちるので、顔がすっきりした印象を受けます。

これは、ダイエットの効果で、まぶたの脂肪も落ちたおかげで、すっきりとした顔になっている可能性があるわけです。

ダイエットを行うと、肝臓から遠い部分が痩せていくと言われています。

そのため、手や足方面から痩せていき、顔周辺が痩せるのは後半になります。一番遅いのはお腹やお尻だと言われているのも覚えておきましょう。

つまり、ダイエットを始めて、顔やまぶたに変化が出るのは、終盤になってしまいます。

根気よくダイエットをすることでまぶたの脂肪が落ちるわけですね。

不規則な生活習慣を送っていませんか

ダイエットをする際にも、生活習慣というのは大事なポイントですが、目元やまぶたのはれぼったさも生活習慣が深く関わっています。

まぶたに、なぜ生活習慣が関係あるのでしょうか?

これは、不規則な生活習慣を送ることによって、まぶたに老廃物がたまっているせいです。

老廃物は不規則な生活以外にも、運動不足なども深く関わってきます。

しっかりと睡眠をとっていないと、体のホルモンバランスは崩れてしまい、まぶたの脂肪に繋がってしまいます。

体重を落とすダイエット同様、生活習慣や食生活もきちんと気を付けましょうね。

スポンサーリンク

まぶたの脂肪を落とす方法

%e3%82%b7%e3%83%af

まぶたについた脂肪や水分が、自然に落ちるの待つのは少し不安ですよね。

ここでは、まぶたについた脂肪を落とす方法を何点か紹介します。

まぶたの脂肪を落とし、水分を排出して、まぶたに筋肉を付けることができるようにしたいですよね。

そのための、まぶたのダイエット方法やマッサージ方法、そしてエクササイズや美容整形についてお話しします。

いまからすぐにでも、実践できる方法ばかりですよ。

ダイエットはまぶたにも効果がある

こんな薄いまぶたにダイエット方法があるの!?と驚いた方も多いと思います。

薄いまぶただからこそ、ダイエットの効果も顕著に与えれるわけです。

まぶたのダイエットには、有酸素運動系のダイエットがおすすめです。

まぶたに脂肪がつく理由は先ほども説明したとおり、水分や老廃物が大きな原因です。

体を動かして、汗をかいたり、新陳代謝を高めることで、体内の成分が循環して、不要なものが排出されます。

どんどん、不要なものが排出されれば、自然とまぶたの脂肪も取れて、顔がすっきりとした印象になりますよ。

体の代謝を高めて、老廃物をしっかりと排出しましょう!

まぶたのエクササイズを行いましょう

体の脂肪をとるには、マッサージを行うのがおすすめです。

特に顔まわりへのマッサージは効果が出やすいので、まぶたの脂肪を取る場合もマッサージをしっかり行いましょう。

まぶたのマッサージはちょっとしたコツが必要です。

それは眉毛を動かさないようにすることです。

なかなか、分かりにくいと思うので、鏡で顔を見ながらやるのが大事です。

眉毛を動かさないようにするには、手の指で押さえてあげるのがいいですね。

①指で押さえてあげたら、5秒ぐらいかけてゆっくり目を大きく開きましょう。

②そこから、またゆっくりと5秒ぐらいかけて目を閉じる。

③そして、そこから、ぎゅっと目をきつく5秒ほど閉じましょう。

このトレーニングを繰り返してあげることで、まぶたの脂肪を刺激することができます。

タオルを使った、温冷交代タオル法

温冷交代タオル法という方法を聞いたことはありますか?

これはその名のとおり、温かいタオルと冷たいタオルを交互にまぶたにあてる方法です。

①タオルの温度は40度ぐらいのお湯につけてあげるのがおすすめです。

②そのタオルを5分ほどまぶたに当ててあげましょう。

③次に、タオルを水でつけて、冷やしたタオルを用意します。

④そして、そのタオルを1分ほど目にあててあげましょう。

この流れを3回ほど繰り返すのがポイントです。

これは目の疲れにも効果的ですし、温かいのと冷たいのとを交互に繰り返すことで、目の神経が活性化する働きがあります。

この活性化によって、まぶたの脂肪が燃焼しやすくなり、まぶたの脂肪が取れるというわけです。

いわゆる目の疲れにも効果があるので、目が疲れている人もこの方法を取り入れるのがいいと思いますよ。

目の周囲にマッサージをしてほぐしてあげましょう

目の周囲にマッサージをしてあげることも大事です。このマッサージ方法を紹介します。

目のまわりにはリンパというものが流れています。

目のまわりのリンパの流れが悪くなると、老廃物が溜まってしまいます。この老廃物がむくみや脂肪をためる原因になります。

このため、目の周りにリンパマッサージを施してあげることで、リンパの流れを促進してあげるのが大事です。

①まずは目を軽く閉じて、目頭から目じりの方に向かって、中指でくぼみを押し流します。

②今度は同じように、反時計回りで押し流します。こめかみから下に押し流すような雰囲気で  す。

③目からこめかみあたりを下に押して、目の中の成分を押し流してあげる感じですね。

④目の下から、耳のほうへ、そして、鎖骨のほうへ、どんどん下に押し流していきましょう。

こうすることで、顔全体にたまっているリンパが流れていくわけです。

注意するポイントは、目の周りは皮膚が薄くデリケートな部分になりますので、押し流すといっても力を入れすぎないようにしましょう。

さきほど紹介したエクササイズと併用するのがいいですね。

まぶたに美容整形を行う

マッサージをしても、ダイエットをしても、まぶたの脂肪が取れない。

そういった場合は、整形による手術で改善する方法もあります。

美容整形と聞くと大がかりな印象を受けますが、まぶたの整形はその効果を高く、比較的安価に行える場合があります。

まぶたの厚みとりが行える美容整形はひとつの選択肢といえるでしょう。

まぶたに毎日、アイプチでクセ付けをするのが手間でやめたいという人も考えてみてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

目元の整形に、どんな方法があるのか?

まぶたへの美容整形についてもう少し細かく解説しましょう。

どうしても体にメスを入れたり、注射を刺したりと聞くと、不安になる方も多いと思います。

それに、目元やまぶたの整形となると、なかなか隠すのが大変という印象があるかもしれません。

また、まぶたに手術をして、どれぐらいの期間で解放されるのか?というのも気になる点ですよね。

実は、美容整形の技術も日々進歩しており、まぶたの整形を行っても、そのことにほとんど気づかれることがない時代になっています。

単純に、まぶたに針のような小さい穴が空くとイメージしてみましょう。

この穴に気付くほど、人の顔をじっくり見れる機会がどれほどあるでしょうか?

よっぽど親しい間柄か、拡大されるような写真を撮られる機会がなければ、さらにその機会が減ります。

そのような最先端の美容整形の方法について2つ紹介しましょう。

マイクロリポサクション法

マイクロリポサクション法とは、まぶたを数ミリの切開して、まぶたの脂肪を除去する方法です。

こちらは、全切開法という手法とは違うので、手術の前後の期間を比較的短く終わらせることができます。

まぶたの脂肪がとれて、すっきりした印象になりますし、同時に二重にすることもできるようです。

期間的に1週間ほどで、術後の経過なども完全に終わるようです。

まぶたに小さな穴をあけて吸引するだけなので、傷跡も小さく、ほとんど残らないそうです。

この方法で、小さい目という印象からも解放されるので、かなり効果的な手法ではあるといえます。

このマイクロリポサクション法は、アイプチなどで二重瞼のクセをつけにくい方にお勧めする方法です。

マイクロリポサクション法は半永久的に効果を期待できる方法ですし、術後の日常生活に戻る期間も早いのでおすすめできますね。

まぶたの脂肪を根本から取り除きたいと深刻に悩んでいる方は、美容外科などで、一度カウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

カウンセリングだけなら無料で行ってくれる場合もあるようです。

埋没法

マイクロリポサクション法以外にも埋没法という施術方法もあります。

まぶたの裏から結び目を作って、二重瞼を固定する方法です。

こちらのほうが傷跡が残りにくいという意見もあるようです。

それに、手術から1週間もかからないうちに日常生活に戻れる点も注目です。

体質にもよりますが、早い人は4日から5日ほどで眼鏡などで誤魔化せるようにもなります。

埋没法は、持続期間がある方法のため、数年期間が経つと元に戻る点も覚えておきましょう。

アイプチのように毎日行うことから、数年間解放されるというだけでも注目できますよね。

マイクロリポサクション法と、埋没法を併用する場合も

場合によってマイクロリポサクション法と、埋没法を併用する場合もあるようです。

まぶたの状況によってマイクロリポサクション法と埋没法のどちらを利用するほうがいいか。

また、併用をするべきなのかが変わってくるので、しっかりと相談してみましょう。

マイクロリポサクション法も埋没法も手術の時間が短いのがポイントです。

美容整形を相談できるサイトは多く存在する

現在、ネットでは美容整形について相談することができるサイトがたくさんあります。

自分でサイトで、マッサージやトレーニングを調べるのと同じで、美容整形についても調べることができます。

このように、美容整形の手術について出てきたサイトで相談してみることが第一歩です。

美容整形を行っている先生が、直接相談に乗ってくれるサイトもたくさんありますよ。

大事なポイントは眼輪筋と眼瞼挙筋

%e7%9b%ae

まぶたの脂肪を取るマッサージについて、もう少し深く解説したいと思います。

そのためには、眼輪筋と眼瞼挙筋というものについて学ぶ必要があります。

顔の目の周りには眼輪筋という筋肉があります。

この眼輪筋はまぶたが閉じるときに働く筋肉です。

そして、もう一つ眼瞼挙筋という筋肉もあります。

この眼瞼挙筋は、まぶたを開くときに働く筋肉です。

この二つの筋肉を動かすのが、まぶたの脂肪を燃焼させることに繋がるのです。

この二つの筋肉を動かすには、さきほど説明したように眉毛、いわゆる前頭筋を動かさないようにして、眼輪筋と眼瞼挙筋を動かすわけです。

指で押さえる以外に、手のひらで、おでこと眉毛をしっかりと押さえて行うやり方でもいいでしょう。

このトレーニング法で、まぶたのむくみや、まぶたについた脂肪を燃焼させることができます。

まぶたに筋肉をつけてあげましょう

まぶたはこのように目の周りの循環をよくさせてあげることと、筋肉を付けてあげることが大事です。

年齢を重ねても、改めてまぶたに筋肉がつけば、目元がぱっちりとした印象になり、若返ったイメージを与えることができます。

ダイエットと同じで、まぶたに筋肉をつける筋トレは、日々持続して行う必要があります。

生活習慣などを改善することや、睡眠をしっかりとることと並行して行うことがポイントです。

眼輪筋と眼瞼挙筋のことを意識したトレーニング法で、まぶたに筋肉をつけてあげましょう。

まとめ

sunrise-1642695_960_720

まぶたの脂肪を取ることによって、顔の印象はかなり変わります。

ぱっちりとした目元は、目元のたるみが取れて若返った印象を与えますよね。

まぶたの脂肪を取る方法は、マッサージやエクササイズ、場合にっては美容整形によって改善することができます。

なにより、まぶたは日々の生活習慣の影響を受けやすい部分なので、ダイエットや筋トレ同様、毎日不規則な生活を送っていてはいけません。

まぶたの脂肪を取るために、これらのマッサージやエクササイズを行っていると、肌の状態やシワの解消、ダイエットにもつながるので、おすすめです。

まぶたの脂肪を解消して若返りましょう。