ファスティングダイエットの効果や方法とは

ファスティングという言葉、みなさんも聞いたことがあるでしょう。

ファスティングとは断食や絶食する方法であるのですが、ダイエット効果はもちろんの事、健康や美容にも効果が期待でき、口コミでも話題になっています。

しかしながらファスティングをするには「復食」に気をつけたり、頭痛が起こったりという支障が起きる人もいますのでしっかりとしたやり方を知って実践する必要があるのです。

ダイエットや健康にも内臓を休めるという事は良いとされている為、酵素ドリンクなども使用しファスティングを試してみてはいかがでしょうか。

今回はそんなファスティングダイエットの効果や方法などについて、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ファスティングとは

water-2986837__340

ファスティングとは、3日間ほど食事(固形物)を摂取せずに水や酵素ドリンクのみを口にするダイエット方法の事です。

プチ断食とも呼ばれており、一流アスリートやモデルや芸能人などに人気で実践者が多いことでも知られています。

ファスティングを実践することで毎日活動してくれている内臓を休ませることができ、デトックス効果の期待ができます。

また体重を減量できる事はもちろんのこと、脂肪燃焼・腸内環境の改善・肝機能の改善・免疫力向上・五感が研ぎ澄まされる効果などもあるのです。

スポンサーリンク

ファスティングの方法とは

beverages-2914497__340

それではファスティング方法をご紹介します。

ファスティングダイエットの中でも、近年今一番有効だとされているのが酵素を使用したファスティングダイエット。

今回はそんな酵素断食ダイエット法についてご紹介します。

このダイエット方法は、大きく3つの期間に分けられます。

準備期間(3日~1週間程度)

ファスティングを始める前の1週間、少なくとも3日間は準備期間とし、なるべく低カロリーな食事を心がけるようにしてください。

ファーストフード・ジャンクフード・高カロリーである洋食は食べずに、準備食は野菜・海藻類・大豆製品などを中心とした和食を食べる事をおすすめします。

特に大切なのはファスティング前日の夕食は、なるべく早めの時間帯に軽めの食事をするようにしてください。

明日からファスティングを始めるからといって高カロリーな食事を食べ、 お酒を飲んでしまう人もいるようですがそれはNGです。

ファスティング効果を十分に得られなくなる可能性もあるので、気をつけてくださいね。

準備の期間を正しく過ごして、きれいにファスティング期間に入れるようにしましょう。

ファスティング期間(3日間)

基本的に自分で実践する場合は3日間で行いましょう。

1日目

1日目から酵素ドリンクと水のみを口にするようにします。

約3時間おきに酵素ドリンクは飲んでOKで、水はなるべくこまめにしっかりと飲むようにしてください。

その他普段通りの生活を送って大丈夫ですが、長時間お風呂に入るなど無理をするのは避けるようにしましょう。

2日目

もちろんそれぞれ個人差はあるのですが、ファスティング2日目ぐらいから好転反応というものを感じることがあります。

  • 体がだるい
  • 眠気を感じる
  • 吐き気・発熱・下痢
  • 吹き出物や湿疹など肌症状の変化

これらの症状は悪い事が起きているのではないかと思う人もいますが、好転反応という名の通り良い症状です。

体内から毒素が出ている証拠とも言えるのです。

ですので症状が軽ければ休息をとる等ゆっくり生活をしながら、そのまま酵素ドリンクと水のみでファスティングを続けていきましょう。

休息がとれない場合はおかゆ等消化がいい物を食べ、無理をせずファスティングを中断する選択肢もあります。

自分の体の状態と相談し、続けるか中断するか決めましょう。

人それぞれですが、2日目は1日目より空腹感の辛さを感じない人もいるようです。

3日目

3日目においても好転反応が続いている事がありますが、体内から老廃物がなくなっていっているので、気持ちよく感じる人もいます。

デトックスが促進されることにより心身ともに軽くなり、空腹感を楽しめる感覚になっていく事も。

自分の体調をしっかりと見つめながら、安全に行っていきましょう。

復食期間

ファスティング期を経て腸内環境はリセットされている状態です。

1食目は「おかゆ」から口にして、2食目はみそ汁・野菜・海藻類・大豆製品・キノコ類など取り入れて、ゆっくりと元の食事に戻していくようにしましょう。

急にカロリーが高い食事を食べるのは、内臓に負担がかかってしまうので厳禁です。

この復食期間での食事が、ファスティング成功のポイントと言ってもいいでしょう。

ここで食べ過ぎてしまうのはせっかくの努力を台無しになってしまうので、注意してください。

ファスティングダイエットの断食期間は基本が3日間で、それ以上長いファスティングダイエットをする場合は専門の先生のもと行ったほうがよいでしょう。

逆にファスティング初心者で不安な人は、まずは半日、1日、というように段々と期間を長くし様子を見ながら慣れていくのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

酵素がファスティングダイエットに必要な理由とは

girl-3042495__340

断食ダイエットする上で、酵素ドリンク?水だけでいいのではないの?と思った人も少なくないのではないでしょうか。

確かに原料にこだわっている酵素がたくさん入ったドリンクは、普通の飲み物より値段は高めですので水だけでファスティングできれば、という人も多いでしょう。

そもそも私たち人間の体内にある酵素は、代謝酵素と消化酵素の2種類として使われています。

代謝酵素は新陳代謝・細胞修復・免疫力向上・自然治癒・有害物質除去の働きがあり、 消化酵素は消化や吸収の働きがあります。

消化と吸収の為に消化酵素を使用し続ける事は代謝酵素の力不足につながり、 新陳代謝・細胞のリセットがうまく進まず、体調不良や肥満などを引き起こしてしまいます。

毎日疲れてしまっている内臓をファスティングで休ませてあげる事ができれば、代謝酵素がうまく働くようになり様々な良い効果が期待できるという訳です。

断食期間中は脱水症状にならないよう水分はできる限りまめに摂取し、最低1日2ℓ以上飲むようにしましょう。

水分は冷たいものより常温のものが胃には優しく、ミネラルウォーターや砂糖が入っていない炭酸水もオススメ。

しかしながら水だけのファスティングの場合には、酵素を作るのに十分な栄養が不足してしまうのです。

酵素を摂取しながらの酵素ファスティングであれば、必要となる栄養素を摂取しつつ日々消化を頑張ってくれている内臓を休憩させることができます。

植物の発酵エキスが豊富であり、栄養価が高くて満足感を得られることができます。

人気の酵素ドリンク

今様々な会社から酵素ドリンクの商品が発売されていますが、人気とされている酵素ドリンクをご紹介します。

ベルタ酵素

業界最大の酵素数165種類、サプリ面との酵素数はなんと620種類もあり、本気で痩せたいならベルタ酵素ドリンクとも言われています。

水に浸して飲むだけでオメガ3やミネラルを摂取することができるのも魅力的。

通常ダイエットパックと即ダイエットパックがありますので、どちらかを選択し早速はじめてみてはいかがでしょうか。

優光泉

酵素ドリンクの中で一番知名度を誇っているのが優光泉。

優光泉の酵素ドリンクは完全無添加で、昭和63年創業の信頼と実績があります。

ファスティングダイエットに関する知識が全く無く、酵素ドリンク選びに迷われていれば安定の優光泉がおすすめです。

どの酵素ドリンクにすればいいか悩む人も多いでしょう。

ネットで調べてみると酵素ドリンクランキングなどのサイトもありますので、それらを参考にしても良いと思います。

体内にいれるものになりますので、しっかりと自分の目で調べてどのドリンクにするか選びましょう。

スポンサーリンク

ファスティングの効果とは

ballerina-3055155__340

ダイエットしたい人はもちろんの事、食生活が乱れている人やストレスを溜まっている人こそファスティングはオススメできます。

ファスティングの効果をご紹介します。

ダイエット効果

ファスティングで体内に食べ物が入ってこなければ脂肪燃焼されることになり、体重は減少します。

ファスティングに期待する効果はそれぞれあると思いますが、やはり一番の目的は痩せたいという人が多いでしょう。

また断食中には食事からのエネルギーがないかわりに、余分なコレステロールが消費排出されることになります。

よってファスティングは、綺麗に痩せたいという女性だけではなく、メタボリックシンドローム対策をしたい男性にもおすすめです。

内臓が元気になる

日々の食事から栄養の消化吸収のために、私たちの内臓は休むことなく働いてくれています。

いつも食べすぎがちで欧米型の食事が中心という人、お酒をよく飲む人、タバコを吸う人、などは自覚症状なくとも特に内臓に大きな負荷をかけています。

ファスティングを行えば内臓に休息を与えることができ、もともと内臓が持っている力を取り戻し栄養をよりよく吸収できるようになれます。

腸や肌が綺麗になる

添加物摂取しすぎ・慢性的な食べ過ぎ・よく咀嚼していない等により消化不十分になると、腸に負荷がかかり上手に働かず、処理できない食べ物のカスが排泄されず溜まります。

これが便秘や宿便の蓄積につながっていきます。

ファスティングを実践すれば大腸に溜まる老廃物が少なくなる為、大腸がキレイになり悪玉菌が増えることもないので腸内環境も良くなります。

ファスティングをして腸が休まれば腸が収縮する蠕動運動も促がされ、蓄積していた便の排出につながってくれ便秘改善に。

またもう一つの腸の大切な役割が栄養の吸収。

腸がちゃんと機能してくれないと、体に必要不可欠な栄養素の吸収ができなくなってしまいます。

断食にはこの吸収力をアップしてくれる効果もあります。

腸の吸収・排泄のサイクルが上手くいくようになれば、血液の質も良くなるので肌がキレイになる嬉しい効果も。

肝機能改善

肝臓の役割というとアルコール分解のイメージが強いですが、その他にも食品添加物・重金属などを解毒するという役割も果たしています。

現代人の食生活では特に肝臓は活動しっぱなしですが、ファスティング中は新しく解毒の必要な物質が入ってこなくなる為、蓄積分の解毒のみしていればよいことになります。

ファスティングが終了すれば、今までよりも解毒や排泄がスムーズにいくようになるようです。

免疫力アップ

ファスティングで内臓を休めて、消化に使用されていた酵素を代謝酵素に使用できるようになることは、免疫力向上につながります。

アレルギー抑制や病気の治るスピードを速くするなどの効果が得られる可能性もあります。

内臓が休憩できれば血液中の白血球の活性化にもつながるので、ウイルス・細菌の感染を抑えてくる効果も。

腸内環境が良くなることにより免疫に関わるT細胞が正常に働き、花粉症の症状が改善したという人も多くいるようです。

デトックス効果

人間の体には有害物質を毒の無いものにし体の外へ排出する解毒の仕組みが元々ありますが、現代の食生活では食品添加物などの有害物質が蓄積されてしまっているのが現状です。

インスタント食品やファーストフードなどだけではなく、多くの加工食品にも殺菌剤・防腐剤が含まれています。

これらの食品添加物が体内に蓄積してしまうと、腸の中の善玉菌・悪玉菌などの腸内細菌を死滅させ腸内環境悪化の原因になります。

有害物質をなるべく体内に入れないように気をつけるのはもちろん大切ですが、蓄積してしまわないようにすみやかに排出する事も重要です。

ファスティングを実践する事により腸の排泄力が高まり、蓄積していた有害物質の排出に役立ちます。

また有害物質は脂肪に溜まることが多いのですが、ファスティングで脂肪燃焼を促進させてあげることもできる為デトックス効果の期待も。

五感が鋭くなる

ファスティングを実践した後、すぐに効果として感じる事が多いのが味覚の変化だと言います。

味覚を脳へ届ける神経の伝達がスムーズになったり、味覚を感じる部分の細胞が修復されたことが理由と考えられます。

ファスティングした事により素材本来の味を感じられるようになり、食の趣向が変わり日々の食生活を今までよりヘルシーに変更できているという人も多いのです。

ファスティングをきっかけにお酒が好きな人でも、断食ダイエット期間を経てお酒を飲んでも美味しく感じなくなったりする事も。

味覚のほかにも、嗅覚・聴覚・視覚など五感が鋭くなったように感じる人も多いようです。

精神の安定

様々なダイエット法がある中で、ファスティングはとにかく食事を我慢することが必要だからストレスが溜まりそうと思っている人も多いでしょう。

しかしながらランナーズハイと一緒で、実践している最中には脳内麻薬とも呼ばれる神経伝達物質βエンドルフィンが分泌されています。

断食中であってもβエンドルフィンがいつもより多く分泌されるので、幸せな気持ちを感じられ自然治癒力をアップしてくれることもあります。

またβエンドルフィンが出ると、脳波がα波になる為リラックス効果も。

スポンサーリンク

まとめ

ファスティングダイエットはいかがでしたでしょうか。

内臓器官を休める為には、長期間のファスティングの方がより効果的という意見もありますが自分流で実践してしまうと危険な場合もあり、正しい知識が必要です。

その為自分で行う時は基本3日間のファスティングダイエットで、後は断食前の準備期間と断食後の回復食期間における注意点を守るようにしてください。

準備期間は徐々に食事を減らしていき体を慣れさせていく期間。

復食期間は徐々にゆっくりと食事を増やしていく期間。

自分だけで実践する場合には断食期間は最長3日を守り、準備期と復食期は消化のいい食べ物を摂取し断食がスムーズに行われるようにし、 断食効果を保つため必ず復食期間の回復期を設ける事を徹底しましょう。

もちろん体内のリセットに非常に効果的ですが、何かとストレスを溜めてしまいがちな人の精神的な事のリセットにもファスティングはオススメです。

心身ともにリセットを目指し、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加