脂肪燃焼サプリのダイエット効果とは!市販でおすすめのサプリを紹介!

ダイエットをはじめるきっかけとして一番多いのが「今までの服が着られなくなったから」という理由だそうです。

ちょっと前までは体脂肪率が低い引き締まった体だったのに、いつの間にか体の色々な場所に脂肪がどんどん蓄積していくというのはよくある話です。

しかも、年を重ねるにつれて基礎代謝は減少していくので、脂肪はつきやすく、落としにくくなります。

しかし、余分な脂肪は落としていきたいですよね。

今回は、脂肪を燃焼させる方法と、脂肪燃焼を助けてくれるサプリをご紹介いたします。

スポンサーリンク

体脂肪が増える原因

oniku
油ものを多く食べ続けて太ってしまったのであれば、脂質の摂りすぎだと考えられますが、ふつうの食事を続けているだけなのに少しずつ体重が増えてしまった…という方も多いと思います。

脂肪が増える原因は、脂質だけではありません。

基礎代謝や運動などによって消費されるカロリーよりも、食事で摂取するカロリーが多くなると、消費されずに余ったカロリーが脂肪となって蓄積されてしまいます。

増える体脂肪の原因は「摂取カロリー>消費カロリー」なのです。 生きていくために必要なエネルギー、いわゆる基礎代謝量は、人によって違いますが、筋肉量や体温などの要因でも変化します。

筋肉量は多い方が、体温は高い方が基礎代謝量は上がります。

しかし、人間の体は、必要以上にカロリーを抑えた食事制限をしてしまうと、少ない摂取カロリーでもきちんと肉体を動かそうとするため、消費するカロリーを抑えようとしてしまいます。

筋肉量が落ち、代謝量が減っていきます。

体脂肪が増えやすい身体、つまり痩せにくく太りやすい身体へと変化してしまうのです。

体脂肪を減らすには「摂取カロリー<消費カロリー」とすることも大事ですが、消費カロリーである基礎代謝を上げるために、筋肉量をつけることもとても重要になってきます。

スポンサーリンク

脂肪の種類を見極めよう

naizou
まず、人の体脂肪は2種類に大別されます。

体の表面(皮膚)に近いところについている「皮下脂肪」と、内臓の周辺など体の深いところにつく「内臓脂肪」です。 「内臓脂肪」は、内臓の位置を正常な位置に保ったり、内臓を衝撃から守ったりする働きをします。

増えすぎると生活習慣病の危険性が高まります。

しかし、必要以上についてしまっても比較的落ちやすいのが特徴です。

有酸素運動や炭水化物ダイエットなどをすると、身体は蓄積された内臓脂肪をエネルギー源として使う(=脂肪燃焼)ため、すぐに減らすことができます。

それに対して「皮下脂肪」は、体に必要なエネルギーを貯める役割があります。

内臓脂肪よりも時間をかけてついて行き、落としづらい点が特徴です。

女性につきやすい脂肪でもあります。

お腹や二の腕をさわって掴むことのできるお肉が「皮下脂肪」です。

炭水化物ダイエットをしてもあまり体重や見た目に変化が感じられない場合、その脂肪は「皮下脂肪」の可能性が高いです。

スポンサーリンク

脂肪が燃焼するときの身体の仕組み

hi

体脂肪は、そのままの形ではエネルギーとして利用できません。

運動や空腹によりエネルギーが足りなくなると、アドレナリンが放出され、脂肪を分解する酵素であるリパーゼが活性化されます。

リパーゼの消化作用を受けた中性脂肪は、遊離脂肪酸やグリセロールとなって血液のなかに放出され、体の臓器や筋肉の活動を支える貴重なエネルギー源となります。

( このとき、まず使われるのは内臓脂肪です。)

ただし、生産されたエネルギーが余った場合は、肝臓の細胞に取り込まれて再び中性脂肪となってしまいます。

つまり、運動をして脂肪を燃焼させても、エネルギーとして使わなかった分は再び脂肪になってしまうのです。

ここまでの内容をまとめてみましょう。

・脂肪はそのままではエネルギー源にはならない
・エネルギーが足りなくなると、身体は脂肪を分解してエネルギー源とする(=脂肪燃焼)
・その際、皮下脂肪より内臓脂肪が優先される
・せっかく分解しても、余ったエネルギー源は再び脂肪となる

スポンサーリンク

脂肪を燃焼させるためのポイント

kaidan
ある程度の運動により、十分なエネルギー消費をしたとしても、エネルギー摂取量が多ければ、脂肪は蓄積する結果となります。

特に、皮下脂肪は時間をかけて蓄積していき落ちにくいため、燃焼させたい場合は、多方面からのアプローチが必要となってきます。

脂質の摂取量を減らすことだけを考えるのではなく、体内での脂質の動きを盛んにした上で、蓄積される脂肪よりも、消費される脂肪が多い状態にもっていくことが大切です。

このことによって、体脂肪を落としていくことができます。

そのためのポイントは、以下の3つです。

・バランスのいい食事で摂取カロリーを抑える
・基礎代謝量を上げ、脂肪が燃焼しやすい身体を作る
・運動で脂肪を燃焼させる

では順番に掘り下げてみましょう。

適度な摂取カロリーの軽減

ダイエットの基本は「摂取カロリー<消費カロリー」です。

しかし、前述したように、基礎代謝量分のカロリーは毎日の食事から摂取しなければ、痩せにくい身体になってしまいます。
美しく痩せるための摂取カロリーの目安は、1日あたり「目標体重×25(~30)㎉」といわれています。

目標体重が52㎏であれば、目標体重に対しての必要摂取カロリーは一日あたり1300~1560㎉となります。

(ただし、現在の体重と目標体重があまりにも差がある場合は注意が必要です。

摂取カロリーが少なすぎると、体が飢餓状態になってしまうと危惧し、摂取した脂質や糖質を脂肪に変えて蓄積しようとしてしまうからです。

20㎏以上の減量を考えている方は、3~4㎏ごとに目標を分割し、少しずつ目標体重を減らしていくよう心がけてください。)

このカロリーを3食に分けて摂取することが基本ですが、その際、夕食より朝食・昼食に重きを置いた方が脂肪は燃焼しやすくなります。

1日の必要摂取カロリーが1500㎉だとすると、500㎉×3とわけるのではなく、朝500㎉、昼600㎉、夜400㎉などと差をつけるといいでしょう。

間食をする場合は、その分をさらに食事から減らす必要があります。

また、栄養バランスにも気を配りましょう。

理想は、糖質(炭水化物)が60%、脂質が25%、たんぱく質が15%といわれていますが、あまり気にしすぎもよくないです。

糖質や炭水化物は、制限をしすぎると脂肪の燃焼を抑制してしまう可能性があります。

また、筋肉の元となるたんぱく質は、身体に蓄えることができないため、日々一定量を摂取する必要があります。

高たんぱく低カロリーな食品、鶏肉のささみや大豆、ツナなどがおすすめです。

筋肉をつけることで基礎代謝を上げる

筋肉量を増やすと、基礎代謝量が増えるので、ただ生活をしている状態でもある程度エネルギーを消費していくことができます。

どの筋肉も、鍛えれば基礎代謝を上げるのに役立ちますが、小さなものよりも大きなものの方がエネルギー消化の効率が上がります。

まずは大きな筋肉を鍛えることが重要です。

大胸筋、広背筋、腹筋、大腿四頭筋などが代表的な大きな筋肉です。

女性は「ムキムキになりたくない…」と筋トレを避ける傾向がありますが、適度に筋肉をつけることはとても大事です。

マッサージ

マッサージは、直接的に脂肪を燃焼する効果はありません。

しかし、揉むことでミルキングアクション呼ばれる筋肉の収縮運動が起き、血管やリンパ管の中を流れている血液や体液が押し流される効果があります。

外部刺激が与えられることで血液循環が良くなりますので、胃腸の動きが活発になります。
便秘の解消や、身体の新陳代謝の向上につながります。

お風呂あがりの全身の血液循環が良いタイミングに、心臓から遠い部分、つまり足の先から順番にマッサージを行って、ふくらはぎ、太ももと揉んで行くと、脂肪の燃焼がスムーズになります。

運動不足などで生じたむくみの解消には特に効果的です。お腹まわりや下半身の皮下脂肪にみえるたるみが、実はむくみだったという話はよく聞きます。

これは実践すると短時間で効果を実感しやすいので、 おすすめです。

睡眠の質も上がります。

アロマなどのケア商品も併せて使用すると、リラックス効果も期待できます。

睡眠

インスリンの作用を受けることで、脂肪細胞から血液中に分泌されるホルモンとしてレプチンという物質があります。

これは、体内に脂肪が増えてくると食欲を抑えたり脂肪燃焼を促したりする働きがあるのですが、睡眠不足が続くと分泌量が少なくなってしまいます。

食べる量やエネルギー消費の調整をする機能が狂うと、ダイエットの効率も下がります。

毎日しっかりと睡眠をとるよう心がけましょう。

有酸素運動

脂肪を燃焼させるためには、20分以上の継続的な運動時間が必要と言われていましたが、最近の研究では、1日に30分の運動を1回するのと、10分ずつ3回に分けて運動を行うことでは効果に差がないことがわかりました。

つまり、同じ運動を同じ時間だけやれば、一度にしても複数回にわけても結果は同じなのです。

ただし、連続で10分程度の有酸素運動が効果を得られる最低ラインといわれています。運動時間を小分けにする場合も、最低10分は続けましょう。

また、週に1度60分の有酸素運動を行うより、20分の有酸素運動を週に3日行った方が脂肪燃焼の効果は高いです。

有酸素運動とは、「運動中に多くの呼吸を必要とし、酸素を取り込む」という運動のことです。 脂肪をエネルギー源とする運動と言われています。

すべての有酸素運動の中で最も脂肪燃焼効率が良い運動は、全身運動の水泳です。

体重にもよりますが、クロールで1時間泳いだ場合、500~800㎉を消費すると言われています。ウォーキングの場合は、1時間あたり150~250㎉です。

他にも、ジョギングやエアロビクスなどがありますが、全力で行うのではなく、70~80%ほどの力で、ある程度の時間行うよう心がけてください。

例えば、全力疾走をしてしまうと、その間、呼吸は止まってしまいます。

これでは有酸素運動にはなりません。十分な呼吸を確保しながら運動をすることが大切です。

スポンサーリンク

効果的に脂肪の燃焼をサポートする栄養素

eiyou

脂肪を燃焼するためのポイントを挙げていきましたが、次は、これらをサポートしてくれる栄養素をご紹介いたします。

脂肪を減らす効果のあるサプリは、主に3種類に分けることができます。

・ブロック系サプリ

身体が摂取したカロリーの吸収スピードをゆるやかにする効果があるものを指します。

摂取した糖質や脂質の吸収を妨害(ブロック)し、そのまま体外へと排出しますので、食べた量よりも摂取カロリーを抑えることができます。

代表的なものは、オリゴ糖、キトサン、ギャバ、イヌリンなどです。

・基礎代謝量を向上させるサプリ

脂肪を落とすのに基礎代謝量を上げるのはとても重要だということは述べてきましたが、この基礎代謝量を上げる助けを行ってくれるサプリもあります。

最近注目を浴びているのが「α-リポ酸」です。

・脂肪燃焼サプリ

身体が効率良く脂肪を燃焼するための補助をする働きのあるサプリです。

脂肪の分解を助けたり、積極的に消費したりする成分を含むと、脂肪燃焼につながります。

カプサイシンやカルニチン、ビタミンB群などです。

これらのサプリに使われている栄養素の中でも、特にダイエット効果が高いといわれている栄養素をいくつかご紹介いたします。

サプリを選ぶ際に参考になれば幸いです。

α-リポ酸

α-リポ酸は、体内に存在する脂肪酸の一種で、ビタミンによく似た性質をもち、生きるための基本的な活動を維持するために働く補酵素としての役割を持ちます。

糖質をスムーズに代謝することによって糖化を抑える、抗糖化力を持つ成分としてアメリカで人気に火がつきました。

よって、海外製のサプリも多く存在します。

脂肪の蓄積や過剰な摂取カロリー防ぐことができます。

ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B6などを総称したものです。

糖質の代謝をサポートするビタミンB1、脂質の代謝をサポートし、糖質やたんぱく質の代謝に関わるB2、たんぱく質の代謝や脂質の代謝を促すB6など、色んな要素の代謝に関わるため、脂肪を消費するのを補助してくれるという効果があります。

カルニチン

脂肪酸の分解(β-酸化)を促進させるものです。

脂肪がエネルギーとして燃焼されるためには、細胞の中にあるミトコンドリアと呼ばれる微小器官が、脂肪をエネルギーに換える必要があります。

カルニチンは、脂肪をミトコンドリア内に運ぶ働きがあるので、脂肪の燃焼に効果があるといえます。

クロロゲン酸

主にコーヒーやジャガイモなどに含まれるポリフェノール一種です。

抗酸化作用による細胞を守る力で知られていますが、脂肪をエネルギーとして燃焼する効率を上げる役割もあります。

また、食後の血糖値の上昇を抑制する働きがありますので、余分な脂肪の蓄積を抑えることにつながります。

カプサイシン

「カプサイシンダイエット」と呼ばれるダイエット方法もあるほど、カプサイシンはダイエット効果を高めるのに強力な存在です。

発汗作用や脂肪分解をうながす働きがあります。

ただし、摂取するだけでは脂肪は燃焼されないので気を付けてください。

カプサイシンによって分解された脂肪を運動により消費すると、高いダイエット効果が得られるのです。

プロテイン

基礎代謝量を上げるためには筋肉を増やすのが効果的ですが、そのためにはタンパク質が欠かせません。

タンパク質を効率良く摂取することができるのがプロテインです。

プロテインには色んな種類がありますが、ダイエットに適しているのは大豆を原料としたソイタイプのものです。

代謝を活性化する効果があり、その効果も長いので、食間や寝る前に摂取するといいでしょう。

スポンサーリンク

脂肪燃焼サプリ4選

top
世の中にはたくさんのダイエット商品が市販されていますが、その中でもサプリは身近な存在なのではないでしょうか。

比較的簡単に手に入れることができ、それほど高価なものでもありません。

薬ではないので、安全性という意味でも手を出しやすいものだといえます。

さまざまな栄養素を組み合わせてありますので、目的によって使い分けることもできます。

ただ、サプリは、あくまでも補助として使うものです。

人によって補助したいポイントは違います。

最後に、口コミ評価の高い、人気のあるサプリの中から、おすすめのものとその効果を徹底調査いたしました。

スリムバーン

ブラックジンジャー・カプサイシン・フォルスコリン・プロリンを配合しています。

ブラックジンジャーは脂肪の分解・燃焼においてとても効果的だという研究報告がされています。

カプサイシンは上記でも紹介いたしましたね。

フォルスコリンは体脂肪の分解作用を促進するものです。

体脂肪燃焼を総合的にサポートするものといえます。

また、コラーゲンの主要構成アミノ酸のひとつであるプロリンを含んでいるため、脂肪の分解・燃焼効率アップだけでなく美肌効果も期待できます。

食事制限をしているのになかなか痩せない方や、少ない運動量で効率的に脂肪燃焼をねらう方にオススメのサプリです。

口コミ評価も大変高く、脂肪燃焼サプリのランキングでは常連さんともいえる、人気商品です。公式サイトで購入すると通常価格より割引されるサービスがあるようです。

桑の葉ダイエットブラック

130年以上の歴史を持つ医薬品メーカーである太田胃散が開発した健康食品です。

良質の桑の葉抽出エキス、キウイ抽出物、ブラックジンジャーが主成分のサプリメントです。

桑の葉抽出エキスは、青汁として販売されているものも多くありますが、独特の匂いがあり、苦手な方もいらっしゃいます。

その点、このサプリは錠剤なので、匂いもあまり気になりません。

主な効果としては、食後の血糖値上昇の抑制をしたり、脂肪の分解を助けたりします。

また、キウイエキスは脂質にアプローチします。

糖質や脂質が気になる方、甘いものや脂っこいものが好きな方には向いているサプリといえます。

糖質制限を行っている方にもオススメです。

口コミまとめを拝見いたしますと、便秘が解消したという体験談も多く見受けられます。

ユーザー満足度も高いようです。

黒しょうが+5つの黒スリム

「ネイチャーシード」から販売されている健康補助食品で、黒しょうが・黒こしょうなどの5つの黒い食品がベースとなっています。

黒しょうがに含まれるアルギニンには、メタボリックシンドロームの予防や肥満の改善などの効果があるといわれています。

ポリメトキシフラボノイドという成分も、生活習慣病に対する効果が確認されています。

辛味成分ピベリンを含む黒こしょうは、食物の消化や脂肪の燃焼を補助する役割があります。

他にもコエンザイムQ10などの美容にいい成分も含んでいるので、総合的にサポートしてくれる女性に嬉しい商品といえます。

血のめぐりを良くする効果があるので、代謝のアップや、冷え症の改善も期待できます。

女性向け情報誌で紹介されることもあるせいか、口コミも女性の利用者が目立ちます。

シボヘール

「葛の花由来イソフラボン」を配合した機能性表示食品です。

脂肪を抑える作用があり、「お腹の脂肪を減らす」といううたい文句のとおり、臨床試験において、3ヵ月間の継続的な摂取で内臓脂肪も皮下脂肪も減らすことができたという結果があるそうです。

脂肪や体重、そして何よりウエストの周囲径を減らすことに期待ができるサプリメントといえます。

食事制限などをまだしていらっしゃらない、肥満気味の方にはより効果的かもしれません。

口コミを見ていると、男性の利用者も多いのが特徴的でした。

ただ、同時に3ヵ月以上の継続した摂取により効果を感じた方が多いとも見受けられました。

1ヵ月ほどでの感想では、あまり星を獲得していません。

定期購入コースで申し込むと、初回がとてもお安い価格設定になっています。

スポンサーリンク

まとめ

miti
ここで紹介したもの以外にも、たくさんのサプリが存在しますが、どれも効果を実感するまで、あるていど長期にわたる摂取が必要となるものが多いです。

皮下脂肪は、燃焼させること自体に時間がかかるからです。

そのため、定期コースや定期便といった方法をとると、通常価格より割引されてお得な場合も多く、確実にお届けされるため、飲み終えたのに次を買うのを忘れてしまった、といったミスも起きません。

定期コースなどの設定がされていない商品の場合、Amazon定期おトク便を利用すると、ご希望の頻度で配達を指定できますよ。

金額的にも肉体的にも精神的にも、無理をせず気長に続けていくことが、結果的に挫折やリバウンドをしないダイエットの近道になると思います。

体脂肪を燃焼させる方法のまとめ

  • 皮下脂肪を落とすためには、長期的で多方面からのアプローチが必須です
  • 基本は「摂取カロリー<消費カロリー」ですが、制限しすぎて筋肉量を減らしては逆効果になります
  • 基礎代謝量を上げて脂肪を燃焼しやすい身体作りが大事です
  • ハードにする必要はないけれど、無理のない範囲での運動が必要です
  • サプリを補助的に使うことで効率よく燃焼させることもできます