脂肪燃焼させるお茶!その効果とは

お茶にはいろいろな種類があるのを、知っている人は多いでしょう。

しかしその中には、脂肪を燃焼させやすいお茶があります。

何気なく飲んでいるお茶ですが、ダイエットに活かすことが出来るのです。

脂肪を燃焼させたら、肥満体質にはなりにくいです。

お茶にダイエット効果があるのを知らなかった人はいるかもしれませんが、この記事ではダイエットに効果がある理由と、おすすめのお茶を紹介していきます。

お茶によるダイエットを試したい人は、じっくりと記事を読んで参考にすればいいでしょう。

スポンサーリンク

脂肪燃焼に効果があるとされるお茶の種類

wood-3158695_1920

すべてのお茶が脂肪燃焼に効果があるわけではありません。

これから紹介するお茶は、脂肪燃焼に効果があるとされているお茶ですが、聞いたことがある名前も多いでしょう。

黒烏龍茶・ヘルシア緑茶・伊右衛門特茶・伊右衛門特茶ダイエット・伊右衛門特茶カフェイン・黒豆茶・葉茶・カテキン茶・メタボメ茶・ウーロン茶・黒ウーロン茶・花茶・マテ茶・ごぼう茶・緑茶・ダイエットプーアール茶・プーアル茶・カテキン緑茶・杜仲茶・ヘルシア五穀めぐみ茶・ヘルシア緑茶a・美甘麗茶etc。

思いつくままに、ダイエットに効果があると言われているお茶を紹介しました。

この中では近所のスーパーや、コンビニで見た商品もあるでしょう。

これから先は紹介したお茶の一部を選んで、より詳しい説明をしていきます。

詳しい内容を知ることによって、ダイエット茶として認識できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

ダイエット茶の効用を詳しく知りましょう

oolong-827397_1920

たくさんのダイエット茶や、ダイエットサポート茶の紹介をしてきました。

これから先の内容では、お茶の成分や効用について徹底解説していきます。

ダイエット茶を何気なく飲んでいる人もいるでしょう。

そんな人もダイエット茶の成分を知ることは、無駄ではないでしょう。

詳しい成分を知れば、人に紹介したくなるかもしれません。

伊右衛門シリーズの詳細

前出した伊右衛門特茶・伊右衛門特茶ダイエット・伊右衛門特茶カフェインは、伊右衛門シリーズのお茶です。

それでは早速、成分や効用を探っていきましょう。

サントリー緑茶 伊右衛門 特茶(特定保健用食品)

  • エネルギー(500mlあたり)0kcal
  • たんぱく質(500mlあたり)0g
  • 脂質(500mlあたり)0g
  • 炭水化物(500mlあたり)0g
  • 食塩相当量(500mlあたり)0.05g
  • カフェイン(500mlあたり)90mg
  • カテキン(500mlあたり)230mg
  • ケルセチン配糖体(イソクエルシトリンとして)(500mlあたり)110mg

サントリーのホームページから、成分を調べさせてもらいました。

この中で含まれている割合が多い、カテキンとケルセチン配糖体に注目しましょう。

カテキンの効用は抗酸化作用と脂肪の燃焼効果です。

人の体は酸化作用が発生すると、生活習慣病にかかりやすくなります。

重たい病気ではコレステロールが固まることにより、動脈硬化を引き起こします。

カテキン摂取により健康効果を期待できるのであれば、量に気をつけて毎日飲んでもいいでしょう。

脂肪を燃焼させたら、肥満体質になりにくいのは言うまでもありませんが、お茶という飲料は摂りやすいのが利点です。

摂りやすいお茶は継続的なダイエットに、うってつけの飲料でしょう。

ケルセチン配糖体を配合した飲料を飲むと、体脂肪が減少することは確認されています。

カテキンとケルセチン配糖体は、脂肪を減少させるためには欠かせない成分です。

伊右衛門シリーズには、伊右衛門特茶ダイエット・伊右衛門特茶カフェインがあります。

期待している成分が多く含んでいたら、試しに飲んでみてもいいでしょう。

特定保健用食品の略称がトクホ(特保)ですが、消費者庁の許可を受けた商品です。

国のお墨付きの商品なので安心して飲めます。

販売されているお茶の成分が気になる方は、トクホ飲料であるのを確かめたらいいでしょう。

黒烏龍茶の詳細

ウーロン茶も昔からダイエットには、効果的だと言われていました。

黒烏龍茶ダイエットという方法も、確立されるようになってきました。

そんな黒烏龍茶の成分を調べてみました。

サントリー 黒烏龍茶(特定保健用食品)

  • エネルギー(350mlあたり)0kcal
  • たんぱく質(350mlあたり)0g
  • 脂質(350mlあたり)0g
  • 炭水化物(350mlあたり)0g
  • 食塩相当量(350mlあたり)0.07g
  • ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)(350mlあたり)70mg
  • カフェイン(100mlあたり)約10mg
  • カリウム(100mlあたり)約20mg
  • リン(100mlあたり)10mg未満

こちらの商品の成分も、ホームページの商品紹介から調べさせてもらいました。

それでは成分の割合が多い、ウーロン茶重合ポリフェノールに注目しましょう。

その前に説明が解りやすくなるように、ポリフェノールの説明から始めます。

ポリフェノールは、香料や色素として昔から使われていました。

カテキンもポリフェノールの一種類です。

多くの食物にポリフェノールは含まれているので、摂取はそれほど難しくありません。

そんなポリフェノールには、動脈硬化や脳梗塞を予防する、抗酸化作用があると言われています。

それではウーロン茶重合ポリフェノールとは何でしょうか?

ウーロン茶重合ポリフェノールとは、茶葉を半発酵させる過程で、カテキン類が結合するときに生成されます。

ちなみにウーロン茶重合ポリフェノールは、黒烏龍茶の濃い色を出している成分でもあります。

できれば黒烏龍茶は、食事の前に飲んだ方が効果的です。

その理由として挙げられることは、体内に入った脂肪を吸収する作用があるからです。

黒烏龍茶は脂肪の排出を、活性化させる働きもあるとされています。

カテキン緑茶の詳細

カテキンの効用は説明しましたが、カテキン緑茶という商品もあります。

同じように成分を見ていきましょう。

メーカーのホームページに記載されていますが、普通の緑茶飲料とは少し成分が異なります。

  • エネルギー:0kcal
  • たんぱく質:0㎎
  • 脂質:0㎎
  • 炭水化物:0㎎
  • ナトリウム:21〜40㎎
  • 関与成分:茶カテキン197㎎
  • カフェイン:30㎎

成分は350ml辺りで算出されています。

やはりカテキン緑茶という名前だけあって、カテキンが多く含まれています。

この成分があるから、緑茶ダイエットは効果的なのでしょう。

カテキン緑茶も体の脂肪を抑え、コレステロールを減らす効果があります。

しかしカテキンを摂りすぎると体に、悪影響が与えるとの報告もあります。

カテキン緑茶のホームページには摂取目安量を掲載していますが、摂りすぎはよくないのを暗に示しているのかもしれません。

濃度茶カテキンや濃度茶カテキン茶と呼ばれるお茶を飲むときは、適正な量で飲むことを厳守しましょう。

スポンサーリンク

運動と食事とダイエット茶の組み合わせ

leg-3229347_1920

ダイエット茶の成分は、ダイエットに効果があるのは解りました。

しかしダイエット茶だけに頼ったダイエットは、不十分と言えるでしょう。

消費するカロリーを増やすには、運動は欠かせません。

お腹の出っ張りの原因になりがちな便秘も、ダイエット茶だけでは解決できないことが多いでしょう。

糖質の多い食物もダイエットには有害です。

糖質が多い食物の中には血糖値を上げるものもあるので、ダイエット以外の健康面でも有害です。

運動・食事・ダイエット茶の組み合わせは、腸内環境を改善するデトックス効果もあると思われます。

今までの記事の内容は学校の保険の授業のようで、少し堅苦しかったかもしれません。

以下の内容では、ダイエット茶との組み合わせに効果的な食事内容や、運動方法を紹介していきましょう。

三つの組み合わせが結果的に、ダイエット効果を得る近道になる可能性はあります。

ダイエット茶に合う食事

食物繊維の多い食べ物は、腸を整えて排出作用をサポートします。

食物繊維を多く含む食品がダイエットに効果的とされているのは、腸を整える作用があるからでしょう。

穀物・いも・豆・野菜・果物・海藻は、多くの食物繊維を含んでいます。

ダイエット食品を選ぶときは、これらの成分が入っているか確かめましょう。

難消化性デキストリンという、食物繊維を補う商品も販売されています。

ダイエット茶と併せて摂れば、よりダイエットの効果は増すでしょう。

ダイエット茶に合う運動

脂肪を燃やすには、運動も欠かすことはできません。

手軽にできる有酸素運動であるウォーキングは、おすすめです。

ウォーキングすることによって、血の巡りもよくなります。

血の巡りがよくなれば、健康体へと近づきます。

有酸素運動であるウォーキングは、糖の分解にも効果があると言われています。

ウォーキングは老若男女に関係なく、効果のあるダイエット方法でもあるし、健康法でもあると言えるでしょう。

特定の人だけができる運動はおすすめできませんが、ウォーキングは本当に多くの人ができる運動です。

将来的にもウォーキング人口が、減ることはないのではないでしょうか。

ウォーキングで汗を流した後で飲むダイエット茶は、より味が良いと感じる可能性があります。

汗を流した後はポカリスエットを飲む人が以前は多かったですが、これからはダイエット茶を飲む人も増えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

paper-3242863_1920

ダイエット茶の効用は、理解してもらえたでしょう。

でも多くのダイエット茶があるので、どのダイエット茶を購入すればいいのか迷う人はいるでしょう。

そんなときはお茶の成分を見るのも大切ですが、商品の口コミもチェックしましょう。

特茶やプーアール茶を始めとする多くの、口コミがインターネット上にはあります。

成分と口コミをチェックして、自分に合ったダイエット茶だと思えば、購入すればいいでしょう。

一部のダイエット茶を除き、ダイエット茶の価格は高くはありません。

気軽に試したらいいでしょう。

ダイエットに成功したら、ダイエット茶に用はないと思う人がいるかもしれません。

しかしダイエットにはリバウンドの可能性があるので、減量に成功してもしばらくはダイエット茶を飲み続けた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加