保存版!太る食べ物ランキング!一番太る食べ物は?

一番太る食べ物ってなにかわかりますか?ダイエットにおいて、食生活というのは非常に重要な要素です。食生活で気にしなければいけないことは、摂取する栄養素や食べる量、時間などさまざまありますが、ダイエットをしているとどうしても気になるのが、「どんな食べ物が太りやすいの?」ということではないですか。今回はそんなダイエット中の大敵、太る食べ物について紹介します。

スポンサーリンク

太るメカニズム

thick-373064__180

太るメカニズムとはどういったものなのでしょうか。太る、つまり肥満になってしまう要因は様々ですが、最も基本的な太ってしまう理由を2つ説明します。

カロリー

全ての食品にはカロリーというものが存在します。カロリーが高いものが太りやすく、低いほどヘルシーと言うのは、ダイエットの基礎知識であり、ダイエッターだけでなく誰もが知っている一般常識とも言えます。カロリーとは、そもそもその物質に含まれるエネルギーの単位であり、1000calで1kcalとなります。

食品におけるカロリーとは、3代栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質が体内で発生させる熱量のことを指します。私たち人間は、生活していくうえで常にカロリーを消費しており、歩行や物を持ち上げたりする時はもちろん、ちょっとした動作や発声、呼吸ですらカロリー(エネルギー)を消費しています。そして私たち人間は、そのカロリーを食物から摂取しているのです。食物からの摂取カロリーが生活する中で消費するカロリーを上回った場合、余ったカロリー(エネルギー)が体脂肪として体に蓄積されるのです。摂取カロリー>消費カロリーとなってしまうのが太る基本的な仕組みであり、摂取カロリー<消費カロリーとするのがダイエットの基本です。

糖質

3大栄養素の中で最も太りやすいとされているのが、炭水化物です。少し前までは、脂質のほうが太りやすいと考えられていましたが、最近では炭水化物に含まれる糖質こそが、肥満を加速させる原因だということがわかりました。

炭水化物、つまり糖質を摂取すると胃腸で消化・分解されブドウ糖として吸収されます。変換されたブドウ糖は、全身の筋肉や脳へと運ばれて活動するためのエネルギー源となります。摂取した糖質のうち大半はエネルギーとして消費され、少量の糖質はグリコーゲンに変換されバックアップエネルギーとして肝臓に貯蓄されます。

糖質を摂取すると、血糖値(血中のブドウ糖)が急上昇するため、その時に血糖値を下げる働きのあるインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれており、エネルギーとして消費されず、バックアップとしても貯蓄されなかった余った糖質を、脂肪細胞に運んでしまいますインスリンが余ったブドウ糖を脂肪に変えてしまうことが、贅肉がつく原因と言えます。血糖値は糖質を摂取した際にだけ上がり、たんぱく質や脂質を摂取しても上がることはありません

スポンサーリンク

太る食べ物ベスト5!

diet-1135819__180

食べ物はそれぞれカロリーも違えば含んでいる栄養素も違います。太りやすい食べ物、太りにくい食べ物があるのです。今回は特に太りやすい食べ物、ダイエット中は絶対NGという食べ物を紹介します。

第1位:ケーキ

cake-219595__180

ケーキはダイエッターにとって最大の敵です。ケーキ類は、上記で挙げた太る原因となる糖質やカロリーを多く含む、砂糖やバターといったものを大量に使って作られます。砂糖をたくさん使っているため、血糖値は急激に上昇してしまいますし、バターなどの脂肪は高カロリーなためとても太りやすいです。また、ケーキ類は糖質やカロリーが多い割に満腹感がほとんど得られないため、いくらでも食べることができる、という恐ろしさもあります。

ケーキが好きという女性は多く、男性の中にも甘いモノには目がないという人も意外といます。このようにケーキには中毒性もあり、無性に食べたくなる時があるのです。避けるべきケーキ類は、ケーキ、シュークリーム、ドーナツ、タルト、マドレーヌ、アイスクリームなどです。ダイエット中のケーキは今までの努力を一瞬で台無しにしてしまうほどの糖質やカロリーが含まれています。ダイエット中のケーキは絶対に厳禁なので我慢しましょう。

第2位:菓子パン

berliner-17811__180

菓子パンもケーキ同様砂糖とバターをふんだんに使って作られています。菓子パンなどはコンビニやスーパーで比較的手軽に買えますし、食べる場所も選びません。手軽に食べられるため朝食や昼食でよく菓子パンを食べるという人は意外と多いと思います。ケーキと同じで、砂糖+脂から作られているのでお腹に溜まりにくく、すぐにまた空腹になってしまいます。精製された小麦粉を使っていることが多いため、栄養素も非常に少なく体にいいとは言えません。また、ケーキと違って、油で揚げるなどのカロリーが高くなる調理法をしているパンも多いので、ダイエット中の菓子パンはやめるようにしましょう。

第3位:ラーメン

noodle-soup-765706__180

炭水化物の太りやすい代表的なものといえば、やはりラーメンですね。ラーメンの場合、ケーキや菓子パンと違い、糖質+脂質+塩分という、太るための組み合わせといってもおかしくないほど、ダイエッターにとっては脅威の食べ物です。塩分の摂り過ぎは、むくみの原因となってより太ったように見えてしまいますし、高血圧になりやすく生活習慣病のリスクも高めてしまいます。ラーメンもケーキ同様無性に食べたくなる時がありますし、セットでチャーハンや餃子、ビールなどを頼みたくなってしまいます。言うまでもなくチャーハンやビールは太りやすい食べ物にカテゴライズされるので、ラーメンと一緒に食べるなど言語道断です。

第4位:ファストフード

burger-441577__180

ファストフードがダイエットに良くないのは納得ですよね。どんなに野菜が入っていて色味が綺麗でも、そこまで期待できるほどの栄養価はありませんし、なにより塩分が非常に高いです。これはファストフードだけでなく外食全般に言えることですが、万人に受け入れられるように一般家庭よりも濃い目に味付けしていることが多いです。また、日本にあるファストフードのほとんどが、バンズやブレッドなど穀物を主体としたメニューなため、糖質も多く含まれています。ファストフードはダイエッター的にもNGですし、健康上もあまりよくないため、日頃からなるべく食べないようにしましょう。

第5位:揚げ物

fried-chicken-690039__180

揚げ物は、唐揚げや天ぷらなど家庭から居酒屋まで幅広く口にする機会のある料理ですが、ダイエット的には揚げ物も控えるようにしてください。揚げ物は油を使って揚げるため、非常にカロリーも高く脂肪がつきやすいです。また、揚げる際の衣には小麦粉、パン粉、天ぷら粉と糖質を多く含んでいるため、贅肉がついてしまう原因となってしまいます。飲み会などではなるべく食べないようにし、どうしても家庭で食べたくなった場合は、素揚げで食べるようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

太りやすい食べ物は炭水化物が圧倒的に多いようです。糖質を制限する糖質制限ダイエットがあるぐらいですから当然といえば当然の結果ですね。太りやすい、太りにくいというのは体質の違いもありますが、食べ物の違いが最も影響します。また、日頃から適度な運動をしているかということも大事です。ダイエット中は、高カロリー・多糖質の食品はできるだけ食べないようにし、適度な運動を心掛けるようにしてください

関連記事として、ダイエット中の太らないお菓子の3つの食べ方!レシピや市販のお菓子も紹介!も一緒に読んでください。