にんにくダイエットで健康的に痩せる。翌日の臭いの対処法も紹介

みなさまはにんにくを食べるときはどんなシーンでしょうか。

「元気にになりたい!」「がっつり食べたい」など、栄養満点、滋養強壮に良いというイメージが強いと思います。

今回は、疲労回復効果、風邪やがんの予防もできるにんにくだけではなく、ダイエット効果もあるにんにくをご紹介します。

スポンサーリンク

にんにくに含まれている成分や効果は?

にんにく

にんにくの効能の中には脂肪燃焼系の働きがあり、ダイエット効果にも役立つ代物なのです。

アリシン成分

にんにくを食べるとき、気になるのが臭い。臭いの元凶であるこのアリシン。

実はこのアリシン、炭水化物を分解しエネルギーに変えるビタミンB1の吸収を高めてくれるのです。

にんにくを食べると元気が出る要因は、このアリシンかビタミンB1の体内持続性を保持してくれる効果があるため、ビタミンB1が体内で長時間の活動ができ、スタミナアップにつながり、効果を発揮します。

さらに、にんにくの中には疲労回復にも良いと言われています。

それはビタミンB1とその効果を保持させることで、アリシンの働きが持続されるので、にんにくを食べてるだけで糖の燃焼が促進され、エネルギー代謝が高まります。

このため、褐色脂肪細胞に刺激を与えることで、体脂肪の燃焼へと繋がるのです。

また、アリシンには強力な殺菌作用があります。

ウイルスを弱めることで、風邪や感染症の予防効果があります。

さらに気管支炎や風邪の原因はブドウ状球菌、連鎖球菌といったものがあり、これらを殺す強い殺菌性があるのです。

アリシンは、便秘予防へと繋がる、腸内を整える働きもあります。

ちなみに、胃がんや胃潰瘍を予防できます。

これは、原因となるピロリ菌やサルモネラ菌、O-157菌を殺菌してくれるためです。

動脈硬化の予防

にんにくは心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化の予防にもなるのです。

理由は、血液をサラサラにしてくれて、血中コレステロール値を抑える効果があります。

コレステロール低下させてくれる理由は、アホエンという、にんにくをオリーブオイルなどの食用油に浸すことで、にんにく含有成分のアリシンから作られるものなのです。

さらに、にんにくには血管拡張作用があり、血圧を下げる効果があるのです。

癌(がん)予防

ある記事では、アメリカでは、大人気のにんにく。

にんにくを食べることが多い理由は、アメリカの国立がん研究所の研究データによると、最もがん予防に効果的な食品はにんにくとのことで、がん効果があります。

この影響でアメリカでは、ニンニク消費量が3倍にも増えたとのことです。

スポンサーリンク

ダイエットに効果的な「にんにく」の4つの理由

にんにく3

にんにくがダイエットにいいと言われるのには、4つの理由があります。

新陳代謝を促すアリシン効果

にんにくに含まれているアリシンは、にんにくを切ったり、すりおろすことでアリシンという成分が作られます。

また、糖質をエネルギーに変えてくれる働きをする「ビタミンB1」を活性化させる役割を担っています。

ビタミンB1は熱に弱い為、代表的な豚肉などでも、加熱料理をすることによって、ビタミンB1は、半分以下にまで減少してしまいます。

先にも紹介しましたが、ビタミンB1を保持してくれる、にんにくのアリシンとの相性は良いので、豚肉とにんにくを一緒に調理してあげることで、ビタミンB1の摂取を効率的に得ることができます。

脂肪分解にスコルニジン

にんにくは調理方法が異なると違う成分を作り出します。にんにくは丸ごと加熱することにより、「アリシン」は作らず、「スコルニジン」という成分を作ります。

スコルニジンは脂肪の分解を促進する効果があり、体内代謝を活発にします。

血行を促進する効果もあるので、冷え予防に効果的で、冷え性の方にもとても良いのです。

さらに、スコルニジンは普通のにんにくと比べて、無臭にんにくの方が約2倍も多いと言われています。

食物のなかで、水溶性食物繊維の多い食品上位

水溶性食物繊維は海藻や果物類に多く含まれています。

食物繊維という言葉聞くと、野菜に多く含まれているイメージがありますが、野菜の場合は不溶性食物繊維というものになります。

今回は水溶性食物繊維に注目します。

水溶性食物繊維の主な効果は、食欲を抑えることができ、血糖値の上昇を抑えることができます。

さらに、コレステロールの排泄や便秘改善といった、ダイエットには効果的な要素が多く含まれております。

コレステロールの排泄や便秘改善といった効果もあるので、ダイエットだけには他ならぬ、美肌効果にも繋がるため、女性には人気の一つの有効成分なのです。

ダイエットには欠かすことのできないビタミンB6

水分を多分に含む食品の中で、最もビタミンB6を含むのがニンニク。

ビタミンB6は、脂質の代謝や糖新生の代謝、神経伝達物質やヘモグロビンの合成さらには、抗体の産出といった効果があります。

これは、たんぱく質を筋力アップにつなげてくれたり、動脈硬化や風邪予防、糖尿病の予防になり免疫力をアップします。

ビタミンB6と一緒に摂りたいのが、ビタミンB2です。

皮膚の基礎代謝アップなどに関与し、美肌効果にもなり相乗効果を生み出します。

食材でいうと、レバーやはつ、うなぎなどになります。

ちなみにビタミンB6には、アンチエイジング効果があり、老化防止につながります。

たんぱく質の代謝を促進させるので、体の代謝を高めることになります。

特に肌と髪にハリとコシを与えるので摂取したい成分です。

スポンサーリンク

ニンニクダイエットの注意点

にんにく4

にんにくダイエットの効果は賛否両論みかけることがあり、ダイエットには、向かないという人にはこれからお伝えすることが考えられます。

食欲が増し、ダイエットにならない ニンニクの匂いって食欲をそそられますよね。

実は、香りだけではなく、にんにくに含まれている、アリシンは消化を促進させ食欲を増加させる働きもあるため、ダイエットしたいのに食欲が止まらないという人も出てきてしまうのです。

にんにくを使った量には、高カロリーな料理が多いため、ついつい食べ過ぎてしまうことともあり、ダイエット中の方には非常に耐え難い一面を持ち合わせるのです。

にんにくには糖質が多く含まれている にんにくの糖質は高めとなっており、糖質の含有量は、100g当たり20.6!野菜と比較すると、にんにくより糖質の多いものを探す方が大変なほどです。

さらには、かぼちゃと比較してもニンニクの方が若干高い数値となっています。

ニンニクの摂取量はあまり摂ることがないとは言え、食べ過ぎには十分気をつけなければなりません。

ダイエットで糖質制限中の方には、注意しなければならないものです。よく、焼肉屋などで何個も丸ごと出されることがありますが、何度も言いますが、美味しい上に、ダイエット効果もあると思い、ついつい食べ過ぎてしまうことには、気をつけなければなりません。

適度に食事制限をすると良いでしょう。

スポンサーリンク

にんにく活用したダイエット方法

にんにく5

ここでは、にんにくの調理法や正しい食べ方をすることで、効果を発揮するため、いくつかおすすめレシピを紹介したいと思います。

効果、方法、カロリー、レシピアレンジして気分に応じて、アリシンを目的とするのか、スコルニジンを目的とした料理にするのかで、お試しください♪

低糖なおからトリニティ ダイエット中の糖質制限

カロリーを抑えて、食べたい時に食べる!

おからをメインにした肉や卵、チーズが入ったトリニティです。

材料(大グラタン皿1枚分)バットなどでも大丈夫です。

・合い挽き肉 160g ・シュレッドチーズ 160g ・生おから 130g ・卵 4個 ・塩胡椒 適量 ・ニンニクやスパイスなど 適量

  1. 合挽き肉に塩胡椒を振り、少し練ってから卵とおからを加えてかき混ぜ、耐熱皿にしきつめます。(電子レンジで事前に合挽き肉に火を通しておくと時短になります。)
  2. チーズ好きなだけ散りばめます。この時に調味料として、にんにくやスパイスも適量入れます。
  3. オーブンやトースターで15〜20分程度焼いて完成です。

油なしが嬉しい!ミラノ風ドリア

ドリアって美味しく、急に食べたくなりますよね。

こちらは、油を使わない、ミラノ風ドリアです。

油を使わないので、カロリーもカット♪

材料(二人分)

・ご飯 一膳×人数分 ・卵 一個 ・トマト缶 半分 ・トマトケチャップ 大さじ1×人数 ・にんにく、ショウガ、玉ねぎみじん切り 各大さじ半分 ・牛肉赤身ミンチ 50g×人数 ・塩、コショウ 少々 ・唐辛子輪切り 適量 ・豆乳ヨーグルト 大さじ1×人数 ・ガーリック 塩 適量

  1. ご飯に溶き卵をかき混ぜ合わせ、塩、胡椒を少々加えて、耐熱皿へ敷きます。トマト缶、牛肉赤身ミンチ、にんにく、生姜、、玉ねぎみじん切りを煮詰めます
  2. 途中にトマトケチャップ、唐辛子、月桂樹の葉をいれて5分程度煮詰めていきます。ご飯に煮詰めソースをかけ、オーブントースターに入れて10分程度焼きます。
  3. 豆乳ヨーグルトでにガーリック塩を混ぜ合わせるとチーズ風になります。これをかけたら再度オーブントースターで焼きます。

これで完成。

ヘルシーでダイエットにも効果的なトマトスープ

温野菜効果で腹持ちもよく、栄養も満点です。

ダイエット中には嬉しいトマトスープのご紹介です。

材料(二人分)

・オリーブオイル  大さじ2 ・ニンニク  1片 ・ウインナー 3本 ・ニンジン 2分の1本 ・アスパラガス 1束 ・キャベツ 6分の1 ・ブロッコリー 2分の1株 ・水煮大豆 1袋 ・赤ワイン  大さじ1 ・コンソメ  適量 ・塩コショウ 適量

  1. 材料は全てお好みの大きさにカットします。鍋にオリーブオイルを入れて、みじん切りにしたにんにくをいれて火にかけます。
  2. ニンニクがきつねいろになったタイミングで、ニンジン、アスパラ、ウインナーを入れて、炒めていきます。
  3. ある程度炒めたら、残りの食材を入れていきます。
  4. 水が底に溜まる程度(100cc程度)入れて、ホールトマト1缶を投入し、煮込んでいきます。この時、水は気持ち少なめでOKです。
  5. 隠し味に赤ワインを大さじ1入れ、コンソメ、塩こしょうで味付けし、10分程度煮込めば完成です。
スポンサーリンク

にんにくダイエットで臭いが気になるときの対処法

にんにく8

ダイエットや体に良いとわかっていても、やはりニンニクと聞けば、気になるのは、口臭などから出るニンニク臭ですね。

にんにくを食べるときは休日と決めている方も多いのではないのでしょうか。

臭い対策として、イメージで出てくるのは、ガム、飴や歯磨きなどが浮かびますが、やはり体内からのにおいには全く歯が立ちません。

ガムであれば相当ミントが強ければ、良いですが・・・。

にんにくの臭いの原因を作っているのは、これまたアリシンという成分で、元はアリインという物質になります。

アリインと酵素が触れて反応することで、アリシンという物質に変化します。

アリシンの組織を壊すことで、硫黄化合物が体内で分解されて、体内に入ったアリシンは血液と結合し、身体中に行き渡り、内側から臭いを発するためとなります。

このため、息だけではなく汗などにも影響するのです。

この気になるにんにくの臭いを抑えてくれる食べ物や飲み物があり、うまく組み合わせをすることで、解消することができるのです。

ニンニクと一緒に飲むのは牛乳や緑茶

牛乳に含まれているタンパク質には、アリシンを抑制する働きがあります。

また、にんにく料理と一緒に、緑茶が効果があります。

緑茶や青汁などに含まれているカテキンには、アリシンの臭いを抑える性質があるのです。

ちなみに、緑茶と比べて、青汁には5倍ほどカテキンが含まれているので、美容効果にも高い青汁と一緒に、是非お試しください。

飲むときのポイントは、食後ではなく食事中に飲むことで、効果を発揮します。

食後のりんご

にんにくの臭いの元になっているアリシンの臭いを抑えるのに、この「りんご」に含まれているポリフェノールと酵素が絶大的な効果があるのです。

とある記事中でも、りんごを食べた方が、ガムを食べるより効果があるいう人がいるほどですので、りんごであれば、比較的食べやすいのでお試しされてはいかがでしょうか。

ちなみにりんごジュースは?と思う方もいらっしゃると思いますが、加熱されていることで、酵素が少なくなり、生りんごよりも効果が薄いとのことです。

おすすめはそのまま皮ごと食べることで、ポリフェノールを失うことなく、食べることができ、効果があります。

アリシンは先ほどお伝えした通り、血液によって体内を循環し、行き渡ってしまいます。

当然のことながら、体内から素早く出す方法は、お風呂で汗をかくことや、尿、運動などで汗を排出することが非常に効果的となります。

スポンサーリンク

黒にんにくを使ってダイエット効果大って?

にんにく7

黒にんにくは、通常のにんにくと比べて、脂肪燃焼効果が高く、痩せやすい体へと体質改善してくれます。

抗酸化力では、通常のにんにくと比べて、黒にんにくには約16倍あり、ポリフェノールが約10倍、含有アミノ酸の数も数倍程度含まれてます。

また、通常のにんにくにはほとんど含まれてない成分があり、抗がん作用や抗酸化作用、老化防止作用が豊富に含まれてます。

そのため、悪玉コレステロールや中性脂肪の増加を防いでくれるのです。

ちなみににんにくにある抗酸化作用は、通常、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類が有名ですが、15種類以上の抗酸化物質が含まれております。

にんにくにはアドレナリンの分泌を促進して、脂肪の燃焼を促進させる働きがあります。

黒酢にんにくで健康増進の効果あり

黒酢には必須アミノ酸が豊富に入っており、健康にも良いのです。

黒酢にんにくはスタミナ向上、生活習慣病予防などの健康効果を期待して使われるのですが、元がニンニクなだけにダイエットに使用する人もいます。

スポンサーリンク

まとめ

先にも述べましたが、ニンニクはダイエットに効果が良いからといって食べ過ぎは良くありません。

にんにくのアリシンには血栓溶解作用があり、過度な摂取となると、血液中の色素のへモグロビンを溶かし、貧血を起こしたり、血が止まりにくくなる影響もありますのでご注意ください。

生にんにくも過度な摂取は良くありません。

殺菌作用が強いため、腹痛や腸内善玉菌を減少させるので、下痢になる場合もあります。

加熱しても食べ過ぎは胃腸に負荷が大きいのです。

おすすめポイントは、食べるタイミングは胃腸の負荷がかかりにくい夕食で、摂取量の目安は生の場合、1片/日 、加熱なら2片/日程度です。

いかがでしたでしょうか。

ニンニクには非常にダイエット効果のある成分が含まれており、しっかり臭い対策や食べ過ぎに注意をすることで、効率的なダイエットができるかと思います。

健康効果もあるにんにくダイエットにご興味がありましたら、是非一度、お試しください。