グルテンフリーダイエットの効果ややり方は?!ブログや口コミの評価は?

グルテンという言葉を聞いたことはありますか?グルテンとは小麦・大麦・ライ麦などに含まれるたんぱく質のことで、グルテンフリーダイエットは、このグルテンを食べないようにするダイエット法であり、日本ではまだそれほど知られていないダイエット法です。今回はそんなグルテンフリーダイエットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットとは?

wheat-995055__180

グルテンフリーダイエットは、日本ではまだそれほど知名度は高くありませんが、ハリウッドの海外セレブを始め、アメリカ全土で大ブームとなっているダイエット法であり、元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントであるエリカ・アンギャル氏が紹介したことによって日本でも、美に敏感な女性の間で人気が出始めています。

グルテンフリーダイエットとは、グルテンを含んだ食事を摂らない食事療法で、グルテンとは小麦・大麦・ライ麦などの穀物に含まれるたんぱく質の一種であり、パスタやパン、うどんのもちもちした弾力の素となるものです。グルテンを含む菓子パンなどは、トランス脂肪酸である砂糖やマーガリンを使用していることが多く、また、グルテンは食欲を増進する中毒性があり、グルテンフリーにすることによって、無理な食事制限をすることなく体重が落とせるため、ストレスなく瘦せられます。ストレスがないということは、ホルモンバランスの乱れも少ないためリバウンドしにくい、瘦せやすいカラダにしてくれるということであり、これも女性に人気の理由です。

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットの効果は?

hair-633061__180

食欲の抑制

小麦製品に含まれるグルテンには、食欲を増進させる中枢神経を刺激する働きがあり、グルテンを摂取することによって食欲が増し、カロリーオーバーとなってしまう危険性があります。グルテンフリーにすることで、この食欲を抑制しカロリー摂取量を抑えてくれる効果があります。

インスリン分泌量の抑制

小麦製品には「アミノペクチンA」と呼ばれるデンプン質が含まれており、このアミノペクチンAは血糖値を急激に上昇させる働きがあります。血糖値が急激に上昇すると、血糖値を抑える働きを持つインスリンというホルモンが分泌されますが、このインスリンというホルモンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれ、脂肪組織で脂肪がつくられるのを促したり、脂肪の分解を抑制する働きも持っているため、インスリンが多量に分泌されると太りやすいカラダになってしまうのです。

グルテンフリーにすることで、この肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌を抑え、食欲を抑制し瘦せやすく太りにくい体質にしてくれます。

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットの方法は?

orange-makeup-917009__180

グルテンフリーダイエットのやり方はとてもシンプルです。グルテンを含む食品を食べないようにするだけで、後は普段通りの食事をとっても構いません。ただ、グルテンフリーダイエットの効果を飛躍的に高めるためには、ジョギングや水泳などの有酸素運動を行うことが大切です。厳しい食事制限をしているわけではないため、適度な運動を行わないと、体型は維持できても体重を落とすことまではなかなかできません

ダイエットに効果的な有酸素運動の正しいやり方は、筋トレや有酸素運動は順番・時間が大切!毎日のダイエットを効率的に行うために。を参考にしてください。

スポンサーリンク

グルテンはどんな食品に含まれている?

グルテンを含む食品・食材

パスタ、ラーメン、うどん、焼きそば、パン、ベーグル、パン粉、マカロニ、ピザ生地、全粒粉、餃子の皮、肉まんの皮、ワンタン、天ぷら・唐揚げの衣、洋菓子、カレー・シチューのルウ、麸、ビール・発泡酒

グルテンを含まない食品・食材

米、雑穀、餅、米粉、米粉パン、玄米粉、大豆粉、片栗粉、葛粉、そば粉、十割そば、ビーフン、春雨、コーンスターチ、ベーキングパウダー、ココナッツパウダー、お肉、魚貝類、野菜全般、果物、豆類、芋類、豆腐、こんにゃく、納豆、乳製品、和菓子、チョコレート、ゼリー、ポップコーン、ナッツ類

スポンサーリンク

グルテンフリーダイエットのポイント

カロリーよりもグルテンに着目

グルテンフリーダイエットでは食べるもののカロリーよりもその食材にグルテンが含まれているかどうかを着目してください。食材を購入する際はカロリーはあまり気にせず、原材料表示を見るようにしてください。小麦製品だけでなく、意外といろいろな料理や食材にも小麦は入っていることが多いです。

程よく炭水化物も取り入れる

炭水化物はカラダのエネルギーの源であるため、不足すると日々の生活に支障をきたす可能性があります。炭水化物の中にもグルテンフリーの食材や料理はあるので、グルテンを抜きつつうまく炭水化物を摂取するようにしてください。

ビタミンBやミネラル、たんぱく質の摂取

ダイエットを効果的に行うためには、ビタミンBやミネラルの摂取は必須です。ビタミンB郡には体重が落ちやすくしてくれる脂肪燃焼効果がありますし、ミネラルのなかでもカリウムは体内に溜まった不必要な余分な水分を体外に排出してくれる排泄作用があります。また、たんぱく質は血糖値を安定させる働きがあり、朝食の際に良質なたんぱく質を摂取することで太りにくいカラダにしてくれます。

酵素ドリンクや野菜スムージーを取り入れる

野菜に含まれる酵素を多く摂取することで、消化機能が上がったり代謝機能を良くしてくれたりします。グルテンフリーダイエット中は食べられないものもそこそこあるため、不足している栄養素などは酵素ドリンクや野菜スムージーなどを活用して補ってやりましょう。

スポンサーリンク

口コミやブログでの評価は?

口コミサイトや個人のブログでのグルテンフリーダイエットの評価を見てみると、瘦せた・効果が出たという人ももちろんいましたが、「体型維持はできるけど瘦せるには至らなかった」「太らないだけで瘦せない」というような意見が目立ったように思います。グルテンフリーダイエットは瘦せやすくするためのダイエット法であり、体重がみるみる落ちていくものではありません食品系ダイエットや置き換えダイエット全般に言えることですが、確実に瘦せようと思うと、適度な有酸素運動が必要になります

マイリー・サイラスやレディー・ガガなどはグルテンフリーダイエットの成功者として有名ですが、マイリー・サイラスは2ヶ月で11Kgの減量に成功したと言われています。グルテンフリーダイエットの効果だけでそれほど瘦せるとはとても思えません。彼女たちはグルテンフリーを守りつつ、効果的に有酸素運動を取り入れていたため、あのような美しいカラダを手に入れられたのです。

スポンサーリンク

まとめ

グルテンフリーダイエットは、食品系ダイエットのなかでもそれほどストレスを感じることなくできるダイエット法と言えます。グルテンが含まれる食材が食べられなくなりますが、グルテンを含まない食材で代用がきくため、それほど食事制限もツラくないと思います。レシピや献立に多少工夫が必要ですが、いまはクックパッドなどのレシピサイトも充実しているためそれらを活用してください。グルテンフリーダイエットで太りにくく瘦せやすい美ボディを目指しましょう!