ギムネマダイエットで痩せた!効果的な飲み方とは

最近ひそかに話題となっている「ギムネマ」。

ギムネマと聞いて、それどのような物であるのか分かる人は少ないのではないでしょうか。

ギムネマとは、血糖値の急激な上昇を抑えるダイエット効果のあるハーブで、2000年以上も前からインドの伝統医療であるアーユルヴェーダで利用されています。

ダイエットサプリを服用している人は、もしかしたら知らぬ間に摂取しているかもしれません。

今回はこのダイエットハーブ「ギムネマ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ギムネマとは

mandala-2798417_960_720

ギムネマの正式名称はギムネマ・シルベスタ、別名グルマール、日本では省略されギムネマと呼ばれています。

グルマールとはヒンディー語では甘みを壊す物と言う意味で、ギムネマの葉を数分噛むと砂糖の甘みを感じにくくなる事からつけられた名前だとされています。

ギムネマはインド原産のガガイモ科のツル状植物で、南インドから東南アジアなど亜熱帯地域や山岳地にかけ広く点在しています。

ギムネマの葉は卵型・楕円形の形をしており、長さ3~8cm・幅1.5~4cmの大きさ。

雨期が始まる時期に芽を出して、成長するとツル状となり他の木に絡み付くようになり、ツルの長さは3~4mにも達すると言われています。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダにて、ギムネマが糖尿病の治療薬、健胃・利尿・強壮作用がある薬草として用いられてきました。

ギムネマの葉に含まれるギムネマ酸に有効成分があり、小腸で糖質の吸収を阻害し血糖値の上昇を抑える働きがあります。

食後に腸から糖質が吸収されるとそれを筋肉や細胞内に取り込む為、膵臓からインスリンが分泌されます。

また血液中の総コレステロールやトリグイセリドを低下させる効果も示唆されているのです。

スポンサーリンク

ギムネマダイエットとは

slimming-2728331_960_720

ギムネマダイエットとは、ギムネマの糖の吸収を抑えるという効能に着目したダイエット方法です。

ギムネマに含まれるギムネマ酸という成分が余分な糖をブロックしてくれ、体重増加の原因となる糖の溜め込みも防いでくれます。

糖分と聞くと甘味を想像しますが、糖分は甘いものだけに含まれているわけではなく炭水化物も糖質の一つ。

私達人間の体のエネルギー源にもなっている炭水化物は糖質なので、米やパン、麺類など一般的な主食には全て炭水化物=糖質が含まれているのです。

これらの糖質に対し、吸収抑制作用が働くのは非常に助かりますよね。

ギムネマのこの作用を生かし食事制限や糖質制限をする事なく、体重を減らすことが出来るのがこのダイエット方法。

ギムネマを摂取する以外に特別にやることはないですが、もちろん運動を取り入れればダイエット効果は上昇します。

しかしながらギムネマダイエットとしては、運動も必要ないのです。

食べるのが好きだけれど運動するのは嫌いというダイエットに向かない人に、おすすめのダイエットでしょう。

スポンサーリンク

ギムネマの効果とは

lose-weight-1968908_960_720

それではギムネマの効果をご紹介します。

血糖値を下げる

血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の量を表す数値です。

肥満・運動不足などの生活習慣が原因で血糖値が正常に保てなくなると、糖尿病を引き起こし、悪化すると血管や神経などに影響を及ぼし合併症や動脈硬化を引き起こします。

食事中の糖質が体に吸収されると血糖値の急激な上昇を抑える為、インスリンという血糖値を正常に保つホルモンが必要な量だけ分泌。

しかしながら糖尿病になってしまうとインスリンの分泌が遅れるので、血液中のブドウ糖が正常に処理されず、食事後に血糖値が急激に上昇することも。

ギムネマには小腸での糖の吸収を抑え血糖値の上昇を抑える効果の期待ができます。

研究結果で8人の糖尿病患者にギムネマの葉粉砕物を摂取してもらったところ、8人中2人は血糖値が正常に戻ったという報告もあがっています。

肥満予防

肥満はハイカロリーの食事による摂取エネルギーの増加の他、朝食を抜いたり夜食を食べるといった不規則な食生活や、運動不足が原因となり引き起こされます。

肥満というのは、皮下脂肪が厚くなる皮下脂肪型肥満・内臓周りに脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満があります。

内臓脂肪型肥満は見た目からして肥満には見えない体型であっても、内臓に脂肪が溜まっている隠れ肥満に当てはまり、生活習慣病にかかりやすくなると言われています。

肥満になってしまうとコレステロールなどの脂質が血液中に流れていき、動脈硬化を引き起こし、動脈硬化が進むと血液の流れが悪化し、高血圧にもつながる恐れが。

動脈硬化で細くなった血管には、血栓ができやすくなり心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気が発生する危険性が高まるのです。

ギムネマは、摂取しすぎた糖を中性脂肪として体に蓄積されにくくする効果があります。

糖を吸収する小腸に対しギムネマ酸が先回りし吸収を抑えることによって、余分な糖分を体外へ排出させることができるので、肥満の予防効果が期待できます。

便秘解消

便通というのは、最低1日1回が理想的とされています。

しかしながら不規則な生活により排便の習慣が定着していない人や、食生活の欧米化による食物繊維の摂取量の減少により、近年は特に便秘が引き起こされやすくなっています。

また食事量が少ないというのも便をつくる量が不足し便秘になることがあるので、ダイエットというのも便秘の大きな要因となります。

便秘になってしまうとお腹の張りや痛み、そして肌トラブルが発生する人も。

ギムネマは糖質吸収を抑えた際に、吸収される事のなかった未消化物が食物繊維と似た働きをしてくれる為、便の量を増やし便秘改善効果が期待できます。

虫歯予防

糖類の摂取しすぎが原因となり発生する虫歯は、最も身近な生活習慣病の一つであると言われています。

虫歯が進行していくと、痛みを感じ歯を失ってしまうだけでなく、長期間放置することにより敗血症といった病気を引き起こす事があります。

虫歯というのは、口の中に存在している菌に由来するグルカンスクラーゼという酵素が、糖から歯垢のもととなるグルカンを合成することにより発生します。

グルカンは食べかす等を材料にし歯垢をつくり、口の中で細菌が増殖し、歯垢内で細菌によって酸がつくられ、歯表面エナメル質の内側からカルシウムやリン酸などが溶かし虫歯が進行。

つまり虫歯を予防するにはグルカンの働きを抑えることが重要なのです。

ギムネマは虫歯菌によるグルカンの合成を抑えて、虫歯の発生を予防する効果が期待できます。

スポンサーリンク

ギムネマの効果的な摂取方法とは

tablets-623706_960_720

ギムネマがどのような物でどのような効果があるのかについてご紹介しましたが、そもそもギムネマをどのように摂取していけばいいのか分からない人も多いでしょう。

ギムネマは食物繊維やビタミンのような栄養素ではない為、食品から摂取することはできません。

ギムネマの摂取方法は錠剤や粉末などのサプリメントとして販売されており、お茶やドリンク剤などの商品もあります。

ギムネマの効果というのは腸からの糖質吸収を抑制することで発揮されるので、ギムネマをサプリメント等で摂取する場合は食前に飲むのが最もよいタイミングです。

ギムネマのサプリメントはギムネマ単体のサプリ以外にも、他ダイエット成分のガルシニアやバナバ等が配合された商品も。

ギムネマのダイエット効果を期待する場合には、このようなサプリメントをおすすめします。

有名なギムネマが含まれているサプリメント商品の代表と言えば、カロリミット。

機能性表示食品のカロリミットの売りとなる有効成分の一つがギムネマで、ギムネマが含まれていると知らずに飲んでいた人も多いのではないでしょうか。

ギムネマのサプリやギムネマ茶の効果的な摂取量は特に定まっていませんので、商品情報をよく確認して定められた摂取量を守るようにしてください。

スポンサーリンク

ギムネマの副作用や注意点とは

mental-health-2211182_960_720

ギムネマの効果や摂取方法などご紹介してきましたが、危険性や安全性が気になる人も多いでしょう。

あまり一般的に世の中に知られていない成分、言葉なので不安に思いますよね。

以下注意点をご紹介します。

1日の摂取量を守る

ギムネマの1日の摂取量目安は、30〜200mgとされています。

ギムネマが含まれている商品は一般的に薬のような副作用の心配はありませんが、ダイエット効果を高めようとし多めに服用するのはやめてください。

ギムネマのサプリや健康補助食品などといっても様々な種類があり、製品ごとにギムネマの配合量はもちろん異なります。

しっかりと記載の用法と用量を守り摂取していきましょう。

甘味を一時的に感じなくなる

ギムネマを摂取すると甘みを感じなくなる事があります。

これはギムネマのグルグロン酸という成分が、舌にある味を感じる器官の細胞に結合し感覚を麻痺させるからです。

味がブロックされるのは甘みだけで、酸味や辛味など他の味には影響はありません。

もちろん1時間ほど経過すればこの現象は解消され、普通通りの味覚に戻るので安心してください。

低血糖になる

血糖抑制効果がギムネマにはあるので、血糖値を下げ過ぎると低血糖になる恐れもあります。

そのため、糖尿病治療をしていて糖尿病治療薬である血糖降下剤を使用中の人はギムネマを摂取しない方が良いでしょう。

糖尿病患者はギムネマ摂取により薬の服用量が変わる可能性があるので、必ず医師に相談してください。

低血糖とはインシュリンの分泌が急激に増え、血糖値が急激に下がってしまった状態を言います。

血糖が不足すると、だるさや頭痛、イライラなどの症状につながることもありますので、これらの症状が出てきた人は服用を中止してください。

貧血になる

ギムネマには鉄分の吸収を阻害する作用があるので、貧血気味な人や生理前後の鉄分が不足しやすい時期の利用には注意するようにしましょう。

鉄分が不足してしまうと、赤血球が巡りにくくなるため体調不良が見られやすくなる場合があります。

鉄分というのは食事からの吸収は意外と難しく、不足しやすい成分です。

貧血やたちくらみが頻繁に起こる人は、ギムネマの摂取には注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

weight-loss-2036967_960_720

ギムネマダイエットはいかがでしたでしょうか。

このダイエット方法は体重を減らすというよりも、体重を維持するダイエットと言えるので即効性を期待するダイエットではありません。

そうだとしても糖質を摂り太らないというのは嬉しいポイントです。

効率的に体重を減らしたいと望むのであれば、ギムネマを摂取し運動する事が必要なのかもしれません。

しかしながら生活習慣や食習慣をいきなり変える事は難しいと思いますので、まずはギムネマを摂取することから始めてみましょう。

近年はサプリメントや健康食品、ダイエット食品など様々なギムネマが含まれている商品がお買い求めしやすい価格で販売されていますので、きっと始めやすいですよ。