適正体重やモデルを意識した美容体重の計算式とは?捉え方は男性と女性で違う?

自分の適正体重を知っているという人は、意外と少ないと思います。

ダイエットなど意識していない人など言わずもがな、ダイエットを現在実践している人でも自分の適正体重をしっかり把握している人はあまりいません。

体重計の数値ばかりにとらわれることは、ダイエットにおいて非常に危険ですが、あまりに無関心すぎるのも問題です。

今回は自分の「適正体重」の重要性や計算式、そして、現代の女性が憧れる美容体重といったものについて紹介していきます。

スポンサーリンク

目標体重のいろいろ

diet-398613_1280

出典:vegaprocity.com

ダイエットをする上で、目標とする体重を決めることはモチベーションの維持につながり、誰もが掲げることですあり、現代の目標体重には一般的に3種類あるといわれています。

目標体重には「適正体重」「理想体重」「美容体重」があります。また、目標体重と同じように身長や体重を用いた指標に「BMI」があります。

BMI

BMIとはBody Mass Index(ボディー・マス・インデックス)の略であり、体重と身長を用いた肥満度を示す体格指数のことをいいます。

BMIは、1835年にベルギーのアドルフ・ケトレー氏が提案したものであり、統計手法を取り入れ、人の身長に対して実際体重と適正体重を比較するボディマス指数(BMI)のことです。

計算式は、

BMI= 体重(kg) ÷ (身長m)2で表すことができます。

BMI範囲 ⇒ 肥満度
18.5未満 ⇒ 低体重
18.5~25未満 ⇒ 普通体重
25~30未満 ⇒ 肥満(1度)
30~35未満 ⇒ 肥満(2度)
35~40未満 ⇒ 肥満(3度)
40以上 ⇒ 肥満(4度)

適正体重

適正体重とは、病気にかかりにくく最も健康に過ごせる体重とされ、計算によってでた数値に近ければ生活習慣病の発症率が最も低くなります。

しかし、この計算式で導かれる値というのは、あくまで体の健康を維持することだけを意識した数値であり、私たちが長生きしようとするのであれば、これぐらいは脂肪がついていたほうがいいと決められている体重です。

計算式は、

身長(m) × 身長(m) × 22 = 適正体重(kg)

となり、160cmの人の適正体重は、1,6✕1,6✕22=56,32となり、

約56,3kgがその人の適正体重となります。

適正体重は健康体であるための体重であり、そのため、統計的に最も病気にかかりにくいとされているBMI指数の22が計算式に組み込まれています。

健康維持・管理のためには、この適正体重を目安として目指すといいとされていますが、スタイルを過剰に気にする現代では、この体重はやや肥満に該当する場合があり、痩せてるとされている人やスタイルがいいといわれている人の体重は、この数値よりももう少し下になります。

理想体重

理想体重とは、若干太り過ぎ感のある適正体重を少し下方修正した値であり、一般的には異性から見た際の、健康的且つ絞るところはしっかり絞られた痩せている体重とされています。

計算式は、

身長(m) × 身長(m) × 20 = 理想体重(kg)

となり、160cmの人の理想体重は、1,6✕1,6✕20=51,2となり、

51,2kgがその人の理想体重となります。

理想体重は適正体重よりも若干痩せ体型となり、異性から好感を持たれやすい理想の体系と言われています。

ダイエットをしている女子の大半が、この「理想体重」もしくは「美容体重」を目標として行っています。

美容体重

美容体重は「女優体重」ともいわれ、一般的な健康体とされる適正体重とは違い、見た目(ルックス)のみに重きを置いた体重を指します。

計算式は、

身長(m) × 身長(m) × 19 = 美容体重(kg)

となり、身長160cmの人の美容体重は、1,6✕1,6✕19=48,64となり、

約48,6kgがその人の美容体重となります。

近年活躍している女優やモデルの細身志向によって、美容体重の基準は適正体重を大きく下回っており、女性の誰もが理想とする体重ではありますが、実現するのが非常に困難な体重です。

お洒落な街で目を奪われるような細身で可愛い女性は、おそらくこの美容体重に近い体重を実現しているはずです。

一般的に、美容体重とは現代の女性が憧れ実現しようとしている美容に特化した理想体重です。異性ではなく同姓の女性から見て、プロポーションが良いと思われる人は美容体重と実際の体重が近くなっているようです。

最近では、TVや女性雑誌などで活躍するモデルさんなどが、美容体重よりさらに軽い体重であることがしばしばあり、そういった「モデル体重」を目指す一般の女性も増えているようです。

スポンサーリンク

BMIや適正体重の計算値って実際だと太って見えない?

images (68)

出典:www.caloriesecrets.net

自分の適正体重やBMI指数を計算してみると、「こんな体重ちっとも適正じゃない。絶対ぽっちゃりだ!」なんていう風に思わないですか?

BMIはいわゆる「美容上の体重や指標」ではなく、あくまで「健康維持・管理のために用いられる指標」です。

BMIの指標というのは、単純に身長と体重だけを当てはめた値であり、筋肉量の多い・少ないというのは一切考慮されておらず、筋肉隆々の人も筋肉がほとんどない人でも同一の式に当てはめて計算することになります。

同じ身長180cmで体重90kgであっても、体脂肪率には必ず違いがあるため、体脂肪率が一桁台のアスリートのような人もいれば、180cm60kgでも体脂肪率が20%以上ある人もいるのです。

一概には言えませんが、病気になるリスクというのは同じ身長であれば、痩せすぎているよりは若干脂肪が蓄積されている程度の方が遥かに低くなります。

外見上はあまり分かりませんが、痩せすぎていると細菌などに対抗する免疫力が弱まってしまうのです。

近年の芸能界や特にファッション業界では、BMI指数で表すところの、16~19の痩せすぎているモデルたちが男女関係なく活躍しており、彼ら彼女らが着ている服を自分も着こなしてみたい、彼ら彼女らのようなスタイルに憧れたいという若者が増えました。

この美を追求するという傾向は美容上は美しくなりますが、「健康維持・管理」の観点から見るとファッションモデルのようなプロポーションは「不健康」とされています。

そもそも、日本人の体格調査をしてみると、彼ら彼女らのようなスリムなモデル体型のような人はごくごく一部であり、大半の日本人はBMI指数22付近に集まります。

ただ痩せていればいるほど美しい。そう言い切れないのは、外見上では分からない内面に潜む健康問題が隠れているのです。

スポンサーリンク

BMI指数の落とし穴

cannot-seem-to-stick-to-diet-plan

出典:www.hamptonroadspub.com

BMIでの体重算出方法は、世界的にも認められおり世界中で活用されていますが、実際にBMI指数が適正体重とマッチしていても健康になれるというわけではありません。

BMIというのはあくまでも目安となる指標であり、鵜呑みにしてこの数値ばかりにとらわれてしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまいます。

体脂肪率が考慮されていない

BMIはあくまでも身体と体重のみを用いて表される指標であり、用いられた体重には水分・骨・脂肪・筋肉を総称したものであり、体脂肪率などが全く考慮されていないのです。

BMIで算出された値では理想の体重であっても、水分・骨・脂肪・筋肉を全て含めた体重を用いて計算しているため、その体重の占める割合において体脂肪率が通常値よりも非常に多いために、BMI数値上は適正体重であっても、実際は不健康な体である可能性も充分あるのです。

BMIでは健康体といえる理想値だったからと安心して、乱れた食生活や運動を全くしない生活習慣で過ごしていると、健康を損なう可能性が充分あり得るため、算出された数値だけを鵜呑みにして安心しきらないようにしてください。

私たち人の体というのは、年齢を重ねるとともに基礎代謝は低下し、10代や20代の若い頃と同じような食生活・運動習慣で過ごしてしまうと、体重に増減は無くても気づかないうちに体脂肪は徐々に増え、隠れ肥満になってしまう恐れがあるのです。

肥満は糖尿病や高血圧、そして脂質異常症といった生活習慣病を引き起こす原因になりかねません。

BMIでは体脂肪率は考慮されていないということを念頭に置くようにし、自分の体脂肪率に不安がある方は、体重計で体重を量ると同時に、体脂肪率も日常的にチェックするようにしましょう。

筋肉量が考慮されていない

BMIの計算式では、体脂肪率が増考慮されていないのと同様に、筋肉量も考慮されていません。

体脂肪の蓄積を防止するためにも、ダイエットを行う際は筋トレをして十分な筋肉量を保つことが非常に大切となってきます。

筋肉は関節を動かし身体の各所を駆動させるだけでなく、あらゆる機能をの正常化維持、そして基礎代謝の源であり、脂肪燃焼を促進しています。

BMIの数値だけでは、体脂肪と同じように自分の筋肉量というものがわからないため、実際に筋肉量が基準値以上あり、健康体であるかどうかというのが非常にわかりづらいという難点があります

最近の医学的データでは、肥満よりももっと恐ろしいのが運動不足と言われており、BMIの指数に安堵して運動不足や筋肉量の低下を招くようなことがあってはなりません。

適正体重や美容体重、BMIが示す数値を目標に、ストイックな食事制限をして体重を減らしたとしても、脂肪を燃焼する有酸素運動や筋肉をつける無酸素運動をしなかったり、無理な食事制限でたんぱく質の少ない偏った食生活を日々送っていると、筋肉量が低下してしまう恐れがあります。

体重を減らすことばかりにとらわれて、筋肉量も減ってしまうようなダイエットでは、決して美しいとは言えない不健康な身体となり、身体全体が引き締まったボディメイクはできていないといえます。

誰もが憧れる綺麗な体型をつくりだすには、適切な筋肉量を保ち、身体が引き締まっていることが大切です。

水分量が考慮されていない

体重には体脂肪率や筋肉の他にも水分量が含まれていません。ここでいう水分量とは、飲み物として摂取した一時的に体内に入ってくる水分とは別物です。

水分量とは体内組織を構成する水分全体のことを指しており、血液はもちろんのこと、リンパ液、細胞外液、そして細胞内液などが含まれます。

これらの水分は全身へ栄養素を運搬する役割を果たすだけではなく、体温調節や老廃物の排出といった重要な役割も担っています。

この体水分量は、体が大きい人や筋肉量の多い人の方が一般的に多くなると言われており、そのため、通常は女性よりも男性の方が多いといわれています。

また、水分量は体脂肪率の高い・低いでも変わるとされ、体脂肪率が高い人は水分量が少なく、体脂肪率が低い人ほど水分量が多くなるそうです。

これらのことから、体内の水分量を把握することが可能であれば、体の中がどれくらい健康であるかの目安とすることができ、より一層理解することができます。

筋肉同様、年齢を重ねるとともに水分量も減少傾向にあり、健康を維持するためにも体に充分な潤いを持たせてやることが大切です。

体脂肪率ほどはまだ知られていない体内水分量ですが、知っておくと健康管理に役立ちます。

身長が高いとBMI指数も高くなる

BMI指数では身長の違いによっても、指数は大きく変動することが指摘されています。

身長が高い人ほどBMI指数も高くなると言われており、実際の計算式に当てはめてみてもそういった事実があることが分かっています。

例に出すと分かるのですが、BMIの指数で最も健康的で日本人に多い値というのは22になりますが、身長が150cmの人の場合、このBMI指数22を用いての適正体重は49.5kgになります。

そして、身長が2mある人が同じ計算式で適正体重を算出してみると88kgとなるのです。

身長が150cmの人の体重が49.5kgというのは、一見するとぽっちゃり体型であり、身長が2mの人の体重が88kgというのは、非常に痩せ型の体型となってしまいます。

このように、BMI指数は身長が高い人ほど数値がその分高くなり、身長以外が同じような体格・体型の人でも値は大幅に変わってくるのです。

ダイエットは体重を減らすだけではダメ!

ダイエットといえば体重を減らすことを一番に考えますが、体重が減ったらそれはダイエットに成功したといえるのでしょうか?

現代の女性は美容体重を目指す事ばかり意識し、体重計の数値だけを信じてダイエットに取り組んでいる人が非常に多いです。

たしかにダイエットで、体重を減らす行為というのは、美しいボディメイクには必要不可欠ではありますが、体重というのは水分・骨・脂肪・筋肉など様々な重さが集まったものです。

体重が減ったからといって美しいボディメイクができたかというと、そうとは限りません。他人が見ても痩せて綺麗になったと思われるには、体脂肪を中心に落としていく必要があります。

「体脂肪」ではなく「体重」を手っ取り早く落とす方法は、何も食べない断食であり、最近の若い女性は体重計の数字を減らすために、断食に近いような食事制限を実践する人が後を絶ちません。

食事制限のみのダイエットでは、体脂肪を落とせるかもしれませんが、かなりの確率で筋肉も一緒に落ちてしまい、基礎代謝の低下を招いてしまいます。

基礎代謝は私たちの1日の消費エネルギーの6割をも占めているため、基礎代謝の低下はダイエッターにとって死活問題です。

筋肉を落とさずダイエットを成功させるには、適度な運動(有酸素運動+無酸素運動)が必要となります。

ダイエットの基本は「健康に美しく痩せる」ことであり、引き締まった身体で美容体重を達成した人は、誰もが羨む美しいボディラインを手に入れています。

体重を落とす適正なペース

適正体重や理想体重、美容体重、BMI、体脂肪率などを参考にして、現在の自分の体重と比較してみたら、最終的な目標とする体重や体脂肪率を決めるようにしましょう。

そしてダイエットでは、実践するダイエット方法の内容が大切なのは間違いありませんが、ダイエットで体重を落とすペースというのも非常に大切になります。

私たち人間の構造的に1ヶ月で健康を損なうことなく無理せずダイエットで体重を落としていい重さというのは、現在の体重の5%と言われています。

この5%を上回って無理なダイエットをしようとすると、身体は飢餓状態を感知し、防衛本能によりホメオスタシス機能を発動させてしまいます。

ホメオスタシス機能とは、身体が危機的状況に陥ったと脳が判断した場合に働く機能であり、身体に栄養を溜め込もうとする効果があります。

普段よりも食物から得るエネルギー吸収率が高まり、なるべくエネルギーを体内に留めようとするのでエネルギー放出量も必要最低限になります。

この機能は、例えば、震災や雪山で孤立してしまい、食物の摂取もままならないという危機的状況の際に発動する働きですが、ダイエット期間中も起こりえることであり、これを「ダイエット停滞期」とよんでいます。

短期間で急激な体重減少、つまり、1ヶ月で自重の5%以上もの減量を行ってしまうと、身体は危機的状況と感じてホメオスタシス機能を働かせてしまうのです。

ダイエット停滞期に入ると、吸収率が高まりエネルギー放出量は減るので、太りやすく痩せにくくなってしまい、全く体重が落ちないどころか逆に増えてしまうこともあるのです。

そのため、短期間での急激な体重減少は避けるようにし、現在の体重の5%、もっというなら3%くらいが一番無理がないと言われています。

停滞期はリバウンドの原因にもつながりますので、ダイエットのペースは無理なく行うようにしてください。

身体の部位の理想サイズ

身長によって適正体重が決まるように、身体の各所の理想サイズというのも身長から算出してやることができます。

体重計の数値にとらわれるのではなく、実際に視覚として捉えられるこういった数値を目指してダイエットに励むのも、場合によっては良いとされています。

理想サイズはあくまで、周りの人から見て「綺麗」と感じる数値であり、自分が理想とするプロポーションというのはそれぞれ違うと思うので、あくまで参考程度にしてください。

トップバスト

  • 20代 身長✕0.53
  • 30代 身長✕0.54
  • 40代 身長✕0.55

アンダーバスト

  • 20代 身長✕0.44
  • 30代 身長✕0.46
  • 40代 身長✕0.47

ウエスト

  • 20代 身長✕0.37
  • 30代 身長✕0.38
  • 40代 身長✕0.39

下腹

  • 20代 身長✕0.50
  • 30代 身長✕0.51
  • 40代 身長✕0.52

ヒップ

  • 20代 身長✕0.56
  • 30代 身長✕0.57
  • 40代 身長✕0.58

太もも

  • 20・30・40代 身長✕0.31

ふくらはぎ

  • 20・30・40代 身長✕0.20

二の腕

  • 20代 身長✕0.15
  • 30・40代 身長✕0.153

まとめ

ダイエットで目標体重を設定することは、モチベーションを維持するためにも大切なことではありますが、算出された数値だけにとらわれると危険な健康状態となることがあります。

目標体重を意識してその体重を目指すのであれば、同時にBMIや体脂肪率といったものも調べてダイエットを行うようにしてください。

ダイエットでは、数値だけではなく実際に視認できる部位の変化を意識することや体重を落とすペースというのも意識することが大切です。

健康的に美しく痩せるためにも、体重計の数値だけを信じてダイエットを行うのは避けるようにしてください。