ホットヨーグルトダイエットの効果は朝と夜どっちがでやすいの?

ヨーグルトを温めるだけで簡単に作れるホットヨーグルト。ホットヨーグルトは日本の有名料理家の方が考案されたそうですが、ダイエット効果があるということは知っていましたか?手軽に作れるため、朝食にホットヨーグルトを食べている女性も多いと思いますが、実はそれではうまくダイエット効果を得られません。今回はホットヨーグルトダイエットについて詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ホットヨーグルトダイエットとは?

ヨーグルト2

ホットヨーグルトとは、読んで字のごとく温かいヨーグルトを食べて瘦せようというダイエット法です。特に食事に制限はなく、普段通り食事をとって大丈夫です。

なぜ普通のヨーグルトではなく温めたホットヨーグルトなのかというと、冷たい普通のヨーグルトは、食べ過ぎてしまうと内蔵が冷え、胃や腸の機能が低下してしまうからです。胃腸が正常に機能しないと、冷え性を起こしたり、脂肪が蓄えられやすくなってしまいます。

ヨーグルトを温めることによって、内蔵が冷えるのを防ぐと同時に、ヨーグルトの有効成分を効率的に吸収することができます。

スポンサーリンク

ホットヨーグルトの効果

女性 驚き

ホットヨーグルトは温めることで普通のヨーグルトよりも有効成分が増え、女性に嬉しい美容や健康にいい様々な効果があります。

ダイエット効果

ホットヨーグルトは冷たいヨーグルトよりもカルシウムの吸収率を高めてくれます。カルシウムは、体内の余分な脂肪分や栄養素を排出する作用をもつ甲状腺ホルモンの働きを活発にしてくれるので、太りにくいカラダをつくってくれます。また、カルシウムは脂肪や胆汁酸と結びつくことで、小腸で吸収されにくくなり、脂肪がつくことを防いでくれます。

また、ダイエット期間中に訪れる停滞期は、ダイエットによって消費したカルシウムやエネルギーを補おうと脂肪を蓄積して起こりますが、ホットヨーグルトを食べることで不足していたカルシウムを摂取できるので、結果的に停滞期を防ぐことができます。

便秘解消効果

ヨーグルトは温められることによって、冷たいヨーグルトより善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌の働きが活発になり、腸内環境がよくなるため、便通もよくなり便秘の解消につながります。

美肌効果

ホットヨーグルトを飲むことで、乳酸菌やビフィズス菌の働きにより腸内環境が整えられると、便秘の解消効果だけでなく、体内の老廃物を排出しやすくしてくれるため、肌荒れやニキビの原因となる有害物質も体外へ排出し、肌荒れやニキビを防止し、肌の状態を良くしてくれます。

また、ホットヨーグルトには肌のターンオーバー(細胞の入れ替え)効果もあるため、肌のくすみや黒ずみを取り除いて美肌をつくってくれます。

良質な睡眠をとれる

牛乳やヨーグルトなどの乳製品に多く含まれているトリプトファンという成分が、摂取すると体内でセレトニンとなります。セレトニンは、メラトニンと呼ばれる良質な睡眠を促す睡眠物質をつくりだすため、寝る前にホットヨーグルトを飲むことで、良質な睡眠を得られ、翌朝スッキリと目覚めることができます。

スポンサーリンク

ホットヨーグルトダイエットのやり方は?

女性3

ホットヨーグルトダイエットのやり方は至ってシンプルで、毎日ホットヨーグルトをのむだけです。とはいえ、ただ飲むだけでいいというわけではありません。効果的に瘦せるためにはいくつか注意すべき点があります。

食べるヨーグルトはプレーンにする

日本では砂糖や寒天などが加えられた甘いヨーグルトが一般的ですが、実はこの甘いヨーグルトを食べている国は世界的に見るとごく少数なのです。ヨーグルトの本場ブルガリアでは、砂糖など加えず食材としてヨーグルトを捉えているため塩を入れたり加熱して調理するのが当たり前です。ダイエットの観点からみても、砂糖を加えられたヨーグルトは余分な糖分の摂取となるため、使用するのはプレーンヨーグルトにしましょう。

ヨーグルトを温めすぎない

ヨーグルトは温めすぎてしまうと分離して味が落ちてしまうだけでなく、乳酸菌が死んでしまいます。乳酸菌は熱に弱いため熱し過ぎると死滅してしまいヨーグルトの大切な効果がなくなってしまいます。ヨーグルトを温める時は鍋などを使わず、電子レンジを使って温めてください。500〜600Wの電子レンジで100〜120gのヨーグルトを約30〜40秒程温めればよく、目安として人肌程度に温まっていればいいです。電子レンジで加熱する際は耐熱容器に移し替え、分離するのを防ぐため大さじ1杯の水を加えて加熱してください。

ホットヨーグルトは夕食後に食べる

ヨーグルトと聞くと朝食をイメージしてしまいがちですが、ホットヨーグルトダイエットでは必ず夜に食べるようにしてください。朝に食べてもそれなりの効果は得られますが、夜に食べた方が効果は出やすいです。また、夕食前の空腹時に食べてしまうと、胃液によって乳酸菌やビフィズス菌が死滅してしまって、ホットヨーグルト本来の効果が発揮されないため、必ず夕食後に食べるようにしてください。

睡眠時、夜の22時〜深夜2時までの間は成長ホルモンが最も分泌される時間帯で、脂肪も活発に燃焼されます。ホットヨーグルトに含まれるカルシウムは脂肪燃焼を促進する作用があるため、この時間帯に合わせて夕食をとり、ホットヨーグルトを食べて就寝すると、脂肪燃焼効果をさらに高めてくれます。また、22時〜深夜1時までの間は腸の働きが最も活発な時間帯でもあるので、ホットヨーグルトの整腸効果によって腸が活発に働いてくれて老廃物の排出効果も高めてくれるため、基礎代謝が上がって脂肪を燃焼しやすくしてくれます。ですから22時頃に就寝するのは難しいという人でも、ホットヨーグルトはダイエット効果をもたらしてくれるのです。

ヨーグルトを食べ過ぎない

ヨーグルトはプレーンタイプのもので100gあたり約62kcal、120gあたり74kcalです。食べるのは夕食後の1回100g〜120gにしてください。食べ過ぎると摂取カロリーも増えてしまいますし、乳酸菌やビフィズス菌が増えすぎてお腹を壊す可能性があり、腹痛や下痢の症状を引き起こす可能性があります。

適度な運動と食事制限を行う

ホットヨーグルトを飲むことによって瘦せやすいカラダはつくれますが、本格的に体重を落とすのであれば、なるべく糖質や間食を控え、ジョギングなどの適度な運動を取り入れるようにしてください。

ホットヨーグルトの食べ方

ホットヨーグルト+はちみつ

一番スタンダードな飲み方で、砂糖より良質な糖分のはちみつを適量入れることによりプレーンヨーグルトがほのかに甘くなり、飲みやすくなります。

ホットヨーグルト+しょうが

しょうがを入れることによってよりカラダがあたたまるので冷え性の人などにはオススメです。しょうがはチューブタイプのものでもいいですが、すりおろしたほうがより一層あたたまります。

ホットヨーグルト+オリーブオイル+醤油

これは単品で食べるのではなくドレッシングとして利用する方法で、サラダなどと和えて食べてください。オリーブオイルにも美容や健康にいい成分が含まれていますのでホットヨーグルトと合わせることでよりキレイなカラダをつくってくれます。

まとめ

ホットヨーグルトダイエットは、夕食後に食べるだけの非常に簡単な方法の割に、口コミでも成功例の多いダイエットで、スーパーやコンビニですぐ買えるので、その始めやすさも人気の理由のひとつです。あなたも明日から試してみてはどうですか?