表情筋トレーニングで小顔効果!異性にモテるダイエット方法

表情豊かな人って男女問わずモテますよね。喜怒哀楽をはっきり表情にして表すのって意外と難しいんです。

表情筋はトレーニングによって鍛えることができ、表情筋を鍛えると小顔効果もあって、小さくてスッキリしたフェイスラインを手に入れられます。

今回は同性や異性からも好かれる表情豊かで小顔になれる表情筋のトレーニング方法を紹介します。

スポンサーリンク

表情筋とは?

ダウンロード (10)

出典:beauty-matome.net

表情筋とは、顔の表情をつくりだす筋肉であり、目や鼻、口を動かすために、顔にはおよそ60種類もの筋肉があります。

通常、筋肉は骨や関節部分についているものですが、顔の筋肉は皮膚と直接つながっているため、表情筋を動かすと腕や脚のように曲げたり伸ばすといった単純な動きではなく、シワを寄せたり皮膚の一部分だけを押し上げたりといった細かい動きができ、「表情」として現れます。

日本人は昔から「謙虚さ」や「慎み」といったものに美徳を持つ傾向があり、欧米人と比べると、あまり感情を態度や表情には出さない人が多いです。

感情を表に現しやすいアメリカ人は、表情筋全体のおよそ60%も動かしているのに対し、感情表現に欠ける私たち日本人はその半分以下のおよそ20%しか動かしていないと言われています。

数字だけ見ても、いかに私たち日本人の表情が乏しいかがわかります。表情筋をしっかりと使っていないと、さまざまなデメリットがでてきます。

スポンサーリンク

鍛えるべき表情筋の種類

表情筋の種類と位置の図

出典:englishkeys.org

顔にはおよそ60種類もの筋肉がありますが、表情筋の中でも、特に大切でメインとなる筋肉が5つあります。

前頭筋(ぜんとうきん)

眉の上にある額の筋肉であり、眉を上げるときに使う筋肉です。前頭筋が衰えてしまうと、額に横線が入りシワが目立つようになります。

眼輪筋(がんりんきん)

目の周囲にある筋肉であり、目を開けたり閉じたりを繰り返す瞬きをする際に使う筋肉です。眼輪筋が衰えてしまうと、目尻にシワができたり上まぶたが腫れぼったくなり、たるんでしまいます。

頬筋(きょうきん)

上下の顎から口元の口角にかけての筋肉であり、口角を動かす際に使用する筋肉です。頬筋が衰えてしまうと、口角が下がって顔が大きく見えてしまいます。

口輪筋(こうりんきん)

口の周囲にある筋肉であり、口の細かい複雑な動きを可能としており、主に口元の表情をつくりだしますが、表情筋の大半の筋肉とつながっているため、顔の表情を表す際に中心となる筋肉です。口輪筋が衰えると、口元にシワやたるみがでてきます。

頤筋(おとがいきん)

口元からアゴに向かって伸びている筋肉であり、アゴのラインを引き締めてフェイスラインを強調する筋肉でもあります。頤筋が衰えると、二重アゴになってしまいます。

スポンサーリンク

表情筋が衰えることのデメリット

images (36)

出典:draxe.com

顔の表情をつくる表情筋が衰えてしまうと、表情が乏しくなって、老化が進行し「老け顔」に見えやすくなってしまいます。老け顔に見える原因は表情筋の衰えであり、顔のさまざまな箇所に老け顔ポイントが現れます。

ほうれい線

ほうれい線とは、鼻の両脇から唇の両端に向けて伸びる2本のしわのことであり、多少の個人差はありますが、若い人でも薄く出ている人もいます。

日経BP社が調査した結果では、女性の「顔のしわ」のなかで、最も多く悩んでいるのが「ほうれい線」であることがわかりました。

ほうれい線は年齢を重ねるにつれて、線がくっきりしてきて目立ってしまいます。ほうれい線の位置は顔の中心に近い目立つところにあるため、くっきりしたほうれい線は「老け顔」の印象を加速させてしまいます。

歳を重ねるごとに顔の筋肉である表情筋は衰えてしまい、ほうれい線を目立たせるようになってしまいます。

シワ・たるみ

ほうれい線に次いで女性が悩んでいるのが、目尻のシワです。シワやたるみの原因もほうれい線と同じように表情筋の衰えによるものです。

日本人は欧米人と比べても表情筋を使わない傾向にあり、年齢とともに表情筋が衰えるスピードも早いです。

また、筋肉とともに脂肪も減ってくるため、さらにシワやたるみを助長させてしまいます。表情筋や顔の脂肪は、年齢とともに減少し、それと同時に、肌の弾力性もなくなって、皮下組織との間にすき間ができてシワとなってしまいます。

表情筋が衰えることによって、筋肉は弛緩してしまい、垂れ下がった皮膚や脂肪はたるみとなって現れます。

シワが多く目元のたるみや二重あごの顔は、老け顔の印象がより強くなります。

くすみ・肌荒れ・ニキビ

表情筋をあまり使わないと、筋肉が凝り固まってしまって、血行を悪くし、顔に老廃物を溜め込んでしまいます。

老廃物の多い顔は、肌代謝が悪くなりますし、肌のターンオーバーも正常に行われなくなってしまいます。

肌代謝が悪かったりターンオーバーが正常に行われないと、肌荒れやニキビ、くすみをおこしやすくなります。

表情筋を鍛えるということは、表情を豊かにしてシワやたるみをなくすだけでなく、ハリツヤのあるキレイな肌作りをしてくれます。

スポンサーリンク

表情筋を鍛えることのメリット

普段なかなか鍛えることのない顔の筋肉ですが、表情筋を鍛えるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

小顔効果

筋力が弱まると皮膚が垂れ下がってきます。二の腕やお腹周りの筋肉が弱いと皮膚が垂れ下がって太く見えるのと同じように、顔の筋肉も衰えてしまうと、皮膚が垂れ下がり顔全体にたるみを生じ、フェイスラインが崩れてしまいます。

瞼が垂れ下がったり二重あごは、表情筋の衰えによるたるみが原因であり、顔が太ったように見えてしまいます。

また、顔のむくみも顔が大きくなって、太っている印象を与えてしまいます。たるみや顔のむくみは顔全体に悪影響を及ぼし、顔を大きく見せてしまいます。

表情筋トレーニングで顔の筋肉を引き締めてやることで、たるみを解消し、皮膚を引っ張り上げて二重あごの解消やスッキリとしたフェイスラインをつくりだしてくれます。

顔の筋肉を鍛えることで、顔に通う血液の循環も促進してやることにもなるため、むくみも解消してくれます。表情筋のトレーニングは小顔効果が絶大なのです。

アンチエイジング効果

表情筋トレーニングで弛緩した顔の筋肉を引き締めてやることで、たるみやシワを改善してやることができます。

シワのなかでも特に、ほうれい線や目尻のシワは「老け顔」の印象を強くしてしまいます。

また、表情筋トレーニングで筋肉を動かすことによって、血管に圧力が加えられ顔に流れる血行を促進する効果があります。

血液が顔全体にしっかりと通うことで、血行不良が原因とされているくすみやくまを解消することができます。

これらたるみ・シワ・くすみ・くまなどは老け顔に見られる原因であり、表情筋トレーニングで表情筋を鍛えてやることで、改善・解消してやることができ、ハリツヤのある若々しい肌を手に入れることができます。

美肌効果

表情筋を鍛えて血行を促進してやると顔の代謝、特に肌代謝を活発にしてやることができます。

肌の代謝が良くなると、古い角質を剝がれ落としてくれるため、肌に潤いや透明感を与えてくれます。

表情筋トレーニングによる血行促進効果で顔にある老廃物が少なくなり、血中の栄養素や酸素が行き渡るようになるため、肌細胞の働きが活発となり、健康的で若々しく、弾力のある美しい肌になります。

免疫力の向上・いびきの改善

口輪筋や頬筋といった口元の筋肉を鍛えることで、口角や唇周辺の筋肉が引き締められ、鼻呼吸を自然と行うようになり、口呼吸の矯正ができます。

口呼吸は空気中の菌やウイルスを吸い込みやすく、寝ている最中の口呼吸は長時間口が開いている状態ですから、病気にかかりやすくなってしまいます。また、睡眠時の口呼吸はいびきの原因にもなります。

口角が上がった自然な笑みは、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化する働きがあり、NK細胞はがん細胞やウイルス感染細胞を撃退してくれる効果があるということが、医学的検証で実証されています。

表情筋はを鍛える部位によっては、口呼吸の矯正を行っていびきを改善し、免疫力を高めてあらゆる病気を予防してくれるのです。

噛み合わせが整う

口輪筋や頬筋といった口元の筋肉は、いびきや病気以外にも噛み合わせや歯並びと密接な関係があります。

噛み合わせや歯並びが悪いと、食い縛る力にひずみが生まれ、力が体の各所にうまく伝わりませんし、全身へのゆがみとつながってしまいます。

また、噛み合わせや歯並びが悪いとホルモンバランスが崩れやすいとも言われています。口元の筋肉を鍛えることで、頬を引き締めて噛み合わせや歯並びを改善する効果があります

表情豊かで異性にモテる

表情豊かな人は私生活やビジネスシーンでも良好な人間関係を築くことができます。

性別に関わらず、同性・異性ともに愛されるようになり、交友関係も広がり、恋愛面でもプラスに働きます。

表情筋を鍛えることで、自分自身の気持ちを表情で表せるようになり、イキイキとした生活を送れるようになります。

スポンサーリンク

日本人の輪郭の種類

表情筋トレーニングで小顔効果を高めるためにも、自分がどのタイプの輪郭であるかを分類する必要があります。

骨格・顔の形状によって、脂肪がつきやすかったり、シワやたるみができやすい箇所が変わってきます。

顔の輪郭には大きく分けて5つの種類があり、その輪郭の種類ごとに効果的な表情筋トレーニングは変わってきます。

丸顔タイプ

女性に多い顔の形で、頬に脂肪がつきやすい傾向があり、筋肉が衰えてたるんでしまうと、ブルドックのような顔つきなり、頬の下にシワが入りやすく二重あごにもなりやすいです。

頬筋や頤筋を鍛えるトレーニングを積極的に行いましょう。

たまご顔タイプ

女性のあこがれの形状であるたまご顔は美形顔とされていますが、老化が目立ちやすいとも言われています。

まぶたをはじめとする、目の周辺がたるみやすいので、目元周りの表情筋を鍛えるようにしましょう。

四角顔タイプ

エラが張った特徴的な形状であり、たるみにくいという長所がありますが、その分口元に余分に負担がかかるとされていてシワになりやすいです。

口輪筋や頤筋をしっかり鍛えてやりましょう。

逆三角顔タイプ

逆三角の形をしているためベース型ともいわれ、あごがシャープでフェイスラインがシュッとしていますが、年齢を重ねるにつれて頬がたるんで、その影響で口元も引きずられるように下がってきます。

頬筋や口輪筋を重点的に鍛えましょう。

スポンサーリンク

表情筋のトレーニング方法

実際に表情筋を鍛えていきましょう。トレーニングをする時は、鍛えている部位を意識しながら行うことがポイントです。

簡単!表情筋エクササイズ

表情筋のメインとなる筋肉の前頭筋、眼輪筋、頬筋、口輪筋、頤筋を一気に使用して行うトレーニングです。忙しくて時間のない方は、口コミやブログでも話題になったこのトレーニングだけでも十分小顔効果を得ることができます。

表情筋エクササイズ01

  1. 目と鼻と口を目一杯開く
  2. 全てのパーツを顔中央に寄せる
  3. 開いて寄せるを1セットとし、合計10セット行う

表情筋エクササイズ02

  1. 口を開けた状態で、舌を上下左右に限界まで伸ばす
  2. 上下左右で1セットとし、合計10セット行う

表情筋エクササイズ03

  1. 左右の両頬をくっつけるよう口をすぼめる
  2. すぼめたら、今度は一気に口を膨らます
  3. すぼめて、膨らますを1セットとし、合計10セット行う

前頭筋のリフトアップ

前頭筋をリフトアップさせてやることで、額の横ジワを解消することができます。

  1. 両手の指先で髪の生え際を軽く抑えてやる
  2. 指先を後方にずらしていき、額を引っ張ってやる
  3. 5秒かけてゆっくりと後方にずらすのを1セットとし、5セット行う

眼輪筋のリフトアップ

眼輪筋を鍛えることで下瞼のたるみを解消してやることができます。

  1. 鼻の下を伸ばし、下顎を引いて上目遣いの表情をする
  2. 下瞼を引き上げるイメージで目を細め、そのまま5秒キープ
  3. ゆっくりともとの表情に戻す
  4. この動きを3セット行う

頬筋の引き締めトレーニング

頬筋を鍛えることで口角を引き上げて、フェイスラインをスッキリさせることができます。

口輪筋・頤筋を鍛えるトレーニング

口輪筋・頤筋を鍛えることによって、口元のシワやほうれい線、二重あご解消などの効果がありかを全体がシャープになって、スッキリしたフェイスラインをつくりだしてくれます。

(実践:5分10秒〜)

  1. 口の中で舌を外方向に突き出し、ゆっくり3回転
  2. 皮膚と筋肉を内側から伸ばし、同様に逆回転も行う
  3. 応用として、舌と一緒に目も回転させてやると、眼輪筋も同時に鍛えられる
スポンサーリンク

まとめ

表情筋は小顔効果があるだけでなく、表情が豊かになるため、人からの印象を良くするためにも大切な筋肉です。

自宅でも器具を使わず簡単に行うことができる表情筋トレーニングは、忙しくて時間がなかなかとれない人でも、トイレ中やお風呂場などでてがるにできるためおすすめです。

表情筋トレーニングで、美しいフェイスラインを手に入れると同時に、表情豊かな生活を送るようにしましょう。