横浜家系ラーメンのカロリーは?ダイエット時は避けるべき?

「ラーメン二郎みたいなラーメンを食べたいけど、カロリーが気になる」

「家系ラーメンってこってりしている分、カロリーが多そう」

近年ブームになっている家系ラーメン。

大盛麺がたっぷりな家系ラーメンですが、その濃そうなスープも含めて、とてもダイエットに合うラーメンとは思えません。

お店のラーメンは、あまりカロリーが表示されていないことも多いのですが、できる限り家系ラーメンのカロリーなどについて調査してみました。

スポンサーリンク

家系ラーメンとは

japanese-food-2196172_960_720

まずは、家系ラーメンの歴史から学んでみましょう。

そもそも、家系ラーメンはどういうラーメンで、どんな歴史を辿ってきたのでしょうか。

家系ラーメンの元祖は、1974年ごろに神奈川県横浜市で生まれたと言われています。

その元祖家系ラーメンを生み出したのは『吉村家』ラーメン店のようです。

豚骨醤油ベースで、太麺ストレート麺が特徴のラーメンだったようです。

そのため、家系ラーメンという呼び方以外に横浜ラーメンという呼び方をすることもあるようです。

そして、家系ラーメンと言われるようになった由来は、屋号に『〇〇家』とつけているお店が多かったことが理由のようです。

豚骨や鶏がらから取った出汁を、醤油たれを混ぜて豚骨醤油ベースのスープを作るのが、特徴です。

トッピングはチャーシューや味玉、ホウレンソウなどの野菜や海苔などが基本のようです。

このとんこつ醤油のラーメンは、現在日本だけではなくアジアを中心に約1000店舗以上あると言われているんです。

横浜には、その1000店舗中のうちの150店舗ほどがあるようです。

家系ラーメンは味などのメニュー変更が豊富

家系ラーメンの特徴にその麵量の多さ以外に特徴なのが、味の濃さを変えれることです。

また、スープの脂の量を変えたり、麺のゆで加減を変更して硬さを変えれることも特徴です。

そのため、お客さんがそれぞれこだわりの食べ方を持っていたり、店側も独自のルールがあるのが特徴と言えます。

家系ラーメンの麺の特徴

家系ラーメンの麺は、基本的に太いストレート麺が特徴となっています。

武蔵家のようにつけ麺の場合は縮れ麺を使うこともあるようです。

もちもちとした触感がおいしいと評判で、コシの強さが人気です。

そのため、吉村家の麺は元はうどんの製麺所だった場所に、麺の作成を依頼しているようです。

吉村家の麺を作っている酒井製麺は、魂心家など家系や吉村家系列のお店にしか麺を卸していないなど、それぞれが強い絆で結ばれているのも、家系ラーメンの特徴かもしれません。

スポンサーリンク

家系ラーメンの基本のカロリーは多い

japanese-food-2199962_960_720

家系ラーメンのダイエット効果を紹介するまえに、その基本のカロリーを紹介しましょう。

家系ラーメンはだいたい200gほどの麺量が基本になっていることが多いようです。

そこからチャーシュー麺にしたり、トッピングを増やしたりするとさらにカロリーが増えることになります。

だいたい200gほどの家系ラーメンで、基本のトッピングであるチャーシューやホウレンソウが乗っているものを過程しましょう。

その場合は、だいたい900から1000キロカロリーが家系ラーメンのカロリーと言われています。

家系ラーメンならではの、こだわりの仕様ではなく、いわゆる何も増していないふつうの状態です。

1000カロリーというと、人間の1日の目安のカロリーが1800ほどなので、家系ラーメンを食べてしまうと、ほとんどカロリーを摂取したことになってしまいますね。

家系ラーメンの全部乗せのカロリーは

家系ラーメンがおすすめされて、人気店になった理由は、そのメニューの豊富さです。

例えば、家系ラーメンで挑戦する人の多い『全部乗せ』というメニューがあります。

この全部乗せというメニューにした場合、チャーシューや味玉、ホウレンソウなどの野菜類に、ネギや海苔の基本的なトッピングがついてくるんです。

そして、この全部乗せだけでなく、スープも濃くすることや、鶏脂を多くすることができるんです。

スープを味濃いめにして、脂多めにすると、だいたい先ほどの1000カロリーの家系ラーメンが1300から1400カロリーぐらいになると言われています。

女性の場合は男性よりも、基礎代謝量が少ないため、この全部乗せの増し増し家系ラーメンで、一日のカロリーはすべて摂取してしまうといえます。

サイドメニューも頼むとさらにカロリー量が上がる

ラーメンを食べるときに、餃子やから揚げ、またライスを頼む人も多いと思います。

そういったサイドメニューを頼めば、家系ラーメンのカロリーと合わせて2000カロリーほどになってしまうんです。

とてもダイエット向きとは言えないような気がしますね。

普通のラーメンに比べて家系ラーメンは特にカロリーがある

家系ラーメンには武蔵家大井店や、西千葉にある家系ラーメン、武道家、などの家系ラーメン屋がたくさんあります。

他にも厚木屋、善家、喜家、廣家、上々家などたくさんの有名店があります。

これらの家系ラーメン屋は満足度が高く、店限定の食べ物も多く、口コミで一気に有名になっているんです。

しかし、これらの家系ラーメン屋は普通のラーメン屋に比べると、本当にカロリーが高いです。

例えば、チェーン店として人気の高いラーメン屋の天下一品。

豚骨スープベースで非常にこってりとして、カロリーが高そうなイメージがありますよね。

しかし、こってりラーメンの並のカロリーは799カロリーと、家系ラーメンに比べてカロリーは高くないんです。

他にも人気店の一蘭のとんこつラーメンは525カロリー。

安いと評判の幸楽苑の中華そばは528カロリーとカロリーは家系ラーメンに比べてだいぶん低いんです。

いかに豚骨醤油ベースで、脂肪分や塩分が高い家系ラーメンがカロリーが高いかが分かりますね。

満腹感があって満足度は高いものの、糖質も高いですし、具材も多くご飯としてはかなり高カロリーなんです。

少なくとも、家系ラーメンと普通のラーメン店では、有名チェーン店の普通のラーメンのほうがカロリーなどは低いというのがポイントです。

スポンサーリンク

家系ラーメンの二郎ダイエットとは

noodle-soup-765706_960_720

しかし、そんな家系ラーメンをダイエット中に食べたり、そもそも家系ラーメンをダイエット方法として取り入れる人たちもいるんです。

かなり怪しいダイエット方法と言えますが、あの人気家系ラーメン店である二郎ラーメンを使って、二郎ダイエットを行う人たちもいます。

少しでも家系ラーメンのカロリーを抑える方法

まず、家系ラーメンのカロリーを抑えるポイントは、その鶏脂です。

豚骨醤油スープなどを、濃いめ多めにしてしまうと、かなりカロリーがあがります。

普通のラーメンとのカロリーの差は鶏脂の差にあります。

一般のラーメン店ではラードは5グラムほどしか使っていないのに、家系ラーメンでは30グラム近くの鶏脂を使用しているんです。

これが家系ラーメンのカロリーが高くなる理由なんです。

濃いめ多めなんかにすると、とてもダイエット中の食べ物とは言えないので注意しましょう。

そのため、脂は少なめという風に、注文するときにしっかりと伝えるのが大事です。

脂を少なめにすることにより、メニューの基本のふつうの脂の量より少なくしてもらえるんです。

ちなみに、脂をふつうよりも少なめにするだけ、200カロリーほどをカットすることができるんです。

味濃いめのとんこつ系のラーメンはとても満足度が高くなるのですが、毎回そういった食べ方は止めておきましょう。

味を薄めにするのは、カロリーカットよりも塩分カットの目的があります。

塩分過多は高血圧の原因になり、動脈硬化や脳梗塞の原因になるんです。

ニンニクはダイエットにはおすすめ

無料で追加できるトッピングの中でも、ニンニクはおすすめできるダイエットメニューです。

ニンニクは体の新陳代謝を促進させてくれる働きがあるので、ネギやほうれん草などの野菜類とともに、食べ物としておすすめできます。

脂を少な目にしたことや、味を薄めにしたことで、少し物足りなくなるのを、ニンニクがカバーしてくれる要素もあります。

あくまでニンニクも摂取量はほどほどの程度にして、足しておくのがおすすめです。

おろしニンニクには、水溶性食物繊維が豊富なため、腸活ダイエットになるんです。

水溶性食物繊維は、腸内に届くと水分を含むことによって、ゲル状に変化するんです。

そのことで、腸内の残っている老廃物と絡みついて、便とし排出してくれる役割があるです。

便秘気味の人にもおすすめの食べ物なので、ニンニクの効果は非常に期待できるといえます。

また、その排出するときに老廃物とともに、余分な油も排出してくれるんです。

醤油味やとんこつ味など、どのラーメンも非常に多くの油を含んでいるんです。

その家系ラーメンの油を排出する理由としても、にんにくは好まれているんです。

トッピングにもワカメなどの海藻類を足しておくと、水溶性食物繊維の摂取になります。

中太麺やストレート麺などの麺を、麺固めにしたり柔らかめにしたりして、腹持ちの工夫もおすすめですが、トッピングはダイエットの工夫の基本といえます。

とにかく野菜で満腹感を

二郎麺の特徴として、非常に大盛の野菜も特徴です。

二郎系の直系店は、その料理としての見た目も人気ですよね。

カロリーの高いトッピングをついつい選んでしまうのですが、家系ラーメンはその野菜のおいしさも評判です。

家系ラーメンの家豚骨醤油味は、他の野菜類との絡み具合もおすすめで、普通では食べれないような量の野菜も、なぜか家系なら食べれるという不思議な点もあります。

先に野菜から食べること

そして、家系ラーメンの野菜の食べ方にポイントがあります。

それは、麺から行くのではなく野菜から食べることです。

人間の体は、最初に口に入ってきたものの栄養を多く吸収するという特徴があります。

つまり、先に野菜を食べるとビタミン類などの摂取がたくさんできるのですが、先に麺やスープを食べてしまうと、より多くの脂や塩分を摂取してしまう可能性があるんです。

また、血糖値の急激な上昇を抑える意味合いもあります。

麺は糖質の高い食材のため、いきなり食べてしまうと血糖値が急上昇するんです。

血糖値が急激に上昇すると、人間の体は糖分を体に多く摂取してため込んでしまうんです。

たくさん摂取して、消費することができればいいんですが、それができない場合は、そのまま脂肪となってしまって太る原因になるんです。

野菜の場合は糖質が少ないので、急激な血糖値の上昇を抑えることができるんです。

麺を減らしてトッピングで満足感を高める

家系ラーメンを中心に麺は糖質の塊です。

糖質が高い食べ物は、脂肪を蓄積してしまう原因となるので、ダイエット中はできるだけ抑えたいところです。

しかし、ダイエット中だってラーメンは食べたい。

自分の好きな家系ラーメンを少しだけでいいから食べたいと思うものです。

そういう時は、家系ラーメンの麺量を抑えて、トッピングをうまく活用するのがおすすめですね。

そういう意味では、家系ラーメンはとても野菜の量が多いので、ラーメンを食べたという充実感と野菜を食べるというダイエットのサポートの両方が手軽に行えるメニューと言えます。

また、ダイエットで重要な野菜はお店で購入すると案外高くつくのですが、家系ラーメンならトッピングとして安価にたくさんの量を用意してもらえる点もうれしい点だといえます。

スポンサーリンク

同じ家系ラーメンでもダイエット向きな店はある

ramen-682343_960_720

さきほど、紹介した家系ラーメンの有名店の中でも、上々家や武蔵家などは、カロリーが抑えられているんです。

食事摂取基準として、背油たっぷりのラーメンや、醤油ダレのものは体に良くありませんが、家系ラーメンの中でも、健康に配慮しているところは多いんです。

上々家は野菜系のトッピングが充実しており、麺を少な目にして、温野菜を多くすることで満腹感が得やすいといえます。

武蔵家の場合は、家系ラーメンなのに『レディースラーメン』がメニューに存在するんです。

このレディースラーメンの特徴は、麺が通常に比べて半玉になっています。

その代わりに、きゃべつやほうれん草などの野菜類のトッピングを選ぶことができるんです。

家系ラーメンの味は好きだけど、少しカロリーや油濃さが気になっていた人に、武蔵家のラーメンはおすすめできますね。

家系ラーメンを食べるときは前後に運動を

家系ラーメンは醤油豚骨などの醤油ダレから、どうしてもカロリーが高くなってしまうんです。

専門家監修の家系ラーメンのインスタントラーメンもありますが、そのカロリーなどの栄養成分表示を見ると、驚くと思います。

豚の餌や豚麺などと呼ばれるほど、背油の多い家系ラーメンも多いんです。

定休日や家系ラーメンに行かない日は、自分でしっかりと運動を行うことが大事です。

また、家系ラーメンを食べるならせめて昼にするのがおすすめです。

昼のうちならたくさんのカロリーを摂っても、その日のうちに消費することができます。

そして、晩ご飯は他のカロリーの低い食事にすることがおすすめです。

つまり、家系ラーメンのカロリーの多さを、他の食事でバランスをとることが大事だといえます。

同じく、麺量を無料で大盛にしてくれる麺屋武蔵などのつけ麺屋や、壱角家などでも、無料の響きに甘えて、量を増やしすぎないことが大事です。

飽和脂肪酸と言われる、ラードや鶏脂に含まれるものは、血液がどろどろになる原因となります。

トッピングを野菜や海苔でうまく調整しないと、非常に大きな病気の原因になるんです。

家系ラーメンの所在地まで、歩いたりジョギングで行くような、運動とセットで家系ラーメンを食べる方法がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

ramen-2684000_960_720

家系ラーメンのカロリーを中心に、家系ラーメンを紹介しました。

家系ラーメンはカロリーが多いことと、その脂や塩分が問題というわけです。

何よりも、家系ラーメンの楽しみであるトッピングが、不健康な内容を促進させるという点に注意したいですね。

トッピングを追加するなら野菜系や海苔やわかめなどの海藻類がおすすめです。

間違ってもバターなどの脂分を追加したり、増し増しで鶏脂を追加するようなことは避けておきましょう。

カロリーが高くなるだけでなく、飽和脂肪酸によって血液はどろどろになり、脳梗塞や動脈硬化の原因になります。

その食べ方さえ気を付ければ、たくさんの野菜を摂れる料理ともいえ、満腹感もあるので、腹持ちも良い料理と言えます。

昼ごはんにがっつりと家系ラーメンを食べれば夕方を過ぎてもおなかはいっぱいという人も多いですね。

夜はあっさりとお茶漬けなどで済ませてしまうか、サラダなどでビタミン類をさらに摂取するのがおすすめです。

家系ラーメンはカロリーが高いけど、ダイエットでたまには思いっきり食べたいときに、野菜を多くトッピングして、麺の量や鶏脂を少なめにして食べるのがおすすめですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加