女性の下半身太りの原因や解消法は?ファッションを楽しむためにも骨盤矯正で解決!

下半身太りを気にしている、下半身ダイエットに興味・関心がある女性は多いですよね。

上半身は太っていなく細いのに、なぜだか足や腰周りばかりお肉がついていて下半身だけがパンパン・ムチムチという方も少なくないのではないでしょうか。

下半身はやみくもに食事制限や運動をして体重を減らしたとしても、なかなか細くならないのが現実です。

パンツやスカートのような足を出したり形がでたりする洋服を着たいと思った時、下半身に脂肪がついていると躊躇してしまいますしぴったりしたパンツの太ももがパンパンになるのは嫌ですよね。

なぜこのような下半身太りが起こるのか…。下半身太りの原因を理解し対策を行えば今までのお悩みもきっと解消します。

下半身をすっきりとさせることにより、スマートで引き締まった足にすることができれば歩く姿勢も変わっていきますし、着たいと思える洋服も増える事間違いなしです。

今回は下半身太りの原因や解消法をつきとめて、綺麗なボディラインをつくっていきましょう。

スポンサーリンク

下半身太りの原因

images (100)

出典:www.livestrong.com

下半身太りはなにが原因で引き起こしてしまうのでしょうか。下半身太りの主な原因を紹介します。

セルライト

セルライトは女性の下半身太りの原因と深く関係があると言われています。

セルライトとは、太ももやお尻まわりにできる水分や老廃物を取り込み肥大化した皮下脂肪組織のことをいいます。

女性は下半身に皮下脂肪を溜めこめたすい体質の為、セルライトも下半身に発生しやすく下半身太りが起こりやすくなります。

セルライト発生は、食生活の乱れが主な原因です。甘い物・菓子の頻繁な摂取や適量を超えた飲酒などが原因となった脂肪の蓄積と捉えることができます。

さらに、喫煙・カフェイン過剰摂取・運動不足・便秘もセルライト発生の原因につながります。

味付けの濃い食べ物や加工食品などさけ、海藻やフルーツなどカリウムを豊富に含む食品を摂取するように心がけましょう。

重心のずれ

重心や股関節のずれは、下半身太りに大きく関係しています。

重心のずれを直すポイントは、足の指先です。指先がしっかりと床についていない人は重心がずれているといえます。ついていない状態を「ゆうれい指」 と呼びます。

重心がずれることにより筋肉に負担がかかり、循環機能の低下が起こってしまいます。足の指先が歩いている時にしっかりとつくようになれば、これは解決されます。

水分の摂取不足

世の中で勘違いされているのが、水分を取るとむくむという事です。

実は全く逆なのです。水分を摂取しない事がむくみの原因になるのです。

水分をしっかり取らないと身体の老廃物が溜まっていき、排出されないまま残った老廃物が脂肪に変化してしまい、このむくみが下半身太りを引き起こしてしまうのです。

むくみを防ぐためには1日2リットルの水を飲むことを推奨しています。

内転筋の筋力低下

内転筋は様々な部位があるので、総称して“股関節内転筋群”とも呼ばれています。

内もも全体にあり骨盤とも繋がっているので、内臓や下半身全体に影響を及ぼす筋肉です。内転筋が衰えると他の筋肉とのバランスが崩れ、股関節が緩みバランスが崩れます。

内転筋が弱くなることで、内ももにお肉がついてしまうのはもちろんの事、骨盤への影響により身体の歪み・代謝不良・便秘なども引き起こす原因になっています。

これは下半身全体が太くなる元凶だと言えるでしょう。

内転筋を鍛えれば、内ももが引き締まり太ももが細くなり、骨盤を下からしっかり支えられるようになるので、下半身太り・O脚の改善に繋がります。

足の緊張

一日中立ちっぱなし・座りっぱなしであったりすると、足が硬直してしまい緊張状態が続いていきます。

緊張状態になってしまうと血行が悪くなり老廃物が溜まり、下半身が太くなってしまうのです。

この状態は入浴が効果的と言われており、身体の芯から温め血行もよくなり足の脂肪も落としやすくなるので、入浴でのマッサージを行ってみましょう。

冷え性

脂肪自体は冷えると固まり、また老廃物も同様に固まる性質があります。

料理をしたことのある方なら想像できるかと思いますが、脂は冷えると白く固まりますよね。この冷えた脂肪と老廃物が下半身をコーティングしている事により、常に冷えた状態をつくってしまっているのです。

冷え性の解消は常に温かい状態をキープすること。固まった脂肪ではなく流れる脂肪を作り出しましょう。

リンパのつまり

リンパの流れが悪くて生じる事、それはむくみです。特に筋肉量の少ない女性は、リンパの流れが悪くなりむくみが生じやすいのです。

私たちの体をめぐる血液は動脈を通り全身に流れ、静脈に入って再び心臓に戻ります。血管からは水分が染み出しており、通常ならほとんどは静脈を通して吸い上げられ、残りはリンパ管によって体内に回収されていきます。

しかし、静脈やリンパの流れが弱まっていくと染み出た水分が戻りきれずそのまま細胞間に滞ります。これが「むくみ」です。

足は心臓から一番遠い部分にあるので、特にむくみやすい箇所。むくんだ状態を放っておくと、それが下半身太りに繋がっていきます。

骨盤の開閉運動

骨盤は1日の中で生理周期に合わせて開閉しています。

その開閉が右か左のどちらか片方に荷重がかかっていると、開閉がスムーズに行われず窮屈になり動きにくくなります。

それにより周囲の筋肉が固まり、活動しなくなります。股関節・おしり周囲の筋肉の働きが悪くなり代謝が下がると、下半身太りに繋がります。

スポンサーリンク

下半身太りにならない為の日常生活でできる心掛け

HW_Yoga_Michaela_Aue-1000x594

出典:hey-woman.com

下半身太りを防ぐためにも、以下で紹介することを心掛けるようにしてください。

水分摂取

水分を取りすぎてしまうと手足がむくむというイメージがありますが、実はこれを気にして水分を控えてしまうのが下半身太りの原因とも言えるでしょう。

成人が一日に必要とする水分量は08~1.5リットルと言われており、これより過剰であると体内の老廃物を水と一緒に排出することができず身体に水が溜まるというのが手足のむくみの正体。

しかし、だからといって水分を控えるのも良くはないのです。

確かに水分の過剰摂取は身体のむくみを引き起こしますが、それを気にし水分を取らなくなってしまうと逆に身体がむくんでしまうのです。

適切な水分をきちんと摂取し下半身のむくみ対策をしていくことをオススメします。

不摂生のない健康的な生活

下半身のお肉に走る亀裂やデコボコ。その正体こそが不健康の象徴であるセルライトです。

下半身デブの原因として最たるものこそ、このセルライト。

出来てしまう原因は甘いものや油物、酒などの過剰摂取、栄養・睡眠・運動不足などが上げられますので、このような不健康な暮らしを正していけば、セルライトは自然と減っていきます。

まさに不健康な暮らしこそが下半身太りの原因と言えるのです。

まずお菓子油物・お酒の量を減らしていき、逆に野菜など栄養素の多い食べ物を増やしていきましょう。

そして、睡眠時間を10分でも良いから多くとるよう心掛けるなど、最初は意識一つですぐに変えられることから徐々に健康的な身体作りを目指していってください。

身体を温める

脂肪というのは冷やすとぎゅっと凝り固まってしまい、燃焼しづらい性質に変わっていきます。

温かい飲み物を飲むように意識したり、身体が冷えないように一枚多く服を着たり持ち歩いたり、暖房をつけて身体を冷やさないようにすれば解決します。

運動をしたりゆっくりお風呂に浸かったりして体温を上げるのもいいでしょう。常に身体を冷やさないように心掛けるだけで下半身太りの原因を取り除けます。

良い姿勢

姿勢が悪いという事は、正しい姿勢を保つ為の筋肉が備わっていないという事です。

普通正しい姿勢を維持できていれば、立ちあがったり座ったりしているだけでも使う筋肉があるのに、姿勢が悪いという事はそれらの機能を著しく退化させているのです。

猫背で真っ直ぐ姿勢を正していられない人や椅子に座った時両足を閉じていられない人は、日々の生活の中で身体のバランスが崩れて、いつの間にか筋肉量が少なく無駄な脂肪を蓄えやすい身体になってしまっている可能性があります。

突然長時間正しい姿勢を維持するのは大変だと思いますので、まずは1日10分足を組まず、常に誰かに見られていると意識をし両足そろえて綺麗な姿勢をキープしてみてください。

これを続けていけば太ももの内側にある内転筋が鍛えられ、足のラインがすっきりとします。

記載した4つの対策方法はどれも日常生活の習慣に、少し手を加えるものです。

特別な道具も必要なく、やる気さえあればすぐに実践でき、お金もあまり掛からないので始めやすいはずです。

下半身太りの原因はほとんど身体の中に溜まった老廃物・毒素の蓄積によるものです。取り除く方法は様々ありますので、その中から自分に合った方法を探し出し継続してみましょう。

スポンサーリンク

下半身太り解消エクササイズ・運動

b68f977873b05cddd344962e34c85a6b

出典:club-sante.ru

下半身太りを解消する為の心掛けを紹介してきましたが、即効性のある下半身痩せを知りたい方も多いかと思います。

そんな方々の為に、エクササイズや運動をいくつかご紹介します。

足バタバタ運動

下半身に溜まっている血液を上半身に戻す運動です。血液の流れを活発にさせる事によりエネルギーが消費され、熱が発生します。

熱で温まるとさらに血流がアップしてくることになり、足の指先を心臓よりも上になるようにしてやる運動は、効果的にむくみを解消してくれるのです。

  1. 仰向けに寝転がります。
  2. 両手・両足を軽く上にあげます。(頑張って上にあげすぎる必要はありません)
  3. 身体の力を抜いて素早く手足を振ります。

スクワット

下半身を引き締めるエクササイズとして代表的な1つにスクワットがあります。

お腹・お尻・太もも周りなど下半身に効いて欲しいところを同時に鍛えることができる万能なエクササイズ。呼吸もしっかり行えばインナーマッスルも鍛えられます。

  1. 足のつま先をまっすぐに向けた状態で、足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。
  2. 足の裏全体に体重を均等にかけます。(この時つま先に重心がいきやすくなりますが、親指の付け根に意識を持たせるようにすると良いです)
  3. 胴体の一番下・おへそから指4本下くらいを少し身体の内側に引き込む様に意識を入れていきます。
  4. 両手を腰骨に添えて、息を吐きながらゆっくりと椅子に腰掛けるように腰をおろしていきます。息を吐くとき胴体の一番下・おへそから指4本下くらいを同時に内側に引き込むようにすることで、お腹周りやインナーマッスルも鍛える事ができます。
  5. 下にさがる時は上半身を安定させて、頭の位置が変わらない様にする事が大切です。
    頭のてっぺんから尾底骨まで垂直に下へおろしていくイメージです。
  6. 息を吸いながら腰を持ち上げ、身体を緩めます。

足パカパカ運動

名前の通り足をパカパカと開いたり閉じたりするだけの運動です。
太もも痩せやむくみに効果有り、太ももの内側に力を入れる感覚でゆっくり行うことで効果が期待できます。

  1. 仰向けに寝っ転がり、手は身体の横へ置いておきます。
  2. 足を天井に向け、持ち上げます。その時床と足が垂直になるようにし、両かかとをくっつけてつま先を外側に向けます。
  3. 足があがっている状態のまま、できる限り大きく左右に開きます。
  4. 開いたら今度はゆっくりと閉じて元の位置へ戻します。
  5. 開いて閉じるを1回として30回~50回繰り返します。

頬杖エクササイズ

骨盤の周りの筋肉をほぐして、ヒップアップや太もも痩せの効果が期待できます。

  1. うつ伏せに寝っ転がり、頬杖をつくポーズになります。
  2. 足を曲げてL字型に持ち上げて、左右交互にお尻を叩くように振り下ろします。
  3. 50回~100回くらいを目安に繰り返します。

キャメロンエクササイズ

むくみ解消・ヒップアップ・太もも痩せ・足長効果といくつもの効果がいっぺんに期待できるエクササイズのため、オススメのエクササイズです。

  1. 足を肩幅よりやや狭く開いて立ちます。
  2. 足を横へ踏み出して、足の指先が床に触れるよう屈みこみます。
  3. 2の状態から1の姿勢に戻ります。
  4. 踏み込んだ方と同じ足を後ろに引き、軸の足の膝を曲げます。この時両腕は背伸びするように上へ伸ばします。
  5. 4の姿勢から1の姿勢に戻ります。
  6. 左右10回ずつ繰り返します。

お尻あげ運動

むくみ解消・ヒップアップに効果的で、なにかをしながらのながら運動が可能ですので、始めやすいのではないでしょうか。

  1. 仰向けに寝っ転がります。
  2. 両膝とかかとをくっつけ、膝を立てます。膝と膝の間にボールを挟むのもオススメです。
  3. お尻とかかとは出来る限り近くにおき、お尻を上へ持ち上げます。この時身体が一直線になるように意識し、足の力は内側へいくようにします。
  4. お尻の上げ下げ20回~30回ゆっくりと繰り返します。

骨盤閉めエクササイズ

緩み開ききった骨盤を引き締める効果があり、とてもすっきりとし気持ちがよくなるエクササイズです。

  1. 仰向けに寝っ転がり、膝を立てます。
  2. 膝を左右に開き足の裏をくっつけ、カエル足の体勢になります。
  3. そのまま腰を浮かせ、5秒キープします。

足上げエクササイズ

太ももの後ろと外側の筋肉を引き締めて細くし、ヒップアップをするストレッチです。下半身が太くて悩んでいた方もこれで美脚をゲットですね。

  1. 右手を壁や椅子についてバランスよく真っすぐと立ちます。
  2. 左足を前に出して、足首を直角に曲げます。
  3. 上半身は真っすぐの状態のまま、直角に曲げた左足を真後ろに引いていきます。
  4. 外側から内側へと、引いた左足を右足に引き寄せます。
  5. 内側への力を意識した状態のまま、後方へ引いた左足を回転させます。
  6. 次に同じ動作を右足で行っていきます。
スポンサーリンク

まとめ

下半身太りの原因や心掛け、解消法をいくつかご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

ダイエットしてもなぜお肉が落ちないんだろう…下半身にだけお肉がついてしまうのはなぜなんだろう…と悩んでいた方の少しでも手助けになれたら非常に嬉しいかぎりです。

足が太くてスキニーパンツが履けない、水着が着れない等のファッションにおける悩みもこれでおさらばです。

ご紹介した生活をしていくうえでの心掛けは、特に知っているのと知らないのとでは大違いです。すぐにできるものだからこそ、ここで差ができていくのです。

生活習慣を意識して過ごし、さらにエクササイズや運動ができればきゅっとしまった下半身をゲットできる日も近いです。

毎日エクササイズや運動ができなくとも、まずは2日に1回・3日に1回と自分に課し着実にこなしていくことをオススメします。無理な目標はもはや目標とは言えません。何事も継続していくには、その人に合ったペースであるのが基本です。

意外と目に入る情報に人は左右かされますので、自分の部屋やトイレや洗面所などに自分の理想とする体系のモデルさんのポスターを貼っておくのもいいかもしれません。

こんな風になりたいと目標があるのは、自分のやる気に繋がります。是非下半身痩せに挑戦してみてはいかがでしょうか。