コバラサポートはダイエットに効果的?

ダイエットで一番辛い事はなんでしょうか?

第一にあがるのが、食事制限ではないでしょうか。

みなさんは「コバラサポート」、という大正製薬が発売したダイエットサポート飲料を知っていますか?

健康炭酸飲料で、テレビCMで目にした事がある人もいるでしょう。

この飲料がお腹の中で膨らみ腹持ちが良く空腹感をまぎらわせる為、普段の間食やおやつの代わり等にコバラサポートを飲んでダイエットをする人も多いのだとか。

食事を我慢できず食べてしまいダイエットに失敗してきた、そんな人は是非始めてみてください。

ダイエット商品に挑戦した事のない人も、飲み物なので手軽に始められるのでおすすめです。

今回は「コバラサポート」の効果的な飲み方などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

コバラサポートとは

kobara_header

それではコバラサポートとは、詳しくご紹介します。

この商品は大正製薬が2014年7月に発売した炭酸飲料で、食物繊維も豊富でありカロリーも低いため、ダイエット中にドリンク代わりにしても良いでしょう。

飲料の炭酸の気泡が胃の中でゼリー状に変化し、ゼリー状になる事で液体の体積が約1.4倍に膨れ上がります。

なぜこのような事が可能なのかと言うと、配合されている食物繊維に含まれるペクチンという成分の「糖と酸を一緒に摂取する事でゼリー化する」という性質を利用しているからです。

これにより満腹感を感じる事ができるという事です。

なぜ胃の中でのみ変化するのか、それはコバラサポートの液体が強酸性の液(空腹時の胃液)とのみ反応し膨張するからです。

胃液は空腹時と満腹時での胃酸の濃さは違い、空腹時であればあるほど胃酸は強くなります。

ですので反対に弱酸性の液の中では膨張しない為、満腹時にコバラサポートを飲んだとしても、お腹の中で膨らむ効果はないという事です。

液体がゼリー状に変化するという技術は、大正製薬が独自に開発した「コバラセンサー技術」という空腹感を抑制する技術により実現しています。

この技術が前述でも説明した弱酸性の胃液が出ている際は、炭酸がゼリー状にはならないというもの。

コバラサポートは1本185ml入っており、販売価格は200円(税抜)。

現在5種類の味(フレーバー)があります。

  • グレープフルーツ風味
  • りんご風味
  • もも風味
  • マスカット風味
  • ヨーグルト風味

コバラサポートの効果時間、持続時間が気になる人もいるでしょう。

コバラサポートの効果時間は個人差ももちろんあり空腹感にもよりますが、約2時間~3時間程度は空腹感を抑制することができるとされています。

しかしながら注意したい点は、1日に何本も飲めば常に満腹感が得られダイエットに成功するか?というとそういうものではありません。

コバラサポートは1日あたりの本数制限はないですが、2.3本程度が妥当と言えるでしょう。

それ以上コバラサポートを飲んでしまえば、食事を食べられなくなるかもしれないからです。

効率よく健康的にダイエット効果を出すためには、食事をバランスよく摂り低カロリーなモノを摂取するのです。

ちなみに余談ではありますが、コバラサポートに含まれている胃の中で膨らむ成分とは「難消化性デキストリン」と呼ばれ、この成分は他商品にも含まれています。

みなさんによく知られている有名な商品だと蒟蒻ゼリーが当てはまります。

飲料とゼリーといった大きな違いがある為、飲みやすさや好みは分かれると思いますが、使い方や人によっては蒟蒻ゼリーで代用することも可能かも知れませんね。

どちらも食事の変わりになるものではありませんので、ダイエットにうまく活用していきましょう。

スポンサーリンク

コバラサポートの効果的な飲み方とは

water-glass-3390370_960_720

それではコバラサポートの効果的な飲み方についてご紹介しましょう。

空腹時の食事30分前に飲みましょう

お腹が空いているとついつい食べ過ぎてしまうのは、しょうがないことですよね。

ついつい食べ過ぎを阻止するのが、このコバラサポート。

食事をする30分前に、コバラサポートを飲んでみてください。

この飲料によりお腹が少し満たされている状態であるならば、食事をはじめてもいつもよりはセーブして食べる事ができるのでおすすめですよ。

間食時に飲みましょう

日常生活の中でついお菓子を食べてしまう、働いている途中に一息ブレイクでお菓子を食べてしまうなんて人は、そのお菓子をコバラサポートに置き換えてみてください。

お菓子というのは小さいお菓子であっても、意外と高カロリーなものです。

コバラサポートでお腹を満たし、間食防止しましょう。

有酸素運動後に飲みましょう

健康の為や美容・ダイエットの為に有酸素運動に取り組んでいる人もいるでしょう。

運動後お腹が空いてしまってドカ食いしてしまっては、意味がないですよね。

そんな時、コバラサポートを飲むのがおすすめです。

空腹時でやってしまいがちなドカ食いを防止しましょう。

食事制限中に飲みましょう

ダイエットとして食事制限をしている時、はじめたばかりはどうしてもお腹が空いてしまい仕方がない事もあります。

そんな時にはコバラサポートを飲んで、空腹時を乗り切りましょう。

カロリーも低いので気にする事はありません。

しかしながら食事との置き換えにコバラサポートを飲むことはおすすめしません。

栄養摂取をしない食事制限はとても危険ですよ。

スポンサーリンク

コバラサポートの注意点や副作用とは

booklet-3397145_960_720

ダイエット用のドリンクとしてコバラサポートを見ると、注意点や副作用が気になり心配する人もいるでしょう。

コバラサポートは薬品ではないので、副作用の報告はされていないと言っていいです。

しかしながらコバラサポートの中には食物繊維と難消化性デキストリンが含まれており、便秘の解消を促す働きがある為、体質によって下痢をしてしまう事もあるようです。

副作用や異常がでないか心配な人は、まずは少量から試してみて徐々に飲む量や本数を増やしていくと良いかもしれません。

コバラサポートは、大正製薬株式会社から販売されており、大正製薬と言えば製薬会社の中でもトップクラスを誇る誰もが知っている有名な企業です。

元々薬を販売している会社ですので、品質も製薬会社ならではの品質となっています。

もちろんダイエット食品やダイエット方法というのは効果や副作用は個人差が出るものですが、製薬会社であり有名な企業というのは一つの安心材料になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コバラサポートの口コミや評判とは

workplace-1245776_960_720

ネットには様々な情報、口コミや意見があり、商品を購入したお客様が商品レビューしているものは特に参考にするといいでしょう。

カスタマーレビューを見てみるとどのようなダイエット法もそうですが、効果があった人、そして効果がなかった人に分かれていました。

まず効果がでなかった人の特徴として多いのは、食事の置き換えとしてコバラサポートを飲んでいる人です。

コバラサポートとはあくまで食事の食べ過ぎを抑制させるための飲料ですので、食事の代わりにはなりません。

食事としてコバラサポートを摂取してしまうと、結局数時間後に空腹を感じ、なにかを食べてしまうといった事になります。

それに比べて効果があったという人の特徴として多いのは、食前にしっかりと飲んでおり、食事の食べ過ぎ防止としてコバラサポートを使っていました。

脳が満腹であると判断するのは血糖値上昇そしてお腹の張り具合で判断するのですが、食べるのが早い人は脳が気づく前に多く食べてしまう傾向があります。

人が満腹感を感じるまでの時間差は、意外とダイエットにおいてポイントとなります。

そんな時間差も、コバラサポートを食前に飲むことで、あらかじめ緩やかではありますが血糖値を上昇させ胃を膨らませておく事ができる為、時間差を縮める事ができます。

元々よく咀嚼し食べるスピードが遅い人は満腹感を感じるまでの時間差が少ない為、食べ過ぎにはならない傾向があります。

よってドカ食い・早食いと言われている人ほど、食事前のコバラサポートとは相性が良いと考えられます。

なにかを食べるときに噛む回数を多くすればするほどダイエットに効果があるというのは、単純に食べ物が細かくなり、多くの唾液が分泌され消化に良いという理由もありますが、ゆっくり食べる事で満腹感を感じるまでの時間差を無くすという意味もあるのです。

これらと同じような効果を引き出せる事が、コバラサポートの魅力。

このコバラサポートが自分の生活スタイルや食事スタイルに合っているか、商品レビューを参考によく考えてみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

今回はコバラサポートの特徴や効果的な飲み方などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

初めてこの商品を知った人は多くいるでしょう。

コバラサポートはAmazonや楽天などの通販サイトでも取り扱いがありますし、通販で買うなら大正製薬公式通販サイトでも購入できますので検索してみてください。

この公式通販サイトではまとめ買いなどでお得に買えるものもあるようですよ。

店舗で買う場合は、全国のコンビニエンスストアやドラッグストアにおいてあります。

コンビニの場合は、ドリンクフリーザーに並んでいない時は栄養ドリンクコーナーをチェックしてみてください。

これからダイエットする人、現在ダイエット真っ最中の人、食べ過ぎたくない時がある人、等いろんなタイミングや場所で使えるので私達をサポートしてくれる事間違いなしです。

興味があれば是非、Amazonカスタマーの人はAmazonに、コンビニカスタマーの人はコンビニをのぞいてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加