米麹甘酒のダイエット効果が凄すぎる!その方法とは

みなさんは甘酒と聞くと、お正月に神社で配られる物・飲む物というイメージがあるかもしれません。

たしかに日常的な飲み物としては飲まれていないのが現状でしょう。

しかしながら甘酒はひそかに話題となり、女性の中ではブームになっているようです。

甘酒は日本古来の飲み物であり、豊富な栄養素が含まれている事から飲む点滴とも呼ばれています。

江戸時代においては夏の風物詩であり、夏バテ予防としても飲まれていたとか。

甘酒の効果を知れば、きっとあなたも日常的に飲みたくなるはずです。

そんな甘酒には、酒粕から作られた甘酒と米麹で作られた甘酒の2種類があり、美容や健康そしてダイエット効果を考えると米麹の甘酒がおすすめ。

今回はそんな米麹の甘酒についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

米麹甘酒がおすすめの理由とは

malted-rice-japanese-fermentation-food-often-used-cuisine-used-to-making-miso-making-sake-79168598

江戸時代では夏に冷やした甘酒または熱い甘酒を暑気払いに飲む習慣があり、栄養価が高い疲労回復に効果的な夏の栄養ドリンクとして、夏場には多くの甘酒売りがいたようです。

甘酒の製法には米麹を発酵させ作る方法、酒かすを溶かし砂糖を加えて作る方法の2種類があります。

酒かすで作られる甘酒は手間がかからない為か流通が多いようですが、甘みを増すために砂糖を加えているのでダイエット等には向かないと言えます。

作り方としては日本酒などのもろみを圧縮した後、残っている白色の固形物をお湯で溶き加熱し砂糖を加えて作ります。

アルコールも含まれているので少し癖のある味です。

アルコールが苦手な人は注意してください。

一方で米麹で作られる甘酒は、米と麹を発酵させて作ります。

発酵している段階ででんぷんの自然な甘さが出る為、砂糖は使用せず十分美味しく作ることができます。

米と麹で作られているので、もちろんノンアルコールです。

酒かすから作られた甘酒よりも、米麹から作られた発酵食品の甘酒の方が栄養成分が多いので、健康や美容そしてダイエットをしたい人は米麹甘酒を飲むことをおすすめします。

スポンサーリンク

甘酒の効果とは

closeup-31-3-01

それでは期待できる甘酒の効果についてご紹介します。

様々な効果がある事を知れば、きっとすぐに甘酒生活を始めたくなりますよ。

美肌効果

甘酒に含まれる栄養素の中でビタミンB2 が非常に多く含まれています。

この成分は肌の機能を活性化する効果があるので、肌の保湿効果・ハリや弾力を取り戻す効果が期待できます。

そしてビタミンB2のみではなく、ビタミンB1・B6、ナイアシンなどのビタミンB群もしっかりと含まれている為、内側から肌を綺麗にしてくれるのです。

また米麹甘酒の原料である麹の中にはコウジ酸が豊富に含まれており、シミやくすみの原因となるメラニン生成の抑制効果があることから美肌になる効果も。

特にビタミンB群は食生活の乱れ・体内バランスが崩れているなど、身体が疲労状態にある時にも不足しやすいビタミンなので、必ず摂取しておきたい栄養素です。

美髪効果

強い日差しやカラーリングなどでダメージを受けた髪や頭皮に効果が期待できます。

麹に含まれている成分であるコウジ酸は、頭皮を若返らせ美しい髪を作ると言われているのです。

また甘酒に含まれている成分のビオチンには、コラーゲンなどのタンパク質を生成する働きがあるので、これも美髪が作れる理由の1つ。

ビオチンは身体のエネルギー代謝にも関わる栄養素である為、頭皮の新陳代謝も活発にし

、頭皮の皮下組織の血流も良くするのです。

リラックス効果

甘酒の中にはストレスを軽減させるパントテン酸やGABAといったアミノ酸 の一種が含まれていて、日々の疲労を癒す効果があるとされています。

飲むことで興奮を抑制し、副交感神経が働くよう優位にしてくれるのです。

また同時に、ストレスに対しても鎮める効果があるのでリラックスすることができるのです。

脂肪燃焼効果

米麹甘酒は100gで81キロカロリーと、低カロリー。

甘酒には脂質を代謝促進するビタミンB群が豊富に含まれています。

この脂肪鵜燃焼効果が、ダイエットとして甘酒を活用できる理由の1つです。

満腹効果

甘酒は甘みのある飲み物ですので、あらゆる飲み物から比べると満腹感を得る事ができます。

ダイエット中でプチ断食中の人なども、栄養不良による肌荒れを防ぐ為に甘酒を飲む事で

高い栄養効果が得られ、また他の飲料よりも満腹感が得られます。

疲労回復効果

病気の時や仕事で疲れている時などに食欲がなく栄養が偏ってしまうと、肌代謝は悪くなり肌荒れやシミなどの原因になります。

甘酒に含まれる栄養素の中には、消化吸収を助けてくれる消化酵素とエネルギーを効率よく転換するビタミンB群が豊富なので、食事をした際効率よく栄養を取り込み、大量に含まれているブドウ糖が体力回復をサポートしてくれます。

また甘酒にはタンパク質を生成するアミノ酸含有量も高いので、こちらも強力な力になってくれます。

体力が落ちている産後や授乳時期にもおすすめですよ。

便秘解消効果

甘酒に含まれている食物繊維やオリゴ糖には、腸内環境を整えて改善してくれる働きがあります。

腸内環境が良好になることで便秘が解消し、なおかつ肌トラブルなども改善されるでしょう。

代謝促進効果

甘酒に含まれるブドウ糖には血糖値を上昇させる働きがあるため、満腹感を得やすくなる効果があり、また身体や脳を動かすための欠かせないエネルギー源でもあります。

そして甘酒に含まれるビタミンB群は脂質の代謝促進の働きがあるので、脂肪燃焼効果も見込めます。

美容の為にはじめた甘酒が、ダイエットにも効果があったら嬉しいですし、逆もしかりですよね。

スポンサーリンク

甘酒おすすめの飲み方とは

amazake

甘酒は栄養価が高いため、色んなシーンで飲む事をおすすめします。

食欲不振の時・病気の時・ダイエットしたい時・おやつを食べたい時・朝起きた時、など食事代わりやおやつ代わりにして継続的に飲むことで効果は上がります。

しかしながら甘酒の独特な味や匂いが苦手な人もいるでしょう。

そんな人は甘酒に、生姜やココアを少し入れてみたり、無調整豆乳で割ってみたりして飲むと、独特な癖が和らぐので試してみてください。

生姜には身体を温める作用もあるので、甘酒と飲むことで血行促進されやすくなり発汗効果もアップします。

身体が温まってくるとカロリーの消費も大きくなるので、おすすめ。

そして生姜に含まれる辛味成分により血流をよくし改善されれば、甘酒の効果との相乗効果により血圧を下げる効果も期待できます。

ココアにはダイエット効果そして美容効果の高い成分が多く含まれています。

カカオによる食物繊維の便秘解消効果も見込めますし、なにより甘酒のクセが気になる人は一番ココアがおすすめですよ。

甘酒のクセを一番うまく隠してくれるのがこのココアと言ってもいいでしょう。

ココアの香りもまた、心地よさを感じさせてくれてリラックスして飲むことができますよ。

豆乳には女性ホルモンを高める効果があるので、美容効果やダイエット効果を期待するこ

とができるのです。

豆乳と甘酒の割合は1:1の割合で混ぜるだけで飲みやすくなりますよ。

スポンサーリンク

甘酒でダイエット行うポイントとは

甘酒をダイエットとして飲む場合、どのようにして飲めば効果的に痩せる事ができるのかポイントをご紹介します。

飲むタイミングは朝がおすすめ!

ダイエットしたくて甘酒を飲みたいのであれば、朝に飲む事が最も効果的です。

甘酒を飲む事でエネルギーになるので、朝に飲み基礎代謝をアップさせる事ができます。そしてできれば甘酒を温めて飲むことをおすすめします。

甘酒は1日コップ1杯程度を目安にしましょう。

余談ですがストレス軽減・リラックス効果を期待したい人は、夜寝る前をおすすめします。

米麹の甘酒を選びましょう!

前述でもお話ししている通り、酒かすで作られた甘酒は選ばないようにしてください。

酒粕から作られている甘酒には砂糖が使用されており、これだけの事ですがこれが太るもととなりえます。

米麹から作られた甘酒を選び飲むようにしましょう。

また米麹の甘酒はブドウ糖が入っており、このブドウ糖がエネルギーとして使用される事ですぐに代謝してくれます。

また脂肪として溜まることもないので、ダイエットには米麹甘酒がおすすめなのです。

甘酒が人によってはどうしても苦手という人もいるかもしれません。またさらに甘酒の効果を出したいと欲が出てしまう人もいるでしょう。

そんな人には甘酒に効果のあるものをプラスするだけで飲みやすく効果を高めることもできるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

米麹甘酒、いかがでしたでしょうか?

この米麹甘酒の効果はダイエットのみならず、特に女性にとって嬉しい効果が多くあったように感じたのではないでしょうか。

今回は甘酒を飲んだ時の効果をご紹介しましたが、なんと甘酒は肌に塗る事での保湿効果もあるのです。

江戸時代から愛されてきた甘酒なだけあり、効果は絶大と言っていいでしょう。

カロリーも低く、コストパフォーマンスも高い事から手軽に始めることができるのも利点ですよね。

甘酒が苦手な人は意外と多いような気がしますが、ご紹介したようにアレンジして飲んでも大丈夫ですので試してみる価値はありですよ。

もともと古くは夏バテ予防の栄養ドリンクとして愛され飲まれてきましたが、それだけではなくダイエットやアンチエイジングとして女性達が常用して飲む日は近いのではないでしょうか。

近年は甘酒の注目により、スーパーやコンビニエンスストアなどでも多く販売されるようになってきました。

是非明日、手に取ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加