MEC食ダイエットの効果的なレシピとは?ブログではやり方を誤ると痩せないとも

ダイエットでは、食事による減量効果が占める割合は非常に高く、適切な方法で行えば食事制限のみで充分痩せることもできます。

現在では、ダイエットにおける食事制限法はかず多くありますが、MEC食を取り入れた食事制限法も、ダイエット効果が高く広く知られています。

今回はそんなMEC食ダイエットの正しいやり方や効果などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

MEC食とは

meat-eggs-cheese-516x350

出典:www.evolutionezine.net

MECとは、Meat(お肉)・Egg(卵)・Cheese(チーズ)のそれぞれの頭文字であり、MEC食とはこれらお肉・卵・チーズを中心とした高たんぱく・高脂肪・低糖質の食事に、「咀嚼(そしゃく)法」を取り入れた食事法のことをいいます。

MEC食は、沖縄県那覇市にある「こくらクリニック」の渡辺信幸医師によって考案された新たなダイエット食事療法であり、分類的には低糖質を意識した糖質制限ダイエットに含まれます。

渡辺氏は著書「日本人だからこそご飯を食べるな」『「野菜中心」をやめなさない』で、MEC食のダイエット効果やMEC食が私たちの体にどのような恩恵を与えてくれるかということを説明しています。

スポンサーリンク

MEC食のメソッド

article-1058758-02B571D500000578-928_468x453

出典:www.dailymail.co.uk

MEC食であるお肉・卵・チーズの3つの食品を中心とした食生活を送ることによって、通常の食事療法とは違った形でダイエットにアプローチします。

4つの必須栄養素を積極的に摂取する

MEC食ダイエットでは、たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルといった体に必要不可欠である4つの必須栄養素を、お肉・卵・チーズから可能な限り摂取してコンプリートさせようという考えのもと考案されました。

これら4つの必須栄養素を積極的に摂取することによって、体を絞りながらも健康体を維持し、また、必須栄養素の作用によって体の不調をも改善してくれます。

肥満の原因ともなる炭水化物(≒糖質)の摂取を控える

MEC食ダイエットでは、4つの必須栄養素を積極的に摂取すると同時に、必須ではない栄養素の炭水化物(≒糖質)の摂取量を控えます。

糖質は血糖値を上昇させ、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンの分泌量を増やしてしまうため、脂肪の合成を促進し分解を抑制するため、太りやすく痩せにくい体となってしまいます。

糖質は肥満の最大の原因物質であり、あまり多く摂りすぎてしまうと、脂肪細胞を肥大させてしまう恐れがあるのです。

糖質の摂取量を抑えることで、ダイエット効果を飛躍的に高めることができます。

咀嚼(そしゃく)回数を増やす

MEC食ダイエットでは、摂取する栄養素を意識するのと並行して咀嚼回数も意識した食生活を送ります。

食べ物はひと口最低30回以上は咀嚼(噛むこと)して食べることによって、脳の視床下部にある満腹中枢を刺激してやり、早期に満腹感を得ることができます。

咀嚼回数を増やすことによって、満腹中枢を刺激するだけでなく、食事にかける時間も伸ばしてやることで食べ過ぎを防ぐことができます。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットとの違い

woman-wondering-whether-to-eat-meat-or-vegetables

出典:authoritynutrition.com

では、MEC食ダイエットと糖質制限ダイエットの違いはなんなのでしょうか。

MEC食ダイエットも大きなカテゴリで見ると、糖質制限ダイエットに含まれますが、その中身の実態は似て非なるものです。

一般的な糖質制限ダイエットのメソッドというのは、肥満の原因物質である炭水化物(糖質)を控える、いわば引き算のような考え方です。

炭水化物には、日本人の食生活に欠かすことのできない米やパン、パスタ・うどん・そば・ラーメンなどの麺類が代表的であり、その他では一部の根菜類や砂糖をふんだんに使った菓子類などにも多くの糖質が含まれています。

先程も説明したように、糖質の過剰摂取は確実に脂肪を蓄積させて肥満を引き起こします。

これらの糖質を多く含む食品を控えるという点では、糖質制限ダイエットもMEC食ダイエットも同じですが、MEC食ダイエットでは人が活動するために欠かすことのできない4つの必須栄養素をほとんど網羅した肉・魚・チーズといった3つの食品を初めに食べて、お腹をある程度満たせば後はそれほど気にすることなく何を食べてもいいという、いわば足し算の考え方といえます。

メインである肉・卵・チーズでお腹をある程度満たしたら、糖質を多く含む食品以外は何を食べてもいい、という部分が糖質制限ダイエットと大きく異なるところといえます。

とはいえ、糖分以外の太る要因となる脂肪分の多い食品を多く摂ってしまうと、MEC食ダイエットの本来の効果を得られませんし、不思議とたんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの4つの必須栄養素でお腹を満たすと、糖質や脂肪分といったものを多く含む食品が欲しくなくなります。

糖質制限ダイエットのように、食事では糖質を徹底的に取り除こうとするのではなく、他の食品も食べても構わないけど、まずは肉・卵・チーズを摂取してからにしてくださいね、といったスタンスがMEC食ダイエットなのです。

MEC食ダイエットは、糖質制限ダイエットを経験した人の多くが最終的に落ち着くダイエット方法であり、多くの人が糖質制限ダイエットよりも優れていると感じています。

糖質制限ダイエットよりも制限される食物が少なく、ストイックでもないため手軽に始めることができます。

スポンサーリンク

MEC食ダイエットのダイエット効果

食生活をMEC(お肉・卵・チーズ)を中心とすることで、どのようなダイエット効果があるのでしょうか。

基礎代謝のアップによる脂肪燃焼

MEC食ダイエットでは、肉や卵、チーズといった良質なたんぱく質を多く含む食材を中心として食べる食生活になります。

たんぱく質は筋肉を生成する上では欠かせない重要な栄養素であり、これらに含まれる良質なたんぱく質をたくさん摂取することで、筋肉量を増加させることができます。

ダイエットにおいて非常に重要な要素に基礎代謝というものがありますが、基礎代謝とは、特に運動などのエネルギーを消費する活動を行わず、じっと動かずにいても消費されるエネルギーであり、人が最低限の生命維持活動を維持するために行う呼吸や体温維持、食物の消化・吸収などの際に消費するエネルギーです。

人間の1日の消費エネルギーの60%を占める基礎代謝は、筋肉量を増やすことによって増加させてやることができます。

そのため、筋肉を生成する働きを担うたんぱく質を多く摂取することになるMEC食ダイエットでは、基礎代謝をアップさせ、脂肪が燃焼しやすい新陳代謝のいい体となります。

エネルギー代謝や脂肪燃焼効果を促進する

MEC食(肉・卵・チーズ)のうちの卵は低カロリーでありながら、消化に必要なエネルギーが非常に多いことでも知られ、マイナスカロリーダイエットにも頻繁に用いられる食材です。

マイナスカロリーダイエットとは、摂取エネルギーよりも消化エネルギーの方が多い食材、つまり、低カロリーでありながらその摂取した食品を消化するために必要なカロリーの方が多い食材を食べることによって、食材を食べながらエネルギーを消費して痩せるというダイエットです。

卵はエネルギー代謝を高めて、且つ、腹持ちもいいため、マイナスカロリーダイエットでもよく食べられている食材です。

また、卵にはバリン・ロイシン・イソロイシンという3つの必須アミノ酸が含まれており、これらのアミノ酸は筋肉の生成を促進して、エネルギー代謝をより高めてくれるので脂肪の燃焼効果も高まります。

その他、4つの必須栄養素のうちのビタミン・ミネラルは、エネルギー代謝や脂肪の燃焼効果を促進する働きがあります。

高脂肪食品として知られるチーズですが、チーズは栄養価が非常に高く、ダイエット食としてもしばしば用いられます。

チーズには、脂肪の燃焼を促して脂肪の蓄積を防止する働きを持つビタミンB2が豊富に含まれており、エネルギー代謝に効果があるカリウムやナトリウムといったミネラル類も多く含まれているため、脂肪燃焼効果を更に促進してくれます。

チーズは、脂質の多さに気を取られがちですが、これらビタミンB2やミネラル類がしっかりと脂質を代謝してくれるため、それほど脂質を気にする必要はありません。

ボディラインの変化

女性でMEC食ダイエットを取り入れた人の中には、バストアップしたという人が多くいます。もちろん、体重は減少してますし洋服のサイズダウンもしているため、外見上も痩せたうえでバストアップするよです。

そのほか、単に体重が減ってダイエットに成功しただけでなく、体内の余分な水分や老廃物の蓄積が原因でできるセルライトを取り除くことができたという人も多いのです。

セルライトは一度ついてしまうと、取り除くのに非常に苦労する脂肪細胞です。

MEC食(肉・卵・チーズ)には、数値に表れるダイエット効果以外にも、バストアップやセルライトの除去といった効果もあります。

スポンサーリンク

MEC食ダイエットのメリット

MEC食ダイエットには、ダイエット効果以外にもさまざまなメリットがあります。必須栄養素をふんだんに摂取するこのダイエット方法では、以下の様なメリットを得ることができます。

  • 夜ぐっすり眠れるようになり、朝も目覚めが快適になった
  • 体力がついて疲れにくくなった小さなことにこだわず、大らかになった
  • 仕事中の集中力が高まった
  • 花粉症の症状が緩和された
  • 片頭痛がなくなった
  • 下痢・便秘が解消された
  • カサカサだった肌が、潤いを満たすようになり肌トラブルが解消された
  • 髪や爪つめといったものが綺麗になった
  • 生理痛・PMSの症状が緩和され、生理不順も改善された
  • 間食しなくても平気になった
スポンサーリンク

MEC食ダイエットの正しいやり方

MEC食ダイエットは、単に肉や卵、チーズといったものをたくさん食べるといった大雑把なやり方では本来のダイエット効果を期待することはできません。

正しいMEC食ダイエットの方法を実践してこそ、通常の糖質制限ダイエットでは得られないメリットを得ることができるのです。

摂取量

肉・卵・チーズを中心とした食生活を送るMEC食ダイエットでは、これらの食品のベースとなる1日あたりの摂取量があります。

肉⇒200g
卵⇒3個
チーズ⇒120g

このベースとなる摂取量を、朝食・昼食・夕食で自分で調整して振り分けて食べるようにします。

MEC食だからと言って、際限なく食べていては、脂肪分の過剰摂取になりますし、コレステロールやエネルギー過多となってしまいます。

炭水化物(糖質)はなるべく控える

MEC食ダイエットでは糖質を多く含んでいる食品も控える必要があります。

糖質はご飯やパン、麺類以外にも根菜類などの一部の野菜やスナック菓子、清涼飲料水、調味料などにも多く含まれている場合があります。

糖質制限ダイエットと違って、全く糖質を含む食品を口にできないというわけではありませんが、炭水化物(糖質)は必須栄養素ではないですし、太る原因には間違いないので食べないことに越したことはありません。

噛む回数はひと口30回

この噛む回数、いわゆる咀嚼回数がMEC食ダイエットの中でも特に重要になってきます。

しっかりと噛むことによって、満腹中枢を刺激してやり満腹感を早期に得ると同時に、食べ過ぎを防いで食べる量を抑える働きがあります。

食事の摂り方

MEC食ダイエットでは、「これを食べてはいけません」といったルールは特にありません。

早い話が、肥満の原因物質である早い話が、糖質を含む食品でも口にしていいことになっています。

しかし、「先ず初めに肉・卵・チーズを食べなさい」というルールがあります。

これらの食品のベース量となる摂取量を満たしてから、それでもなお食欲が湧くのであれば食べても構いません。

スポンサーリンク

MEC食ダイエットで体重が減らない原因

MEC食ダイエットを行ってもなかなか体重が減らずに悩んでいる人は、もしかすると以下の原因に該当するかもしれません。

摂取量の過多・不足

肉や卵、チーズは、決して高カロリー食品ではありませんが、高脂肪食品ではあります。

そのため、摂取しすぎてしまうとエネルギー過多や脂肪の蓄積が要因となり、うまく体重が減らない場合があります。

肉・卵・チーズの1日の摂取量は必ず守るようにしてください。

また、摂取過多とは逆に、摂取不足でも体重は思うように減ってくれなくなります。なぜなら、ダイエットには停滞期というものがあるからです。

無理なダイエットでエネルギーや栄養素が不足すると、体は防衛本能によりホメオスタシス機能というものを発動させ、普段よりもエネルギー吸収率を高め、消費量を減らそうとします。

そのため、食べたものは普段以上にエネルギーとして吸収されてしまい、運動をしてもエネルギーはあまり消費されない体となります。

MEC食ダイエットでは、基本となる3つの食材で必須栄養素全てを賄おうとしているため、ベースとなる量を下回ってしまうと、ダイエット停滞期に陥る場合があるのです。

関連記事:ダイエットの停滞期の期間や乗り越え方は?脱出するための7つの方法!

調味料の入れすぎ

MEC食ダイエットのルールのひとつに、「なるべく糖質の多いものは控える」というものがありますが、主食となるご飯やパン、麺類とお菓子類以外にも糖質を多く含むものがあり、それが調味料なのです。

糖質を多く含むことが意外と知られていない調味料ですが、ケチャップやみりん、とんかつソース、めんつゆ、焼き肉のタレ、サラダドレッシングなど、糖質の多い調味料はなにげに多くあるのです。

調味料を使う時は、糖質を摂取し過ぎないように少なめにかけることを意識してください。

スリム体型の人が実践すると太ってしまう

MEC食ダイエットでは、スリム体型、いわゆる痩せている人が実践すると逆に太ってしまうといわれています。

この「太る」とは、体重が増えるだけであって、見た目が劇的に変わるというわけではありません。

というのも、MEC食ダイエットは体重を劇的に「減らす」というダイエットではなく、MEC食で理想体重に「戻す」という概念のダイエットです。

つまり、太っている人は痩せて、痩せている人は理想体重となるよう太ってしまうのです。

体重が増えたといっても、おおかた良質なたんぱく質摂取による筋肉量の増加による体重増加です。

体重が増えたとしても、筋肉による引き締め効果でウエストラインが引き締まったり、足が引き締められ綺麗な美脚になったりすることも十分あります。

体の修復期

元々太っていたにも関わらず、MEC食ダイエットで更に太ってしまったという人は、ダイエット前の食生活に問題があったと考えられます。

それまでの食生活において、炭水化物や食物繊維といったものを多く含む食品を大量に食べ、肉や魚などの動物性蛋白質の摂取量が少ないと、代謝は悪くなってしまいます。

摂取するエネルギーが同じであっても、たんぱく質と炭水化物では代謝に必要なエネルギーが違います。

代謝が悪くなってしまうような食生活を長期間行っていると、体は不足していた栄養素を体内に貯蓄しようと働き、思うようにエネルギーを放出できません。

このような働きを行う期間を修復期と呼び、この修復期でダイエットを断念ししまう人が多くいるのです。

ダイエットを滞り無く行えるようにするためにも、日頃の食事をもっとバランスのある食事に心掛けるようにしてください。

スポンサーリンク

MEC食ダイエットを効果的に行う方法

MEC食ダイエットの口コミ評価や実践した人のブログをみていると、多くの人がこのダイエット方法で痩せることができたといっています。

しかし、中にはこのダイエット方法を試みてもダイエットに失敗したという人も一定数いるのも事実です。

MEC食ダイエットの本来の効果を確実に得ると同時に、ダイエット効果をより高めるためにも、MEC食ダイエットのポイントを紹介します。

筋トレを組み合わせる

MEC食ダイエットを行う時は、一緒に無酸素運動である筋力トレーニングをすると、より効果的に脂肪を燃焼することができます。

普通、ダイエットではジョギングやウォーキング、エアロバイクや水泳といった直接脂肪を燃焼させるような有酸素運動を行いますが、良質なたんぱく質を多く摂取することになるMEC食ダイエットでは、筋力をアップさせるためにも筋トレなどの無酸素運動を行うことが好ましいのです。

筋肉を生成するたんぱく質をたくさん摂取しながら、筋トレを行って筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げてやることができ、効率よく脂肪を燃焼する体となります。

筋トレは、少ない時間と回数でかなりの効果があるスクワットがおすすめです。もちろん、筋トレと有酸素運動の両方行えるのであれば、より減量しやすくなります。

関連記事:ヒンズースクワットの効果ややり方は?ダイエットは回数よりも正しいやり方・フォームが大切!

関連記事:ヒップアップ効果のある筋トレやエクササイズは?簡単に行えるスクワットやストレッチがおすすめ!

MEC食と飽和脂肪酸の組み合わせる

MEC食ダイエットでは肉や卵をたくさん食べることになるため、自然と調理方法では「焼く」ことが多くなります。

この焼く工程では、みなさんどの家庭でも油を使用すると思います。市販で売られているサラダ油は最も使用されている油ですが、サラダ油はダイエットの観点から見ても、健康面でも体には良くありません。

サラダ油などの植物油に含まれる脂肪酸は、「多価不飽和脂肪酸」と呼ばれており、脂肪を蓄積させやすく、炎症やさまざまな生活習慣病を引き起こす原因となり、市販で販売されている植物油に含まれる「トランス脂肪酸」は有害な脂肪酸としても有名です。

一方、豚のラードやバター、そしてココナッツオイルなどに多く含まれている「不飽和脂肪酸」は、摂取しても血中の脂肪濃度を上げることはなく、体内に中性脂肪として蓄積されないという特徴を持っています。

そのため、不飽和脂肪酸を多く含んでいるラードやバター、ココナッツオイルをサラダ油の代わりとして使うことで、余分な脂肪の蓄積を防止することができます。

簡単!MEC食レシピ

【材料:1人前】

  • 合挽き肉 100g
  • 卵 1個
  • シュレッドチーズ 適量
  • 塩・コショウ 適量
  • ナツメグ 適量
  • パセリ、バジル等(お好みで 適量

【作り方】

  1. 耐熱皿に合挽き肉を敷き詰めて、塩コショウとナツメグをかける
  2. その上に卵を落とし、チーズを散らす
  3. オーブントースターで15分程度焼き、パセリやバジルを盛りつけたら完成

まとめ

まだまだダイエット知識に乏しく、肉や卵、チーズといったものが「太る食物」であると認識している人は多いと思います。

MEC食ダイエットは正しい方法で行うと、かなり高確率で痩せることができるダイエットといわれています。

これらの食品は栄養価が非常に高いため、痩せるだけでなく健康にも非常にいいとされており、健康的に痩せることがもっとも美しい痩せ方とされています。

みなさんも是非試してみてください。