長く続くダイエットこそ痩せる!自分に合った方法で目標体重を目指そう!

ダイエットをして痩せたい・痩せて綺麗になりたい、と女性なら誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

痩せて綺麗になれば見た目のみではなく、人生も変わる気がしますよね。

今までだったら似合わないような洋服も似合うようになったり、立ち姿も以前とは比べものにならないほど美しく見えたり。

外見ももちろんですが、体がかるくなったことで歩いたり走ったりすることも辛くなく、体にも良い影響を与えてくれます。

しかしながら無理な食事制限・運動はダイエットに逆効果になりかねないので注意が必要ですし、ダイエットをしても痩せられずその原因や理由はなんなのか困っている人もいるのでは。

一番大切な事は「体に無理なく続けていける健康的なダイエット」という事ですが、ここで更に最も重要なのはどの部分か分かりますでしょうか。

そうです、「続けていける」ダイエットであるという点なのです。

簡単なようで難しい、続けるという事。

今回は続くダイエットについて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 続くオススメのダイエットとは

salmon-518032__340

続けられるダイエットの方法は人それぞれ、合う・合わないのタイプがあると思いますので自分に合ったダイエットを見つけていきましょう。

レコーディングダイエット

このダイエットは、自分が食べた食事を全て書き出し、毎日同じ時間に体重・体脂肪を計測しメモするだけのシンプルな方法です。

ポイントは、ふと食べてしまったクッキー1枚やジュース1口であっても必ず書き出す事。

逐一記録していく事で食べすぎを予防する事ができますし、日々どのくらいのカロリー摂取をしているのかの計算も可能になります。

そうすると徐々に意外な高カロリーな物に気づいたり、逆に低カロリーなお腹に溜まる物に気づいたりして、自然と低カロリーなものを選ぶ習慣がついたりするのです。

また最近では、機能が優れた体重計で基礎代謝も計算できるので「消費カロリー」-「摂取カロリー」で、痩せ方まで把握できてしまうのです。

成人男性は1500kcal前後・成人女性は1200kcal前後が平均的な基礎代謝と言われています。

この数値に近い摂取カロリーに抑えることで、基礎代謝にプラスし日常生活の運動量を上回らせ、体内から消費できるカロリーを増やしていきましょう。

習慣にしてしまえば続けなきゃという気持ちではなく、メモしないと気持ち悪い・体重計測しないと1日が終われない身体になります。

体重や体脂肪が減っていき、その記録を更新していく事はとても嬉しく、やる気に繋がります。

騙されたと思って明日から食事記録してみてはいかがでしょうか。

青汁ダイエット

ヘルシーで美容や健康効果は高いと人気の高い青汁。

毎日の食事の1食分を青汁に置き換えたり、間食の代わりに青汁を飲んだりするといったダイエット方法です。

近年飲みやすい味の青汁も出てきているので、無理なく長く続けられる事がおすすめポイントです。

ダイエットをしながら内面から美容のケアもできますし、低カロリーでありますが栄養満点。

美味しく健康的にできるダイエットなので、魅力的でなにより安心ですよね。

鍋ダイエット

いつもの食事を鍋に置き換えるというだけの非常に簡単な方法です。

野菜をたくさん使った鍋料理は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。

そして身体を温め代謝を上げる効果が期待されており、脂肪燃焼しやすい体質に身体を変化させることができます。

鍋というと色々なアレンジも効きますし、お腹もいっぱいになりますので続けられそうですよね。

炭水化物抜きダイエット

元々は炭水化物中毒の人のために考えられたダイエットで、炭水化物摂取量を制限し血糖値をコントロールすることで、体質改善や減量を目指していくダイエット方法です。

炭水化物を全く食べないようにする為、カロリーを抑え脂質を代謝させることで効果が期待され、かなり効果的なダイエットと言えるでしょう。

なにより炭水化物以外の野菜やおかずは食べる量に制限がないので、そこが無理せずに続けられるダイエットと言えるポイントですね。

ただし炭水化物というのは私達の身体にとって必要な栄養素ですので、完全に抜くというよりも少なくする方法が健康で安全です。

朝食のみ炭水化物をとるなど自分で調整し行っていくことをオススメします。

スープダイエット

コラムや記事、テレビでも話題となった脂肪燃焼スープダイエットはご存知でしょうか。

脂肪燃焼スープのレシピ通りにスープを作り、1週間に2回ほど食べるというダイエット方法です。

キャベツ半玉・玉葱3個・セロリ1本・パプリカ1個・ホールトマト1缶・チキンスープのもと1個を鍋で煮込むだけという非常にシンプルなレシピです。

このダイエットは何日間継続的に行っていても安全で、健康的に痩せられると人気になりました。

特に女性はスープ好きですよね。

この頻度でこのスープを飲めばいいだけなら、お腹もいっぱいになりますし続けられる自信が沸く人も多いのではないでしょうか。

食べ順ダイエット

食事の食べる順番を変えるという非常に簡単なダイエット方法になります。

順番を考えながら食べる事で、満足感が得られ食べ過ぎ予防する事ができます。

吸収のスピードは食品の分子の大きさ・特徴により違いますが、順番を意識し食べることで吸収力を抑え余分な脂肪やカロリー摂取を抑制することが可能になります。

まずはじめはお茶やお味噌汁など水分の多いものから食べ始めましょう。

水分でお腹を少し落ち着かせたところで、食物繊維の多い物を食べてください。

その後おかず、最後にご飯や麺類などの炭水化物を食べましょう。

食べることを我慢せず運動もしない、この情報を得てから次の食事ですぐにでもはじめられるダイエットではないでしょうか。

継続しやすい理由、分かりますよね。

時計遺伝子ダイエット

人間には昼間は活発的に動き、日没後は休息準備に入り夜眠るという体内時計が元々身体の中に存在しています。

この体内時計を司るのが時計遺伝子という体内のたんぱく質。

この時計遺伝子のしくみから「食べ物の栄養の吸収や代謝は「食べる時間」によって大きく変わる」という事が分かりました。

このダイエットはとてもシンプルで分かりやすいです。

時計遺伝子というのは25時間周期で、朝食を食べると地球の自転周期の24時間にリセットされるので朝食は必ず抜かずに食べてください。

理想は朝・昼・夜の食事量は3:2:1の割合にするのがオススメです。

そしてリズムにそった生活をするのがベストなので、毎日の食事の時間をなるべく一定にしてください。

そして夕食は遅くとも21時にはすませ、仕事で食べるのが遅くなりそうなときは夕方に1回軽く軽食を食べ、帰宅後に軽めの夕食をとりましょう。

ウォーキングダイエット

有酸素運動であるウォーキングを行い脂肪燃焼させるダイエット方法です。

酸素を体内に定期的に取り入れながら継続的に動くことで、無駄なく効率的に脂肪を燃やすことができます。

ポイントはあくまでも激しい運動・無酸素運動にならないよう、会話ができるくらいの運動量をこころがけ歩く事。

ウォーキングし始めてから20分程度で脂肪が燃焼してきますので、少なくとも20分以上は歩き続けてくださいね。

歩きなれていない初心者の方も安心してください。

通気性・伸縮性に富んだ動きやすい服と足になじんだ靴を選び、まず最初は30分を目標にしてウォーキングを始めてみましょう。

万歩計や最近ではスマホのアプリなどを使用すれば運動量を測れるものもでてきていますよね。

モチベーションのアップにもつながりますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。

このダイエットを続けるコツというと、無理をしないということです。

体調がすぐれない時や気分が乗らない時は思い切って今日はやらない日とするといいです。

義務に感じてしまうとそれこそストレスで継続できなくなります。

全くやらない日もいいですが、自宅で踏み台を昇り降りする運動しても有酸素運動になるので外にいくのに気が向かなければこれも1つの手かもしれませんね。

ウォーキングは体があれば身1つで、すぐにでも始められる気軽な運動です。

しっかりと水分補給をしながら、自分のペースで続けられると非常に良い効果が得られるはずですよ。

ウォーキングを習慣にして痩せやすい体・引き締まったかっこいい体のラインを目指すだけでなく、心肺機能を高め運動効果・運動能力もアップさせましょう。

トランポリンダイエット

筋トレやエクササイズといったトレーニング系の様々なダイエットは皆さん馴染みがあると思いますが、近年ひそかにブームとなっているのがトランポリンダイエット。

ダイエットが続かない人でもトランポリンならはまってしまうなんて人も多いのだとか。

一番のメリットと言うのが、短時間でできるという事。

通常カロリー消費させようとすると有酸素運動で20分以上動く必要がありますが、トランポリンは5分程度で痩せることができるのです。

消費カロリーの驚くべき効果はなんと、5分でジョギング1km分に値し50kcal消費できます。

またトランポリン運動は中でできるものなので、天候に左右されないのもいいところの一つです。

しかしながらトランポリンなんて家に置けないし始めにくいと思う人も多いのではないでしょうか。

ですがいまや家庭用ミニトランポリン・フィットネス用ミニトランポリンなども商品として販売されており、家でできるように購入している人も増えてきたといいます。

そしてなにより続けられる大きな理由の一つに、楽しいという事があげられます。

無重力のように飛び跳ねられてストレス発散にもなりますし、音を流してそれにのって飛び跳ねるのも楽しいかもしれません。

お家に置く事ができない人は、習い事として行うのもオススメです。

ミニトランポリンを使ってエアロビクスをするトランポビクスというのが、体験できるところもあるのだとか。

是非楽しくできて、バランス感覚や体幹も鍛えられ筋肉もつくトランポリンダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

10分間サーキットダイエット

10分間の中で複数の運動を休憩なしで継続して行うダイエット方法です。

それぞれの運動は無酸素運動なのですが、連続して複数の運動を行っていく事で持久力がついていきます。

そして全身の筋肉のバランスが整い、体が引き締まる事で基礎代謝がアップし痩せやすい身体になります。

10分間の内訳は、3分間1セットを休憩30秒を挟み3セット行います。

1セットの運動内容は以下のとおりです。

スクワット30秒→ももあげ20秒→腕立て30秒→ももあげ20秒→腹筋30秒→ももあげ20秒→背筋30秒の流れです。

「スクワット」は膝がつま先より前に出ないように意識し、無理のない深さまでしゃがんでください。

「うでたて」は負荷が強い場合は膝を付けて行ってください。

「ももあげ」は その場で足踏みしながら交互に膝を上げてください。

このメニューを1日やったら1日休んで週3回行うのがオススメです。

たった10分間ですが筋肉には十分な負荷を与えていますので、翌日はしっかり休んで回復にさせましょう。

この10分間で筋肉量を増やし筋力アップさせ、運動効率をあげるよう努めればなりたい身体も夢じゃありません。

 半身浴ダイエット

ダイエットが継続できる秘訣として、日常生活の中に習慣的に取り入れる事です。

お風呂は誰もが基本は1日1回入るものですよね。

お風呂で半身浴ダイエットは、続けやすい・始めやすいのでオススメです。

まず入浴する30分前に常温の水を一杯飲んでおき、その間に浴室を25度程度・お湯を38度~40度にしておきましょう。

お湯に浸かる前に血圧が急上昇する危険性を避ける為、必ずかけ湯はするように。

お湯の量はみぞおちの辺りまでにし、浸かる時は心臓がお湯に浸からない程度・両腕はバスタブの外に出してください。

入浴時間は20分~30分程度が目安ですが、その人の体質や体調にもよるので自分の体と相談しながら入浴するといいです。

入浴中も喉が渇いていれば水分補給はいくらでもOK。

半身浴ダイエットはすぐに痩せる訳ではありませんが、血流が良くなり老廃物などが溜まりにくくなるため痩せやすい身体をつくることができます。

あくまでも代謝を高める効果を期待するもの。体内の有害物質や脂肪分、毒素を排出しやすくしてくれます。

スポンサーリンク

ダイエットを継続する方法とは

horizontal-1155878__340

様々なダイエットがあり継続させやすいダイエットを紹介してきましたが、共通して言えるダイエットを続けるコツを知りたいですよね。

簡単な事ですが意外とダイエットをしている時だと気づかない、そんな小さなコツやポイントをご紹介します。

無理をしないようにしましょう

完璧を求めすぎて頑張り過ぎちゃう人がいますが、いくら痩せられたとしても不健康な痩せ方になってしまったり、肌荒れをしてしまったり。

一生懸命になりすぎてストレスを感じながらのダイエットは体に悪いです。

のんびりリラックスしながら、取り組みましょう。

8割程度うまくいっていれば十分だと思ってダイエットしてみてください。

実現可能な目標を立てましょう

いきなり1ヶ月で10キロ痩せる事など、一時的に痩せたとしてもその体型は長く続きません。

実現できそうな目標体重を立てる事はもちろんですが、行動目標も良いと思います。

絶対にエスカレーターに乗らず階段を上る、帰りは1駅前に降りて歩く、等こなせる目標を立て、達成感を得て前向きになる事が大切です。

ダイエットに限らず目標を達成できるとみんな嬉しいですよね。

楽しみながら頑張れる環境に自分をおくことって意外と重要なのですよ。

 周囲の人にダイエット宣言しましょう

一緒に住んでいる家族や恋人、そして友達などにまずはダイエット宣言して認知してもらってください。

ご飯の量を減らしてもらったり、お菓子の買い置きをしないようお願いもできます。

日常生活を過ごすにあたって、周りの協力はなくてはならないです。

目の前でカロリーの高いアイスを食べる事を遠慮してくれるかもしれないし、焼き肉の誘いを延期してくれるかもしれません。

生活の中に誘惑はいくらでも潜んでいます。

それを阻止できるよう予防線をはっておくと安心です。

ストレスをなくしましょう

仕事・恋愛・友人関係でのトラブルなど、ストレスは過食に走りやすいものです。

食事制限のストレスの反動などで大食いしてしまう人もいますので、無茶なダイエット法は避けるようにしましょう。

自分に合ったストレス解消法をみつけ、ゼロとは言いませんができるだけストレスをなくすように心がけることが大切です。

見られるという事を意識しましょう

人というのは見られるという事を意識して外見を磨くものです。

恋をしていたらなおさら、その異性に見られることを意識しダイエットしたい思う女性多いですよね。

恋をしていなくても1週間に1度おしゃれをして街に繰り出す日を友達と作るなどして、美意識を高めましょう。

そのような意識をもっていると、ダイエットも自然と長く続けられるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

継続できるダイエット、いかがでしたでしょうか。

様々なダイエットで失敗してきた方でも、今回ご紹介したやり方は過度な食事制限や激しい運動はないので、始めやすいものばかりだと思います。

自分自身の生活や身体に合った無理のないダイエットを実践し、ストレス解消をうまくしながら行っていきましょう。

個人差はあると思いますがぴったりとはまったダイエットに巡り合えれば、ダイエットは成功するはずです。

是非参考にしていただけたら嬉しいです。