寝汗で痩せる?寝汗の多い原因や病気との関係性とは!

みなさんは自分の睡眠習慣をしっかりと把握していますでしょうか?

睡眠時間や口呼吸によるいびき、そして寝汗などはどうでしょうか?

そんな中睡眠において意外と危険性があるとされているのが、寝汗です。

人間は睡眠中、おおよそコップ1杯分程の汗をかくと言われています。

汗をかけばカロリー消費し痩せる事ができるのかな?なんて勘違いしている人もいるかもしれませんので結論から申し上げますと、ダイエット効果はありません。

暑くて汗をかいていればいいのですが、そうではない場合の寝汗は病気などの可能性も。

今回は汗にポイントをあて、寝汗や、痩せる汗・痩せない汗についてご説明していきます。

スポンサーリンク

寝汗の原因とは

man-909049__340

大体の人は睡眠中寝汗をかいていますが、寝汗が大量で朝起きたらびっくりなんて人もいるのではないでしょうか?

大量の寝汗の考えられる原因について、いくつかご紹介します。

ストレス

人は何かストレスを感じていると、体温を自動調整している自律神経(体温・脈拍・呼吸などをコントロールする神経)に乱れが生じます。

交感神経と副交感神経のバランスがくずれてしまい、体温の調整が不十分になり寝汗をたくさんかいてしまう事があります。

アルコール

経験がある人は多いと思いますが、お酒を飲んだ夜に眠りに入ると、夜中寝汗で起きる事ありませんか。

アルコールは肝臓で分解される過程でアセトアルデヒドに変わり、その変わる過程において大量の水と炭酸が発生します。

この水分が寝ている間に汗となるのです。

たくさんアルコールを飲んでいなくとも、普段から日常的にお酒を飲んで寝ている人は同じ理由で寝汗をかきやすくなっていますよ。

寝汗は睡眠の質を落とすので、寝つきをよくするには毎晩の寝酒は控える事をおすすめします。

生理

女性は生理前になると寝汗をかくことがある人もいます。

月経前症候群といい、生理に伴い起こる症状の一つです。

女性ホルモンのバランスの乱れが原因の為、生理が始まれば収まります。

この時にかく汗は下半身の寝汗が多くなり、それは妊娠中も同様下半身の寝汗が多くなりますよ。

更年期障害

年齢を重ねるとホルモンの分泌量も少なくなっていき、全体のバランスが乱れ様々な不快な症状が起こるようになります。

これは更年期障害と呼ばれるもので、女性・男性どちらにも起こりうる事ですが、特に女性のほうが多いです。

女性の場合は卵巣のエストロゲン分泌が減る事でホルモンバランスがくずれ、体温調節がうまくいかずに寝汗をかくようになります。

その他の症状としては、イライラしたり、集中できなくなったり、感情的になったり、といった事が起こります。

スポンサーリンク

寝汗がひどい人の考えられる病気とは

double-bed-1215004__340

寝汗が多くひどい人だと、なにかの病気の可能性もあります。

寝汗でまさか病気を疑った事はなかった人も、これを機に自分や周理の人が大丈夫か気にかけてみましょう。

バセドウ病

バセドウ病とは甲状腺機能亢進症とも呼ばれ、甲状腺ホルモンが余分に分泌される病気。

身体の代謝が活発になりすぎてしまい、常に運動しているような状態になります。

そのため、睡眠中の寝汗のみならず日中でも常に汗をかきやすくなります。

季節は冬で暑くないのに首周り・上半身に寝汗をかくような人は、バセドウ病を含めて甲状腺に何らかの異常があるのかもしれませんので注意しましょう。

代謝のほかにもホルモンバランスにも乱れがでて、自律神経に影響が及ぶことで冬にも寝汗が出るようになります。

結核

昔の病気というイメージが強くあると思いますが、現在でもしばしば集団感染が起こったりする結核菌による感染症です。

肺に症状が出る肺結核が多く見られ、感染した場合には寝汗のほかに微熱や咳などの風邪に似た症状がでます。

白血病

血液の癌とも言われる白血病。

白血球・赤血球・血小板などの血液細胞が癌化し、骨髄で増殖し正常な血液細胞を減らしていきます。

白血病の初期症状として激しい寝汗や倦怠感などの症状が出ます。

風邪

風邪をひいた時には、体が体温を上げ細菌やウイルスと戦うので熱が出ます。

そしてその後、その熱を下げるために汗を大量に出すのです。

熱は夜に出ることが比較的多い為、寝汗につながります。

寝汗が出るタイミングとしては、細菌やウイルスとの戦いの後なので風邪が治り始めたサインのように感じている人もいるかもしれませんね。

自律神経失調症

自律神経失調症は交感神経・副交感神経のバランスの乱れから起こってしまう病気です。

具体的な症状としては微熱・慢性的な頭痛や肩こり・下痢・めまい・不眠症・疲労などがあり、異常な寝汗もこれらのうちの1つとして現われます。

この病気の原因としては、ストレスや不規則な生活、仕事のプレッシャーなどさまざまで、原因不明の事も多いです。

その他

寝汗がひどい人の考えられる病気は他に次のようなものがあります。

なぜ寝汗をかくのか原因不明の場合はそのまま放置するのは危険ですので、早めに医療機関で医師の診察を受けることをおすすめします。

以下ご紹介している通り、手術が必要な怖い病気がたくさんあるのです。

  • 発汗多汗症/精神性多汗症/限局性多汗症/居所性多汗症
  • 膠原病
  • 糖尿病
  • 肝機能障害
  • 関節リウマチ
スポンサーリンク

汗とダイエットの関係性とは?

people-2537324__340

汗の原因や病気などについて知れましたが、ダイエットとの関係性はどうでしょうか?

汗をかけば確かに水分が排出されるので、体重は減るでしょう。

しかしながら水分を補給すれば、また元の体重に戻ります。

ダイエット=痩せるという考え方ですと、痩せる=脂肪が減るという事ですが、結論からいうと汗をかいただけでは脂肪は減りません。

脂肪燃焼させる為には、エネルギーを消費しなければならないのです。

エネルギー消費する為に運動をし、その結果汗をかいているだけなのです。

ここでダイエットの原則について、学んでおきましょう。

そもそもエネルギー消費とは、人が生きているだけでエネルギー消費する基礎代謝や、稼働する上で使う身体や脳の働き、運動、食べ物を消化する働きなどの事を言います。

逆にエネルギー摂取でいうと、食事により補給するもので摂取しなければ身体が弱ってしまうので人間に必須な活動の1つです。

摂取エネルギーは消費エネルギーの活動により消費されていきます。

消費されず余ってしまったエネルギーは脂肪として蓄えられ、エネルギー消費<エネルギー摂取の状態になります。

エネルギー消費>エネルギー摂取になっている場合は、不足しているエネルギーは脂肪を燃焼する事で補うので、ここで脂肪を減らす、つまり痩せる事に繋がるのです。

スポンサーリンク

汗の種類とは

sweat-1576382_960_720

実はダイエットと汗はとても密接な関係があり、汗には大きく分けて2種類あります。

汗がでる仕組み、それは人の体にある汗腺からでており、この汗腺は2種類の汗を作り出しています。

エクリン腺

エクリン腺はほぼ全身の肌に存在している汗腺であり、特に頭・顔・背中などに多くあります。

人の汗のほとんどはこのエクリン腺から出るものと言ってもいいでしょう。

汗腺の中のでもエクリン腺から出ている汗は、主に体温調整を目的とした汗であり99%が水分と言われています。

体温が高い時はもちろんの事、緊張などによる精神性発汗、刺激物を食べ時に流れる汗、ホルモンバランスの崩れなどでなる多汗症も、エクリン腺からのものです。

この汗腺の特徴としては、汗の粒が細かくて汗自体がさらっとしています。

そしてなにより大きいのは、このエクリン腺から出る汗は全く臭いがしない無臭の汗。

この汗は少量の塩分を含んでおり、皮膚を酸性に保ち雑菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。

またすぐに汗が乾くので、汗が蒸発した時に体温を下げる効果もあるのです。

アポクリン腺

アポクリン腺は思春期になると、脇や外陰部などの箇所で発達します。

思春期の時期に臭いがきついなと感じる人の多くは、このアポクリン腺が発達したことにより出てしまっている匂いです。

この臭いは、たんぱく質・脂質・アンモニアがアポクリン腺の中に含まれている事で発生しています。

元々汗自体に臭いはほとんどないのですが、汗が細菌と混ざって臭いの元となる物質が生成されることで独特の臭いを発生させるのです。

よってこの汗はエクリン腺と違いベタベタしたり、汗がだらだら流れるといった特徴があります。

スポンサーリンク

「痩せる汗」と「太る汗」

water-14945__340 (1)

汗には痩せる汗と太る汗がありますので、その特徴も抑えておきましょう。

痩せる汗

痩せる汗=健康的な汗は臭いがなくて、汗と一緒に体内の老廃物を排出することでデトックス効果があります。

よってダイエット効果が期待でき、これがすなわち「痩せる汗」。

そもそも健康的な体は基礎代謝が良く脂肪燃焼力も非常に高い為、脂肪燃焼の際に生じた熱が体内にこもりやすく、そこで汗が体温を下げる活躍をしています。

汗をだす汗腺は身体に200万から500万ほどあり、表面張力の強い汗が汗腺からにじみ出て外の空気に触れて蒸発する事で体温を奪い身体から熱を排出します。

この痩せる汗の原料は血液で、血液が汗腺に取り込まれ水分以外の成分が再び血液に戻され、残りの余った成分だけ汗腺からの汗となって出ていくのです。

よって健康的な汗はさらさらした無臭の汗。

太る汗

基礎代謝を高めると身体の中の脂肪燃焼力は高まり、痩せ体質になるのはご存知ですよね。

この脂肪燃焼を行う為にはミネラル成分が必要不可欠なので、痩せ体質になるには体内のミネラル成分を維持する事も重要になってきます。

しかしながら臭い汗=太る汗は、血液成分の中の水分だけでなくミネラル成分も一緒に排出してしまうので、汗をかけばかくほど脂肪燃焼力がどんどん低下していってしまいます。

脂肪燃焼力が低下すると体内に脂肪が溜まり、太る体質に。

その為臭い汗は要注意ですよ。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

寝汗というと気持ち悪いものという印象ですが、それだけではなく身体に悪い事が多いので要注意。

特に暑い時期ではないのに汗をかいている人は危険ですよ。

就寝中に寝汗をかいていても気にしていなかった人、是非今回を機に病気ではないかの検査や、病気が分かったら治療を始めてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加