便秘解消にはオリーブオイルが効くって本当!?

特に女性に多い便秘の悩み。

炭水化物抜き、糖質制限ダイエットをすることによって引き起こされる便秘。

この記事にたどり着いた方も、便秘の悩みを抱えているのではないのでしょうか。

便秘になると肌がくすんだり、吹き出物が出たり、体のいたるところに不調が出てきますよね。

そんな便秘、整腸剤でいつも対処していませんか?

妊娠中で、余計な成分を摂取したくないけど便秘に困っているという人はいませんか?

整腸剤は即効性がありますが、飲むことが当たり前になってしまうと、普通に排便できる状態になっても、薬がないと排便できなくなってしまう可能性があります。

それは嫌ですよね。

便秘解消は意外にも普段料理に使っている油脂類が腸管機能を高めるのによく効くということはご存知でしょうか?

最近日本で定着し始めたオリーブオイルでの便秘解消。

妊娠中の人でも、赤ちゃんでもできる腸内に優しい対策方法です。

今回は、お腹の中にたまった便を無理なく排出することができるオリーブオイルの効果とその方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

オリーブオイルが便秘解消に良い理由とは?

olive-oil-968657_640

オリーブオイルは自然の下剤と呼ばれているほど、整腸作用があるオイルです。

オリーブオイルを摂取することによって、便が柔らかくなったり、滑りが良くなったり、腸の動きが活発になるという効果が数時間後に出てきます。

つまり、夜にオリーブオイルを摂取すれば、次の日の朝は快便になるということなのです。

その仕組みは何なのでしょうか?

オリーブオイルは胃や腸で吸収されにくく、ダイレクトに大腸に流れていくため、便にオイルが染み込み柔らかくなるのです。

さらに、オイルが便を排出するときの潤滑油となるため、便秘が解消されるということなのです。

一刻も早く便秘を改善したい!と思う方は、まず便秘解消に有効なオリーブオイルの効果を把握しておきましょう。

オリーブオイルの便秘改善効果を詳しくご紹介していきます。

オリーブオイルは腸や胃で吸収されない

通常、食事は胃や腸を通る時に必要な栄養分を吸収していきます。

ですが、オリーブオイルは吸収されずに大腸まで届きます。

また、オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂質のことで、吸収されずに胃酸の分泌を調整してくれます。

胃酸が減ると、胃腸の消化能力が落ちてしまい、便秘を引き起こしてしまいます。

さらに、オレイン酸は、便を外に押し出そうとする腸のぜん動運動(蠕動運動)を活発化させてくれます。

他の食材にもこの運動を活発化させるものはありますが、オリーブオイルほど吸収されない食材はないので、より腸運動が活性化され、便秘に効くのです。

俺胃酸は、悪玉菌を減らし、善玉菌を増殖させて腸内菌(腸内細菌)を整える効果もあります。

便秘解消のほかに、動脈硬化の予防や心筋梗塞の予防にも効果的です。

便にオリーブオイルが染み込む

オリーブオイルが吸収されずに大腸まで届くということは、たまった便に直接オリーブオイルが染み込むということです。

オリーブオイルは油分であるため、便の水分を保ちながら柔らかくしてくれます。

通常、便秘というのは便がしばらくお腹の中にたまってしまったために硬くなってしまい、排出できなくなってしまうことを指します。

なので、便が柔らかくなることによって便秘が改善されるのです。

合わせて、便を柔らかくする水溶性食物繊維も摂取すると、ますます効果があります。

オリーブオイルが便を排出する潤滑剤になる

オリーブオイルは油分であるため、オイルが便に染み込むことで、便を排出するときに滑らせながら排出することができます。

スポンサーリンク

便秘に効くオリーブオイルの使い方

food-3250009_640

オリーブオイルは、ただただ料理に使用すれば便秘が改善されるわけではありません。

オリーブオイルが便秘に効くのは、大腸までそのまま流れ込むからです。

なので、オリーブオイルが大腸まで届かないと意味がありません。

便秘に効く正しいオリーブオイルの使い方、飲み方をご紹介していきます。

正しいオリーブオイルの飲み方

オリーブオイルの便秘解消は、飲むタイミングと飲み方はもちろん、オリーブオイルの選び方も正しい方法で行わなければ効果は半減してしまいます。

オリーブオイルを飲むタイミング

オリーブオイルを飲むタイミングは、食前、もしくは食事の間に飲むことが望ましく、1日1回必ず摂取すると良いです。

飲む量は大さじ2杯(30cc)が適量です。

食事の間というのは、朝食と昼食の間、もしくは昼食と夕食の間ということです。

食事中にオリーブオイルを摂取してしまうと、他の食品と一緒に吸収されてしまうため、便秘改善の効果が弱まってしまうので気をつけましょう。

オリーブオイルの飲み方

オリーブオイルを使って便秘解消を図るのであれば、オリーブオイルを大さじ2杯をそのまま飲みましょう。

ただし、オリーブオイルを独特の香りがあったり、辛味があります。

その味が苦手な方は、ホットミルクやココアに混ぜたり、毎朝のコーヒーに混ぜたりして、好きな飲み物に溶かして飲むのも効果的です。

たとえば、生姜ミルクドリンクにオリーブオイルを入れると他の栄養素も摂取することができ、健康効果を期待できますよね。

便秘外来の先生がよくおすすめしているレシピは「ココア+オリーブオイル」です。

オリーブオイルの便秘解消効果と合わせて、ココアに含まれる食物繊維も腸内改善に役立つのです。

オリーブオイルは大さじ1杯で120kcalもあるので、飲みすぎないように気をつけてくださいね!

オリーブオイルの選び方

オリーブオイルであれば何でも便秘解消に役立つわけではありません。

便秘改善効果を存分に発揮して欲しいのであれば、オリーブオイルの中でも品質がとても高いエクストラヴァージンオイルを使用すると良いでしょう。

今ネットやスーパーでは、価格が安いオリーブオイルが販売されていますが、それらの品質は保証できません。

少々値段が高くても、効果のあるオリーブオイルを選ぶようにしましょう。

オリーブオイルを飲むときの注意点

オリーブオイルで便通をよくするためには、しっかりと飲み方を守ることが大切です。

飲み方を守らなければ、せっかくの作用も逆に働いてしまう可能性があります。

オリーブオイルがしっかりと便秘改善に役立つよう、注意点も覚えておきましょう。

火を通した料理と一緒に食べないこと

オリーブオイルは火を通すことによって、胃や小腸の中で吸収されやすくなってしまいます。

たとえば、火を通してしまったり、食事と一緒に摂取してしまったり、1日に適量を何度も飲んでしまうことが効果を半減させる方法です。

オリーブオイルをその方法で摂取すると、大腸にそのまま流れ込む量が減ってしまうため、便秘解消効果を得られなくなってしまうので気をつけましょう。

下痢をする人は行わないこと

日頃から便秘と下痢を繰り返している人は、オリーブオイルを摂取することによって下痢を悪化させてしまう可能性があります。

そのような人は、大腸の一部で力を抜けない状態になっている「けいれん性便秘」の可能性があります。

その人は力が入っていることによって便が前に進めず、便秘になってしまっています。

なので、オリーブオイルを飲んでも便が排出されません。

対処方法としては、腸内環境を整えたり、自律神経を整えることが有効です。

根本の解決を別で考えること

オリーブオイルは一時的に便秘を解消する方法です。

慢性的な便秘の人は、オリーブオイルを飲んでも快便にはなりにくいのです。

普段から便秘に悩まされている人は、オリーブオイルを試すだけではなく、サプリメントを摂取したり、整腸作用のある食事を摂取するように日頃から心がけましょう。

腸内フローラを改善するためには、オリゴ糖や乳酸菌が含まれたヨーグルトなどを毎日摂取すると良いでしょう。

おすすめのオリーブオイル

オリーブオイルは、別の油では代用できません。

たとえば、体に良いとされるココナッツオイルやエゴマ油、米油やごま油などには便秘解消効果はありません。

それと同じく、オリーブオイルの種類にも便秘解消効果が少ないものがあります。

それは、価格が安いナタネ油が入ったオリーブオイルです。

他にも、傷んだオリーブを使っている商品や、酸化したオリーブオイルは効果がありません。

オリーブオイルで便秘を解消するには、生のオリーブオイルを摂取する必要があります。

安心して飲めるオリーブ油を使用するようにしましょう。

購入するときのポイントは、エクストラヴァージンオリーブオイルであること、3ヶ月以内に使い切れる容量の商品を選ぶことです。

オススメのオリーブオイルは、「フラコス」や「BOSCO」、価格を抑えたい人は「ガルシア」がオススメです。

オリーブオイルには、体に良い働きをするビタミンAやビタミンE、ポリフェノールなどの抗酸化物質も含まれているので、できる限り質の良いものを選ぶようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

leaf-3070153_640

いかがでしたか?

今回は、オリーブオイルを使って便通をよくする方法とその効果をご紹介いたしました。

オリーブオイルは便秘解消をするだけではなく、肌の質にも影響してきます。

普段から悩まされる便秘対策の一時しのぎとしてぜひ楽しめてみてくださいね。

もし、オリーブオイルを摂取した際に体に何らかの症状が出た場合は、直ちにオリーブオイルの摂取をやめ、医師に相談してください。

もしかすると、便秘ではなく潰瘍性大腸炎などの病気かもしれません。

何事もバランスよく摂取することが大切ですので、オリーブオイルが体に良いからといって多量に服用することはやめましょう。

腸美人になれるオリーブオイルは、しっかり1日の摂取量を守って飲んでくださいね!

合わせて、水分不足からなる便秘もあるので、便を柔らかくする水も1日に2リットルは飲むこと、便を排出する力を作るための運動をすることをオススメします。

他にも、ごぼうや納豆、ヨーグルトや玉ねぎなどの野菜など、水溶性食物繊維や不溶性食物繊維、ビフィズス菌などの成分が含まれている食材、発酵食品を摂取したり、消化しやすい摂取方法に改善してみたり、日頃から腸活に取り組んで便秘を予防していってくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加