お腹を即効でへこます方法とは

「ちょっとした移動時間の合間に出来るようなダイエット法が知りたい」

「とにかく、身体の部分でお腹をへこませたい」

そんな、お腹のダイエット方法を探している人に、お腹をへこますのに効果があるダイエット方法を紹介します。

お腹を直接へこますことで筋トレに効果があるって知っていましたか?

また、なぜ人間のお腹は出てしまうのでしょうか。

そんな、ぽっこりお腹に注目して、お腹が出てしまう原因やお腹をへこますことによって、お腹に筋肉を付ける方法を紹介します。

スポンサーリンク

お腹はなぜ出てしまうのか

adult-1867743_960_720

まず考えたいのは、なぜお腹はぽっこりと出てしまうのでしょうか。

そんな、お腹が出てしまう理由を知っておくことは、お腹をへこますことにつながるといえます。

お腹が出るのは筋肉の低下

ぽっこりお腹の原因には、一つはお腹周りの筋肉の低下が原因だと言われています。

お腹が出て来る大きな原因は、筋力が鍛えられずに減ってしまって機能が低下してしまうことが考えられます。

世の中が便利になり、運動する機会が減ってきていることも大きな要因です。

特に運動不足が続くと、下腹部あたりの筋力が低下してしまって、お腹が出ることが原因だといえます。

また、そういったお腹周りの筋力が低下すると、背骨や骨盤の歪みの原因になるんです。

そして、骨盤は筋力が減少すると、骨盤の前にある内臓が下に押し下がり、そのことがぽっこりお腹の原因になるんです。

年齢を重ねると以前の運動では足りない

人間は20代をすぎてくると、どんどん基礎代謝力が下がってきます。

そのため、いままでは運動しなくても太らなかった人が、基礎代謝力が下がったことによって太ることにつながるんです。

「若い頃はそんなことなかったのに…」というような、以前は大丈夫だったことが通用しなくなるんです。

つまり、年齢を重ねたら意識的にしっかりと筋トレなどの運動をする必要があるんです。

自分の日常生活を振り返ろう

さて、ここまでで自分として思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。

「今までなら、ちょっと太ってもご飯を少し控えたら痩せていた」

「最近は太ったらそのまま体重がなかなか減らなくなった」

デスクワークの仕事が中心で、学生の頃のように運動をする習慣が減っている。また、階段よりもエレベーターやエスカレーターを使うのが当たり前になっている。

そういった小さな積み重ねが、加齢と共にどんどん筋力を低下させているんです。

脂肪は臓器を守るための存在

そもそも、お腹周りに脂肪がつきやすいのには、ちゃんとした理由があるんです。

お腹の周りには胃や腸などさまざまな臓器が存在しています。

また、女性の場合は下腹部に子宮や卵巣がありますし、男性の場合も精巣など生殖器も存在ししています。

そういった部分は、衝撃や気温の変化から守るために、脂肪がつきやすいという構造になっているんです。

スポンサーリンク

お腹周りの贅肉に悩む人は多い

abdominal-pain-2493327_960_720

痩せたい部分は人それぞれだと思いますが、やはりお腹が出ているのは非常に目立ちます。

他の部分はいいから、少しでもお腹へこませたいと考える人も多いと思います。

ポッコリと出たお腹はいかにも中年太りという感じがしますもんね。

しかし、そんなお腹をへこませるのはなかなか大変だろうという印象もあります。

少しでも、お腹がへこませれるようにどのような運動を行っていけばよいのでしょう。

お腹をへこませるために覚えておきたいこと

さきほどふれたように、脂肪燃焼には基礎代謝量が大事です。

基礎代謝量は、まる一日寝ていても絶対に消費されるエネルギー量のことです。

つまり、より簡単に痩せるためには基礎代謝量を少しでも多くする必要があります。

その基礎代謝量は、筋肉の量が大きく関わるんです。

これはさきほどの話のように、年齢を重ねることにより運動量がどんどん減っていくことで、基礎代謝量が減る、そして太る、また運動しないという負のスパイラルなんです。

有酸素運動と無酸素運動

ダイエットにおいて重要なのは有酸素運動と無酸素運動です。

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、また縄跳びやプールなどの全身を激しく動かす運動です。

そういった運動は、体内にたくさんの酸素を取り込んで消費していく運動です。

多くの酸素が必要だから有酸素運動というわけです。

逆に腕立てや腹筋のような運動は無酸素運動といいます。

基本的にそれほどたくさんの酸素を必要としない運動のため、このような呼び方が使われています。

そして、重要なことは有酸素運動も無酸素運動もバランス良く行うことが、お腹をへこますことにつながります。

基礎代謝と脂肪燃焼のバランス

重要なことは、有酸素運動と無酸素運動のバランスです。

有酸素運動の大きな目的は、激しい運動により脂肪燃焼をさせることです。

しかし、それは継続し続けないといけないですし、筋力量が少ないとその分の効果も薄れてしまうんです。

より有酸素運動の効果を高めたい場合は、しっかりと無酸素運動による筋トレで筋力を身につけることが重要なんです。

筋力が増えることは、基礎代謝量が増えて消費カロリーもより増えるわけです。

そうすれば、ちょっと食べすぎたぐらいなら摂取カロリーよりも消費カロリーのほうが多くなりやすいわけです。

より効率的にお腹をへこませるためには、ボーナスポイントのように筋力量が多いほうがお得というわけです。

また、筋肉が身についた身体は継続して痩せやすい身体を維持することにつながります。

脂肪燃焼効果の働きを腹筋運動やお腹へこませ運動で消費していくことで、ポッコリ下腹も改善することができますよ。

スポンサーリンク

腹筋とお腹へこませトレーニングは効果が違う?

girl-414378_960_720

ここからは、腹筋とお腹をへこませるトレーニングの効果に注目してみましょう。

筋トレには様々な種類があり、同じお腹を鍛えるのにも、様々な方法があります。

実は、腹筋とお腹へこませトレーニングでは、お腹の鍛えられる部分が違うと言われているんです。

腹筋とお腹へこませトレーニングの効果

お腹周りの筋肉には、お腹の前方にある腹直筋と、お腹の横側にある腹横筋と腹斜筋いうものがあります。

腹直筋は「アウターマッスル」と言われる非常に目で見てもわかりやすい前方の部分にあるものです。

横筋や腹斜筋は「インナーマッスル」と言われる身体の中にある筋肉です。

いわゆる脇腹と言われる部分は、腹横筋や腹斜筋です。

かなり筋肉というのは細かい部分や層に分かれているため、こまかな筋肉の名称が存在するわけです。

腹筋で鍛えやすいのはお腹の外側にあるアウターマッスルなんです。

アウターマッスルの特徴は鍛えやすく減少しやすいというものなんです。

つまり、継続した筋トレで常に維持することを心がける必要があります。

逆にお腹をへこますことで得られるインナーマッスルは、深層筋と呼ばれて、しっかりと身につければなかなか落ちにくい筋肉なんです。

また、高い脂肪燃焼効果も期待できることや、身体を支えてくれる筋肉になるので、年齢を重ねていくなかでしっかりと鍛えておくことが重要なんです。

スポンサーリンク

お腹をへこますやり方

figure-1703629_960_720

お腹をへこますためのやり方には、どのようなものがあるのでしょうか。

いろんな方法があるようですが、簡単なものから紹介していきましょう。

腹式呼吸からはじめよう

ボーカルトレーニングにもよく使われる腹式呼吸という言葉。

お腹の中の部分を刺激してくれるので、非常にインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

たとえば、この動画を参考にしてみましょう。

まず、息を吸うときは、お腹をふくらませるように、鼻から吸って、口からゆっくりと吐くように息をしましょう。

また、しっかりと出来ているか確認するために、お腹の上に自分の手をおいてやるのがおすすめです。

肩など余計な部分は動かさずに、お腹だけが動いているようにするのがポイントです。

少しずつ効果を高めるために、お腹の上に軽いお守りになるものを置くのもおすすめですね。

重りはどんどん重くするというわけではなく、軽く負荷をかけた状態にするためのものなので、お財布のようなものを乗せておくだけで十分です。

腹式呼吸の基本的なやり方を、寝転んだ状態でマスターすれば、あとは立っているときにでもおこなるようになります。

このような方法は、ドローインという呼び方もします。

立って行うのを腹式呼吸、寝転んで行うのをドローインという風に区別するようです。

立って行うドローイン

ドローインを立って行う場合には、少しバージョナップするのがおすすめです。

まっすぐと立って姿勢を良くして、お腹に手を当てましょう。

そして、寝転がっていたときと同じように鼻から息を吸って、ゆっくりと口から息を吐きましょう。

このときに鼻から息を吸って口から吐くまでの時間を30秒ほど時間をかけるのがポイントです。

添えられている手でお腹が膨らんで、ぐぐぐぐっとへこんでいくのを確認しましょう。

しっかりと呼吸法をマスターすれば、ビール腹になっているお腹もへこんできますよ。

大きなダイエット効果を得られるわけではないですが、しっかりと空いた時間に行っていくことで、姿勢もよくなり腰筋も鍛えられます。

気持ちを落ち着かせる効果もあるので、リラックスして気持ちを入れ替えたいときにもおすすめです。

呼吸をコントロールすることができるようになると、気持ちのコントロールにもつながるので日頃からこのようなトレーニングを行うのはとてもおすすめです。

スポンサーリンク

ドローインのメリットとデメリット

woman-570883_960_720

お腹をへこますだけで行えるダイエット法だけに、本当に脂肪解消につながるのか気にアンル人も多いと思います。

腹式呼吸などの呼吸法が持つメリットやデメリットに注目してみましょう。

いつでも短期間に行える

お腹をへこませる方法のメリットは、どこでもいつでも短期間で行えることです。

電車に乗っているときでも、電子レンジで何かを温めているときでも、すぐに行なえます。

繰り返すことでペタンコ腹になるわけで、腹式呼吸の練習にもなり、コツを掴めばより効果アップも期待できます。

運動を行うのに道具も必要としませんし、費用もまったくかかりません。

このような呼吸法ダイエットとも言える方法は、腰回りダイエットにもなって、じっくりと運動を行っていきたい人におすすめです。

ゆっくりと積み重ねて代謝を高めていくことで、下腹やウエストなどを改善していく運動方法だといえます。

立ったままでも、寝転んでいるときでも行えるので、思いついたときにすぐ行えるのが良いんです。

ごろごろしながらしている合間に、ちょっとお腹をへこませて刺激する。

そんなささやかな運動でも、運動をする習慣が身につくことは、運動不足の改善方法だといえるでしょう。

コツを掴むまで効果が出にくい

非常に簡単な運動であるものの、うまく鼻から息を吸って口から吐いていくという流れが出来ていないと、身体に酸素がまわりません。

しっかりと、酸素を循環させることで、効果があらわれてくるのでやり方がうまくいっていないと、効果が薄れるというデメリットがあります。

インナーマッスルがうまく刺激できていないというわけです。

また、アウターマッスルのように目に見える筋肉とは言いにくいので、お腹がしっかりとへこんでくるまでは、実感しにくいかもしれません。

他の運動と合わせることを忘れない

腹式呼吸やドローイングは、必ず他の運動と合わせるようにしましょう。

インナーマッスルを刺激する方法としてはおすすめですが、やはり腰回りダイエットとして、骨盤底筋群や背中などをしっかりと改善するには、有酸素運動が必要です。

運動不足の人は、お腹をへこませる方法からはじめて、ストレッチなどをしっかりと行いましょう。

そして、そこからウォーキングやジョギング、エクササイズや縄跳びなどを始めるのがおすすめです。

お腹をへこませるだけではカロリー消費量は少ないので、劇的に内臓脂肪などが減少するわけではありません。

とはいえ、お腹をへこませる運動は、腰痛の改善や、背骨や背中をしっかりと整えるため姿勢の改善にもつながります。

他にもエクスレーヴなどの骨盤ショーツなどを履いて行うのも効果アリですね。

スポンサーリンク

お腹をへこませる方法の効果を高めよう

pregnancy-31153_960_720

最後に、改めてお腹をへこませる運動の効果を高める方法をおさらいします。

やり方は簡単ですが、しっかりと効果を出すには気をつけたい点がいくつかあります。

お腹をへこませる運動のタイミング

お腹をへこませる運動の注意点を紹介します。

お腹をへこませる運動をする際は、食後すぐはあまり効果が出にくいです。

というのも、お腹が満杯の状態ではお腹をへこませにくいからです。

また、その状態で無理にお腹をへこませようとすると、腸や胃に圧力が加わって嘔吐したり、胸焼けの原因になります。

どんな運動もそうですが、妊娠中は避けるべきです。

とくにお腹をへこませる運動は、胎児にとって危険なので妊娠しているとわかったらすぐにやめるようにしましょう。

食事制限も大事

ダイエットにはある程度の食事制限が重要です。

男性でも女性でも、ウエストまわりを理想的な状態に持っていくには、集中力をもってしっかりと運動効果を生む必要があります。

しっかりとおなかをへこませていく中で形状記憶ダイエットとして、お腹にも刺激が刻まれてお腹周りのラインが引き締まっていきます。

食事制限を行って、栄養をしっかりと摂ることで、老廃物は排出されて腸内環境も改善されます。

便秘解消も進むと、体重も安定しますし、運動効果がさらに高まります。

筋肉を意識する

口コミから広がったお腹をへこませるという運動。

うまく呼吸の力を使うことで、筋力を身につけて筋肉量をしっかりと鍛えていく運動なのでおすすめです。

しっかりと行うと、おへそまわりが筋肉痛になり、外腹斜筋にも変化が生まれる可能性があります。

なかなか落ちにくい体脂肪もお、運動を自分の生活の中で習慣化することで改善することが出来るます。

スポンサーリンク

まとめ

pregnancy-1557239_960_720

ポッコリとしたお腹の原因を改善に出来るお腹へこませダイエット。

やり方は、腹式呼吸の方法などを参考にするだけで、理想的にお腹周りの部分のお肉を改善sさせることが出来ます。

年齢を重ねて、お腹の贅肉に悩んでいる人にとてもおすすめできます。

足やお尻に比べて、贅肉のつきやすい部分であるお腹は空いた時間にどんどん刺激していくのがおすすめです。

息をコントロールすることは、身体全体をコントロールすることにもつながります。

胸やお腹周りをしっかりと意識しながら、鼻から息を吸って口からゆっくりと吐き出すという方法は、気持ちを落ち着けることにもつながります。

床に寝転がって、肩をつけてじっくりと行ってもいいですね。

いろんな運動を始めようと考えている人のスタート地点になる運動です。

お腹をへこませる運動とストレッチをしっかりと行うことから、ダイエット習慣を身につけるのがおすすめです。