生理前は豆乳ダイエットの効果で痩せる?口コミでは生理が遅れる、痩せないとも?

「生理前は痩せにくいから生理が終わった直後からダイエットをすると痩せやすい」といった話を女性なら耳にしたことあるんじゃないですか?

生理前はホルモンバランスの乱れによって、お肌の調子が悪くなったり気分が落ち込みやすく、イライラしてしまうことも多くなり、やけ食いをしてしまってダイエットに失敗したという話もよく聞きます。

生理前は痩せにくいとはわかっていても、やっぱり女性である以上スタイルは保ちたいですよね。

生理前でもしっかりとスタイルキープできると言われているのが、生理前豆乳ダイエットです。

今回はそんな痩せにくい生理前でも、効果を発揮すると言われている生理前の豆乳ダイエットについて紹介していきます。

スポンサーリンク

生理前の期間とは

ダウンロード (26)

出典:www.aliexpress.com

具体的に生理前とは、月経、卵胞期・排卵期、黄体期の3つのサイクルのうちの黄体期にあたる期間であり、排卵後から生理前までの一週間程度の期間を指します。

黄体期はこの3つのサイクルのうち、最も痩せにくいといわれています。

月経とは生理期間中のことであり、卵胞期・排卵期とは生理終了後から排卵日の10日〜2週間程度の期間をいいます。

ちなみに最も痩せにくい黄体期とは対照的に、卵胞期・排卵期の期間というのは最も痩せやすい時期だといわれています。

スポンサーリンク

そもそも生理前はなぜ痩せにくいの?

111116122624-woman-stress-headache-story-top

出典:thechart.blogs.cnn.com

特に食べ過ぎてもいないし普段通りしっかり歩いて通勤しているから運動も取り入れている、それなのに生理期間中は太ってしまう。

いつもとなんら変わりのない食生活や運動習慣の生活を過ごしているのに、生理前になると必ず太ってしまうことで悩んでいる女性は多いと思います。

生理前は痩せにくく太りにくいとはよくいいますが、食事制限や適度に運動をしていても、体重が増えてしまう原因とは一体何なのでしょうか。

実は、生理前の時期の女性の体には、体調や気持、身体が痩せにくくなってしまうメカニズムに変化してしまうのです。

PMS(月経前症候群)

女性の生理前特有の症状に、PMS(Premenstrual Syndrome):月経前症候群というものがあります。

その名の通り、月経前の女性に現れる症状であり、肉体的にも精神的にも女性の体に悪影響を及ぼして、生理前に体重が増加してしまう原因ともなる症状です。

このPMS:月経前症候群は、生理が始まるおよそ2週間前から症状として感じることができ、この症状に悩まされている女性は非常に多く、8割もの女性がこのPMSの症状に悩まされているそうです。

このPMSの症状の原因は、生理が開始される2週間程度前から卵巣で分泌される黄体ホルモンに含まれるプロゲステロンと呼ばれる成分と考えられています。

このプロゲステロンという成分は、避妊や生理痛の緩和、生理不順の改善などのために用いられるピルにも含まれている成分であり、この後訪れる月経に向けてエネルギーを蓄積しようとする働きがあります。

生理期間中での予期せぬ出血などに備えて、栄養不足で困らないよう万事に備えて体は普段以上に栄養やエネルギーを蓄えようとする働きをします。

月経時にエネルギー不足で困らないためにも、体内細胞に必要以上に水分や塩分、体脂肪などのものを蓄積しようとするのです。

こうしたプロゲステロンの働きによって、生理前というのは体脂肪や水分・塩分といったものを体内にたくさん溜め込もうとするので、食事による吸収率が非常に高まっている状態であるといえます。

摂取した食べ物は、効率よくエネルギーや水分・塩分を体内に蓄積させるため、体重は増加しやすくなり、体の各所がむくみやすいといった体質になるのです。

月経前症候群で必要以上にエネルギーを溜め込むといっても、体重増加につながるのはほとんど「水分」であり、普段はしっかり排泄されるはずの水分や老廃物といったものが、体外へ上手に排泄されず、溜めこんでしまうものによります。

そのため、実際は体脂肪自体の増加の影響は少なく、生理前に2,3kg太ってしまう程度であれば、生理が終わってしまって溜め込んだ水分を体外へ排泄されてしまえば、すぐに体重は戻るため、あまり問題視する必要はありません。

急激な食欲の増加

生理前になると卵巣から大量のプロゲステロンが分泌されるようになりますが、プロゲステロンには食欲を抑制する作用があります。

食欲が抑えられているので生理前は意外と食べなくて済むと思うかもしれませんが、生理直前を迎えるとプロゲステロン分泌量がガクッと低下するため、急激に食欲が増加してしまうのです。

それまではプロゲステロンの食欲抑制作用で順調に摂取量をセーブできていたのに、あるとき急激に食欲が増すこととなるため、今まで押さえ込んでいた食欲の反動もあって、このタイミングで一気に食べて太ってしまう女性が非常に多いのです。

生理前は痩せにくく太りやすいと言われるのは、これらプロゲステロンによる月経前症候群や食欲増進作用が原因となっており、女性が妊娠するために必要不可欠なメカニズムとなっているのです。

スポンサーリンク

豆乳ダイエットとは

513140091_XS

出典:www.livestrong.com

生理前のダイエットに効果的と言われている豆乳ダイエットとは一体どのようなダイエットなのでしょうか。

豆乳とは、茹でた大豆をすり潰して絞って出た液体のことであり、豆乳とはゆでた大豆をすりつぶして絞った時に出る液体のことです。

すり潰したときに出る粕が『おから』であり、豆乳に「にがり」を加えて固まらせたものが『豆腐』になります。

大豆の食物繊維の大半はおからに残ってしまいますが、食物繊維以外の他の成分は豆乳にそのまま残ります。

大豆は古くから、私たち日本人の食卓には欠かせない食材であり、「畑のお肉」とも呼ばれる程栄養たっぷりで健康・美容に良い成分が多く含まれています。

大豆と同等の成分を持つ豆乳は、栄養価の非常に高い食品であり、飲むだけで摂取できるため毎日大豆を摂取する必要もなくなるため、忙しくて時間のない人でも気軽に簡単に摂取し続けられます。

また、経済的にもそれほど負担はかからないため、コストパフォーマンスの面でも優れているといえます。

豆乳ダイエットの方法は、食事の前か間食の置き換えとして毎日コップ1杯(200ml)の豆乳を飲むという非常に簡単な方法です。

豆乳ダイエットは間食の置き換えを除いて、基本的には食事の置き換えはせずに3食基本正しく食事を摂るダイエットのため、栄養不足に悩まされることもダイエット時特有のツラい空腹感に悩まされることもありません。

ダイエットは食事をしっかり摂る規則正しい食生活を送ることが大切であり、プチ断食や単品置き換えダイエットのような食事制限は、健康的に痩せることは難しいのです。

豆乳は、納豆や味噌・醤油、豆腐などの他の大豆食品と比べると、体内での消化スピードが早いということもダイエット向いているといえます。

また、豆乳は大豆が持っている栄養価を余すことなく最も手軽に摂取できる食品であるため、効率よく豊富な栄養素を摂取できます。

スポンサーリンク

生理前豆乳ダイエットの効果とは

生理前というのは、普段以上に食欲が増進され体は水分を溜め込もうとするため、「ダイエット無駄期」と言われています。

そして生理が終わると、体内に蓄積されていた余分な水分が体外へ排出されて、脂肪が燃焼しやすい状態になるので、最も痩せやくなるダイエットに最適な痩せ期となります。

通常、生理前は脂肪や水分を溜め込もうとする時期であるため、太りやすく痩せにくくなるのですが、生理前に豆乳を飲むことによって、生理後の痩せ期でより効果的に脂肪を燃やすことができるようになるのです。

排卵期を過ぎてしまうとプロゲステロンは増加して、女性の体は本格的に妊娠を迎える準備を始めます。

そのため、生理前はエネルギーや栄養素を溜め込むために食欲は増加し、エネルギーや栄養素を逃さないために代謝を落とし、脂肪を蓄積しやすくなると同時に、水分や老廃物といった体内の不要物を上手に排出できなくなるので「むくみ」として症状が現れて、太りやすくなってしまいます。

さらには、生理特有のホルモンバランスの乱れによって、精神的にも不安定となって、イライラを発散させるために食欲を抑え切れずドカ食いをしてしまうことも多いのです。

生理前豆乳ダイエットでは、この生理前特有の現象である脂肪や水分の「溜め込み」を抑えるのにものすごく効果的なのです。

生理後が痩せやすいと言われる所以は、「美人ホルモン」ともいわれるエストロゲンの成分効果がプロゲステロンよりも優位となり、脂肪の燃焼や水分・老廃物は排出を促進して痩せやすくなります。

エストロゲンが優位となるため、「ダイエットをするのであれば痩せやすい生理後1周間」とよく言われるのです。

生理前に脂肪や水分・老廃物をなるべく蓄積しないようにすることができれば、生理後の燃焼・排出効果によって、溜め込んだ脂肪ではなく元々の体脂肪が燃やされて痩せることになります。

つまり、生理前期間中にどれだけ脂肪や水分・老廃物を溜め込まないで生理を迎えるか」が重要となり、それを叶えてくれるのが豆乳なのです。

スポンサーリンク

生理前に効果的!豆乳の成分とは!

豆乳にはさまざまな栄養素が含まれており、これらの豊富な栄養素が生理前の脂肪や水分・老廃物を溜め込まないよう働きかけてくれます。

大豆たんぱく質

豆乳の主成分である大豆たんぱく質は、様々な病気を予防してくれる効果を持ち、ダイエットにもいいとされています。

筋肉の生成に必要不可欠なたんぱく質が、豆乳には豊富に含まれていることから、筋肉量を増加させ基礎代謝を上げてくれる働きがあります。

また、豆乳のたんぱく質は植物性たんぱく質であり、植物性たんぱく質に含まれるペプチドには、余分なコレステロールを便と一緒に排泄させる効果があり、血中コレステロールを下げる働きがあります。

さらに、動物性たんぱく質よりも低カロリーな植物性たんぱく質は、脂肪が蓄積しにくく基礎代謝を効果的に高めてくれます。

大豆サポニン

豆乳に含まれる大豆サポニンには、抗酸化作用や血行を促進する働きがあります。

この抗酸化作用とは、老化や生活習慣病の原因となる活性化酸素を抑制する働きをするのですが、活性化酸素は体内細胞を損傷させたり、細胞の遺伝子を変異させるといった悪影響を及ぼします。

抗酸化作用によって脂質やコレステロールが酸化して過酸化脂質になってしまうのを防ぐ効果があり、過酸化脂質が原因で引き起こす動脈硬化などの生活習慣病といった病気のリスクを低下させ、老化の原因でもある活性化酸素を除去してくれるので、アンチエイジング効果も得ることができます。

また、大豆サポニンには血中の中性脂肪やコレステロールなどを取り除いて、脂肪を吸収するのを抑えて、脂肪の代謝を促し、体内の余分な糖や脂肪を体外へ排出してくれます。

イソフラボン

豆乳1杯(200ml)分に含まれるイソフラボンは、1日の必要量40mgを十分にまかなえる含有量を誇ります。

ポリフェノールの一種であるイソフラボンは、大豆が持つ独特のエグミや苦みの素であり、味覚的はあまり好まれていませんでしたが、近年の大豆イソフラボンが持つさまざまな健康効果によって積極的に摂取されるようになりました。

大豆イソフラボンは、年齢を積み重ねると分泌量が減っていく女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用を持ち、摂取することで女性ホルモンの代わりの働きをしてくれるということで注目されています。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをするということは、古い時代から大豆食品と馴染み深くよく食べていた私たち日本人女性が、欧米諸国の女性と比較しても更年期障害が穏やかであることで証明されています。

女性ホルモンは女性の月経時にも重要な働きをするので、更年期障害以外にも、若い女性の生理不順やホルモンバランスの乱れの改善などに、豆乳の大豆イソフラボンは効果的と言われています。

また、女性ホルモンであるエストロゲンには、骨に含まれるカルシウムが血液内に溶けだしてしまうのを防ぐ働きがあります。

閉経によってエストロゲン分泌量が少なくなると、この血中へのカルシウムの溶け出しが抑制しきれず、骨密度はどんどん低下し骨粗しょう症を招いてしまう恐れがあります。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンを摂取することで、骨のカルシウムの溶出を防ぎ、骨粗しょう症を予防してくれます。

レシチン

大豆レシチンは、水分や脂肪と結びつきやすく、肝臓内の余分な脂肪を肝臓の外へとスムーズに運び出す働きがあるため、脂肪肝を予防してくれます。

大豆レシチンは水とも脂肪とも結びつきやすい親水性と親油性の両方を併せ持っているため、血中の余分なコレステロールと結びついて、肝臓を経由し、排尿によって体外へと排出する働きも持っています。

つまり、血液内のコレステロールを減少させ、動脈硬化を予防してくれるのです。

その他、レシチンは認知症予防や記憶力の低下を防ぐ効果もあるといわれています。

ビタミン

豆乳には、脂肪の燃焼を促進したり脳の機能を維持する働きを持っているビタミンB群がたくさん含まれています。

ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を促進すると同時に、イライラなどの精神の不安定、集中力不足、やる気の低下などを防いでくれるため、生理前やダイエット期間中などの精神的に不安定になる時期には必要不可欠な栄養素です。

また、ビタミンB郡以外では、豆乳のビタミンEも脂肪の酸化を防いで、呼吸器や内臓などを頑丈にするといった嬉しいアンチエイジング効果もあります。

ミネラル

現代人はミネラル不足の問題が深刻化していますが、豆乳には、マグネシウムを始めとするカリウム、リンなどのミネラルが非常にバランスよく含まれています。

マグネシウムには基礎代謝を促進する働きがあり、カリウムは体内のナトリウムを排出させてむくみを予防してくれますし、リンはエネルギー代謝・脂質代謝を積極的に行ってくれます。

ミネラルは健康維持やダイエットには欠かせない重要な栄養素なのです。

スポンサーリンク

生理前豆乳ダイエットの効果を高めるには

生理前豆乳ダイエットの効果を高めるポイントは、豆乳の量と飲むタイミングです。

摂取量

豆乳は非常に栄養価が高いですが、カロリーもそこそこあるので飲み過ぎないことが大事です。

毎日コップ1杯200mlを目安にして飲むようにしましょう。

摂取するタイミング

豆乳ダイエット時は飲むタイミングが非常に大切です。このタイミングを誤ってしまうと全く痩せないどころか、逆に太ってしまう恐れもあるのです。

豆乳は太りやすい体質とされている排卵期間後に飲むことが最も重要です。

基礎体温をつけている人であれば排卵日が正確に分かりそれを基に豆乳ダイエットを始められますが、基礎体温をつけていない人は、周期にも個人差があるため人によって若干違いがあります。

生理開始日から算出するのであれば「生理開始日から17〜19日後」から開始するようにし、生理前から算出するのであれば「生理を迎える約10日前」から開始してください。

豆乳は食事の30分~1時間前くらいが最も効果的であり、このタイミングで飲むことによって、食欲を抑制する効果も期待でき、通常の食事量よりも少ない量で満腹感を得ることができます。

最も効果的なのは、1日のうち最もエネルギー摂取量が高くなる夕食前にコップ1杯(200ml)の豆乳を飲むことです。

夕食前に豆乳を飲むことで、豆乳の満腹感で少しでも夕食の量を減らしてやることができます。また、どうしても間食がやめられないという人は、おやつ代わりに豆乳を飲んでみるのもいいですね、

スポンサーリンク

生理前豆乳ダイエットの口コミ評価は?

生理前豆乳ダイエットを実際に行った人の口コミはどのような評価なのでしょうか。

肌の調子も崩さず体重維持することができた

生理前のダイエットでは、毎回栄養不足のため肌トラブルが絶えず、顔色が悪くなるといったことも頻繁にありましたが、豆乳ダイエットを行うことで、豊富な栄養素を充分に摂取することができて、肌や顔色がよくなりました。

「肌の調子がいい」「吹き出物がなくなった」といった口コミが多く見られました。

産後ダイエットに効果的

出産後のダイエットに豆乳ダイエットを取り入れたところ、健康を損なうことなくみるみる痩せていきました。

夕食前に豆乳を飲むだけという方法も、効果的に体重を落とすことができ、手間がかからず始めやすいダイエットなのでおすすめです。

豆乳ダイエットは生理前だけでなく、産後ダイエットとしても効果的なようです。

生理不順も改善された

生理前豆乳ダイエットをすることで、体重が増えなくなったと同時に、生理不順も解消されました。

豆乳を飲んで太らないようにすることが目的だったけど、生理不順も解消されたのは嬉しかったです。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの働きで、女性ホルモンのバランスが整えられたためです。

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの種類

豆乳ダイエットにはどのような種類があるのでしょうか。

無調整豆乳

豆乳の原料である大豆をそのまま絞ったものであり、大豆固形成分が8%以上、大豆たんぱく質3.8%以上の成分を有するものです。

加工を加えない無調整豆乳は、大豆に含まれる栄養素を余すことなく摂取でき、栄養価が高く最もダイエットに向いているといえます。

ただ、難点としては純度の高い豆乳であるため、大豆本来の苦味やエグミ、渋みといったものが残っており、飲みにくいといったデメリットが有ります。

調整豆乳

無調整に比べると大豆固形分が6%以上、大豆たんぱく質が3.8%以上と、多少大豆成分が少なくなってしまいますが調整豆乳は、無調整豆乳よりも遥かに飲みやすく加工されています。

飲みやすくするため加工した分、豆乳濃度はその分低くなり、砂糖や植物油を加えるので糖質やエネルギーがどうしても高くなってしまいます。

そのため、ダイエット時に飲む場合は、必ず摂取量を守るようにしてください。

豆乳配合飲料

大豆固形分4%以上、大豆たんぱく質1.8%以上あるものであり、当乳製品の中では最も飲みやすいのがこの豆乳配合飲料です。

豆乳に紅茶やコーヒー、果物のエキスなど添加した豆乳配合飲料は、コンビニやスーパーなどでもよく見かけるようになりました。

他の飲料や添加物をブレンドさせて飲みやすくしているため、豆乳の量は減り、大豆の有効成分である大豆ペプチド、大豆サポニンは無調整豆乳の半分ほどの量となってしまいます。

そのため、豆乳ダイエットで得られる効果も半減してしまうため、本格的なダイエットにはあまりお勧めできません。

まとめ

生理前の豆乳ダイエットでは、体重を維持したり減少させるダイエット効果だけでなく、生理不順や生理痛の緩和、肌トラブルなどの問題も解決してくれる場合があります。

そのため、健康維持の面でも十分な効果が期待できるので、女性の皆さんは是非試してみてください。

関連記事:生理前のダイエットを無駄にしないための効果的な食事や運動方法は?体重が減らない原因とは!