ポテチはやっぱり太るのか?

「スナックの中でポテチって一番太りそう」

「ポテチを食べながらダイエットする方法なんてあるの?」

誰もが好きなスナック菓子として「ポテトチップス」が挙げられます。

しかし、ポテトチップスは油で揚げていることもあり、どうしてもカロリーや塩分が高いというイメージがあります。

そんなポテトチップスを食べながらでも痩せれる、ポテトチップスダイエットなんて言葉があるのだとか。

ポテトチップスの中毒性を考えると、たしかにそんなダイエット方法があればうれしいのですが、夢のような話ですよね。

今回は、そんなポテチが太る原因を考えながら、ポテチを食べてもダイエットできる方法について紹介します。

スポンサーリンク

ポテチは太る

chips-843993_960_720

残念ながら、ポテチは少なくとも太る食べ物です。

おいしい味であり、食事の前後についつい食べてしまう食品ですよね。

じゃがいもが原材料のため、カロリーも高く糖質も豊富な食べ物といえます。

また、ポテチは大量の脂であげているため、そのカロリーを考えるとダイエット効果があるとはいいがたいかもしれません。

そして、量的にも食べ始めるとついつい一袋食べきってしまうような食品なので、なかなか難しい食べ物だといえます。

それでもポテチが食べたい

しかし、それでもポテチを食べたいと思う人は多いと思います。

ポテチをどのように工夫すれば、他のダイエット効果を無駄にせずポテチを食べることができるのでしょうか。

ポテチのカロリーをしっかりと自覚しよう

まず、ポテチは基本のうすしお味のカロリーを把握することが大事です。

ポテチのカロリーは100gあたり約554カロリーです。

ポテチの袋は85gのタイプや60gのタイプなど、内容量はさまざまです。

例えばこの2つの場合だと、それぞれ443カロリーと332カロリーぐらいになります。

少ないタイプのポテチでも、ごはん1杯よりカロリーが多いというのは自覚しておきましょう。

他のお菓子と比べるとカロリーは同程度

実は、ごはんと比べるとカロリーは多いと感じるかもしれませんが、同じお菓子類で考えるとそれほど多いわけではありません。

例えば、同じくおいしくて大好きな板チョコ。

この板チョコも1枚あたりのカロリーは324カロリーほどあるので、量の少ないほうのポテチとカロリーはそれほど変わりません。

また、同じくダイエットの天敵と言われるショートケーキも1個で336カロリーほどあります。

いわゆるお菓子と言われるものの中では、ポテチはとびぬけてカロリーが高いというわけではありません。

ポテチが太るのはじゃがいものせい

そもそも、ポテチの原材料であるじゃがいもは、ダイエットの中ではあまり評判がよくありません。

それは、じゃがいもが糖質の多い食べ物だからです。

糖質制限ダイエットがあるように、糖質は血糖値を急激に上昇させてしまい、体に糖を蓄えすぎて、それが脂肪の原因となるんです。

そのため、じゃがいもは野菜に分類される食べ物ではありますが、決してダイエット向きな食べ物でありません。

ましてや、ポテチの場合はじゃがいも以上に、多くの脂と塩分を使用して安芸て作る食べ物です。

どんなに甘く考えても、ポテチはじゃがいもが原料の野菜スナックとはいえない食べ物です。

ポテチの食感も太る原因

また、ポテチなどのスナック菓子が太る原因と言われるのは、その触感で食感です。

食べ物を食べるときに「よく噛みなさい」と言われるのはいろんな理由があります。

一つはよく噛むことによって、食べ物を消化しやすくするわけです。

そして、よく噛むことによって脳が刺激されて、満福中枢が刺激されるんです。

しかし、ポテチのようなスナック菓子は、ぱりぱりと噛む食感こそ良いですが、噛む回数は少なく顎をあまり使う食べ物ではありません。

そのため、満腹感が得にくいので、ついつい食べ過ぎることにつながるわけです。

ポテチと合わせて飲む飲料にも問題が

ポテチの最高のお供と言えば、やはり「コーラ」ですよね。

このコーラがさらにポテチが太る原因を作り出しているといえます。

そもそも、ポテチは塩分が多い食べ物のため、どうしてものどが渇くわけです。

そのときに、何を飲むかが重要なんです。

ここで普通の水やお茶を飲むならマシなわけです。

しかし、コーラを選ぶことは、ポテチの油分、塩分に合わせて、コーラの糖分を多く摂取することになるんです。

これが、ポテチのカロリーとプラスされて、他の食べ物に比べて太りやすい原因を作り出しているんです。

チョコやケーキにコーラは合いにくいですが、ポテチにはコーラが本当に合うんですよね。

ごろごろしながらポテチを食べて、コーラをラッパ飲み。

そして、そのまますやすやと寝てしまえば、すべてが贅肉の元になるといえるでしょう。

スポンサーリンク

ポテチの悪循環を整理しよう

crisps-1721_960_720

ここまででも、ポテチが太る原因になるのは理解できたと思います。

ポテチ自身が必ずしも太る食べ物ではないのに、様々な結びつきを持ちやすい食べ物のせいで、太る原因になっているんです。

ここからもまだまだ、そういった太る原因になる要素を紹介します。

ポテチの依存性

ポテチに特別依存しやすい成分が入っているとはいえません。

しかし、人間はどうしても塩っ辛い食べ物が食べたくなる時があります。

最悪なのは、甘いものを食べると塩っ辛いものが食べたくなり、塩っ辛いものを食べると、甘いものが食べたくなるという悪循環です。

ポテチには塩分以外にもあの軽快な食べ応えと、手軽に食べれる要素が依存性があるといえるかもしれません。

また、たんぱく加水分解物というたんぱく質のアミノ酸混合物はコクや旨味を作り出しているので、美味しいと感じる要素もあります。

袋さえ開けてしまえば、箸で食べようが手で食べようが、寝っ転がっていようが、ゲームしながらであろうが食べれてしまうわけです。

チョコレートやケーキに比べて、包装も簡単なので、もっともすぐ食べれるお菓子といえます。

なぜポテチは夜中に食べたくなるのか

晩御飯を終えた後、もう歯磨きも済ましてあとは寝るぐらいという状況でありながら、なぜか食べたくなるポテチ。

実際はこれはポテチに始まったことではなく、夜中に何かを食べたくなるというのは、少し体に原因があるんです。

晩御飯を食べてあとは寝るような時間になると、普通は何かを食べるよりも寝ることが優先されます。

しかし、体のバランスが崩れていたり、睡眠サイクルがくるっていると、そういった時間に食欲が湧いてしまうんです。

ちゃんと晩御飯をしっかり食べなかったことが原因であったり、ストレスが溜まっていることが原因の場合もあります。

また、寝る前にアルコール類を摂ると、夜中に何かを食べたくなる場合があるようです。

他にも、睡眠不足によって自律神経が乱れていることが考えられます。

自律神経が乱れると、食欲のコントロールがうまくいかずに、空腹を感じるグレリンというホルモンが分泌されてしまうわけです。

皆さんも「お腹は減っていないのに、何か食べたい」という感覚になったことはありませんか。

こういったときには、食欲のコントロールがうまくいっていないことが考えられます。

塩分とストレスの関係

実は塩分が多い食べ物は、ストレスが多いときに食べると、よりおいしく感じられると言われているようです。

また、アルコールを飲むと、アルコールを分解するために糖質が必要になることから、ポテチのようなスナック菓子を欲するようになります。

すべての食べ物による太る原因には、不摂生や精神的に不安定な面が反映されていると考えてもいいかもしれません。

ポテチなどのスナック菓子には、多くの化学調味料が使われています。

ポテトチップスやピザポテトを作っているメーカーのカルビーとしては、より多く買ってもらえるために、依存しやすいような味にしているわけですね。

満腹感を微妙に足りないようにして、もう一袋食べたくなるような内容量にしたり、塩分を調整して、また食べたくなるような味付けにして中毒性を生み出しているわけです。

スポンサーリンク

ポテチ依存脱出計画

chips-1169612_960_720

では、ポテチとどのように向き合っていけば、ポテチで太ることから脱出できるのでしょう

完全にポテチを断ち切るのは、なんとも悲しいものです。

ポテチは一応食べてもいいけど、それでも工夫は必ずするようにする。

それが、ポテチの依存から奪取する方法といえます。

ポテチは皿に出して食べる

まず、ポテチは一度開けると一袋すべて食べてしまうことが、太る原因です。

少しでもポテチを食べるのがめんどくさい方法にすることが、ポテチを食べすぎることから脱却することにつながります。

ポテチを食べるときは必ず、半分ほどの量を皿に移し替えるようにしましょう。

残りのポテチの袋は必ず手が届きにくい、面倒なところにしまうことが大事です。

わざわざお皿に出すめんどくささ、そして取りにくいところにしまうことで、残りを食べることを防ぐんです。

そして、ポテチを食べるときはまとめて食べないで、1枚、1枚食べることが大事です。

ポテチの1枚1枚の味を堪能するように食べることで、味として満足感を得るようにするのがおすすめです。

ポテチの飲み物は水かお茶

ポテチを食べるときの飲み物は水かお茶にしましょう。

間違ってもコーラは厳禁です。

ポテチを取るか、コーラを取るかどちらかにすることが重要ともいえます。

できることなら、ポテチを食べるときは逆に水分を摂らないことで、ポテチを食べるのがしんどい状態にしてもいいですね。

塩っ辛くなってきて、「もういらないや」となるほうが、ポテチを食べすぎるのを抑えれるといえます。

どうしても、しっかりと水分補給しながらポテチと食べると、ポテチが食べやすくて食欲が増してしまうといえますね。

食べるのをやめて、片づけてから水分補給をする、という方法もおすすめかもしれません。

ポテチの量を減らして他の物を食べる

おやつとは必ず1種類でないとダメなわけではありません。

ポテチを食べる量を減らす変わりに、ローカロリーなおやつを足すという方法もおすすめです。

食べる量は増えていても、摂取カロリーは抑えるという方法なんです。

ポテトチップスダイエットはかなり厳しいものですが、ポテトチップスが大好きな人は量を減らして、他のローカロリーなおやつを選べば大きく摂取カロリーは違ってきます。

世の中には、おにぎりダイエットや大豆ダイエットやおでんダイエット、梅干しダイエットに血液型ダイエットなど、さまざまなダイエット方法が存在しています。

おからマフィンのようなローカロリーでも食べごたえのあるおやつもあります。

スポンサーリンク

同じポテチでも太りにくいものを選ぶ

chips-464212_960_720

ポテトチップスには、実は味以外の面でいろいろ種類があるんです。

ダイエットポテトチップスと言われるようなカロリーが低めなポテチもあるんですよ。

カロリーが低めなポテチは「ライトポテトチップス」と言われる名前のものがあります。

自家製ポテトチップスにも挑戦

市販のポテトチップスと比べて、自家製ポテトチップスという方法もあります。

じゃがいもをスライサーで薄く切って、フライパンなどで少なめにした油で揚げるだけでも、市販のものに比べてカロリーを抑えることができます。

何よりも、塩分の量が自分で調整できる点がおすすめです。

出来立ての自家製ポテトチップスなら、塩をそれほどふらなくても十分においしく食べることができるんです。

都市伝説のように、市販のポテトチップスには遺伝子組換えが使われているから発がん性があるという噂もあります。

自家製ポテトチップスなら、簡単にライトポテトチップスが作り出せるというわけです。

使用する油も植物油の種類を選んだり、自分で香辛料や酸味料の工夫ができるので、オリジナル高級ポテトチップスだって作れるんですよ。

香辛料抽出物を変えたり、オリーブオイルを使ったり、酵母エキスパウダーなどを混ぜることで、いままでにないポテチを楽しむことができます。

酸化脂質を抑えながら、パプリカ色素を足して風変わりなポテチなんかもおもしろいですね。

野菜エキスパウダーを混ぜて、ベジタブルポテトチップスなんかもおもしろいでしょう。

糖質がちょっと気になりますが、さつまいもポテトチップスなんかも面白いですね。

そのレシピの種類は非常に豊富なので、カルビーや湖池屋に負けないようなオリジナル作品を作り出してみましょう。

ノンフライやレンジで作るポテチもおすすめ

同じように自家製ポテトチップスなら、ノンフライで作れるレンジのポテチもおすすめです。

どうしても、油であげるとフライドポテトのように高カロリーな食べものになってしまいます。

例えばさつまいもチップスを作りたいなら、さつまいもをスライスして、お皿に並べてレンジで3分ほどチンして裏返して、また3分ほどチンするだけで出来上がりです。

うまく水分をしっかりと飛ばしてカリカリにするのですが、チンしすぎると焦げるので、この微調整が難しいですね。

こういった方法は、とても可能性のあるダイエット法ともいえるので、どんどん試してみるのがおすすめです。

適度な運動とのセットを忘れずに

ご飯のような炭水化物はもちろん、肉を食べたあともしっかりと運動すれば、体の良いエネルギーになります。

生活習慣病の改善にもつながりますし、女性の場合は美容にも重要です。

ホット梅干しダイエットと言われる、温かい梅干しを入れた飲み物なんかもおすすめですよ。

カップヌードル謎肉祭のようながっつりな高カロリーな食べ物もいいですが、日本古来の発酵食品のような栄養があるものもしっかりと食べましょう。

スナック菓子には発がん性分類の成分も一緒に入っていると言われており、管理栄養士などは一番初めにやめるように注意する食べ物です。

どうしても、スナック菓子のせいで、カロリー分食事を食べきれない人もいるなど、付き合い方は難しい食べ物です。

セブンイレブンなどのコンビニが便利な分、肥満体になりやすい環境は蔓延しています。

毎日の体重をメモしたり、ブログでチェックをつけたりするのも重要なことですね。

スポンサーリンク

まとめ

chips-1169619_960_720

ポテチが太る原因についてまとめて紹介しました。

ポテチ自体に太りやすい要素があり、それを助長させる炭酸飲料などの飲み物に気を付けることが重要なわけです。

同じポテチでもサイズを小さいものにして食べきることや、サイズを小さくした代わりにローカロリーなものを足すという方法がおすすめです。

ダイエット関連のダイエット本などで研究されているように、やり方まとめをチェックすれば、そのコツはたくさんあふれています。

いかに少ない食事量で満足感を得て、おやつのおいしい快楽を得るかというのが重要ですね。

スナック菓子は保存方法のために有毒性の問題が指摘されています。

また、食べすぎることはニキビなどの理由にもなります。

コーラような砂糖たっぷりな飲み物とはさけて、サプリなどの健康効果のあるものを併用するのがおすすめですね。

ポテチはダイエット向きではないという情報が結論ではありますが、完全にポテチを断つよりも、工夫さえすれば摂取カロリーを抑えることができます。

人生の楽しみを奪ってしまうよりも、うまくその食材を工夫すれば、食べることができるというのが大事だと思います。

自家製ポテトチップスはとても出来立てのおいしさが体験できるので、おすすめですよ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加