シックスパッドはダイエット効果なし?実践した女性の口コミは

皆さんはシックスパッドというものをご存知でしょうか?

「ダイエットをしたいけど、自分で何か行動をする時間がない!」

「ダイエットのために運動をしなければいけないけど、運動神経がなくて取り組めない。」という人は多いはずです。

シックスパッドダイエットはそんな人も手軽に取り組め、簡単に痩せることができる方法なのです。

シックスパッドを販売している公式ページを見ると、シックスパッドの使用で驚きの効果が出るという写真がたくさん紹介されています。

シックスパッドは簡単に取り組めますが、機器なので、基本的な使い方を誤ればダイエット効果を発揮しません。

シックスパッドを持っている人も、そうではない人も、より効果的に痩せられるシックスパッドダイエット方法を試してみましょう!

今回は、シックスパッドの使い方から、より効果的に痩せることのできる方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

シックスパッドとは?

girl-1733352_960_720

シックスパッドとは、自動的に筋肉トレーニングができる電池式のEMS機器のことを指します。

EMSは「Electrical Muscle Stimulation」の略称で、電気で筋肉を直接刺激する筋トレ器具という意味があります。

つまり、筋肉に電流を流すことによってインナーを鍛えることのできるトレーニングで、EMS(電気刺激)によって筋肉の収縮運動を行います。

シックスパッドは通常お腹に張りますが、普段脳から送られてくる電気信号の代わりに、シックスパッドから筋肉に直接電気刺激を与えます。

もともと、このシックスパックは医療用として開発され、体を動かせない人のリハビリに使われていました。

今でもその名残は残っており、病院や整体、整骨院に行く人は見かけたことがあるかと思います。

近年はシックスパッド自体進化し、低刺激ながらも効果的にスポーツやダイエットに使える製品や、高周波を実現させた製品などが登場してきました。

スポンサーリンク

シックスパッドの効果とは

young-woman-2699780_960_720

運動科学研究によると、効率的に筋肉にアクセスできる周波数は20Hzと言われています。

もし周波数が上がると、筋肉が刺激に対応することができず、トレーニングの意味をなしません。

ロナウドCMで有名なシックスパッドは、効率的に筋肉に刺激を与える周波数で筋力をからだにつけさせ、痩せさせてくれるのです。

EMS理論に基づく周波数

シックスパッドに採用されている周波数は20Hzです。

その数字だからこそシックスパッドは有能な商品だと世界から認められています。

この20HZという周波数は、筋肉が伸び縮みするのに最適な周波数で、酸素を消費する量が最も多く、筋肉をしっかりと動かせるとされています。

他の商品で比べるとよくわかりますが、ビリビリとした痛みを我慢しながら筋肉に刺激を与えても、筋肉疲労を起こすだけであまり効果がありません。

周波数の検証では、2週間片足だけに使用したところ、5%も筋肉に差が出たそうです。

高強度のトレーニングと同じ効果がある

通常、強くて大きな力で絞り出す筋肉はがっちりと太い神経が通っています。

また、弱い力を出すための筋肉は細い細胞が通っています。

運動をすると多少の筋肉は鍛えられますが、実は、細い細胞が通る筋肉ばかり鍛えてしまっているのです。

つまり、ダイエットのために太い神経が通る筋肉を鍛えようとすると、自分の限界を超えるほどの運動量が必要となるのです。

ですが、この高強度のトレーニングのような刺激を与えられるのがシックスパッドです。

シックスパッドで筋電気刺激をすることによって太い神経が通っている太い筋肉を刺激することができ、効果的に筋肉をつけることができるのです。

これは実際に検証結果に表れており、シックスパッド使用後の最大筋力と筋電図中央周波数の低下の2つの筋疲労を数値で確認できているのです。

つまり、自分で筋力トレーニングなど随時運動を頑張って疲労するような辛い疲労感と同じくらい、シックスパッドで楽に筋肉疲労、刺激を与えることができるということなのです。

高強度のトレーニングよりも疲労感が強いとする研究結果もある

中京大学 国際教養学部による「シックスパッドトレーニング(筋電気刺激)で筋収縮が行われ、生理学的に筋疲労が起こりうるのか」という別の研究もなされました。

その研究結果では、低強度な筋出力にもかかわらず、電気刺激で疲労亢進を反映することも解明されています。

これは運動単位や筋繊維が同一ではないことから生じているとされました。

最大筋力の変化率、随時運動試行よりも電気刺激試行の方が優位に最大筋力が低下していたのです。

どちらにしても、随時運動をするのと変わらないほどの筋肉刺激と筋肉疲労だということがわかりますね。

筋肉量が8週間で12%増加

公式ホームページで紹介されている筋肉量の変化グラフでは、継続することによってかなりの筋肉量増加に役立つと書かれています。

シックスパッドアブズフィットを1日1回、30歳から59歳までの男女38名に使ってもらった結果、8週間後にはおよそ12%も筋肉量が増加しました。

また、同じ条件でシックスパッドボディーフィットを使ってもらった結果、9%の増加が見られました。

さらに、30歳から59歳までの女性8名に限定して筋厚の変化を計測したところ、8週間後には12%増加したことが検証でわかったとされています。

シックスパッドで200kcalほどカロリーを消費できる

シックスパッドをお腹だけではなく、全身に30分ほど使うことによって消費カロリーはおよそ200kcalと言われています。

一箇所だけでは筋肉を動かす範囲は少ないので数十キロカロリーしか消費することができません。

ですが、気になる部位全てに当てていくことによって大きくカロリーを消費することもできるのです。

スポンサーリンク

シックスパッドの正しい使い方とは

slim-1391235_960_720

シックスパッドは誰でも簡単に使うことができます。

ですが、正しい使い方をしないと、筋肉のつき方にばらつきが出たり、本来求めていたダイエット効果が下がってしまうことになります。

正しいシックスパッドの使い方についてご紹介していきます。

シックスパッドの商品紹介と、それぞれのセット内容

シックスパッドにはいくつか種類があります。

使い方の前に、公式ページから購入した場合の商品セット内容を確認しておきましょう。

代表的な腹筋専用の「シックスパッドアブズフィット」には、8点のグッズがセットになっています。

  • 本体
  • 台紙
  • クリアケース
  • サポートベルト
  • 高電導ジェルシート×6
  • コイン型リチウム電池
  • オープナー
  • 取扱説明書

このタイプはシックスパッド専用の高電導ジェルシート定期便サービスに入会する必要があります。

また、「シックスパッドアブズフィット2」はボタン電池交換不要の充電式で、IoTで進化されてアプリ連動をすることができます。

  • 本体
  • 台紙
  • 高電導ジェルシート×6
  • 取扱説明書

と電池タイプより少ない商品点数です。

シックスパッド アズブ&ツインボディセットは、アブズフィット1台とボディフィット2台がセットになっている商品です。

公式サイトを見ると、単品で購入するより1万円以上も安く買うことができます。

アブズフィットは腹筋専用で、ボディセットは約3mmの薄さで、ウエストや腕、脚に使うことができます。

全身のたるみがきになる人は特におすすめです。

  • アブズフィット1台
  • ボディフィット2台
  • 台紙×2
  • サポートベルト×2
  • クリアケース×2
  • コイン型リチウム電池×4
  • 高電導ジェルシート×8
  • オープナー×2
  • 取扱説明書×2

シックスパッドはおへそに合わせて貼ろう!

まず本体を貼り付ける前に、体に付着している油分や汗を拭き取り、乾かしましょう。

そして、腹筋専用のアブズフィットを肋骨と腰骨の間に貼り付けてください。

その時に注意するのは、電池の位置をおへそに合わせることです。

そうすると、正しい位置に合わせやすいので試してみてくださいね。

もしシックスパッドがしっかりと張り付かない場合には、商品に同梱されているサポートベストを上から巻いて密着させましょう。

ボディフィットは下に向けて貼ろう!

ボディフィットはウエストだけではなく脚や腕、お尻など気になる細かい部分に使うことができます。

貼るときはどの部位でも、操作ボタンを下に向けて密着させてください。

二の腕の場合は挟み込むようにして密着させ、ウエストは脇腹で挟み込むようにして密着させることができます。

また、太ももは表面の場合は正面から、内側の場合は内側から挟み込んでください。

お腹以外の部位はシックスパッドが余ってしまうので、必ずサポートベルトで密着させることを忘れないようにしてくださいね。

基本的な操作方法

シックスパッドの操作方法はとてもシンプルです。

基本的には+ボタンを長押しで電源を入れ、ーボタンを長押しで電源を切ることができます。

もし刺激が足りないようであれば+ボタンを軽く押せば刺激レベルが上がり、その反対にーボタンを押せばレベルが下がります。

通常の正規品では最大レベルが15段階ほどに設定されており、初期段階では刺激レベル0の状態になっています。

最新型で充電式のシックスパッド2は最大レベルは20段階に設定されています。

この時、いきなり刺激レベルを上げることはしないようにしましょう。

スポンサーリンク

シックスパッドの効果を高める方法

stomach-2437889_960_720

シックスパッドだけでも筋肉がつき、基礎代謝を上げることができます。

ですが、トレーニング機器だけに頼っていては良質な筋肉を保つことはできません。

きちんと筋肉がついてもすぐに落ちてしまう可能性があるのです。

1日1回集中してシックスパッドトレーニング

シックスパッドはながら運動ができることで評判になっています。

ですが、より効果を高めたいのであれば、充電が持つ23分間を有効に使いましょう。

一番良い体勢は仰向けになることです。

本体を取り付け終わったら、横になって腰を痛めないように両足を立てましょう。

おすすめは自動トレーニングです。

自動トレーニングの内容

  1. ウォームアップ:刺激テンポが加速し、筋肉をゆっくりと動かしていきます。
  2. トレーニング1:刺激することと休息することを5分間繰り返します。
  3. トレーニング2:波形を2種類交互にセットし、5分間筋肉を刺激し続けます。
  4. トレーニング3:トレーニング2の波形時間を変化させながら運動強度を高めていきます。
  5. トレーニング4:さらに高強度で刺激していきます。
  6. クールダウン:刺激するテンポが1分間かけてだんだんとゆっくりとになり、終了です。

良質なタンパク質を摂取すること

筋肉を作るのは、肉や魚、大豆、穀類に含まれているタンパク質です。

タンパク質をしっかり摂取することによってしっかりとした良質な筋肉を作ることができます。

そしてその筋肉をEMS器具によってさらに良質にしていくと考えましょう。

もしタンパク質の摂取ができないようであれば、ドラッグストアなどで販売されているプロテインでも補うことができます。

筋トレの効率がアップするタイミングで使用すること

シックスパッドは23分ほどしか充電は持ちません。

ですので、なるべくダイエット効果がアップする時間帯に使うようにすると良いでしょう。

1日の始まりである朝食前は、1日の代謝が最も上がっているため消費カロリーも増えます。

また、有酸素運動を行う前も消費カロリーが倍増すると言われています。

食事後2時間後、体温が最も上昇する15時から18時までは筋肉トレーニングの効果が上がりやすいとされています。

さらにお風呂に入る前にシックスパッドを使うと筋トレの効果が上がり、良質な睡眠も取れるようになります。

このようなタイミングであれば、テレビを見ながら、家事をしながら、スマホでゲームをしながら、時間を効率的に使いながら腹筋運動ダイエットをすることができます。

ただし、上記以外のお風呂上がりや運動をした後は、汗でシックスパッドの粘着力が弱くなってしまうので使用しないようにしましょう。

毎日1回、継続して使用すること

お腹や脚、腕など当てたい部分に脂肪が多く、メタボリックシンドローム気味な方は、シックスパッドの刺激を感じ取りにくいのです。

特に皮下脂肪やセルライトが多い人はかなりの時間がかかるかと思います。

よく口コミで効果がないとすぐにやめてしまっている人がいますが、脂肪が多い人はじっくりと時間をかける必要があります。

そして、毎日継続する事が重要となります。

通常の筋肉トレーニングも同じですが、気が向いたときにだけ取り組むのでは、ほとんど意味がありません。

また、効果を感じにくいのであれば、初めから最大レベルにして取り組んでみましょう。

継続して取り組む事で、数値にはしっかりと現れてきます。

数ヶ月後には鍛え上げられたスマートなボディに変身しているはずです。

スポンサーリンク

実際に使ってみた人の口コミ

girl-1031308_960_720

EMS商品のシックスパッドを購入しようと思っても、価格だけではなく使用感がわからないと手が出にくいですよね。

そんな時にはインターネットの口コミサイトや公式サイトに書いてある購入者の商品レビューが参考になります。

不安を解消してから長く愛用できるシックスパッドを購入するために、いくつか口コミをご紹介していきます。

  • シックスパットを使用して約2ケ月間、腹筋などの簡単な筋トレ、散歩も合わせて体重は5kg、体脂肪率は4%位減りました。食事制限はさほどしていませんでした!
  • 冬場は冷たいです。また、ジェルシートは高価で継続するには維持費がかかるのが難点です。
  • 筋トレ併用なので全てがシックスパッドの効果ではないとおもってますが、2か月目にはへそ周りは締まってきている感じがします。
  • レベル10くらいで筋肉がギュッと刺激受けてて痛みと疲労感ありました。最初のうちは少しだけ筋肉痛になりました。
  • 食事制限一切無しで、2週間経ってウエストが少しクビレてきました!
スポンサーリンク

まとめ

stomach-2437890_960_720

いかがでしたか?

今回はシックスパッドについてご紹介いたしました。

シックスパッドは通常のトレーニングのように毎日の時間を使わなくてすみ、短時間でしっかりと筋肉をつけて代謝をアップしてくれる便利な商品です。

ですが、シックスパッドは伝導ジェルシートの交換や電池交換など、本体も消耗品なので継続してお金がかかります。

お財布と相談しながらシックスパッドを購入して使ってみてくださいね。

シックスパッドはとてもシンプルながらも有能な商品です。

でも、タンパク質を積極的に摂取したり、他の運動やマッサージなどもきちんと行うことによって、よりダイエット効果がアップしていきます。

しっかりと継続して取り組めるようなダイエット計画を立てて使用してみてください!

それから、シックスパッドには模倣品が多く出回っていますので注意してください。

きちんと公式サイトから購入するようにしてくださいね!