ソイプロテインのダイエット効果やおすすめの飲み方やタイミングは?

ダイエットをサポートしてくれる補助食品として有名なものといえばサプリメントですが、実はプロテインもダイエット効果を高めてくれる働きがあります。

プロテインと聞くと、プロスポーツ選手やボディビルダーが筋肉を増量するために飲む物というイメージが先行しがちですが、実はプロテインの中には健康的に痩せられると評判のものがあります。

プロテインの種類も豊富であり、ウエイトダウン専用のプロテインも販売されるなど、プロテインの種類も多種多様となっています。

近頃、若い女性を中心にダイエットに効果的と話題なのがソイプロテインと呼ばれるものです。

今回はボディメイクに効果的と言われているソイプロテインの効果や使用方法、プロテインダイエットの正しい方法や注意点などについて、紹介していきます。

スポンサーリンク

ソイプロテインとは

images (91)

出典:www.proteinking.com.au

ソイプロテインとは、大豆を原料にしたプロテインであり、大豆に含まれるイソフラボン・レシチンなどの成分効果によってダイエット効果や美容効果を期待できます。

大豆に含まれる植物性の大豆たんぱく質は、体内での分解・吸収に比較的時間を要しますが、分解・吸収に時間がかかる分、長い時間体の中でに留まってくれるため、他の分解・吸収の早いプロテインと比較すると満腹感も得られ、長時間にわたって効果が持続します。

また、大豆に含まれるイソフラボンやレシチンといった成分には、アンチエイジング効果のある抗酸化作用や、コレステロール値を減少させる作用、ホルモンバランスを整えるといった働きを持っているため、植物性たんぱく質以外の成分効果でも非常に健康的で体に良い食品としてダイエッターのみならず、美に敏感な若い女性を中心に人気があります。

プロテインとしては、大豆を粉末状にして加えているため、多少他のプロテインよりも粉っぽい食感になってしまい、飲むのに抵抗があるというデメリットがあります。

無理なく健康的に痩せたいという人や、牛乳や卵などに含まれる動物性たんぱく質のプロテインと相性が悪いという人には、とても重宝されるプロテインといえます。

スポンサーリンク

ソイプロテインは女性との相性が良い

Smiling young woman drinking milk

出典:vietq.vn

ソイ(大豆)プロテインに含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることから、女性らしいプロポーションを維持するのにとても効果的といえるプロテインのひとつです。

そして、ソイ(大豆)プロテインには、ホルモンバランスを正常に保って整えてくれる働きを持っています。

もちろん、女性との相性が良いというだけで、男性がソイプロテインを飲んでいると、筋肉量のが減ったり筋肉がつきにくくなる、体つきが女性のような丸みをおびたような体型になるというわけではありません。

女性はもちろん、男性であっても食品からイソフラボンを積極的に摂取することは、あくまでもホルモンバランスを正常に保って整えることであり、余程無茶な摂取の仕方をしない限り体にデメリットをもたらすようなことはありません。

しかし、妊娠中や乳幼児などの外的な影響を受けるような状態の人については、過剰にイソフラボンを摂取し続けると、ホルモンバランスが乱れてしまう危険性も考えられるため、注意が必要だとも言われています。

スポンサーリンク

ソイプロテインのダイエット効果

images (92)

出典:www.diabeticpick.com

ソイプロテインには一体どのようなダイエット効果があるのでしょうか。

引き締め効果のある植物性たんぱく

プロテインといえば、筋肉を増量させてムキムキの肉体にしてくれるイメージがあるかもしれませんが、それはホエイやカゼイン、エッグといった動物性たんぱくを含むプロテインを摂取した場合です。

ソイプロテインに含まれるたんぱくは植物性たんぱくであり、動物性たんぱくのような筋肥大はおこしにくく、どちらかといえば、インナーマッスル(深層筋)を効果的に刺激することができ、体を内側から引き締める効果が期待できます。

さらには、ソイプロテインには美肌成分も含まれているため、痩せながら綺麗にもなれますし、ソイプロテインに含まれる成分には甲状腺という組織の働きを活発にすることにより、身体全身の新陳代謝をアップさせる働きがあるうえ、ソイプロテインの原料となる大豆には食物繊維もたくさん含まれているので、通常ダイエット時に飲むような他のプロテインと比較すると、体脂肪が落ちやすくなるという実験データもあるのです。

大豆イソフラボンのエストロゲン効果

女性ホルモのひとつであるエストロゲンは、閉経と密接な関係にあり、40歳を過ぎたあたりから分泌量が徐々に減少していきます。

エストロゲンはダイエットとも深い関係にあるため、分泌量が不足してしまうと代謝機能も低下してしまいます。

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンは、このエストロゲンと似た働きをすると言われており、イソフラボンを積極的に摂ることで不足したエストロゲンの働きを補うことができ、新陳代謝の低下の予防に役立つのです。

40歳を迎えると、若い頃よりもお腹周りに脂肪がつきやすくなるため、インナーマッスルの引き締めに高い効果を発揮するソイプロテインを意識的に摂取することで、脂肪の蓄積を防いで引き締まったスッキリとしたお腹にしてくれます。

ただし、ただソイプロテインを摂取しているだけでは効果的に引き締められるというわけではなく、摂取するのと並行して適度な運動を行うことによって、効果的に引き締めることができるのです。

また、ソイプロテインのイソフラボンは若い女性も積極的に補うべきです。

最近では、比較的若い20代の女性であっても、会社生活でのストレスやいき過ぎた無理なダイエット、不規則な生活習慣などが原因で、エストロゲンが不足気味になっているといわれています。

エストロゲンの分泌量が減少すると、精神的にも不安定となり、短期間での急激な体重増加を招いたりしてしまいます。

イソフラボンを摂ることで、うまく不足している分のエストロゲンを補うといいです。

また、大豆イソフラボンはエストロゲンと同じように、脂肪の燃焼を促すと同時に満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止して食事量を抑える働きを持っています。

ダイエット時は減量のサポートとしてはもちろん、肥満予防だけでなく女性の美しさ、若々しさを維持するためにも、積極的に大豆に含まれるイソフラボンを摂る必要があります。

レシチンで中性脂肪やコレステロール値を抑制

大豆には大豆レシチンという特有の成分が存在します。

レシチンという物質自体は、私たちの体内、脳や神経組織、肝臓などにたくさん存在しますが、食品から摂取するのであれば大豆が最も効率よく摂取できるといわれています。

大豆レシチンの成分効果としては、脂質(体脂肪)の代謝を活発に行い、肝臓機能を高めてくれます。

大豆レシチンには、水分や脂分と結合しやすいという珍しい特性があり、この特性で血液内や血管内壁にこびりついた余分なコレステロールと大豆レシチンとが結びつくことによって肝臓まで運搬され、排尿によって体外へ排泄されます。

大豆レシチンのこういった作用によって、コレステロール値や中性脂肪は減り、さらには体内の余分な脂肪も落としてくれる嬉しい効果が期待できます。

ソイプロテインダイエットのメリット

ソイプロテインに含まれる大豆成分は、ダイエット効果だけにとどまらず、その他にも嬉しいメリットをもたらしてくれます。

ソイプロテインを飲むことによるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

美肌・美髪効果

ダイエット効果で先程も説明したように、大豆にはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれており、このイソフラボンの成分効果により美肌効果が期待できます。

大豆イソフラボンは、お肌の潤いやハリ・ツヤと大きく関係するコラーゲンの生成を促してくれます。

また、大豆にはビタミン類も含んでいるため、血行を良くしたり脂肪の酸化を防ぐビタミンEは美肌づくりには欠かせない栄養素といえます。

その他、ビタミンE以外にもビタミンB群が美肌効果を持っており、皮膚や粘膜といったものを強靭にする作用があり、細胞の酸化を促し老化を早める原因となる活性酸素を取り除いてくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

また、大豆に豊富に含まれる大豆イソフラボンは、美髪にもいいとされています。

イソフラボンは肌同様、髪にも艶やハリを与えて、女性本来の艶感のある美しくなめらかな髪質にしてくれます。

ちなみに、大豆たんぱくのホルモンバランス改善効果には、過剰な男性ホルモンの働きを抑制する効果があるため、薄毛を予防できるとも言われており、ソイプロテインは薄毛に悩む中高年の男性にとっては、救世主ともいえるプロテインなのです。

病気予防

大豆に含まれる多種多様な成分は、生活習慣病をはじめとする様々な病気予防に非常に効果的といえます。

大豆レシチンなどの肝臓や血中のコレステロール値を抑制する働きや、ビタミン類の活性酸素を取り除いてくれるという働きは生活習慣病の発症を未然に防いでくれますし、大豆がもたらしてくれるダイエット効果自体が、肥満を予防し病気全般の予防につながります。

また、大豆などの植物性たんぱくのホルモンバランス改善効果には前立腺肥大や前立腺ガンを防ぐ効果もあるといわれており、ある研究によると、豆腐などの大豆を原料とする食品を多く食べる女性は、脳梗塞や心筋梗塞が発症しにくく、特に閉経後の女性においては2型糖尿病を発症する危険性も少なくなるというデータも発表されています。

ソイプロテインの効果的な飲み方

ソイプロテインがどのようなダイエット効果をもたらし、ダイエット効果以外にはどのようなメリットがあるのかというのが分かったと思います。

ではソイプロテインの成分効果を充分に発揮するためには、どのような摂取の仕方が最も効果的なのでしょうか。

摂取量

市販されているソイプロテインはいくつか種類があり、製品によって1日あたりの摂取量が異なっています。

たんぱく質というのは体内への吸収量が一定であるため、たくさん摂取すればするほどダイエット効果が高まるというわけではなく、ソイプロテインの成分効果を確実に得るためには摂取量を守るということが非常に大切となってきます。

例えば、日本で最も知られているザバスというメーカーのソイプロテインであれば、1回あたりのプロテインの摂取量は専用スプーンで大さじ3杯まで決まっています。

このような各プロテイン販売メーカーが定める摂取量を必ず守るようにして正しくプロテインを摂取するように心掛けてください。

飲み方

ソイプロテインの飲み方は、他の動物性たんぱくのプロテイン同様、水または牛乳にしっかりいと溶かしてやって飲むのが一般的です。

水や牛乳の目安量も製品説明をよく読んで、入れるようにしてください。

ソイプロテインは粉っぽくて飲みづらいというデメリットがあるため、しっかりとかき混ぜて飲むようにしてください。

どうしても粉っぽさが気になるという場合には、少し面倒ではありますがお湯で溶かしたり、プロテイン専用のシェイカーを利用しましょう。

摂取タイミング

ダイエット目的でソイプロテインを摂取する場合は、3食あるうちの朝食などの1日1食をプロテインで置き換える、置き換えダイエットが主流といえます。

ソイプロテインを用いたダイエットの口コミなどを見てみても、この1日1食置き換えダイエットによって効果的に痩せることができたという書き込みが多かったです。

なぜダイエットを目的とした場合にソイプロテインが効果的なのかというと、体内で分解・吸収するのに時間がかかるため、腹持ちが良くてダイエット特有の空腹感から長い時間解放してくれるからです。

また、ソイプロテインは植物性たんぱく質であるため、動物性たんぱく質のホエイプロテインよりもより健康に良いとされています。

さらに、女性の場合はソイプロテインには女性ホルモンによく似た働きを持つ大豆イソフラボンという成分が豊富に含まれているため、美容効果も高いことで知られています。

そんな女性にとってメリットの多いソイプロテインをダイエット目的で摂取する場合は、朝食の置き換えとしてや間食として飲むのがベストといえます。

ソイプロテインダイエット時の注意点

ソイプロテインにいくらダイエット効果をもたらす成分が入っているからといって、摂取するだけでみるみる痩せていくということはありません。

プロテインというのは、あくまでもトレーニング後の筋肉に効果的に栄養を与えるものであり、飲むだけで筋力が高まる・痩せるというような薬ではありません。

ソイプロテインもただ飲んでいるだけでは決して痩せません。

プロテイン自体はカロリーも高いですからしっかりと運動も取り入れていないと、逆に太ってしまう可能性があります。

プロテイン接種時は適度な運動を取り入れるようにしてください。

まとめ

女性のにとって嬉しい効果をたくさん持つソイプロテイン。

動物性たんぱく質とは異なる成分効果を持っており、筋肥大することなく、健康的に痩せられるソイプロテインは女性のダイエットに大いに役立ってくれます。

大豆を原料としたソイプロテインはダイエット効果だけでなく、美容効果や病気予防にもいいとされているため、健康・美容志向の高い人は是非積極的に摂取するようにしてください。

ソイプロテインを飲む際は、正しい摂取量を正しい飲み方で、正しいタイミングで飲むよう心がけてください。

また、ソイプロテインを飲んだからといって簡単に痩せることはありませんので、しっかりと運動も取り入れて脂肪を効果的に燃やしてやりましょう。