痩せる汗のかきかたを学んで効果的にダイエット!

運動をして汗をかくって気持ちいいですよね。

ダイエットするのに運動をして汗をかくことは非常に大事であり、汗をかくことに充実感を感じることもあると思います。

しかし、汗は運動をした時だけにかくものではなく、普段の日常生活でも汗をかいたりしますよね。

実は汗には良い汗と悪い汗があるんです。

今回は健康や美容にいいだけでなく、ダイエットをするにあたっても重要ないい汗と悪い汗について紹介します。

スポンサーリンク

人がかく汗は2種類存在する

gym-room-1181815__340

まずは汗をかくという仕組みを紹介します。

体から出る汗は汗腺と呼ばれる汗を分泌するものから出るのですが、この汗腺は2つの種類の汗を生成しています。

エクリン腺

2種類の汗腺のうちの一つがエクリン腺です。

エクリン腺から出分泌される汗というのは、主に体温調節を行うことを目的とする汗であり、その成分の99パーセントが水分と言われています。

このエクリン腺から分泌される汗の特徴は、汗の粒がとても細かく、汗をかいでいるにも関わらずさらっとしていて、自分自身あまり不快感の無い汗であるということが特徴です。

さらに、エクリン腺から分泌される汗には全く匂いがしない無臭の汗であるということも大きな特徴の一つです。

通常私たち人間が生活でかくこの汗はエクリン腺から分泌されている汗であり、赤ちゃんの時から全身に存在します。

そしてこのエクリン腺から分泌される汗はよい汗とされており、ダイエッターからすると痩せる汗と言えます。

エクリン腺からの汗の中には少量の塩分を含んでおり、肌を酸性に保つ役割をして雑菌の繁殖を抑制する効果もあります。

エクリン腺から出る汗は速乾性があり、汗が蒸発した際に体温を低下させ温度調節をする働きもあるのです。

エクリン腺の汗の特徴

  • 汗はサラサラしている
  • 舐めても塩味があまりしない
  • 匂いがない
  • 汗がすぐに蒸発する

アポクリン泉

エクリン腺とは別にアポクリン腺と呼ばれる汗腺もあります。

アポクリン腺の特徴の一つに、思春期に入ると脇や外陰部といった箇所で汗腺が発達するということです。

思春期の頃、匂いがするなと感じる人の多くはこの発達したアポクリン腺からかく汗の匂いが原因なのです。

アポクリン腺から分泌される汗には、中性脂肪や脂質、たんぱく質、アンモニアといった老廃物を含んでいる為、汗をかくと匂ってしまうのです。

アポクリン腺から分泌される汗は、肌触りがベタベタしダラダラ流れ、匂いを発するといった特徴があることです。

アポクリン腺から流れる汗は、速乾性のあるエクリン腺から流れる汗とは異なり、なかなか汗が蒸発しにくい為、体温を下げにくく体温調節には向いていない汗と言えます。

アポクリン腺の汗の特徴

  • 汗はベトベトしている
  • 舐めると塩味
  • 匂いを発する
  • 汗が乾きにくい
スポンサーリンク

2種類の汗のダイエット効果

erotic-1539500__340 (1)

これまでの説明で人がかく汗には2種類あることがわかったと思います。

エクリン腺から出る汗はダイエット的な表現をすると「痩せる汗」、アポクリン腺から分泌される汗は「太る汗」などという表現もできますが、近年ではどちらの汗もダイエット効果があるとされています。

以前までは悪い汗、つまりアポクリン腺から出る汗は身体にいい影響を及ぼさないと考えられていましたが、最近の研究では悪い汗にもダイエット効果があるとされています。

エクリン腺とアポクリン腺から出る汗のそれぞれのダイエット効果を見ていきましょう。

エクリン腺から出る汗のダイエット効果

そもそもダイエットにおける成功というのは、体内に蓄積した脂肪を燃焼させて、その脂肪を水と二酸化炭素に分解し、体脂肪の蓄積量を減少させること、すなわち「減量」できたときに成功と言えます。

勘違いしている人も多いのですが、体重が減ったからといってダイエットに成功したとは言えません。

無理な食事制限を行なっていくら体重が落ちたとしても、必要な栄養を摂取せず筋肉の量が低下して代謝が低下してしまうと脂肪は燃焼されていません。

燃焼というのは、厳密にいうと代謝のことを表しています。

ですので、無理な食事制限を取り入れたダイエット法というのは、必ずもうこれ以上は痩せないという壁、すなわちダイエット停滞期にぶち当たります。

体重が落ちないダイエット停滞期は、これ以上は基礎代謝が低下して脂肪燃焼できないというサインなのです。

一度この停滞期に入ると、低下してしまった身体の基礎代謝を高めるにはかなりの努力と時間を要します。

正しいダイエット方法とは、カラダの基礎代謝を向上させながら行わなければいけません。

基礎代謝を維持し、向上させるためにはカリウム・マグネシウム・鉄といった代謝を促進させるミネラルの摂取が必要不可欠であり、無理な食事制限ではこれらのミネラル分を十分に摂取することができません。

ダイエットをする時にこれらのミネラルを積極的には食事やサプリメントから摂取するのはもちろん、体から失わないようにするのも非常に大切なのです。

そしてこのミネラルが最も失われやすいのが汗なのです。

汗は尿のような排泄物ではありません。

体温を正常に保つために貴重なミネラルを犠牲にしてまで、汗をかいているのです。

2種類ある汗のかき方でダイエットにおいて貴重なミネラル分がより失われやすい汗のかき方が悪い汗、つまりアポクリン腺から分泌される太る汗なのです。

エクリン腺から分泌される良い汗は必要最低限の量のミネラルしか失わず体温調節できる為、痩せる汗と言われています。

エクリン腺からの汗は小粒で粘り気の少ないサラサラとした汗のため蒸発しやすく、気化熱で体温を低下させるため、ダイエット効果の高い汗とされています。

そもそも汗をかくことで、人体に必要なミネラルや塩分は水分と一緒に体外へ排出されそうになります。

バランスの良い食事を摂り適度な運動を習慣づけておくと、全身の汗腺がしっかりと機能している状態を維持でき、ダイエットに欠かせないミネラルを体内に残しつつ、不必要な水分や老廃物だけをしっかり排出できるのです。

アポクリン腺から出る汗のダイエット効果

エクリン腺から出る汗とは逆に、アポクリン腺から出る汗は、大粒でベトベトしており蒸発もしにくく、ダイエットには重要なミネラルを多く含んでいます。

ミネラルを失えば代謝が落ちて、脂肪の燃焼力が低下する為、太る汗と言われています。

この汗は汗腺の機能が低下している時に分泌され、塩分などのミネラルを多く含む為、基礎代謝が下がってしまい代謝を上げにくくします。

また、このアポクリン腺から出る汗は体の一部分、特に顔や脇、首などから出やすく、体温調節にも適していない為、汗腺の機能が低下している状態での夏の暑い日は熱中症などの症状に注意しなければなりません。

悪い汗、太る汗とも言われてるこの汗ですが、最近では体に害をもたらすだけではなく、デトックス効果があることも分かっています。

このアポクリン腺から分泌される汗の中には、アンモニアや脂質、たんぱく質などの物質が含まれていて、これらの老廃物を体外へ排出してくれる効果があります。

サウナや岩盤浴、半身浴などの効果としてしばしば耳にするデトックス効果ですが、そもそも老廃物を体外へ排出するデトックス効果がなぜダイエットにいいかというと、これらの老廃物となった毒素が体内に必要以上に蓄積されると、糖分や脂肪を必要以上に身体が吸収しやすくなり、肥満を加速させてしまう原因になるためです。

老廃物が溜まり過ぎると血液はドロドロとなって血液循環の効率の悪い血液となり、生活習慣病の原因や下半身を中心にむくみの症状などがあらわれます。

アポクリン腺から出る汗はこのむくみの防止ともなるのでデトックス効果をもたらし、ダイエットにある程度有効と言えると思います。

スポンサーリンク

汗とダイエットの関係性

adult-1850925__340

汗のかきやすさは体質によって人それぞれかく量が違いますよね。

汗っかきな人もいればも汗をかきにくい人もいます。

根本的な体質で人それぞれ汗をかく量は違いますが、汗のかく量を改善することはできます。

気付かないうちに汗をかきにくい体になっている、または年々汗をかく量が増えたなんて人もいると思います。

先ほども説明したように、汗は汗腺と呼ばれる箇所から分泌され、体温を調節する働きがあります。

汗はかいだだけ痩せると思っている人も多いかもしれませんが、これは大きな間違いであり、汗をかくこと自体大したカロリーを消費していません。

岩盤浴ダイエットやサウナダイエットのような美容ダイエットで大量の汗をかいて体重が減っているといった経験をしたことがある人もいるかもしれませんが、実は体内の水分が減っただけで消費カロリーはそれほど多くありません。

岩盤浴やサウナで減った体重は水分補給をするとすぐに元に戻ってしまいます。

汗というのはあくまで体温調節を目的とした分泌物です。

たくさん汗をかくことは直接ダイエットに成功するとは言えませんが、汗をかくことはダイエットと全く無関係と言えば、それもまた違います。

汗を分泌させることで体の熱を下げられるのですが、この時汗腺の機能がしっかりしていない状態で分泌されると、体は防衛本能を働かせ代謝を低下させます。

基礎代謝が下がると、しっかりと食べ物から栄養も摂取しつつカロリーを抑えた食事制限をしたり、運動しても効率よくダイエット効果を得ることが困難となるため、ダイエット効果を高めるためにも汗はしっかりとかいたほうがいいといえます。

スポンサーリンク

汗をかけない理由

beauty-2481372__340

先ほど説明した通り、汗は汗腺から分泌されますが、汗をかきにくいという人は、元々汗腺の数が人よりも少なかったり、歳を重ねるに連れて汗腺の数が減少して機能も低下してしまったという理由が考えられます。

女性は元々男性よりも汗腺の数が少ないですから、男性よりも女性の方が汗をかきづらいのはこのためです。

基礎代謝が低下していたり、甲状腺機能の低下など人によって様々な原因が考えられますが、実は日々の生活習慣が原因となっている可能性があります。

生活での過度のストレスや生活習慣の乱れによる睡眠不足による自律神経の乱れは、発汗機能だけでなく体内の機能低下も招いてしまいます。

こういったストレスや生活習慣の乱れにより汗をかくにくくなる人は多いのです。

また、水分の摂取量が少ないと汗をかきにくくなる原因にもなると考えられます。

水分の摂取量が少なく水分不足の状態では、体内の水分量も少なくなりますから汗が生成されづらくなります。

そのほかに考えられる原因としては、夏場のエアコンが挙げられます。

エアコンに依存し過ぎると汗腺機能の低下の原因となり、汗をかきづらくなる原因になります。

スポンサーリンク

痩せる為の汗のかき方

water-14945__340

汗をかく=痩せることではないですが、ダイエット効果を高めるためにはたくさん汗をかくべきです。

その為には、汗腺の機能を向上させてやる必要があります。

汗腺の機能はどのようにすれば高められるのか紹介していきます。

適度な運動をする

ダイエットと聞いてまず思い浮かぶのは、運動という人は多いと思います。

運動ダイエットを取り入れるとカロリーを消費しますし、筋肉がつけば基礎代謝の向上に繋がります。

運動不足を解消することで汗をかいてストレス発散にもなりますし、気分も良くなります。

そして、運動することによって発汗するため、汗腺機能も活発になるのです。

ダイエットをするときは、食事制限だけでなくしっかりと運動ダイエットを取り入れましょう。

運動ダイエットを取り入れる場合、無理して不慣れなスポーツなどをする必要はなく、ジョギングやウォーキングなどの簡単なものから始めましょう。

毎日しっかり水を飲む

汗は体内の水分が少ないと十分に出ません。

水分不足は汗をかきづらい体質の原因となってしまいます。

毎日しっかり汗を分泌させる為にも、毎日1.5リットルの水を摂取するよう心掛けましょう。

運動する時や暑い日に外に出かける時などは、水分不足で脱水症状にならないようにこまめに水を飲むようにしてください。

入浴時に耳つぼマッサージを行う

毎日簡単に行え、発汗作用を促し代謝を上げる方法があります。

それは入浴の際に耳つぼのマッサージを行う方法です。

汗腺の機能が低下する時には順番があり、1番初めに機能低下する箇所は、手や足の末端部分からです。

ですから、入浴の際に40〜42度の温度の熱めのお湯に肘から手の先先と、膝から足の指先までしっかりつけて下15分程度温めるようしてください。

また、耳ツボを押すのもダイエットにはおすすめです。

耳にはたくさんのツボが存在し、耳のツボの中には基礎代謝を高める効果のあるツボもあります。

その耳つぼは「肺」または「肺点」と呼ばれており、耳の穴の横にあります。

具体的に耳つぼの場所は、耳の穴から5ミリ程度外側の浅くくぼんだ箇所にあります。

その窪んだ箇所を親指の爪を立てて抑え、少し痛みを感じる強さで押してやります。

そのツボを1回1〜2分、1日に2〜3回刺激してやることで、太る原因ともなるインスリンの過剰分泌を抑えることができ、食欲の抑制効果や基礎代謝の向上といったダイエット効果が期待できます。

また、人指し指と中指で耳を挟み、1分間上下に擦ってやる方法もダイエットに有効と言えます。

この運動によって耳全体にあるツボのポイントを刺激してやることができ、体全体が熱っぽくなってポカポカ温める効果があります。

これらをウォーキングやエクササイズといった酸素運動と合わせて行うとダイエット効果抜群です。

スポンサーリンク

まとめ

汗とダイエットの関係を良く理解し、痩せやすい汗のかき方を学ぶことでダイエット効率は飛躍的に高まります。

痩せやすい汗のかき方を学ぶ機会を設けてダイエットを行うのと、何も学ばず闇雲にダイエットをするのとではダイエット効果に大きく差が出ます。

汗をかくことはダイエットだけでなく、健康的になり美肌効果もあるのでしっかりと汗をかいて健康で美肌の美しいボディラインを手に入れましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加