食べ過ぎた翌日の効果的なリセット術!ダイエット中に太りにくくするための方法を紹介!

「ついついイベントごとで、食べすぎてしまった」

「ストレスで、暴飲暴食をして翌日辛かった」

食べ過ぎと一口に言っても、その理由は様々です。

しかし、いずれにしても食べ過ぎは身体にとって良いことではありません。

また、例えばダイエット中に食べすぎてしまうと、エネルギーを蓄えすぎた状態になってしまいます。

そういった、食べすぎたあとにリセットすることができるのです。

今回は、食べ過ぎをリセットする方法について紹介します。

食べ過ぎをリセットするために、重要なポイントとは

食べすぎてしまうと、摂取カロリーが多くなりすぎて脂肪を蓄える原因につながります。

体脂肪が増えることは、様々な病気につながります。

また、その蓄えた体脂肪を消費するためには、たくさんの運動量が必要になってしまうのです。

そんな状態にならないように、少しでも食べすぎた身体を早くリセットする必要があります。

食べ過ぎをリセットする上での、重要なポイントを紹介します。

スポンサーリンク

食べすぎた後、リセットするまでのタイムリミットは48時間

asparagus-2169305_960_720

食べ過ぎをリセットする上で重要なのは、タイムリミットの時間です。

食事で食べた物が、脂肪になるのはその日ですぐ脂肪になるわけではありません。

食事で食べたものは、形を変えて一度肝臓に運ばれるのです。

その肝臓で、余分な糖質や脂肪が、脂肪細胞として蓄えられるのです。

また、余分なたんぱく質は、尿として体外に排出されることになります。

肝臓に蓄えられているのは、約48時間だと言われています。

これが、食べ過ぎのリセットのタイムリミットだと言えるのです。

つまりこの間に、運動をして代謝を高めれば、体重が増加ししたり、贅肉になることを防ぐことができるわけです。

また、糖質や塩分を摂りすぎると、身体がむくむ原因になります。

身体のむくみは、水分が蓄えられている状態で。体重が増えたわけではないので、そのあたりも知識として覚えておくといいですね。

むくみ以外に、便秘も体重が増加したと勘違いしたと思うものは、便秘です。

便秘も身体の老廃物がうまく排出できない状態なので、それを排出することができれば体重は一気に変わります。

ある意味で、身体に重りをつけているような状態なので、これと本来の体重は別物だと考えるべきでしょう。

食べ過ぎをリセットするには、身体の代謝を促す

48時間のタイムリミットの間に、身体にできることはなんでしょうか。

まずは、脂肪燃焼を高めるために、有酸素運動で余分なエネルギーを消費することが大事です。

よく、食事の後に「食後の運動」などと行って、わざと駅と駅の間を歩いたり、遠回りして帰ったりすることは、食べ過ぎをリセットするためには、おすすめな運動だと思います。

摂取エネルギーより、消費エネルギーが高まれば高まるほど、効果的といえます。

つまり、ダイエットにおける基本として、食べ過ぎた場合は、しっかりとその分、身体を動かして消費エネルギーを高めれば良いわけです。

これは基本的なダイエット関連のダイエット成功方法と同じですよね。

なので、ダイエットを長続きさせる方法と同じで、食べ過ぎでも運動さえちゃんと行えば、食べ過ぎも悪いことではないのです。

食べ過ぎのあとは、何を食べるかが大事

また、食べ過ぎをリセットさせるためには、身体の余計な老廃物をより多く排出することが大事ですね。

そのために先程の運動によってカロリーを消化するのと、体内の一時蓄積されたものや老廃物を消化することがポイントなのです。

そのためには、食物繊維が豊富な食べ物が必ず必要になってきます。

食物繊維が豊富な食べ物をいろいろあげてみます。

とうがらし、きくらげ、寒天、海藻類、バナナ、ドライフルーツ系、さつまいも、大麦、大豆類などがおすすめですね。

食物繊維は、簡単に言うと体内でゼリーのような物質になるのです。

そのゼリーのような物質が、身体に溜まった老廃物と絡みついて、そのまま大概に排出してくれるわけです。

野菜をよく食べましょうというのは、そういった要素も強いからですね。

便秘の解消につながるのも、ゼリーと考えればイメージしやすいと思います。

食べすぎたときも、リセットするためにはお腹の中にたまったものを素早く排出することが重要です。

そのままお腹の中に残ってしまうと、便が固くなり便秘の原因につながることもあります。

消化をどんどん進めていくことが、ダイエット法としてもいいですね。

食物繊維が重要

食物繊維には、水溶性食物繊維というものがあります。

これがゼリー状、ゲル状の食物繊維になるものです。

これは、消化や吸収を緩やかにして、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。

コレステロールなどの余分になる脂質を吸着し排出する役割がありますね。

腸の粘膜を守る働きもあるので、ある意味では辛い食べ物を食べるときに良いでしょう。

根菜類に多いと思って下さい。

逆に溶けにくいものには、便のかさましや、腸の動きであるぜん動運動を活発化させてくれます。

わかりやすくいえば、たくさん噛む必要があるものです。

水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、どちらも摂取することが消化にとっては好ましいですね。

不溶性食物繊維で、お腹の腸の動きを活発にさせながら、水溶性食物繊維で老廃物を絡みとって排出。

この2つのバランスがとても重要になってくれるでしょう。

食べ過ぎのリセットにビタミンBに注目

ダイエットにおいても、ビタミンB群はとても大事ですね。

ビタミンB群を含む食品には、玄米や納豆、マグロやバナナが含まれます。

これらの栄養は、代謝を促す作用があります。

先程の食物繊維のとこでも紹介しましたが、バナナは栄養価も食物繊維も豊富な万能な果物です。

食事ダイエットのときは積極的に摂り入れたい果物です。

食べ過ぎによる血圧の上昇をリセットする

食べ過ぎると、塩化ナトリウムなどによって血圧が上昇します。

いわゆる塩分の摂りすぎというやつですね。

この状態を改善するのにおすすめなのは、カリウムです。

カリウムは、ナトリウムと共に、浸透圧を維持する働きがあります。

ナトリウムによる血圧の上昇を抑制させる働きがあります。

また、筋肉の働きを良くする働きがあるので、有酸素運動のときの代謝アップが期待でき、カロリー消費が高まるでしょう。

カリウムが豊富な食べ物で、ずば抜けているのはパセリですね。

パセリをそのまま食べるのはつらいかもしれませんが、食べすぎたときのリセットだけと割り切って食べるのがいいかもしれません。

よく唐揚げにレモンと一緒についてきているのは、唐揚げによる塩分の摂りすぎをパセリのカリウムによって、防ぐ働きがあるのです。

彩りだけでなく、身体のことを配慮した存在だったわけです。

今度からは、居酒屋などで唐揚げを食べるときには添えられているパセリは必ず食べることをおすすめします。

納豆やバナナもおすすめ

他には、魚で特にアユやタイがカリウムが豊富です。

またバナナとともにダイエットに役立つ納豆も、非常にカリウムが豊富ですね。

納豆をメインにするだけで、簡単ダイエットができると言われており、ダイエット効果が本当に高い食べものなのです。

手軽さでいえば、この納豆とバナナはリセット食としてはトップクラスの食べ物ですね。

暴飲暴食でボーっとした頭もさっぱりしますね。

適切なエネルギー補給ができると思います。

スポンサーリンク

食べ過ぎをリセットするために、次の日に行うこと

clock-650753_960_720

食べすぎた際に心がけることを紹介しました。

次に、食べ過ぎた翌日に行えることを紹介します。

まだ48時間のリミットまで時間的な余裕は充分あります。

対処法をしっかりと行って、いけばまだまだ食べ過ぎをリセットすることができます。

食べすぎた翌日の予定にもよりますが、仕事でも休みでも気をつけることは同じです。

次の日の食事は三食を、バランス良く食べることが大事

よくお正月などに、お餅からおせちまでなんでも食べ過ぎて、正月太りをしてしまうということがありますよね。

これも、食べ過ぎをリセットせずに、お正月をくだぐだと過ごしてしまった結果なのです。

イベントや、夏休み、お正月など普段に比べて暴飲暴食をしたときは、次の日の三食をバランスよく食べることが大事なのです。

前日は満腹感でお腹が出っ張っていたのも、少し落ち着き、胃の中も余裕が出ています。

昨日の勢いに任せて、今日もたくさん食べるなんてことはもちろん行けません。

暴飲暴食の後は、普段以上に摂取カロリーに気をつける必要があります。

普段の摂取カロリーが2000カロリーほどの人が、2500から3000カロリーを摂取した場合は、翌日のカロリーを1500カロリーほどに抑える必要があります。

かといって、断食に近いプチ断食や、水だけで過ごすようなことは身体によくありません。

栄養のバランスが一気に崩れてしまって、身体に不調をもたらすのです。

食事量を調整し、食品も栄養バランスの良いものをチョイスすると良いでしょう。

先程紹介したような、青魚や野菜スープなどが良いと思いますね。

コンビニ食でもリセットすることができるのか

食べすぎた翌日というのは、だいたいあまり動いたり、料理をしたくないものです。

そんなときは、やはり手軽にコンビニで買い物を済ませて、食べ過ぎをリセットしたいものです。

しかし、コンビニ食で、食べ過ぎをリセットすることができるのでしょうか。

最近は管理栄養士などによって、コンビニ食はしっかりと見直され、コンビニチェーンは扱う商品を健康的なものにしています。

コンビニ食は、血糖値をあげたり脂肪細胞を蓄えてしまうものとは、違うようになっていきているんのです。

コンビニでは、ブランパンなどの糖質を抑えた食品や、糖分の少ないゼリー、また食物繊維やカリウムが豊富なナッツ類などもとりそろえています。

これらを利用すれば、腸内環境を整えるレシピはすぐ準備できるのです。

食べ過ぎの解消だけでなく、食事と食事の間ダイエットとして、満腹感を得やすい食べ物も買い揃えることができるのです。

コンビニ食で1500kcal程度に抑えることは充分可能なんです。

カロリーよりも、食べた量を意識した方法がおすすめ

裏技とまでは言いませんが、食べ過ぎをリセットする場合、カロリーばかりを気にした食事になりがちです。

それよりも、食べすぎた量を意識して、普段より食べた量を単純に減らすと考えるのがいいのです。

昨日普段の2倍近く食べてしまったという場合は、翌日の食事を、朝昼晩と1/2ぐらいの量にすると、胃が昨日の食べ物を消化しやすくなります。

少し物足りないかもしれませんが、前日の食べすぎた自分を反省するためにも、我慢は重要です。

朝昼晩の中では、昼は多少多くても充分消化できると思います。

逆に夜は必ず抑えましょう。

どのような運動を取り入れるべきか

食べすぎをリセットするために、どんな運動を取り入れるかというと、やはり運動ダイエットの中で定番である、有酸素運動になります。

贅肉がたまったお腹解消ダイエットにもなりますし、基礎代謝を高めることができます。

とはいえ、普段運動をしていない人がいきなりそんな運動をしても大丈夫なのかという問題があります。

ましてや、昨日食べすぎたあとの翌日ですから、有酸素運動をするというのも厳しいかもしれません。

そういった場合は、まずストレッチ運動を行うと良いですね。

ストレッチといってもバカには出来ません。

例えば、ラジオ体操のようなストレッチを含んだ運動はおすすめです。

実は、このラジオ体操は、普段運動を習慣にしていない生活のひとが、動かしていない筋肉を動かすために、最適な運動なのです。

普段動かしていない筋肉を動かすことは、身体の代謝を高めて、老廃物を排出したり、血流を良くすることができます。

スポンサーリンク

その他のリセットに向いた食べ物

リセットをするためには、水分代謝が良いものや消化酵素が豊富なものがいいですね。

充分な栄養素が含まれた食事を、バランスよく取ることがリセットに向いています。

それが元気の元になるわけです。

先程のコンビニ食以外にも、リセットに向いた食べ物はあります。

例えば、ちくわや魚肉ソーセージのような練り物食品もリセットに向いているといえるでしょう。

魚肉の練り物は、筋肉をつくるために役立つたんぱく質を豊富に含んでいます。

また、他の肉類よりもカロリーが低いので、食べ過ぎの翌日のカロリー調整におすすめできますね。

豆腐のみそ汁のようなものも、リセットに向いた食材です。

大豆は畑の肉と言われるように、こちらもたんぱく質を豊富に含んでおり、また腸内環境を整えて、デトックスの働きがあります。

みそ汁になることで、発酵食品としての良さもあります。

わかめなどを追加すれば、カリウムの摂取も容易に行なえますね。

シンプルな食材では、そばもおすすめします。

そばには、ルチンという栄養素が含まれています。

ルチンには血液をキレイにする効果があり、前日の暴飲暴食を改善するにはもってこいです。

うどんよりもそばのほうが、太りにくい食べ物になっています。

暴飲暴食をした翌日に、少し贅沢かもしれませんが刺し身が効果的な部分があります。

刺し身のオメガ3脂肪酸に注目

刺し身には、オメガ3脂肪酸と言われるものが含まれます。

この栄養素は、人間の体内ではつくることができないため、外部の食品から摂取する必要があるのです。

オメガ3脂肪酸は、エゴマや亜麻種子といった植物性油脂に含まれているα–リノレン酸や、魚の油に含まれるDHA、EPAなどの総称です。

このDHAやEPAはα–リノレン酸をもとに体内で合成されて、作られます。

これらの栄養素は、イワシやサバなどの青魚、エゴマ油などから摂取することができます。

オメガ3脂肪酸は、血流の改善に大きな効果があります。

また、うつ病の改善や、シワやたるみの予防になるとも言われています。

代謝のアップが見込めるので、食べ過ぎの翌日には摂ることがおすすめです。

生である刺し身の状態のほうが、消化を助ける酵素もまとめて取れるので、よりおすすめですね。

スポンサーリンク

まとめ

salad-374173_960_720

食べ過ぎをリセットするためには、普通のダイエット方法と同じような気持ちで問題ありません。

有酸素運動などの、脂肪燃焼効果があることをして、3食をしっかりと食べることが大事です。

その上でカロリー計算をして、摂取カロリーを消費カロリー以上にいかないようにすれば良いのです。

食べ過ぎると、一気に体重計に乗ったときに数値が上がって驚いてしまいますが、胃や腸にある前日の食物の重さなのです。

それを48時間以内に、しっかりと消化してあげることがポイントなのです。

これができるならば、そのままダイエットプログラムに自分が行った食事のメニューを摂り入れていくといいでしょう。

そのまま、ダイエットもうまくいくはずです。

大事なことは、食べすぎのリセットは次の日のうちにしっかり行うことです。

夏休みの宿題みたいなものですね。

脂肪を溜め込むのは簡単ですが、消費するのは大変です。

この記事で知ったことを生かして、溜め込まないように、早急にリセットに取り組みましょうね。