太ももダイエットはスクワットと食事制限で簡単に痩せる!

太ももが太いと気になるものです。

とりわけ女性の方は気にするでしょう。

そんな悩みを解消するために、ダイエットをしようと思っているけど、具体的にどんなダイエット方法がいいのかが分からない。

この記事では太ももダイエットについて、解説していきます。

足のダイエットではリフィートが有名ですが、太ももダイエットも成功したらキレイな足になれそうです。

もしかして美脚と呼ばれる日がくるかもしれません。

そうなったら、美脚ダイエットは大成功です。

スポンサーリンク

なぜ太ももは太るのか

feet-619399_1920

太ももを中心とする下半身に脂肪が付きやすいのは、自然の摂理として皮下脂肪が下半身に付きやすいからだと推測されます。

他には体には多くの水分がありますが、水分は上から下に流れるので、下半身に水が溜まりやすくなり、結果的に太ももが太ってしまうのです。

太ももやお腹の脂肪は目立ちやすいので、何とかしたいものですね。

でも太ももだけの脂肪を落とすのは難しいのです。

それではどうすればいいのでしょうか?

次のコーナーからは、下半身の脂肪を落とす方法を解説していきます。

スポンサーリンク

下半身の脂肪を落とす方法

Squats-101-How-To-Do-A-Squat-Properly

下半身の脂肪を落とすには、脂肪を筋肉に変える筋トレが有効です。

特にスクワットによる筋トレが良いです。

脂肪が筋に変わるだけで、だいぶスマートに見えます。

特に内転筋を鍛えたら、太ももがよりスムーズに見えるようになります。

内転筋を鍛えるためにも、スクワットは効果的です。

しかし続けなくては意味がありません。

スクワットを、長続きさせる方法は後述します。

有酸素運動も効果的

太ももの脂肪を落とすには、下半身を動かすトレーニングも良いです。

できれば有酸素運動が良いでしょう。

有酸素運動は、脂肪燃焼させやすいからです。

有酸素運動の代表はランニングですね。

30分ぐらいランニングすると、脂肪は燃焼するのではないかと思われますが、下半身の筋肉群を傷めないように注意しましょう。

筋を傷めないためには、運動前のストレッチと運動後のストレッチが不可欠です。

できたらランニングの後に、自分で自分の足をマッサージするのも良いでしょう。

マッサージを忘れたら、ふくらはぎの筋肉が痛いままになる可能性があります。

フォームに気をつけてランニングすれば、足の脂肪も落ちて美脚効果も期待できます。

ランニングによって出る汗は、老廃物を排出してくれる可能性があります。

老廃物が排出されたら、血流も良くなってくるでしょう。

リフィート

リフィートは脚痩せに特化したエステですが、太ももの脂肪を落とすのにも効果的です。

リフィートに申し込めば、最初に体脂肪を始めとする身体測定がされますが、それからリフィートのメニューを組んでくれます。

ある程度の回数の施術を受けないと効果は期待できませんが、効率的に太ももの脂肪を落とすには効果があります。

リフィートではセルライト除去の施術もしてくれますが、セルライトとは腹部・臀部・大腿部の凹凸部分です。

太ももの脂肪に悩む女性であれば、リフィートは一度は試してみる、価値があるのではないでしょうか。

ただ、継続すれば費用が嵩むので、ある程度の金銭的余裕が必要です。

ストレッチ

ストレッチは筋肉をほぐし柔軟にしますが、尻まわりの引き締めにも効果があると思われます。

ストレッチを続ければ姿勢もよくなり、美尻の効果にも期待が持てます。

ストレッチを行うときは、呼吸に気をつけた方が効果があります。

内ももを始めとする下半身は、柔軟にすることによって、可動域が広がると言われています。

筋トレ法で筋肉をアップすることはできますが、筋肉を柔軟にしようと思ったら断然ストレッチです。

ストレッチを行うときは大腿の裏側や大殿筋・大腿直筋もしっかりほぐしましょう。

ピラティス

ピラティスは内臓脂肪を取るので有名ですが、太ももを引き締めるエクササイズもありました。

ピラティスはある程度の負荷はありますが、さほどの筋肉量は必要ありません。

筋肉をあまり使わないので、筋肉痛になることもないでしょう。

さまざまな筋トレ方法で体が引き締まらなかった人は、一度ピラティスを行うことを、おすすめします。

ピラティスは膝を傷める心配もなく効果は抜群です。

腹筋も鍛えることができますし、腰筋も強くなるでしょう。

ピラティスは骨盤も整える働きがあるとされていて、ヒップアップ効果もあると言われています。

ピラティスを行うことで股関節も柔らかくなり、転倒することが少なくなります。

ヨガ

女性に人気のヨガにも、足のむくみを解消するポーズがあります。

動画を観たら分かりますが、このポーズは太ももの張りの解消法としては、優れているのではないでしょうか。

ヨガも全身運動になり、臀筋・腰・転筋群・深層外旋筋力 ・長内転筋にほどよい刺激を与えます。

ヨガを行えば基礎代謝もアップするし、ヒップアップにも良い影響を与えるでしょう。

体脂肪に悩む人もヨガを行うことで、消費カロリーを使うようになり、次第に代謝もよくなってきます。

代謝が良くなれば、太ももの脂肪も燃焼しやすくなるでしょう。

代謝アップは、脂肪燃焼と大きな関係があります。

ヨガを長く続けるとバランスの良い身体になります。

バランスの良い身体になるだけではなくて、エネルギーに満ちるようになります。

ヨガのやり方は動画を観て勉強してもいいし、解説書を買って研究するのもいいでしょう。

スクワット

スクワットは有酸素運動ではありませんが、太もものダイエットには効果的です。

スクワットはエネルギーの消費が大きくて、脂肪が燃焼しやすいからです。

スクワットをするときは回数よりも、確実に身体に負荷をかけるようにしましょう。

スクワットによるダイエットを長続きさせるコツは、隙間時間にスクワットを行うことです。

ちょいとした隙間時間にスクワットを行うことで、スクワットによるダイエットが長続きしやすくなります。

スクワットで腰を落とすときは、お尻を後ろに引くようにして落としていきましょう。

それだけで確実に負荷がかかります。

お風呂でマッサージ

お風呂で太ももとマッサージするのも、脂肪を落とすには効果的です。

お風呂の中では体温が高いので、エネルギーが消費しやすいので、脂肪が落ちやすいです。

カロリーが消費すれば必然的に脂肪は落ちていきますし、自然にバランスも良くなりヒップの形もよくなるのではないでしょうか。

むくみ状態の解消には、絶対にお風呂でのマッサージが良いです。

ヒザが悪いときもお風呂に浸かることで、解消することがあります。

お風呂の中では発汗作用がいいので、気になる身体の部位を湯の中に入れましょう。

つま先も湯の中に入れることで、冷え性の改善も期待できます。

体を湯の中に入れた状態で、普段はマッサージしない、自分のかかとの内側や外側も、マッサージしましょう。

それだけで身体がポカポカになり、代謝がアップするでしょう。

スポンサーリンク

食事も大切

food-3270461_1920

太もものダイエットのためには、食事の内容にも気を配りましょう。

太ももが太くなる原因には、無節操な食事内容もあるはずです。

それでは、どのような食事内容が脂肪を減らすためには良いのでしょうか?

以下の内容では詳しく説明していきます。

食物繊維を摂ろう

食物繊維が含まれた食物を多く摂ることによって、消化作用がよくなります。

消化作用がよくなれば、食べたものが効率的に、エネルギーに変換されます。

部分痩せは難しいですが、食事内容に気を配り、全体的に脂肪を落とすようにしましょう。

食物繊維の多い食物には野菜がありますが、食べ方のポイントとしては、最初は温野菜として食べたら食べやすいです。

毎日同じ野菜ばっかりだったら飽きるので、料理サイトを参考に、レパートリーを増やしていきましょう。

人によってはレパートリーが増えていったら、料理をすることが楽しくなってくるでしょう。

脂肪が多い食べ物は控えよう

力を付けるために脂肪が多い肉を食べるのは問題はありませんが、毎日食べるのは感心しません。

肉好きな人が急に肉を減らすのは難しいので、少しずつ減らす方法でアプローチしましょう。

肉を少しずつ減らすには、肉を食べるときは意識的に噛むことを、おすすめします。

そのように食べることによって、満腹感が得やすくなり、肉の大食いをしないようになります。

会社のイベントで、肉の大食いをするのは致し方がない面もありますが、大食いした翌日はいつもより多めに運動をして、肉を食べないようにしましょう。

夕食を食べる時間に気をつける

夕食を食べる時間は、就寝する二時間前以上にしましょう。

寝ているときは脂肪が溜まりやすいので、夕食に脂肪分が多い食べ物を摂ることは、控えた方がよいです。

どうしても食べるときは、早めの夕食のときに食べましょう。

夜は昼間のように活動をしないので、エネルギーの消費が少ないです。

エネルギーの消費が少なければ、脂肪が付きやすくなります。

特にお腹周りの脂肪が、付きやすくなるでしょう。

お腹周りだけではなく、足にも脂肪が付き、やがてお尻の脂肪も、目立つようになるかもしれません。

身体の裏側の背中の脂肪にも、注意が必要です。

夕食を食べる時間帯というのは、これほど大切なのです。

習慣になるまでは大変ですが、夕食は少なめにした方がダイエットには良いです。

夕食は少なめにした方が良いですが、一日の活動が始まる朝の朝食は、しっかり食べるようにしましょう。

朝は少しぐらい食べ過ぎても、昼間の活動でエネルギーが消費しやすいです。

スポンサーリンク

まとめ

people-3352878_1920

太ももダイエットを成功させるには、スクワットや有酸素運動だけではなくて、食事内容も大切なことは伝えました。

しかし規則正しい生活も、ダイエットには大切です。

規則正しい生活をしている人が健康に見えるのは、血流の良さも関係しているのではないでしょうか。

血流がよくなることで、基礎代謝も活性化してくると思われます。

仕事柄規則正しい生活ができない人は、せめて休日のときは早めに起きて、外の空気を吸いましょう。

その後でウォーキングをしたら良いでしょう。

外でウォーキングをするだけで、自然に還った気持ちになるでしょう。

そんな気持ちを実感することが、規則正しい生活のための、きっかけになるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加