筋トレや運動などのダイエットで最も効果が発揮される時間帯とは?

ダイエットを志す人の中には、挫折する人がいます。

特に運動初心者の方の、挫折率は高いのではないでしょうか?

食事だけでもダイエットの効果を得ることはできますが、どんな食事内容が良いのかが分からない人はいるでしょう。

ダイエットのためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くしなければいけません。

効果的に脂肪燃焼させるためには、ダイエットの時間帯と運動方法も考慮する必要があります。

効率的に脂肪を燃焼させたら、どんな人であってもダイエットを実現させることは可能です。

人によっては、ダイエットの効果が出るのが遅い人もいるかもしれません。

それでもダイエットを継続させれば、必ず効果は出てきます。

この記事では、効率的にダイエットできる方法を、紹介しています。

どうせダイエットするのであれば、効果的・効率的に行いましょう。

スポンサーリンク

ダイエットの時間帯は大切

walk-2635038_1920

脂肪燃焼効率を良くしようと思ったら、運動する時間帯・睡眠の方法・食事のバランスを考えることが大切です。

ダイエットをするときに時間帯が大切なのは、人の体の仕組みにあると言えます。

食べたものは身体の中で分解されて、さまざな物質に変化します。

食べたものがエネルギーに変換されたらいいのですが、そうでない場合は脂肪に変換されやすすくなります。

食べたものをエネルギーに変換させるには、食べる時間帯や運動する時間帯にも気を配った方が良いのです。

それを続けようと思ったら、スケジュールもきちんと立てる必要があります。

それからダイエットへの目的意識を、維持することも大切でしょう。

脂肪燃焼効果は、段階的に得ることができます。

良いスケジュール例があれば、参考にして立てても良いでしょう。

スポンサーリンク

肥満体対策は早めに

obesity-993126_1920

必要以上に脂肪が付くようになれば、生活を改善しなければいけません。

間食が多ければ止めるべきです。

年齢と共に、カロリー消費が低下してきます。

原因の一つにはホルモンも関係していると思われますが、年齢を重ねるのは自然なことなので仕方がありません。

それでも内蔵脂肪が増えて、体脂肪率が増えるのは良くありません。

油断をしていたら、あっという間に体重が増えてしまいます。

目立つぐらい肥満体になったら、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを真剣に考えなくてはいけません。

食事を取る時間と食事内容だけを考えるのではなくて、ダイエットのためのトレーニングもするべきでしょう。

ダイエットには運動が効果的

糖質の多い食物を摂り過ぎたら、脂肪が溜まりがちになります。

そんな人は自分に合った運動メニューを探して、実行すれば良いでしょう。

運動メニューは各々の体力に合った運動が良いですが、この記事でもダイエットに効果抜群の運動を紹介していきます。

いずれも運動効果があるものばかりですが、最初のうちは各々の体力に合わせて、運動量を調整すれば良いでしょう。

ランニング

ランニングはダイエットには効果があります。

ダイエット目的で早朝の公園を、ランニングしている人はいます。

ランニングは有酸素運動で良い汗もかくので、交感神経にも良い影響を与えるのではないでしょうか。

ランニングを続ければ代謝が良くなり、消費エネルギも高くなるでしょう。

ランニングする時間帯としては、早朝をおすすめします。

早朝の運動は、カロリーが消費しやすいと言われています。

起床してからの朝のランニングが良いですが、時間的に難しい方は夜のランニングでも良いでしょう。

ただ夜のランニングは周りが暗いので、人とぶつかる恐れがあるので、注意が必要です。

ランニングによってホルモン分泌がよくなれば、空腹がちになるかもしれません。

それでも食べ過ぎないようにしましょう。

ウォーキング

ウォーキングも有酸素運動ですが、ランニングと比べたら実行しやすいです。

でもダイエットのためのウォーキングなので、フォームには気をつける必要があります。

注意点としては、大きく足を踏み出すことです。

連動する腕も大きく振ることです。

胸もしっかりと張りましょう。

そうすることによって体に負荷がかかり、ダイエット効果が期待できます。

ウォーキングする時間帯も早朝がいいですが、無理ならば夕食前でも良いでしょう。

夕食前であれば、外がさほど暗くないからです。

ウォーキングは性別関係なく誰にでもできる運動で、運動能力は必要ありません。

毎日行っても良いでしょう。

しかし筋肉を傷めないように、ウォーキングの前後には、軽いストレッチをしましょう。

ウォーキング中は、歩数を気にする必要はありません。

歩数や時間を気にするよりは、正しいフォームに気を付けるようにしましょう。

正しいフォームでウォーキングを行えば、30分ぐらいのウォーキングでも汗ばんできます。

その頃になれば、脂肪は燃焼しているでしょう。

筋トレ

筋トレは有酸素運動ではありませんが、ダイエットには効果的です。

筋トレはジムに通って実行してもいいですが、頻繁にジムに通うのは難しいものです。

そんな方は家でもできる、スクワットがお勧めです。

スクワットは回数が少なくても、カロリーが消費されやすいのが特徴です。

スクワットの質を高めようと思ったら、お尻を真下に落とすのではなくて、後ろに引くようにして落としましょう。

それだけで、カロリーが消費されやすくなります。

スクワットは、想像以上に運動エネルギーが高いです。

スクワットをするときは、一つ一つの動きをゆっくり行いましょう。

スクワットは、リズムに乗って実行する運動ではありません。

スクワットによって、お腹が凹んだ人は多くいます。

極めてダイエット効果が高い運動と言えます。

自重筋トレ

自重筋トレはキツイですが、続ければ基礎代謝も活性化するでしょう。

自重筋トレは途中で休憩を挟むインターバル運動ですが、一日に一回15分程度で十分です。

自重筋トレは自分の体重を利用した筋トレですが、全身運動にもなり自律神経も整えてくれそうです。

しかし思っているよりもキツイ運動なので、多くの回数や量はしないようにしましょう。

若い人以外は、週に数回程度で良いでしょう。

自重筋トレは汗もかきやすいので、トレーニングの後はしっかりと水分補給しましょう。

かなりエネルギーが必要な運動なので、食事もしっかりと摂りましょう。

スポンサーリンク

ダイエットには食事制限も欠かせない

white-rice-2907724_1920

ダイエットには運動が効果的ですが、食事制限も欠かせません。

食事制限と言っても、断食やプチ断食をする必要はありません。

基本的には脂肪分を少なめにして、野菜を多めに摂るようにすれば良いでしょう。

それではダイエットに効果的な、食事内容・食事習慣を紹介しましょう。

糖質制限は大切

糖質の摂取を控えめにすることは、ダイエットには大切です。

糖質を摂り過ぎたら、中性脂肪や糖化の原因になるからです。

糖化したら血糖値が上がり、他の病気を併発しやすくなります。

糖尿病はその一例ですが、糖尿病になったら大変です。

糖尿病患者の人はインスリンの注射を打ちますが、インスリン抵抗性は人によって異なるため、なかなか効かないことがあります。

そうならないためには、糖化に気をつけるしかありません。

糖質が多い食物には、ご飯・麺類・パンなどがあります。

それらをまったく摂らないのは難しいので、控えめにすることが現実的な選択でしょう。

野菜を先に摂る

ダイエットを成功させようと思えば、食物繊維の多い野菜中心の食事にするのが良いでしょう。

単に野菜を多めに摂るだけではなくて、野菜を先に食べるようにすれば良いでしょう。

インスリンの分泌を防ぐためにも、野菜から先に食べるのは良いとされています。

毎日の食事内容を考えるのは大変ですが、野菜を使った料理のメニューは多いです。

インターネットで探しても、多く見つかります。

その中には質の良い野菜を使った料理もあります。

脂肪を燃やすお茶

脂肪を燃やしやすくする、ウーロン茶などのお茶も良いです。

それも運動前に飲んだらダイエットには、効果的と言われています。

脂っこい食事を摂る前に、ダイエット茶を飲めば脂肪が燃焼される可能性があります。

中国人には美食家が多いと言われていますが、意外に太っている人が少ないですね。

これはウーロン茶を含む、ダイエット茶の働きが大きいのではないでしょうか。

ダイエット活動の成果の状態がイマイチだと思ったら、運動前や食事前に脂肪燃焼効果があるとされる、ダイエット茶を飲みましょう。

間食を止める

間食を止めるもしくは、間食を少なくするのもダイエットでは大切です。

間食を少なくして間食の間隔をあけるだけでも、ダイエットには良い影響があります。

間食を楽に止めるポイントは、三食の食事をしっかりと噛んで食べることです。

しっかり三食の食事を噛んで食べることによって、空腹感が起こりにくくなります。

空腹感が起きなければ、脳の神経も食べる欲望を制御してくれます。

間食の習慣が長い人にとって、間食を止めたり少なくすることは、苦しいことかもしれませんが、脂肪の付きすぎの怖さを自覚して、間食を少なくしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

people-2537324_1920

ダイエットのためには運動や、運動をする時間帯そして食事制限が、大切なことは説明しました。

しかし睡眠はそれ以上に、大切なものかもしれません。

十分な睡眠は、成長ホルモンを促進してくれます。

そのためには寝る前には、自分をリラックスした状態にしましょう。

リラックスしたら副交感神経が優位になり、睡眠の質がよくなります。

睡眠の質がよくなれば、健康になるのは言うまでもありません。

しっかり眠ることで基礎代謝も活性化してきて、脂肪が燃焼しやすくなります。

「寝るだけダイエット」と言うダイエット方法がありますが、科学的には間違っているとは言えないでしょう。

朝起きたときにカラダが軽くなっているのは、寝ている間に脂肪が燃焼したからではないでしょうか。

よく眠ることで起床後は、快適な気分で一日を送ることができます。

食生活も規則正しくなりやすいです。

そうなれば健康的な人生になるでしょう。

健康的な人生を送ることは、人生の可能性を広げます。

そんな人生を生きていれば、生きている実感を感じるでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加