トランス脂肪酸の含有量の多い食品をチェック!バターやマーガリンは危険!?

最近よく耳にするようになった「トランス脂肪酸」という言葉。

新聞やテレビ、ネットの記事などで現在注目を集めています。トランス脂肪酸の含有量が多い食品の摂取量が多いと、人に悪影響・危険性があるというものです。

その為日本ではトランス脂肪酸の摂取に注意するよう促しています。

ですが日本以外の諸外国(アメリカなど)では、食品に含まれているトランス脂肪酸の表示を義務付けや、さらには一定量を超えたトランス脂肪酸を含む食品の販売の規制している国まであるという現実があります。

このような対応をとらなければならない程、それだけ私達がよく摂取する食品にはトランス脂肪酸が含まれているものが多く安全ではないという事ですよね。

日常生活を過ごしている中で日々、トランス脂肪酸を多く含む食品には気を付けないといけないのです。

ですがまだ聞きなれないこの言葉、実際どのような食品に入っているのか、どのような影響があるのかもはっきりとは知らない人も多いと思います。

アメリカなどが規制しているけれど、日本でも規制されないの?という不安になる人もいるのではないでしょうか。

今回は、この危険なトランス脂肪酸について理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸とは

oil-in-water-1438382__340

そもそもトランス脂肪酸とはいったい何者なのでしょうか。

トランス脂肪酸は2種類ある

トランス脂肪酸とは、油脂に含まれる栄養素の1つ。

トランス脂肪酸といっても、天然のものと人工のもの2種類存在します。安全ではないとされていて危険視されているのが人工のトランス脂肪酸です。

トランス脂肪酸と言って真っ先にあがるのがマーガリンなのですが、天然のものは牛・ヤギのお肉やお乳にもわずかに含まれているのです。

人工と言っても意図的に作られている訳ではなくて、植物油の油脂から固体の油へと加工したり・油脂中の不純物を取り除いたり、製造や加工や調理している時に原子の結びつきが変化し、それが「トランス脂肪酸(人工)」と なってしまうという事です。

このように人工で作られてしまったトランス脂肪酸が、人の身体に悪影響を及ぼすと言わ
れています。

それでは天然のトランス脂肪酸は人の身体に影響ないのか。

天然のトランス脂肪酸は牛やヤギのお肉や牛乳などの乳製品に含まれておりますが、それらの食品に含まれるトランス脂肪酸の量はごくわずかである為大丈夫とされています。

ですので天然のトランス脂肪酸が含まれる食品を食べたとしても、そもそも含まれる量が少ないので、身体に悪影響を及ぼす可能性が極めて低いのです。

使い回しの揚げ物用油もトランス脂肪酸予備軍

お家で揚げ物を行った際、数回使用した揚げ物用の油をもったいないという理由で次回使用する為、とっておくご家庭も多いかと思います。

そうしたい理由はもちろん分かります。毎回新しい油を使用していくと、お金もかかりますし次回ぐらい大丈夫だろうという気持ちになりますよね。

しかしながら実は「植物油などの油脂に熱を加えるとトランス脂肪酸が発生する」という現実があるのです。

つまり揚げ物用の油を何度も使い回すと、そのたびにトランス脂肪酸が発生してしまうという訳です。

ですので自宅で揚げ物をする際はなるべく新しい油を使用するようにしていきましょう。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸の身体に及ぼす影響とは

capsule-1079838__340

トランス脂肪酸は危険性が高いとされていますが、実際どのような悪影響があるのでしょうか。

トランス脂肪酸は、細胞膜の形成を阻害することにより、免疫の異常をきたしやすく、また活性酸素が大量に発生するということが分かっています。

摂取し続けることにより身体へ蓄積され、そのダメージも大きくなります。その悪影響について、詳しく知っておきましょう。

肥満

トランス脂肪酸を摂取すると、血液の中にある中性脂肪が増えます。

中性脂肪が多くなりますと、中性脂肪自体が皮下脂肪となり身体に蓄積されていきます。

そして中性脂肪が増えたどろどろとした血液のせいで血流が悪くなり、代謝・身体の機能ががくんと衰え落ちていきます。

結果身体に脂肪がたまりやすくなり、結果肥満になる可能性が非常に高くなるということなのです。

ダイエットの為に身体を動かしたり食事制限したりしたとしても、自分が気づかないところでトランス脂肪酸を摂取していれば、逆に太ってしまったりして意味がなくなってしまうなんてことも起こりえますよね。

病気

トランス脂肪酸は、血液中の善玉コレステロールを減らしていき、悪玉コレステロールを増やしていくという働きがあります。

それにより血管の壁に悪玉コレステロールがこびりつき動脈硬化になる危険性があります。

そして動脈硬化だけではなく、動脈硬化から更なる重大な病気を引き起こす事もあるのです。

例えば脳卒中・脳梗塞・心筋梗塞・下半身壊死などの、生活習慣病を引き起こす可能性が高いです。

生活習慣病にかかってしまうと、日常生活でできていたことができなくなり非常に辛いです。

近年食生活の変化によっても生活習慣病は注意する必要があるとされていますが、トランス脂肪酸も深く関係しているのです。

そして悪玉コレステロールが増えることで、血液中の流れがドロドロになり代謝が悪くなるので是非気をつけてください。

アレルギー

実はトランス脂肪酸は、アレルギーの症状を引き起こす恐れもあると言われています。

例えば、アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支喘息など、どれも一度かかってしまいますと一生付き合わなければならない可能性もでてくるアレルギーです。

アレルギーと言いますと、持って生まれたもののように思っていた人も多いと思いますが
日々の過ごし方でかかる可能性もあるという事ですね。

記憶力の低下

海外の研究で近年分かった事、それはトランス脂肪酸を摂取しすぎた人の記憶力が低下している傾向にあるという事です。

トランス脂肪酸を摂取することで身体が酸化され、身体内に活性酸素が増えたからと考えられています。

このように身体に様々な悪い変化が起こる危険性・リスクがあるので、トランス脂肪酸の摂取量は気をつけなければならないのです。

スポンサーリンク

トランス脂肪酸含有量の多い食品とは

それでは、実際にどのような食品にトランス脂肪酸が含まれているのでしょうか。以下にてご紹介していきます。

マーガリン

代表食品といっても過言ではないほど、圧倒的にトランス脂肪酸が多く含まれている食品です。

しかしながらパンを食べる時は、どうしても使いたくなる人も多いのではないでしょうか。そんな時はバターを使って食べるようにしましょう。

バターにもトランス脂肪酸は含まれていますが、マーガリンより少ないです。

そして販売店などでマーガリンの段に並んでいて、お菓子作りなどに使われているショートニングや食用油をカットしたファットスプレッドなどはマーガリンと同じ含有量となります。

食品メーカーによっても異なりますが、マーガリンに対しての含有量は約10~14%と非常に高いものとなっています。

ピーナッツバター

食パンに塗ると甘くて美味しく老若男女人気があるピーナッツバターも、含有量が非常に多いです。塗り過ぎには注意するようにしましょう。

マヨネーズ

様々な場面で登場するマヨネーズ。マヨラーの人にはかかせない必需品ですよね。

マーガリンよりは少ないものの、トランス脂肪酸の含有量が多い食材です。ダイエットや健康に気を使うのならば控えるべきと言えます。

コーヒークリーム

意外なところにも隠れているトランス脂肪酸。

コーヒーは苦手だけどコーヒークリーム入れれば飲めるという人も多いのではないでしょうか。

そんな人は牛乳を入れて飲む事をおすすめします。

牛乳には天然のトランス脂肪酸が含まれていますが、ごく少量ですのでそこは安心して大丈夫かと思います。

カップ・インスタントヌードル

健康に悪いイメージ通り、トランス脂肪酸が含まれています。

ごくたまに食べる分にはいいかもしれませんが、日常的に食べるのは避けるようにしてください。

レトルトカレー

便利で簡単なものは、やはり気をつけなくてはならないものが多いかもしれませんね。

カレーやシチューを作るために使用されるルーは、トランス脂肪酸が少なくなっているそうですので安心ですね。

フライドポテト/チキンナゲット/フライドチキンなど

ファストフード店には必ずといっていいほど販売されている揚げ物。

揚げるために使われている油は、繰り返し使われている事が多くあります。

そのたびトランス脂肪酸が発生しているので、知ってしまうと食べるのが恐くなってしまう人もいるのではないでしょうか。

ケーキ/クッキー

ついつい食べ過ぎてしまう甘い物。

ですがご存じの通り、マーガリンやショートニングを使用しておりますので食べ過ぎに注意ですね。

トランス脂肪酸の含有量が多い食品をいくつかご紹介いたしましたが、このようにあげていくともしかしてこの食品もトランス脂肪酸多いのではないかなと予想がつくのではないですか。

先述したものを確認すると大まかに分けて、塗り物系やオイル系・お菓子系・インスタントやレトルト食品系・ファ―ストフード系・冷凍食品系、この分類が注意必要な商品と言えます。

なんだか多すぎて安心して食べれるものが少ないように感じてしまいますね。

知らないうちに日常的に摂取していたトランス脂肪酸。

是非今後は意識しながら食生活送るように心がけてはいかがでしょうか。

トランス脂肪酸に対する国の対応

トランス脂肪酸に対する対応がアメリカと日本の二カ国で違うので、例としてご紹介していきます。

アメリカ

アメリカでは危険性が高いとして、「トランス脂肪酸」の発生源となる油の食品への使用を、2018年以降原則禁止すると発表しています。アメリカがそこまで対応するのはなぜか。

それはアメリカ人の心臓疾患が深刻な状況であることが、非常に影響しているようです。

アメリカで年間約61万人が心臓疾患で亡くなっていて、死因としては第一位とされています。

心臓疾患も先天性のものや心筋症、心臓弁膜症など器質的な疾患もあるのですが、61万人中37万人が冠動脈疾患(心筋への血液の流れが止まる病気)で亡くなっていると考えられています。

冠動脈疾患は、高血圧、高コレステロール、肥満、糖尿病、問題のある食事等が原因として挙げられており、トランス脂肪酸の摂取量の多さもとても問題となっています。

日本

トランス脂肪酸を摂取したり、コレステロールを過剰に摂取すると動脈硬化が進行しやすくなり、心疾患などの危険性が高まるので諸外国ではトランス脂肪酸の含有量の表示を義務化している国もふえてきています。

そんな中義務化していないのが日本になります。

調査されて分かったことは一般的な日本人の食事には、トランス脂肪酸が全体のカロリーに対して占める割合は0.3%~0.6%とされています。

現在の研究において、全体のカロリーのうちトランス脂肪酸が1%以上を占める場合は健康に悪い影響を与える可能性が非常に高いと言われていますので、通常の日本人の生活ではトランス脂肪酸によってそこまで健康を損なうことはありません。

しかしながら、より健康的な生活を実現するためには、トランス脂肪酸が1%を超える食品の摂取は控えるようにすることがべストとされています。

近年の日本の若年層・女性は摂取量が1%を超えているのではないかという話もでているので注意が必要ですね。

実際外食産業も増え便利な世の中になったことで、日本では生活習慣病など心配されています。

諸外国と比べると摂取量は少ないにせよ、やはり少ないにはこしたことはありませんよね。

食品の安全の問題は数多くあるので、優先順位をつけ対策をする必要があります。

トランス脂肪酸は日本にとっては優先順位が低いとみなされ、含有量を食品へ表示することは日本では義務化はされませんでした。

表示が義務化されると、企業は食品の含有量を測ったり、パッケージを変更したり、コストがかかってきます。

そこまで行動するほど、日本人にとって深刻で重要な問題ではない、という判断だったわけです。

ですが数年前日本の消費者庁は、トランス脂肪酸の表示を他の栄養成分とともに義務化する方針で動いていると発表しました。

義務化に先立ち、なるべく指針に沿った表示にするよう関連の業界団体に要請したとされています。

【トランス脂肪酸の表示方法】

  • 食品の容器やホームページ・広告に、トランス脂肪酸の含有量などを表示
  • 熱量、蛋白質、脂質、炭水化物、ナトリウムに加え、飽和脂肪酸やコレステロールの含有量も表示 (表示と実際の含有量の誤差はプラス20%までを許容範囲)
  • 食品100g当たりのトランス脂肪酸含有量が0.3g未満の場合には、「0(ゼロ)g」と表示

アメリカと日本の対応の仕方は並べてみると違い、日本の対応は甘いのではないかという批判的見方も多いのは事実です。

しかしながら病気の死因や食生活の観点からみた対応という見方もあります。

現在は表示義務ほどの日本ですが、今後何年後かに規制が強まる可能性も大いに考えられます。

今後の諸外国や日本の対応に注目したいところですね。

まとめ

みなさんいかがでしたか、トランス脂肪酸について理解は深められましたでしょうか。

出来る限りトランス脂肪酸の摂取はしないように注意する必要がありますが、致し方なく摂取する・摂取していたなんて事は、きっとこれからもあるかと思います。

外食となるとなにかと避けられないのが現状です。

しかしながら知らないで摂取しているのと、知っていて摂取するのでは大きな違いがあります。

昨日摂取しすぎたから今日は気にしながら食事しよう、などと不思議と思えるようなものです。

トランス脂肪酸の含有量の表示義務化がされていない日本で、どのように過ごしていけば
最小限の摂取で抑えられるのか。

例えば、外食はなるべくしない・マーガリン類の食品はなるべく使用しない・油の再利用はしないなどでしょうか。

そして商品のラベル確認する事も大切と言えます。加工食品はマーガリン・ショートニング・ファットスプレッド・植物性油脂・植物油・植物油脂・加工油脂・パーム油が使用されていないかを見ましょう。

油は原料に国産の記載あるもの、製法としては低温圧搾搾り・圧搾搾り・コールドプレスという表記があるとトランス脂肪酸を避けられますよ。

このように考えていくと、使用するもの・食べるものを自分で選択できる安全な食生活をするには、結果自分で料理し食べるようにするのが一番ですよね。

そんなことは分かりきっていたことですが、今回このトランス脂肪酸で再確認でき食生活について今一度考える人が一人でも増えたら嬉しいです。

少しずつ食生活の見直しをはかっていき、自分や自分の大切な人達を守っていきましょう。