断食中に好転反応が出た時の対処方法とは?

ダイエットのためにファスティングを行っているダイエッターさんは、断食中に頭痛を感じたことはありますか?

経験はしていなくても、周りの友達や噂では頭痛に苦しめられている人が多くて心配になっていたりしませんか?

断食中の頭痛は毒素を排出しているサインであり、好転反応だとネット上ではよく解説されています。

でも、本当にそれだけなのでしょうか?

まだ断食に取り組んだことがない方は、空腹に悩まされるよりも体調不良について不安で仕方がないですよね。

今回は、安全なファスティングに取り組むためにも、断食中に起こる頭痛などの体調不良の本当の原因と、その対処方法について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

断食中の好転反応とは?

food-3202918_640

ファスティング中に起こる頭痛やだるさ、下痢や眠気、吹き出物などの体調不良が起こることを「好転反応」と呼ばれています。

これは、断食中に何らかの原因によって体がサインを出しているということなのですが、好転反応と言われても体調が悪いと不安になってしまいますよね。

この好転反応は、ファスティング期間が長いほど起こりやすくなります。

よく曖昧な説明として好転反応と言われますが、この記事ではなぜそのような症状が出てしまうのかをまずは詳しくご紹介していきます。

好転反応が起こる原因

頭痛やだるさなど、ファスティングが成功している状態と言われる好転反応は、身体の中の毒素や老廃物が排出されるときに起こります。

毒素や老廃物は乱れた生活習慣や食生活によって溜まっていき、溜まりすぎると身体が酸化して老化の原因となります。

体のサビを取るためにファスティングをしますが、食べ物を食べないという負荷をかけて老廃物や毒素を排出するので、好転反応が出てしまうということなのです。

老廃物や毒素を体外へ排出しているということは、体内への負荷が減り、デトックス効果があるということです。

つまり、体内に多くの老廃物や毒素を溜め込んでいる人ほど、好転反応が強く出てしまうことになります。

次に、ファスティング中の好転反応の原因と予防方法を細かくご紹介していきます。

低血糖

ファスティング時は食事を摂取しないので、普段摂取している糖質が体内に取り込まれなくなります。

そのため、低血糖になり、力が出なかったり頭が痛くなったりしてしまいます。

通常、人の体は血糖値が低くなることによってアドレナリンやグルカゴンなど血糖値を上げるホルモンが分泌されます。

ですが、普段から普段から血糖値を上げる食生活を続けていると、ホルモン分泌・調整ができずに低血糖のままになってしまいます。

軽い症状として頭痛が挙げられますが、ひどい場合だと痙攣が起き、入院してしまう可能性もあります。

この症状はファスティング初日から出やすいので、血糖値を上げるためにマグネシウムを含んだ発酵ドリンクを毎日飲んで糖質摂取することをおすすめします。

添加物の蓄積

ファスティング中は断食をするか、もしくは胃腸に負担がかからない酵素ドリンクなどを摂取して過ごしますが、カロリーがないからといって添加物や化学物質が入ったものを食べてしまうと好転反応を引き起こします。

添加物は体内に蓄積されることによってプロスタグランジンE2と呼ばれるホルモンが過剰に働き、頭痛を引き起こします。

これは、体内に溜まっていた炎症を引き起こすリノール酸やアラキドン酸などオメガ6系脂質の働きが過剰になることによって引き起こされます。

これは摂取後すぐに症状は出ず、蓄積によって、また普段の排便状況によって引き起こされる時期が変わってきます。

この症状は、ヒマラヤソルトや含流アミノ酸が入ったアミノ酸サプリなどを摂取することによって緩和されるので覚えておきましょう。

炎症や活性酸素を抑えることが症状緩和につながるので、水素を体外へ排出するマグマソルトをお風呂に入れ、肌から水素を吸収することをオススメします。

また、還元力の高い梅干しを食べたり、マイナス電子を体に入れることが重要なポイントとなります。

それと同時に、肝臓や腎臓の疲労を取り除くタウリンやマルチアミノ酸などのアミノ酸サプリを服用することも頭痛緩和に役立ちます。

プロスタグランジンの過剰反応とは

プロスタグランジンはファスティングによって脂肪燃焼が活性化されることによって働きが盛んになるホルモンです。

この作用によって脂質が過剰に働き、好転反応が出ます。

ファスティング以前にファストフードやインスタント食品など、トランス脂肪酸や脂肪分が多い食事を摂取していると過剰反応につながってしまいます。

それが体内で通常化したところへファスティングを行ってしまうと、糖質摂取が少ないことによるエネルギー不足で、脂肪分解作用を持つケトン体の量を急激に増やしてしまいます。

カフェイン・グルテン・カゼイン不足

日頃からカフェインやグルテン、カゼインを摂取している方がファスティングを行うと、それらが不足することによって離脱症状を引き起こしてしまう可能性があります。

この症状は基本的には頭痛のみで、3日目から起こりますが、処理がないのでひたすらに耐えることしかできません。

普段カフェインなどを摂取することが当たり前になっている方は、ファスティングの前1週間は必ず摂取を控えるようにしましょう。

薬や鎮痛剤の蓄積

日頃から解熱鎮痛剤を服用することが多い人は、ファスティングを始めると蓄積された薬の成分によって頭痛を引き起こす可能性が高まります。

特にファスティング開始から2日経過した時に頭痛になりやすいので、仕事や学校の休みに合わせて行うことをお勧めします。

解熱鎮痛剤にはプロスタグランジンE2がの作用を抑えてしまうロキソニンやイブプロフェン系製剤などの成分が入っているため、薬に頼ってばかりいると細胞環境を破壊してしまうのです。

症状の緩和には、人工甘味料を使っていないタウリンやマルチアミノ酸を摂取すると良いでしょう。

間違えても、薬の蓄積による頭痛を鎮痛剤で抑えることはしないようにしましょう。

ミネラル不足による脱水症状

腎臓に不調を抱える人がファスティングを行うと、塩分不足になり、脱水症状に陥ってしまいます。

ファスティングはダイエットというよりも、毒素を排出するデトックス効果を得るために水分を多量に摂取します。

水分を摂取することによってナトリウムやカリウムなどのミネラルが尿と一緒に排出されてしまいます。

また、体重を落とすためと思って運動をしてしまうと汗でもナトリウムを排出してしまうので、脱水症状になり、頭痛を引き起こしてしまいます。

水分を多量に摂取することはもちろん、いろいろな種類のミネラルを常時摂取するように心がけましょう。

スポンサーリンク

好転反応の対処法とは?

pumpkin-soup-2972858_640

好転反応が出た時の対処法をよく理解している人は少なく、耐えしのんでいる人が多く見受けられます。

低血糖から引き起こされる頭痛の場合には発酵ドリンクなどの発酵素材を服用したら治りますが、脱水症状の場合は水分をしっかりとり、還元力の高いカリウムやマグネシウムなどのミネラルを含む食材を摂取するようにしましょう。

また、体内で炎症を起こしてしまった場合には、マグマソルトやアミノ酸サプリを摂取して細胞の傷を治癒することが大切です。

どの好転反応も数日で治りますが、放置しておくとストレスになってしまったり、気づいた時には倒れてしまっているという事例もよく聞きます。

ファスティング前の準備期間で不調があった場合には、一人で悩まずに専門家に相談するようにしましょう。

ファスティング期間で、気づかないうちに炎症を引き起こしてしまった場合には病気のリスクもあります。

その際にはすぐに辞めず、回復食を食べてから中断するようにしましょう。

回復食によって脂肪燃焼が軽減されるので、頭痛などの好転反応は薄れていきます。

回復食としてオススメなのは野菜や果物のスムージーや、味噌汁やご飯など、よく噛んだり、栄養補給ができる食事がオススメです。

酵素断食時の好転反応対処法

トニー北原の酵素ダイエット体験談をみると、酵素ジュースでダイエットができるのは優光泉だけとのことです。

準備期間や回復食期間という概念がない商品が多く、好転反応の説明もされていない商品がほとんどです。

トニー北原は、体験談として好転反応が出た時には、いきなりファスティングを注視しないようにと呼びかけます。

それは、体内の毒素が血液に乗って全身を駆け巡っているためです。

トニー北原が経験した好転反応は、断食1日目の夕方から丸一日間です。

行動不能なわけではなく、頭が少しズキズキするくらいの頭痛でした。

少しの頭痛であれば頭痛薬を飲まずに耐えるしか方法はありません。

酵素断食に失敗したり、空腹に耐えられない人は、順序を守って最後までやり抜くことを徹底して行うべきだとトニー北原は言います。

スポンサーリンク

まとめ

blackberries-3181589_640

今回はファスティング時の好転反応について、その詳細と対処方法をご紹介いたしました。

ファスティングは準備食から始まり、数日間のファスティング期間を経て、回復食にて徐々に体を元に戻していくという段階があります。

ただ空腹に耐えるだけという過酷なファスティングではなく、質の良いファスティングを行うために事前準備を怠らないようにしましょう。

断食をすると、長期になればなるほどやり場のない疲労感に襲われたり、栄養不足や酵素不足から頭痛を引き起こして体調不良になってしまいます。

まずは自分の健康状態を把握し、体調が好調な時に取り組むことを優先させましょう。

また、精神的な面から頭痛やお腹を壊すような好転反応を起こしてしまう人もいます。

その時には、緊張せずに、ファスティング後の綺麗な自分の姿や、好きな服を着て楽しんでいる姿を想像してみてくださいね。

自分に合ったファスティング情報を事前にしっかりと調べ、体内に溜まった便を解消し、代謝を上げてダイエットを成功させましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加